『BOUNENKAI』パーティから初めてみようか・・・

10月の終わりの死者の日に、メキシコの方のお宅で
『ハロウィン・パーティ』がありました。

皆さん仮装して、豪華で、楽しく。

お食事は、奥さまの手作り+ケータリングサービスまで!

『すごい。ハロウィン・パーティなるものは
かような物か。納得。
アメリカの人のホーム・パーティも
いつもとても楽しかった。
メキシコも良いなあ。』

思えば、昨年の12月には
『ポサダ(クリスマス・パーティ)』にも
呼んでいただきました。
よくお世話になっています。


他のメキシコの人にも、
昇進祝のパーティ(自分がする)、
お仕事関係の移動のパーティなどなど、
華やかなことに縁のないはずの我が家ですら、
何回もお呼ばれに預かりました。

ご近所さまにも、理由は分からないが
パーティに何回か呼ばれている・・・。

・・・ヤバい。
そろそろ うちも何かしなければ。

12月は12日(金)がグアダルーペ(聖母マリア)の日で、
その日から3連休。
クリスマスあたりも、みな忙しい。

ということで、間隙を縫う形で、
ある晴れた土曜日、
仕事でお世話になっている同じ部の人をお招きして、
パーティをすることになりました。


でも、何をどうすればいいの?

まず、名目は?
「早めの忘年会でいいだろう。」
ふんふん。まあいいね。

と、主人の仕事に事件勃発。
(刑事でもないのに、事件ばかりおきます。)

開始時間を昼2時⇒午後5時に変えました。
ランチからディナーへ、
少しハードルが上がった気がするものの、
気にしないことにする。

多忙で、前日のコスコ買い出しの時間が
取れるかどうか、不明。
ひとりでも行く決意をする。

参加者は、不明が多いながら、
30人は参加の予定。

ご近所さんに声をかけると、
20人は来る。

初回から50人。
ムリムリムリムリ。
今回はお赦しいただく。


お食事は、団地のバーベキューコーナーを
借りることにして、バーベキュー。
と、和食で。

「去年も昼間にバーベキューした。
肉をいっぱい買っておけばいいだろう。」
と、主人。

「それに、ハンバーガーも付ければ良いかも。
ハンバーガー・パーティって、
メキシコの人よくなさってよ。」

「よし。それでいこう。
飲み物は各自持ってきてもらおう。」

だいたいのラインは決まりました。

(と、これで決まったと喜ぶあたりが初心者の怖さです。)



明日に続く




Commented by LagosJalisco at 2014-12-15 10:05 x
パーティのお誘いにきちんと参加されているとは、素晴らしいですね〜。言葉がわからないと、ヒマだし、ある程度話せるようになっても、ネイティブの会話についていくのは、相当大変ですよね。でもご近所付き合い大事ですよね。私も頑張らねば…。明日の続編楽しみにしております。
Commented by Taseirap at 2014-12-15 11:16
"きちん"とは参加できてません。
会話も全くついていけてません(笑)

優しいご近所さんがおられたら、きっと誘われますよー。
すべてはそのときのお楽しみです (;゜∇゜)
by Taseirap | 2014-12-15 07:30 | 日々の暮らし | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap