息子がパジャマでやって来る

9か月ぶりに会う次男坊。
どんな風になっているかとても楽しみ。

空港で、スペイン料理のランチを食べて、
飛行機の到着を待つ間も、ワクワク。

ワインの酔いも手伝って、素敵な王子様が
やってくるような気持になりました。


c0325278_05450826.jpg
アエロメヒコはワシの頭の顔が目印。

(写真のこれは小型機ですが、だいたいこんな感じ)


メキシコシティのターミナル2(国内便空港)
ベニート・ファレス空港で待つと、
来たっ!

あれ?  パジャマ?


サンダルばきで、パーカーを羽織り
髪に寝癖までつけて・・・。
手荷物ひとつでフラフラ出てきました。

ま、現実はこんなものか ・・・。

(わたしの王子様はどこ?
そもそも存在したことあったっけな?)


以後、
一人暮らしですっかり身につけた物臭さ
&大学生活で身につけた毒舌
まき散らす息子。

気がつく度に厳重注意。
そしてうるさがられる。

だって、来年からの就活、これじゃ・・・。

親として本能的に不安を覚え、
息子の人間的未熟さに、
人間的未熟な母はうろたえる。

が、良くしたもので(?)
この親にしてこの子あり。

お互いすぐになれて『仕方ないか』と諦めた。

それなりに良さもあるでしょう。
きっと。
分かりにくいけれど。


でも、後日カンクンで出会った
バックパッカーの大学生、
物凄くしっかりしていた。

(しかも息子より年下だった・・・。)

語学を学び、バイトして、
自分で計画して、大きなリュック背負って、
地球の裏側まで一人でやって来ている。

まぶしい!
ご家族はさぞやうれしいでしょう。

どこのどなたか存じませんが、
お母さま!
あなたの子どもは大丈夫よ。
どうやって育てたのか聞きたいわ~。


でも、いくら羨ましくとも
「ねえねえ、うちのこと替えて。」
と言っても、替えてくれる訳はなし。

在るものをありがたくゆっくり
育てるしかありません。


目に入る髪を切るくらいはしても良いですよね。

メキシコカットは基本短髪ですから、
さっぱりしてもらいましょう!

ふと、これが娘の子だったら、
どうだったのかしら?

ある友だちに聞いたら、
「同じようなものよ。」
と、バッサリ。

そんな・・・。
夢も希望も?


教育はDNA には勝てないのだろうか?

20歳過ぎたら、本人の自助努力を
激しく要望します。
自分の人生、どうかひとつ頼みますよ
ρ(・・、)


あー、われながらくどくどしい。
母親モードって、イヤね。



(後日確認したら、おズボンは、
○○というブランドでした。
でも、母の目には。)


Commented by tmyooon at 2014-10-03 22:15 x
ククク!
蛙の子は蛙??(こういう時に使っていい? 笑)
もしも私に子どもがいたら、さぞかし… 笑笑
Commented by Taseirap at 2014-10-04 01:44
あー、そうよね。
結局、なんとなしに親に似るのよ。

意気込んでいたのを見事に肩透かし。
力が抜け落ちました。
by Taseirap | 2014-10-03 07:20 | カンクン | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap