ドローレス・イタルゴ村の陶器

雨の朝にメキシコマダムのあり難いお誘い。
レオンのセントロに行って来ました。

11時に家をスタート。
レオンに着いたら、すっかり雨は上がっていて、
結局 持って行った傘は使わずじまい。

c0325278_08484667.jpg
平日の昼間は学生さんがいっぱい


「上着を持って行った方が良いよ。」
と、言われカーディガンを持参したら ほんとだ!
半袖ワンピースだけでは寒かった。
雨が降ったら、上着がいるね。
ニットの人まで見かけたくらい冷えました。

レオンセントロの『Parati』というお店で、見つけてしまいました。
これ!


c0325278_08472363.jpg
手書きの陶器


可愛くもない、原色チックでもない個性派。
グアナファト州のドローレス・イタルゴというところで作られています。

c0325278_08583811.jpg
メキシコっぽい茶色もあります。
置物系が多い。(皿は無い。)


さすが、オーナーはよく知ってる。
セルビン焼きも置いてありますが、セルビンさんの
署名入りのだけ置いています。

この焼き物も裏にきっちりサイン入り。
さすがポイント押さえています。


c0325278_08550821.jpg
手書きのふたつきポットとろうそくを購入


このろうそくは、全体がろう。
燃やしたらすべて溶けます。(360円くらい)

・・・ぜったい、主人に「何のための蝋燭や?」と聞かれるなー。
みなさん、どう答えたら良いでしょうか?

でも、聖書の形のろうそくとか、ユニークな蝋燭がいっぱいありましたよ。
ついつい欲しくなりますよね!

メキシコは、毎年5月10日が『母の日』。
何曜日でも関係なし「この日!」なんですって。
(やっぱり、母が強い。)


このお店が入っている『プラザ・エクスピアトリオ』は、
なんだか感じの良いお店がそろっていて
私はこちらで初めて本まで買いました。

母の日向けのおしゃれな品物を中庭でバザーしていて 全部素敵でした。
("エキスポ 10 de Mayo"ですって。)

さて、メキシコ陶器。
あなたはどんな器がお好みですか?



*Parati『パラティ』

Lupita Munoz
Joyena y Artesama Guanajuatense
Zaragoza 101 Local6.Frente a Plaza Expiatorio
tel:7 13-84-44
facebook:paratimexico.Leon.Gto












by Taseirap | 2014-05-10 08:34 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap