国勢調査が電子化ですか?

平成27年度の国勢調査がはじまりました。
国勢調査は5年に一度だそうです。

持って来られた用紙がとても薄いので、
『内容が簡単になったのかな?』
と思っていたら、
”できたらインターネットでしてね”ということでした。
スマートフォンでもできるそうです。

c0325278_15153739.jpg
IDとパスワードがありました


9月20日までにインターネットで出せる人は出して、
出さなかった人は、以前と同じ手書きで書類を書いて出す、という・・・。

さっそく、主人にがんばってもらいました。
所要時間は手書きと同じくらいですが、国勢調査員の人に再訪問して
もらわずに提出できるのが、気楽です。
皆さんお仕事で、なかなかお家におられないので、
調査委員さんは何度も何度も足を運んで、書類を回収されると聞きます。

息子たちは出したかな?
聞いてみようっと。


日本は急速に電子化が進んでおります。
わたしの年上の友人は
「みんながみんな、パソコン使えると思うなよ!」
と、息巻いております。

メールのスタンプは自由自在なんですけれど・・・?

また、先々消費税が10%になった時には、
マイナンバーカードを使って、食料品にかかった税金の一部を
返還する、という政府案。

「毎回、買い物するときにカードを出すなんて面倒。」
「年金情報もダダ漏れの国に、個人の消費情報を差し出す気にはなれない。」
「”ここの家、冷凍食品ばっかり買ってる”ってばれるじゃない。」
「”お財布のなかにカードが一枚増えるだけだ”って、軽く言うけれど
 そりゃあお偉いさんはプラチナカードいっぱいあるんでしょうよ。」

と、やっかみとも ごまめの歯ぎしりとも いえるような政治批判。

「カードなんて、面倒よ。私、持ってないもの。」

ちょっとまって!
そのパンパンにふくれたお財布はなに?
お買い物に行く店々で、マジックのように取り出すポイントカード。

・・・軽く使えるんじゃない?マイナンバーカードくらい。

「あのね。カードを持つこと自体が面倒なんじゃないの。
 新しい心配と仕事が増えるのが嫌なの。」

あ、なるほど。






by Taseirap | 2015-09-18 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap