防犯のため

工事の方が来られて、防犯アラームが付きました。

この前は、窓枠に柵。
窓の外側に柵を付けている家庭もありますが、
私宅は内側。
白くかわいらしい柵ですが、”かごの鳥感”は消せません。

c0325278_07384066.jpg
窓にはシールも


そして、サイレン。

c0325278_07393331.jpg
メガホンみたいな形
・・・もしやメガホンか?


使わずに済むことを祈ります。
泥棒さーん。
うちなんてほんとうにお金ありませんよー。

c0325278_07414272.jpg
妙にかわいい


金庫をつけるとかいう話が出た時に、
Q:『そこに何を入れるのか?』
と、なり・・・。

答え:パスポート

いらなくね?
だから、つけてません。

うちのいちばん大事なものはこどもたちで、
日本に置いて来ました。
ま、こどもと言っても二十歳過ぎ。
ただのむさ苦しい大酒のみなんですけど。

あ、もっと大事なものを忘れていました!!! 
母たちです。
ご母堂様おたっしゃでお暮しください。

あ、兄弟・姉妹・おい・めい。
親族・友人もでした。

部下、召使い は、

いませんでした・・・。


大事なものは、結局 人でした。





Commented at 2014-02-01 20:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-02-01 22:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taseirap at 2014-02-01 22:55
このブログは訪問者一日3名。5名だと「え?誰が間違えられて・・・。」といたってマイナーなブログです。ランキングにもエントリーしません。
息子も見てくれません。
どうぞお気楽に、暇なときご覧いただければ光栄です。
Commented at 2014-11-14 11:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taseirap at 2014-11-15 04:15
おっしゃる通りメキシコでの防犯は、大事な課題です。
先ずは、ゲートハウス(でしたっけ?)守衛さんが出入りのチェックをするところ。
部外者はゲートで免許証預かられますし、「何番地の誰に会いに来た」と正解を言わないと入れません。
高層のマンションに入られる人もおられます。
支払い可能な限り家賃の高いところへ。安全代です。(泣)

家には、セコムのような設備と柵を。うちは2階の道路側も柵がつきました。
お風呂の小窓も。「出してくれ~。」ごっこができそうなくらい頑丈。
ただ、警備システム・・・
何人か間違えて鳴らした人がおられますが、警備員いっそこと来ません。
鳴るのは大音量だそうです。

日本から防犯カメラを持ってこられたおうちもあります。
乗り越えられそうな所に鉄条網も。鉄条網はこちらでも売っているはず。

これらを大家さんの許可取って、大工さんにしてもらうとなると、大仕事。
軽く一月はかかるかも。
出来れば、全部入居前に大家さんにして貰いたいですね。
仲介不動産屋さんが交渉してくださるかも。
先ずは、会社の総務さんにお願いされてはどうでしょうか?

一番良いセキュリティは、近所の子ども達と仲良くすること。
やたらよく知ってる。常にうろうろしている。数が多い。
ピンポンダッシュもするけれど、困っていたらすぐに寄ってきてくれる。
解決まではなかなかいきませんが、心は助けて頂いています。

もしも子どもさんがおいででしたら、日本人の子どもさんがおいでの家庭の近くへ。
一緒に遊べますし、情報も教えて貰えます。

あと、また気付きがあればブログに載せますね。

皆さん、何とかなってます。どうぞお気楽に。


Commented at 2014-11-15 22:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taseirap at 2014-11-16 01:05
こちらこそ。
つたない文を読んでいただき、ありがとうございます。

メキシコでは
なんとかなる→なんとかする→なんともならない→あれ?なんとかなった!
を、グルグル循環するような毎日。
でも、楽しいです(笑)

歴史も食事も美術工芸品も、とても興味深いです。

Commented at 2014-12-01 23:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taseirap at 2014-12-02 02:15
ご質問にお答え(できるでしょうか)、トライ!

我が家の柵は窓の内側についています。
道路に面した側にのみ、設置。
バックヤード側には、1階も2階も窓には、柵はついていません。
(一応、1階の出入り口のドアのところにはセンサーアラームがついています。)
だから、1階の大きな掃出し窓も、柵なしです。

タウンハウスで、何軒かつながっている造りなので、どこかの屋根に登って天井伝いに入れば、一発です(笑)

ちなみに、ご近所のメキシコの人は、柵も防犯システムも一切つけておられません。
(犬を飼うお家は結構あります。)

ある意味、防犯設置のシールのある家を探せば、オール日本人という新しい危険もあります。

また、メキシコでは、エリアの統一感重視も結構あるみたいです。団地としての商品価値があるのでしょう。

うちの場合は、『その方が以後高く貸せる。』と大家さんが判断されたのでしょうか?謎です。

私有財産なので。おそらく、大家さんがダメと言われたら、だめなのでしょうね。
不動産屋さんが交渉してもダメなら、仕方ないですね。

警察がパトロールしている範囲というのは、私も聞いたことがあります。
だから、路駐も安心だと・・・。
周囲は、大きな家ばかりのゲートのない団地です。
確かによくお巡りさんに会います。手に棒を持っています。

ゲート(門番)付きの家なら、柵とアラームくらいの設備が多いと思いますが、他は、
個人的防衛として、防犯カメラ、金庫。
乗り越えられそうなところに有刺鉄線。
タイマー式点灯。
カーテン。(メキシコはカーテンしない家もあります。)
・・・くらいでしょうか?

あまりやり過ぎるとかえって目立つかもしれません。
木の葉に紛れる安全策もありますよ。
Commented at 2014-12-02 15:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taseirap at 2014-12-02 20:55
こちらこそ ありがとうございます。
事前に準備できることはしておけば安心です。
あのご本は私も早く読んでおけば良かったです。反省。
読む前は、自分の生活が謎だらけでしたから…。

犬の警備は地元の会社だと思います。
他の会社のステッカーも見ますよ。
by Taseirap | 2014-01-17 07:59 | 海外赴任の苦労 | Comments(11)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
カレンダー