理想の学童保育?

以前、お孫さんのいる方と
自分たちの理想の施設(学童保育)をつくるとしたら、どんな感じで?
と、話したことがありました。

まず、
少人数の預かりにする。
宿題は完璧にする。
(勉強面での遅れを作らない。)
おやつは手作り。
(ときには一緒に作って食育もする。)
習い事(塾やスポーツ)への送り迎えも可能にする。
保護者の人が残業で少々遅れても、大丈夫なようにする。
(簡単な夕食サービスあり。)
マンガを含めて、本をたくさん読める環境にする。
外で遊んだり、時間がある日は映画を見たり、ふつうに家で過ごすようにする。
病気の時は、朝から預かる。(1日保育)

で、月謝はいくら?
・・・ひとり月10万円。でも合わない。
責任が重すぎる。保護者が怖い。だからやりたくない。


そして、ある人が
「私、孫にこれ全部してるわ。無料で。」

良いものはお金がかかる。
なのに、ジジ・ババは無料。

なんなのでしょう?




そして、パートタイマーや専業主婦で子育て中のお母さんも
日々お疲れさま。
公的扶助が無いのもキツいですよね。

でも、放課後の4-5時間は、価千金。

他人は10万円もらってもしたがりませんが(笑)、
子どもと歩く夕暮れの道。
草むらからきこえる虫の音。

子どもの話を聞きながら、夕焼け空でも見上げてみてください。
一番星が見つかるかもよ。

(だからなに?といえば、それまでですが・・・。)





Commented by ティラミス at 2015-10-13 08:31 x
ほんと、今にして思えばもっとゆっくりのんびり楽しみたかった。
若いときはそんな余裕もないですものね。子供たちの話って今どきのテレビ番組よりよっぽど面白くて笑えます。しかもタダ。
ある日の学童でのこと。活発な3年生の男の子。その日は珍しくお母様のお迎えが遅い。(でも保育時間までは十分余裕です)何度も戸口に張り付いて「お母さん遅いなあ。」と心配そう。この時期、17時半も過ぎればあたりは暗くなってきます。それが余計に心配に拍車をかけます。「大丈夫よ。こんなかわいい子を誰が置いたままにするもんですか。」と慰めると「俺、かわいくないもん。」その時、ちょうどお迎えが!
「お待ちでした~。」と笑顔で迎え、やり取りをお話ししたところ、「いや~全然かわいくないですよ。」とお母様は不満顔。いろんな期待や思いもあるのでしょう。でも待っている間、この子は本当にかわいらしい子でしたよ。いつもはちっともいうこと聞かないのに。
親の知らない子供たちの顔を見れるのは我々の特権かも。

自転車事故の保険。保険会社に聞いてみました。なんでも全額保険はおりないみたいです。そんな~・・・とにかく早く忘れたい。引っ張られるようなら保険会社に仲介してもらいましょう。とほほほ。
Commented by Taseirap at 2015-10-13 10:17
可愛い~!
子どものいろいろな表情が見られて、飽きないですね。
親御さんは子育て中は必死ですものね。
自分もそうでしたが。(今もそうですが。)

あちゃ~!全額はおりないの。
ショック!
「痛い」と言われれば・・・( ;∀;)

「加齢によるものは抜きでお願いします。」とも言えず。
元気出してくださいね。
by Taseirap | 2015-10-13 07:30 | こどもたち | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap