メキシコのお野菜

先日、念願のこの冊子に出会いました。

c0325278_04261980.jpg
メキシコ生活情報2013年版『Mexlife』



メキシコ生活向上委員 編。
メキシコ日本商工会議所 発行。
300ペソ(2400円)

おかげで、スーパーマーケットでの大きな疑問、
小さな謎がかなり解けました。


「なぜ、野草がこんなところに?」
「A.ほうき草、たこ草(すべりひゆ)は食用。」

「鶏肉が黄色い。お薬に浸けてあるの?」
「A.病気予防のため、飼料にマリーゴールドの花びらを食べているから。
健康・味には影響なし。」


「とうもろこしの実が白い。」
「A.普通。
甘みがないので、茹でて、塩やレモン、チリなどで味付るとよい。」

「これはなに? 枯れたサボテン?」
「A.おかひじき。」


食べ方も載っていました。

おかひじきって、けっこう高級食材ではなかったかしら?
こんなに山積みで、あなた高級感を失ったね。

けれど、これで一安心。
この本読んで、メキシコ野菜に挑戦だ!!



ということで

c0325278_05174376.jpg
ejote (さやいんげん)と jengible (しょうが)  



c0325278_04440989.jpg
chayote sin espinas
(トゲなしのはやとうり)



どこが挑戦?
日本でも見慣れたものばかり・・・。

若い人はともかく、50過ぎたら 
少しは保身もするのだ!



*日本でも、このメキシコ生活情報『Mexlife』手に入るそうです。
 これから赴任される方、予習用にいかがですか?

 輸入雑貨・衣料品販売の『Chan Glaceka』のWEBで定価3000円。
 changlaceka.ocnk.net
(tabitabi東洋:2013No95からの情報です。)



日本のAmazonでも、売ってる(?)

by Taseirap | 2014-03-05 04:24 | メキシコ基礎知識 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap