唐津焼

以前来たときは、
人生で最も陶器に興味があった時期で、
唐津市=唐津焼。
中里さんの器に憧れていました。

現在は、第14代中里太郎右衛門さん。
420年の歴史がある窯元だそうです。

前のときは、中里隆さんの窯で
長男に『蛇蠍(だかつ)』のご飯茶碗をもとめました。
次男にも良いものを買ってやりたい。

まずは、JR唐津駅にも近い
『中里太郎右衛門陶房』で、
目の保養を。

c0325278_22384744.jpg

って、閉館まであと10分。

c0325278_22400559.jpg

これは、買うのはムリかもしれない。
無計画な旅の悲しい余波。

c0325278_22391859.jpg

c0325278_22393594.jpg

器のパワーだけ、吸収させてください。
きれいです!




☆『中里太郎右衛門陶房』
https://www.nakazato-tarouemon.com
佐賀県唐津市町田3-6-29
tel 0955-72-8171
9:00am - 5:30pm
定休日:水曜
 (祝祭日の場合は翌日休)
年末年始(12月30日-1月4日)休館


# by Taseirap | 2017-09-22 07:30 | 佐賀県 | Comments(0)

ナゴヤ城に行こう

「ナゴヤ城に行こう。」

ナゴヤ?
今から?

あ、肥前名護屋城ですね。
名前は聞くけど、何のお城だっけ?
いまは、城跡しかないみたいだけど。

名護屋城は、
豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して
出兵拠点として築かれた城です。
1592(文禄元)年の開戦から秀吉の死で
諸大名が 撤退するまで、
7年間、大陸侵攻の拠点となりました。
城の面積は約17ヘクタール。
当時では大坂城に次ぐ規模を誇りました。

周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、
全国から20万人を超える人々が
集ったとされています。
現在、名護屋城跡と23箇所の陣跡が
国の特別史跡に指定されています。


唐津市内だから、車ですぐ。

c0325278_14005142.jpg

「きっと開いてないよ~。」
開いてた。

c0325278_18001485.jpg

こんなに大事な旗を、今まで見たことないわ!
この旗が無ければ、後ろの石垣に気づきもしない。

「誰も来てないよ~。」
来てる。

外国人が、2、3人。
台風が近づくのを、知ってる?

c0325278_18021422.jpg

雨のなか山にのぼる。

c0325278_18025289.jpg

c0325278_18031525.jpg

c0325278_18034341.jpg

c0325278_18045968.jpg

c0325278_18041458.jpg


なかなか広い山頂。
ここには、天守城があったみたい。

c0325278_18064344.jpg

山全体に、大阪城並みの施設があったらしい。
主人が大喜びしていたのが、こちら。

c0325278_18083661.jpg

大名分布図。

c0325278_18091958.jpg

秀吉の意図が如実に現れている。
「北条がここか。伊達政宗…、遠い。
浅野長政、加藤清正。古田織部。近い。」

金の茶室も大阪から運んだらしい。
ここで、秀吉は能を10曲もマスターしたらしい。

c0325278_18112572.jpg

「行け~。それ~。」
と、出港する船を見送ったのか。


老人の妄執に踊らされた強者どもの夢の跡。


なんでも、ここ
「特別史跡名護屋城跡」が、
世界最大の旅行サイト「ToripAdovisor(トリップアドバイザー)
日本語版サイトにおいて、
「旅好きが選ぶ! 日本の城2017」に選ばれたらしい。
初登場11位。

えー!
正確にいえば、"城跡"ですけれど。

でも、空想のなかでは、巨大な城が浮かぶ。

戦国時代のビッグネームが勢揃い。
晴れた日には島影が見える朝鮮。
病に倒れるまで7年もの間、
最後の闘志を燃やし続けた秀吉。

いまは、青草茂る石垣に、陽炎のように
立ち上る野心が消えていくように思える。


隣の『佐賀県立 名護屋城博物館』(無料)も、
秀吉の資料が充実していて、
かなり良い

http://saga-museum.jp/nagoya/

# by Taseirap | 2017-09-21 07:30 | 佐賀県 | Comments(0)

透明なイカが食べたい

台風が近づくなか、
「透明なイカが食べたい。
長崎チャンポンも食べたい。」
主人が言うので、
行ってきました、九州。

三連休だったので、思うような宿も取れず。
観光地は、かなり閉まっている事だろう。

全く期待のない旅。

子どもにも参加を断られ、夫婦ふたり。
ケンカにならないよう、おくちはチャック。
50' これが大切。
『台風が来るのに、外は怖い。テレビでカープみたい。』

言わないの。


さて、雨と風のなか、車を走らせ、
まずは呼子に。

憧れの玄界灘は灰色だった。

『河太郎 呼子店』
http://www.kawatarou.jp/yobuko.html
それでも、お客さまが並んでいる。
30分待ち。
駐車場に可愛い猫がいる。


いか活き造り定食(¥2700)に、
絶品といわれるエビフライも単品で。

c0325278_15045100.jpg

わー。スゴい!
透き通っている。
内側に包丁が入っているのも見える。

はるばる来たかいがあった!
イカ刺しの概念が変わるお刺身。


c0325278_15192883.jpg


定食なので、お店の方は、手早く運んで来られる。

c0325278_15055805.jpg

c0325278_15072544.jpg

c0325278_15083309.jpg

c0325278_15080200.jpg

美味しいエビフライは、
主人のお母さんの味に似ています。
細目のパン粉がサクサク。

お店の方が
「お刺身の残りは、塩焼きか、煮付けか、
天ぷらにできますよ。」
「天ぷらでお願いします。」

c0325278_15090792.jpg

てんつゆにショウガが入っていて、
九州を感じる。

c0325278_15114062.jpg

お漬け物の『博多ごぶごぶ』も、大好き。
(正式名称は知らない。)

c0325278_15131384.jpg

c0325278_15150548.jpg

主人は、ご飯をお代わりして、お代わりして、
たくさん食べました。
こんなにお米を食べるのって、
久しぶりじゃないかしら。

九州は、もう新米も出ているそうです。


港では、いか釣り船が台風にそなえて待機。

c0325278_15204616.jpg

c0325278_15215878.jpg

c0325278_15223701.jpg

普段の海は、どんな色なのだろう。



道中の『牧のうどん』、『唐津バーガー』
の誘惑に耐え、呼子の突端『河太郎』まで来た。

家から来る途中、5台も事故車を見る。
スリップかなぁ?

東広島市から呼子は、280㎞。
休憩入れて、5-6時間くらい。
佐賀県は微妙な遠さ。

方向を変えたら、京都(328㎞、4-5時間)に
着いちゃうくらい。

博多で遊んだり、熊本方面の温泉も捨てがたいから、
私も20年ぶりに唐津に来た。
気持ちでは、大好きなんだけど。


さて。
どこに行こうかな。

というか、行けるところはあるのかな?
風が強くなる。












# by Taseirap | 2017-09-20 07:30 | 佐賀県 | Comments(0)

トラピストバター

『健康のため』(T_T)
できるだけ おやつは控え、
海草ときのこと豆腐を食卓に取り入れ、
ビールは何もかも控えたものに。

どうしても飲みたい時の炭酸系は、
難消化性デキストリン やら、
トクホ やら、
かえって依存性が高くなるという噂の
カロリーゼロ達に。

乳製品も、コレステロールやカロリーが
半分をうたうもの。

そんなとき、例によって
"旨いもの命。今を生きる"息子が、
買って帰った…

c0325278_12311569.jpg

まともなバターだ!
久しぶり。

シンプルな味。
「化学で作りました」的な複雑感がない。
おいしさに感動。
パンが進む。

また、こっちがわに 戻っちゃおうかな~。
え? 1200円。


健康には、quality of life の側面もありますからね。
色々なバランスを考えなくっちゃ。


あーあ。
まずは、賢くなりたい。




おめでとう。ありがとう。

c0325278_08111930.jpg

# by Taseirap | 2017-09-19 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

「育児放棄か。」

同居している息子が、外面が良すぎるのでしょうか、
お休みの日は 疲れて一日中寝ています。

放っておいても良いのですが、なんとなく気にしていると
ボーっと起きてきて、
「母ちゃん。ごはんは~?」
「えっ、食べるの。」
「うん。」

小さい時からの機嫌のバロメーターは、
返事のしかた。
「うん。」は、ご機嫌なとき。
叱られても仕方ない、と納得したときは
「はい。」
不納得な時は、ゴニョゴニョ言う。

何を作ろうかな。
昨日は飲み会で、何を食べたか分からない。
たぶん鉄分が足りてなくて、
食物繊維も激しく足りないだろう。

「これにして。」
と、例の買い置きラーメン。
かなり気に入っています。

c0325278_19510355.jpg

c0325278_19512644.jpg


「じゃあ、自分で作りなさい。」
「えー。育児放棄か。」

いつまで幼児や?
(ちょっとムカつく。)

とはいえ、暇だし作ってあげようか。

私が作るものを無心で食べてくれる人は、
世界に何人もいない

ベーコンとホタテも入れてみました。
冷凍ご飯があったので、辛子明太子のせました。

c0325278_19515333.jpg

食べ終わったら、
「じゃね。」

また寝るのね。
昨夜は、高校(男子校)の時の友達と飲み会。
ほとんど毎週会っている。
会社の同期の人とも、毎週飲んでいる。
呑んでばっかり。

9月は半月で9回、個人的飲み会だった。
終電があってよかった。
乗れなかった日もあったけれど。

同期で、一人暮らしを
始めた人もおられるそう。
全部自分でされているのでしょう。
えらいなあ。

長男も一人暮らしをしているけれど、
家事能力がほとんどゼロに近いから、
心配です。
ゴミ出しと洗濯くらいですが、できているでしょうか?
非常に気になります。

お酒は週末に飲むらしい。
ザルだから、この子も怖い。


息子たちは、いまでこそこんなんですけど、
小さいときは可愛かった。

その思い出だけで、幸せと心配で
忙しく生きていけます。

(親ばかってこんな感じですわ。)








# by Taseirap | 2017-09-18 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap