宮島(Miyajima) tour ③ おまけ

さて、宮島にいらしてもう少し遊びたい場合は、
『宮島水族館』もしくは、
『弥山(MISEN)登山』などいかがでしょう?

宮島水族館は、厳島神社をさらに海岸沿いに進んだ方向。
全体にお値段の高い宮島でのお食事も、水族館付近なら家族連れを意識して、
気安い料金設定のようです。

弥山に行きたい人は、もみじ谷をさらに進んでください。

c0325278_15420555.jpg
ロープウェイ(ropeway)があります
片道(One Way)1000円。往復(Round Trip)で1800円


ロープウェイで頂上の駅(獅子岩駅)に到着しても、もう少し歩く必要があります。
ヒールで歩く女性もいますが、スニーカーが無難でしょう。
登山が趣味の方は、もちろん下からしっかり登られます。
標高535m。
2時間くらいかけられるようです。

デートで行く場合は、弥山に登るかどうか、ひとこと事前に教えて
くださった方が女性は嬉しいでしょう。
靴がかわれば、服装・髪型すべてがかわるのが(若い)女性です。

厳島神社⇒もみじ谷公園⇒『岩惣』⇒カフェ のコースと
厳島神社⇒もみじ谷公園⇒弥山⇒降りるときは山歩き(!)
では、心構えはもちろん、行くか行かないかもかわります。

ところで、むかしは、
「宮島さんは女の神様だから、カップルで行ったら別れる。」
と、言われていました。
(古くは遊郭がありましたから、女性は連れていきたくなかったらしい。)

いまは、
"Lover's sanctuary"という旗がひらめき、
英文パンフレットの地図には
”Some miracle spots around the Mt.Misen Summit”
というタイトルまで。

なんですと!?
ミラクル・スポット???
いつの間に?

弥山には”消えずの火”のお堂(the eternal flame)が、ありますので
”愛の火は消えない”的な ノリ 意味合いでしょうか?

頂上から瀬戸の海が見渡せるただの見晴らしの良いところではなかったのですね。
失礼しました。

結婚したい相手の体力調査、根性調べにもなるかもしれません。
辛いときに文句ばかりいう人と結婚したら、一生の不運です。
(「お前が言うな。」と主人は思うでしょう。)

我々熟年ファイター組は、ロープウェイはやめて、コーヒーを飲みに行きました。

c0325278_16294339.jpg
『牡蠣祝(かきわい)』というところ

c0325278_16305644.jpg
宮島からの対岸の景色が一望できます

c0325278_16314896.jpg
メキシコではなかなか飲めなかったアイスコーヒー(650円)



c0325278_16323652.jpg
五重塔と『光明院』のすぐ近く




≪おまけ≫
老舗旅館『岩惣』さんでは、日帰りでお食事(ランチ)も提供されるようです。
お食事処 もみぢ で、11:30ー2:00まで。
予約は、0829-44-2233。
宿泊者以外でも良いそうですが、貸し切りの日もあるようなので
電話予約が確実かもしれません。
名物あなご重が2400円(税込2592円)と、意外とお得なお値段。

また、あなご飯の『うえの』では、2階に
『他人吉(たにきち)』があります。
こちらは予約制で、コースでいただきます。
いつか行きたいと、思いつつ土日はいっぱいなので
なかなか予約が取れません。

℡:0829(56)0006

http://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34002628/


《おまけのおまけ》
二男の中高時代、マラソン大会の会場はいつも宮島。
でも、神様からは逆走。桟橋から左側の海沿いコース。
10㎞。

マラソンが終わって、友達と少ないおこずかいをはたいて
あなご飯を食べに商店街に行ったそうです。

一番安そうなところに入って、注文したら
お重で出てきて大喜び。

ところが
「なんか小さめの重箱だけど、ま、仕方ないかと思って、
 箸を入れたら、すぐに『カツッ。』って音がした。
 あっさーい!
 めちゃくちゃ上げ底。ご飯もほとんどないじゃないか!
 あれじゃ、ちっちゃい婆ちゃんが食っても足りん。
 俺たち、10キロマラソンの後よ。
 『いただきます。カツッ』って。
 どうなん、母ちゃん!」

「先生はマラソンの後でお店寄ったらダメっておっしゃったでしょう?」

「・・・ダメなのは中坊までよ。」(うそ)


お友達と食べた”カツッ”。小さくて浅いお重。
楽しかったね。よかったね。

先生ごめんなさい。



by Taseirap | 2015-05-22 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap