ご親切にどうも

大きいスーパーマーケットに行きました。

c0325278_09513220.jpg
ウォルマート

c0325278_09531606.jpg
店内はとても広い

c0325278_09543485.jpg
アーティチョーク(朝鮮アザミ)とうちわサボテンとおかひじき

c0325278_09583680.jpg
すいか(1キロ80円)

c0325278_09595133.jpg
ヒカマ
(「味のない梨」といわれるも、レモンをかけてチリをふるとおいしい)


メキシコのスーパーでは、自分で袋詰めをしません。
ここ ウォルマートでは、中学生が制服姿でアルバイトでしています。

レジは打つ人と袋に詰める人の、ふたりがかり。
土日は三人ですることもあります。
レジの人は店員さん(おそらく)なので、チップはなし。
学生さんには2ペソ~5ペソ。

で、カートをゴロゴロ引いて外に出ると、玄関先におじいちゃんがいて
「カートを押して、車まで持っていこうか?」(おそらくこんな意味でしょう)

主人は即 断りますが、私一人だと もうなんだかお断りするのも・・・。
『もしも車上荒らしにあっていたら、おじいちゃんにすぐに言えるしなあ。』
なんて計算も働き、お願いして 一緒に車まで歩きます。

ところが、わたしはいつも車をどこに停めたか分からなくなる。
『えーと、こっちだっけな?』
と、適当に歩きだしたら、彼方の方で
「ピー。」
と、口笛。

ん?
あ、そうだ。あっちに停めたんだ。

別の駐車場の係りのお兄さんが、覚えていてくれて呼んでくれました。
じいちゃんが、
「ありゃ、あっちだったんかい。」(おそらくこんな意味でしょう)
と、カートをゴロゴロと方向転換。
その後ろをトボトボとついていきます。
「わたし、いっつも忘れるんよね~。」と、日本語でつぶやきながら・・・。

駐車場で、車に買ったものを積み込んでくれて、カートは持って帰ってくれます。
おじいちゃんにお礼のチップを2ペソ。
のはずが、小さいお金が無い!
断腸の思いで5ペソ(40円)。←ケチ

車のバックで「オーライ。オーライ。」をしてくれたお兄さん。
口笛まで吹いてくださったけれど、もう小銭がないのよ。
ごめんなさい。

大きな笑顔で「グラシャス!」
今度払うからつけといてください。←ケチケチ

あー、今度からは小銭いっぱい持って来よう。

それにしても、たくさんの人が働き過ぎじゃない?
スーパーなのになんだか気を遣いますわ。←やつあたり


*ウォルマートは朝7時から夜11時まで開いているそうです。
 入口に、銀行バナメックスのCDもあります。
 でも、お休み前とか休日などお金を引き出す人が多い日は、CDにお金が無くなり(!)
 休止になっています。
 「休止」の張り紙があるわけではなく、機械は途中まで操作できますが、お金は出てきません。


Commented by shigeko.u at 2014-05-14 21:56 x
ここ入力すると、コメント出来るかなぁ?
名前? パスワード? もう一つよくわからないけど…σ(^_^;)
私は誰でしょう?
Commented by Taseirap at 2014-05-14 23:26
はい。あなたがどなたか即理解(笑)
非公開の□にクリックするとブログ管理者だけが見れます。

そして『お返事を』と書いて、こちらも非公開にクリックすると、結局自分しか見れなかった、という悲しすぎる失敗になります。
Commented by ティラミス at 2014-05-15 08:16 x
そうなんです・・・公開にしないと残念なことになります。内緒話はできないので~す。

スーパー、私は大好きです。眺めるだけでも十分ストレス発散になるのですが、そんな目的の時は一人で。ですね。主人がついてくると最悪な結果になります。

日本人ってほんと感心しますよね。チップなしで「ありがとう」でいろいろたすけてもらえるのですもの。いい民族です。
Commented by Taseirap at 2014-05-15 09:27
ほんとですね。笑顔なしのサービスのためにいくら払うことか・・・。
(というほども払っていませんが)
日本は、サービス業の人が、お客さんにとても優しいと思います。

スーパー楽しいです。
市場(メルカド)もたまーに行きますが、写真が撮りにくい。
市場の人も「いま、日本語習っているの。」と話しかけてきてくれました。そこそこ優しいし、可愛い(若い)。
これが不思議なことに、主人と行くとほとんど話しかけられません。オホホ。人徳ってやつ?
by Taseirap | 2014-05-14 00:38 | 日々の暮らし | Comments(4)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap