いつまでもお幸せに

日本で久しぶりに会うお友だち。
この日は、マダム3人組。

う~ん?
かれこれ26年のお付き合いです。

はじめは
「私たちは、あなたよりほんの少しお姉さんよ。」
と、言ってらしたので ふたつみっつ年上だと、ずーっと思っていました。

帰国したと知らせたら、よし花見に行こう!
夕方から四人で出掛け、晩御飯食べて帰りました。
(うちの主人には自由時間。お3人のご主人様も、もっと自由時間。)

桜を見ながらお散歩して、とても楽しかったです。

この日の話題は、主に"年金"。
私のメキシコ話も、一応は聞いてくださいますが、
年金パワーには勝てません(笑)


盛りの桜が下植えのユキヤナギの白い花に映えて、夕暮れ時の薄明かりのもと
凄まじい妖しさ。
時折、風がゴウと吹き、枝が揺れます。

c0325278_08362520.jpg
満開


そんな春の情景のなかで聞く"年金"。

・・・面白い( 〃▽〃)

花より年金。

「この前通知が来て、年金1万円あげる、だって。」
「わー♪良かったですね!」
「年(ねん)に、よ。」
「へ?」
「若いときに少し働いていたときのが、年に1万円もらえるらしいの。」
「・・・。」
「無いよりは良いわよね(笑)」
「もちろん!」

そして、なんとなく腑に落ちないので、改めて歳を聞いたら8歳上だった!

あれれー、いつの間にか急に増えてる?
「あなた、全然年下と思ったことないわ。むしろ年上みたい。アハハ。」

・・・たぶん、誉められてはいないですよね。


おひとりが、
「そうそう。あなたがメキシコ行ってるうちに、うちの下の娘2人に
 (うち一人は長男と同級生)に、子どもが生まれたの。
 孫4人のお婆ちゃんになったよ。」

1年と少し留守にしたら、結婚&出産が無事に済んでいました。
同様のケースが、身近に他にも3組。
(うち一人は、次男の同級生。22歳の男性。)
"結婚された"は、2組。

まあまあ、おばちゃんビックリですよ~。
少し留守にしただけなのに。
早速、息子たちに知らせると、やっぱりとても驚いていました。


息子たちよ、貴方のお友だちはオモテになるぞ。
人生のエアポケットに落ち込んでいる場合じゃないぞ。

母は孫が見たい!
(いや、その前に働いてからね。)


お若い皆さま、どうぞ末長くお幸せに。
これから先の長い人生、幸多いことをお祈りします。

c0325278_08380182.jpg
きれいな花を咲かせてね




by Taseirap | 2015-04-12 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap