イラプアトのお肉屋さん

イラプアトに
「黄色くない、日本と同じ白い鶏肉を売っているお店があるそうよ。」
ということで、行ってみました。

c0325278_08590547.jpg
『carniseria(肉屋)』って、そのまんま


イラプアトのセントロ方面からケツアル・コアトロ大学の前を通って、
アランダス通りを進むと 進行方向の左手に


c0325278_09030803.jpg
緑色のジューススタンド発見(←この左並びに肉屋)

しぼりたてジュースとサンドイッチで35ペソ。安くて美味しい
なぜか お化粧品も置いてある



お肉屋さんには、この緑色のジューススタンドが目印。
スタンドのすぐ前の、細い道沿いにあります。
住宅団地『サンアントニオ』入口まで行くと、行き過ぎ。
そのひとつ手前、緑のスタンドの前で、Uターンしてください。

(あ、逆に レオン方面から来られたら、すぐに脇道に入れば良いですね。)

お肉屋さんの住所は分からないのですが、上の写真の茶色いビル、
あそこは、ヨガとかズンバ、サルサなどを教えてくれる教室があるビルで
住所は、Blvd.Arandas #1599 Local#10 Col.El Cortijo(Pta Alta)

アランダス通りとコルティホ通りのクロスするところが、ジューススタンドです。
向かって、左側の5~6軒並んでいる商店の真ん中のお店です。


c0325278_09172028.jpg
たしかに白っぽい鶏肉がある


チョリソも充実。
日本人のお客さんが多いらしく、薄切りにしたり細切れにしたり注文できます。
どれもおいしいそうです。お店の人も親切です。


夏休みなので、子どもさんもお店にいてお父さんが細かく刻む様子をみていたりします。

お店屋さんの子どもが、よく大人のお手伝いをしているのがメキシコの特徴です。
美容院でも洗車場でも、ソファに座って宿題したり、お手伝いしたりしています。
大人も邪魔にはしません。

なんか、『昭和』っぽいでしょう。
(わたしの年上の友人たち、きっとみたら泣くわ~。)


あ、肝心の鶏肉は、白いとはいえ、真っ白とも見えないんだけど・・・?
ここは全ておいしいと皆さんのお墨付き! (海老も◎)

今回は、主人が餃子が食べたいというので、豚肉を細かくひいてもらいました。
「餃子の皮は東洋フーズに売っていた。」
と、主人が言うので行ってみたら
春巻きの皮。

餃子の皮をこれから打ちます・・・。

やれやれ、食べたいものなんて聞くんじゃなかった。


* 後日『TOYOフーズ』へ行ったら ちゃんとありました餃子の皮!
 お店の奥に、白い棺桶みたいなフリーザーがあるでしょう。
 冷凍の枝豆とかちくわとか入っている。
 あの中よ。

(誰に向かって言っているのか・・・?
 メキシコ以外のみなさま、ローカル過ぎですよね。ごめんなさい。)



c0325278_07413070.jpg
えっ お呼び?










by Taseirap | 2014-08-12 08:57 | イラプアト | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap