茅乃舎(かやのや)だしをつかって

NHK 笑けずり。

一番面白い無名芸人は
『ザ・パーフェクト』でしたね。
個人的にはイチオシでした。
クフフ。

あ、気にしないでください。
テレビっこの独り言です。



・・・さてと、なんだっけ。

あ、そうそう!
先日取り寄せた ”茅乃舎だし” 。
とても重宝しています。


c0325278_13114041.jpg
アルミの密閉パックの中には、
袋入りだしパックが30袋入り


添付のお料理読本を見て、まずは『半熟だし卵』を。

c0325278_13133501.jpg
つけ汁に一晩

c0325278_13154946.jpg
少し茹ですぎました


これね。
①たまごを室温に戻し、沸騰したお湯で
5分茹で、氷水に取る。

ここまでは良かった。
手に持てば、白身の下で黄身が踊っていました。

②基本だし(2カップにだしパック1個)と
みりん(1/2カップ)と
醤油(1/4カップ)を火にかけ、
沸騰させたら火を止める。

③殻をむいた卵を②に入れ、再沸騰。
火を止め、そのまま置く。
粗熱が取れたら、冷蔵庫へ一晩。

という手順。簡単。

・・・なんだけど、できあがりの黄身のようすが予想と違う。

偶然来られた友人(調理師免許あり)に、
むりやり食べてもらい
出来上がりの不納得を訴えると、

「衛生的には、
”卵を入れてから調理液を再沸騰”
があった方が良いけれど、
なかをトロリとさせたいなら、
冷ました②にすぐゆで卵を入れたら?」

①の状態の茹で卵は本当においしかったから、
(「食べたんかい!?」)
日持ちはあきらめて、”再加熱はパス”でも良いかもね。


このだしパックは、袋をひらいて
”中身:小さじ1、味噌:小さじ1”
をお椀に入れるだけで
”ひとりぶんお味噌汁” ができる優れもの。

乾燥わかめやネギ、お麩、
お豆腐や納豆を入れれば、
即席なのに即席では無いような
お味噌汁が飲めます。
(海外単身赴任者におすすめです。)

やはり、
”袋を破って炒飯や野菜炒め”にもグッド。

私も、作ってみましたよ。

c0325278_13130048.jpg
キャベツと松山あげの炒めもの


フライパンに白ゴマ油を熱し、
千切りキャベツを炒めてしんなりしたら
松山あげを入れて、
『茅乃舎だし』ひと袋を破ってふりかけ、
醤油を二まわし、くるくる たらーり。
最後にカイワレも入れて、できあがり。

あっさり味です。

このだし袋は、一袋に5種類の原料が
良いバランスで入っていて、
小魚の骨までまるごと粉砕してあるので
かなり良いと思います。




*『松山あげ』は、四国 松山のあげ。
http://www.matsuyamaage.co.jp/story/
うちの方ではよくつかいますが、干した油揚げです。
日持ちがするのが特徴。



by Taseirap | 2015-09-26 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap