Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
メキシコ 乳幼児の予防接種
メキシコ暮らしのバイブル、メキシコ商工会議所発行の冊子
『Mex Life メキシコ生活情報2013年度版』によりますと

メキシコにおける乳幼児の予防接種

B型肝炎:新生児、2か月、6か月。
ロタウイルス:  2か月、4か月、6か月(任意)。
DTAP:     2か月、4か月、6か月、2歳、4歳。
B型インフルエンザ球菌:2か月、4か月。
肺炎球菌:2か月、4か月、6か月(任意)、12か月(任意)。
ポリオ:2か月、4か月、6か月、2歳。
MMR:12か月、6歳。
水疱瘡:6か月(任意)、4歳(任意)。
A型肝炎:12か月(任意)。

インフルエンザ:6か月(任意)、12か月(任意)、
2歳(任意)、4歳(任意)、6歳(任意)。

あらまぁ、たくさん!
私の記憶では、百日咳、ポリオ、ジフテリア。破傷風。MMR。
新三種混合ワクチンは一つずつ打って、はしかがどこかであって。
水ぼうそうはどうしたっけ? 

記憶のかなただわ。


メキシコでは、2か月の子供さんは6個? 4か月で5個?
6か月になるや任意も入れて7個!

赤ちゃん受難。

でも、
アメリカのスケジュールを模してこうなっているそうで、
アメリカに赴任で行っていたとしても、結果
同じことだったみたいっす。

赤ちゃんがんばって。


幼稚園に入るときには予防接種歴を提出するそうです。
日本で全部受けたつもりでも、メキシコで集団生活を送るためには
不足分を接種しなければなりません。
お母さん大変ですね。


公民館などで受ければおそらく無料ですが、
海外赴任家庭はたとえ有料でも
『安定したワクチンを、衛生的な環境で』
受けたいですよね。


小さい子どもさんをお持ちのご家庭は、
ホームドクターを決められて順次対応されるのでしょうね。

頭が下がります。

ママもパパもちびっこも ファイトです。




by Taseirap | 2013-12-17 07:28 | メキシコ基礎知識 | Comments(0)
<< 日本人医師によるイラプアト出張... メキシコの病院 >>


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさま 主人がよろ..
by Taseirap at 17:03
はじめまして。 温かい..
by Taseirap at 23:54
鰻重! が、なかった?..
by Taseirap at 14:26
万作!私たちも参りました..
by ティラミス at 09:46
そうなのですか! 知ら..
by Taseirap at 22:06
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
夏休みがはじまった
at 2017-07-23 09:11
あまじょっぱい が、いや
at 2017-07-21 07:30
攻める食卓
at 2017-07-20 07:30
我が家の3種の神器
at 2017-07-19 07:30
食卓に something ..
at 2017-07-18 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧