キラキラネーム

下の子が小学校の一年生になった春、
「お隣の席の人のおなまえなあに?」
と聞いたら、
「いかぴくん。」

いかぴ?
出たよ、出た出た。ぶっ飛びネーム!
いったいどんな親御さんやら・・・。
『こども同士がケンカしてもめたら、嫌だな~。』
と、少しリアルな妄想。

とりあえず、名字を聞いておこう。
「なに いかぴくん?」

「イカピ・アイ○○○○○○・ト○○君。」
アフリカのぼくちゃんでした。

参観日でお見かけしたお父さんは、スーツ姿でピシッとした印象。
いかにもヤングエリート。

お母さんは、他に3人くらい子どもさんを連れられていました。
大学の留学生さんみたいです。

その頃は、クラスにあと2~3人外国籍の子どもさんがおられて、
国際色豊かな公立小学校でした。

イカピくんは、クラスに好きな女の子(日本人)がいたらしく
ジャングルの絵を描いて、中央にはお花畑。
その外の、花も緑も何にもないところに彼女を描いていたそうです。

息子が
「どうしてお花の中に入れてあげんのん?」
と聞いたら
「ジャングルは猛獣が出る。なにもないところが あんぜん。」

とっても良い子でした。



私の名前は、”○子”。
息子たちからは”昭和の香り”とバカにされる『子』が着いた名前です。

メキシコ(スペイン語)では
~koというと、男性の名前の印象があるようです。

メキシコのホテルに泊まったら、
「ヘイ。○○ko!」
と、主人が呼ばれていました(笑)

女性なら、マリア(Aで終わる)、
男性ならマリオ(Oで終わる)の、感覚で
『~KO(子)が付くのは、もちろん男の方さー。』

日本人の名前は、何といっても短い!
3音節くらいは、ニックネームレベル。
とても覚えてもらいやすいようです。

メキシコでは、
「ひとつめの名前・二つ目の名前・お母さんの名字・お父さんの名字」
だったかな? 
ファースト ネームが大体は2つ。
多い人は4つくらいあるみたいです。

ある人は、おそらくスペイン貴族の末裔のようで、
名前の途中に ”デ” だったかなんだかを入れてくれ、
と言われていました。(忘れちゃいました。)


さて、僭越ですが お若い人にひとこと。

『親が愛情込めてつけた名前は、他人がとやかく言うことではない』
という金看板は、横に置かせていただき、
申します。

”可愛いわが子に世界でたったひとつの名前の贈り物を”
ーするのやめませんか?

既に、子どもさん自体が世界にたった一人です。
ミッションは達成されています。
名前くらい、人と同じでも大いに結構です。


世界に目をやれば、諸外国ではさほど名前の種類もありません。
同名がゴロゴロいます。
亡くなった祖父母の名前とか平気で使ったりします。

もちろん、外国でも、派手な名前を付けることがありますが、
ストリッパーネームと言われるそうです。
低所得層に多い名づけです。

”名前”というのは結局”呼び名”なので、呼びやすく
読みやすくあれば、充分です。
(連想ゲームみたいな名づけは、勘弁してください。)

何が良くて、何が悪いかは、時代とともに変わる要素でもありますが
普遍的な要素も大事にしてほしいと思います。

個人名でも、しょせん名詞。
「人とかぶる~。」のが当たり前です。

(どうしても"我が子にぴったりくるものを"と希望されるのなら、
漢詩や万葉集を読まれたら、ヒントになりそうなものがありますよ。)

赤ちゃんの「名前」も、「顔」や「声」と同様、一つの個性。
でも、それよりもっと大切なのは「人格」。

ひとたび生まれたら、親は大変なお仕事が待っています。
命を守ることはもちろん、人生の長いサポートが始まります。
親御さんがいないところで、よそ様に愛されて助けていただけるような
やがてはその子が他者を助ける側に立てるような、
素直で強い心を育てないといけません。

すごく難しいです。

わが子とよそ様への『奇妙な呼び名、書けない漢字の押し付け』は
親の仕事から外れています。

”名前負け”という言葉もあります。


これから名付けされるお父さん、お母さん、
肩の力を抜いて、ここはひとつ
『ほどよく良いお名前』をつけていただけませんか?

”小さく生んで大きく育つ”
じゃないけれど
”ふつうの名前の偉大な人物”なら、みんなが覚える名前になりますよ。

どの子どもも、存在自体が唯一無二。
ことさら個性を叫ばなくても、ものすごく独特です。
安心して。(とういうか、心配して。)



・・・特に何があったわけでもないのですが、ふと気になりまして。



追記

私の申します『キラキラネーム』は、かなりのレベルのキラキラ度です。
そんじょそこらのレベルではありませんので、ご安心下さいね。







by Taseirap | 2015-09-16 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap