新しい日本食材店『桜』

2月1日に、イラプアトに新しい日本食材店がOPEN!
その名は『桜』。
(サラマンカの和食のお店と同名ですが、全く違うお店だそうです。)

c0325278_08562454.jpg
まだオープンしたばかり


場所は、イラプアトの『龍』の隣り(プラザ・サンタマリア)。
経営者は日本の方で、魚、肉、野菜は『ミカサ』さんからの直送品だそうです。
日本人スタッフさんもおられます。

c0325278_09010786.jpg
鮭の切り身や魚の味噌漬け、豚ロース肉。おいしそう♡

c0325278_09031573.jpg
青梗菜にきぬさや。お漬物も!

c0325278_09044361.jpg
冷凍庫には、多種類の納豆。おでん材料も、焼きそばも。

c0325278_09061873.jpg
あらま、お味噌汁まで?

c0325278_09000273.jpg
もちろん、お米も調味料もお味噌もお醤油もソースも。種類が多い。


こちらのお店のすごいところは、
年中無休!!!
月曜日~土曜日は朝11時から夜9時まで。
日曜日は、朝10時から夕方6時まで。

前にもちょろっと書いた気がしますが、イラプアトの東洋フーズは
月曜日(午後)に野菜が入るそうです。

「でも、来週は火曜日。」
とか、微妙にイレギュラーなのは祝日が絡むから。

そして、『桜』に野菜が入る日は、水曜日の夕方5時から7時らしい。
(水曜日の夕飯を『龍』にして、お野菜買って帰ろうかな?
でも、木曜日の午前中でも、おそらくまだたくさんあると思います。)

白菜、ねぎ、きゅうり、大根、かぼちゃ。
初日から飛ぶように売れたそうで、水曜日のお昼にはあまり残っていませんでした。

c0325278_09085234.jpg
かぼちゃ君、久しぶりだねぇ。あ、カラバッサ君って言うんだったねぇ。


予約販売も受け付けられるそうです。
(野菜類は市場の関係で、少し難しいと思いますが…。)
「何でも、仕入れてほしいものがあれば、言ってくださいね。」とのこと。

「”納豆が東洋フーズで売り切れていても、こちらに回ったらある!”。
 それがとても嬉しいですよね。」
と、ご一緒した奥様が言われました。

「えー?無かったら、”あー、無いねー。”」
「違うんですよ! それでは気が済まない時もあるのです。」

なるほど。

求める物をきっちりゲットするよろこび。そして、
商品の有無よりも バックアップの有無が 日常のストレスに影響する、と。


店主の方のおっしゃる
『きめ細かいサービスで、みなさまの快適なメキシコ生活の一助として、
 オアシスのような店を目指します。』が、分かった気がする。

そうなんだ。

我々の心の砂漠に、いつでもお水を(納豆を)ですね。



(追加情報)
℡:462-1-14-20-29
(日本語OK)

今、というかずっと
ケレタロのあたり高速道路が工事しているので、毎日が渋滞です。
そのため、野菜類の到着が予定の時間より遅れがちのようです。








by Taseirap | 2015-02-07 07:23 | イラプアト | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap