新聞おもしろいな~

昨日の夕方、お散歩していて、新聞屋さんの前を通りかかり
『たまには買ってみましょうかね~。』


c0325278_19150904.jpg
右:中国新聞、左:日経新聞

中国新聞は、『ノーベル賞』がさき、『TPP大筋合意』がネクスト。
日経は、逆なれど同じ2トップ。

医学生理学賞を受賞された大村智・北里大特別栄誉教授(80)。
アフリカなどで寄生虫が引き起こす熱帯感染症の
特効薬を開発されたそうです。

息子が高校生の時に目黒の『寄生虫館』に来ているのですが、
アフリカの風土病の説明コーナーでこの病気のことを見ました。
長い棒の前を子供が持ち、大人たちが後ろを持って歩く絵がありました。

初めは、なにか遊んでいるのかと思っていましたが、
『水が汚染されているので、大人になったらほとんどの人が失明する』
という解説だったと思います。
オンコセルカ症(河川盲目症)でした。
また、足がゾウのように膨れた写真もありました。
(リンパ系フィラリア症:象皮症)

衝撃でした。

でもいまではこの特効薬のおかげで、劇的に失明が減ったそうです。

明治のころは、日本でも風土病(象皮症)があったと書いてありました。
西南戦争の時の西郷隆盛の軍も、泥水の中を行軍し、この風土病に苦しめられたとか・・・。

ダニが原因の疥癬(かいせん)症、沖縄に多い糞線虫症にも
この薬剤(イベルメクチン)は効果的だそうです。
万能薬とも言えそうですね。

この薬は、現在1年間に3億人に投与されており、
年に1回飲めば、効くそうです。

良かったです~。

”TPP大筋合意”の方は、話すと長くなりそうです。
日本の農家の方はご心配でしょうが、
低農薬の安心・安全な日本の農産物は、ほんとうに素晴らしいです。

世界で和食は人気ですが、アメリカのお米で作るお寿司はとても固いです。
だから、日本のお米で日本式に作ったら、すごく驚かれると思います。

”農薬の使用量も多い”と聞きますので、日本のお米はやはり安心です。
そして、今の私の心配は、おいしくて安全な日本のお米が、海外に輸出され過ぎて、
私たちの口に入らなくなることです。

農家のみなさん、自信を持って!
ひたすら応援しています。


さて、応援といえばもう一つ。


c0325278_19451183.jpg
スポーツ新聞


スポーツ新聞は、ノーベル賞もTPPも関係なしなのね?
今日の中日戦、カープの先発はマエケンです。
中4日の登板。
入場券は5日午前に全席完売。当日券もない札止め。

黒田さんもベンチ入りするそうです。
(「監督やコーチに投げろと言われたら、投げる。」)

まるで優勝が決定するかのような、みんなの力の入りよう。
(3位になりたいだけなんですけれどね。)

大瀬良投手びいきの若い友達(一般主婦)は
「マエケンで負けたら仕方ない。
 大瀬良はメンタルが心配。正念場だ。前見ていけ。
 フロント、来年はもっと使える外国人助っ人取ってこい。
 総動員でいけ。」

普段はこんな人じゃないのですが・・・。

中日は、山本昌投手が先発。
打者ひとりに投げるそうです。


それにしても、こんなに1勝に苦しむなら、
9月12日の対阪神20回戦の
田中の幻のホームランによる1勝が、・・・。














by Taseirap | 2015-10-07 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap