コマンヒージャ温泉

メキシコの温泉第二弾は、
硫黄の香りのコマンヒージャ温泉です。

グアナファト州シラオにあります。

温泉といっても、例によってプールです。

c0325278_02002499.jpg
こどもたちがいっぱい

『ホテル・ミッション・コマンヒージャ』
(Hotel Mision Comanjilla) が経営。
入場料は120ペソ(960円)。

これに15ペソ追加して、
個室バスタブも利用できます。

わたしたちはこちらが目当て。

c0325278_02040872.jpg
個室バスタブ

c0325278_02051721.jpg
室内はこんな感じ


日本の旅館の家族風呂みたいな感じでしょうか?
浴槽内に土が入っています。
(横着に足でザザッとお掃除。)

「一日プールで遊んで、こちらに入り
さっぱりして 着替えて帰る」
のが本来の使い方でしょうね。

広いバスタブには、なかなか
お湯がたまりません。
が、お湯は熱く温泉です。

なかなか良いお湯です。

ゆっくり温まってリラックス。
ひとり1部屋使えるみたいです。

(ふたりで1部屋で良いです、
と言ったらギョッとされました。)

外に出たら涼しい風。
ここのレストランは激マズで有名。

(今度良い食堂作るらしい。)

持ち込みOKなので、家からスイカを
切って持ってきました。

・・・少し物足りない。

ピザの屋台があったので、トライ。

c0325278_02114499.jpg
22ペソ(176円)

あら、意外とおいしい♡


木陰でランチ。
こどもたちのキャーキャーを聞きながら
食べると、懐かしい感じがしました。

息子たちともっと一緒に遊びたかったな。

中学受験をしたので、
5年生6年生の夏休みは
十分には遊べなかったです。

夏休みに毎日塾に行って、
帰ったら宿題をして。

彼ら、親の目を盗んで
上手にサボってはいましたが、
本当はもっともっと
遊びたかったかも。

いや、どちらかというと、
親の方が一緒に遊びたかった。

息子たちは時間があったら”友達”と
一緒に遊びたいだけで、
”親とプール”ではなかった(笑)

c0325278_02251998.jpg
直線スライダーも
グルグルスライダーもあります


メキシコのこどもたちの笑顔と歓声に癒されました。



*『オテル・ミシオン・コマンヒージャ』
(Hotel Mision Comanjilla)
Congregacion Comanjilla s/n,
Rancho Agua Caliente,Silao,GTO
TEL:477-745-2026

*サラマンカ方面からは、
レオン空港を過ぎて少し走ると
右手にコマンヒージャの
道路標識がでます。

高速道路から下りると、大きいトぺがあり、
そこからは一般道。
山道をひたすら10分くらい走ります。
ホテルの看板が出ています。

レオンからは車で30分くらい。


*プールのお手洗いは決して綺麗とは言えません。

気になる人はホテルの部屋を取られ、
バスタブで温泉を楽しまれると良いかも。

マッサージやスパもあります。

(部屋のバスタブの湯温は38~45℃と適温です。)


*駐車場は20ペソ。
お巡りさんや場内管理の人が数人おられます。
少し安心。




by Taseirap | 2014-06-04 01:55 | 温泉 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap