Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
喜怒哀楽
昨夜のNHK杯、男子の羽生結弦選手すごかったですね。
『なんかいいもの見た~。』
美しい夢のようなスケーティングでした。
自分でも
「血のにじむような練習をしてきた。」と言われていました。

目標に向かってひたむきに進む力は、ヒトのどこから生まれてくるのか?


生まれたばかりの赤ちゃんは、『快』と『不快』の2つの感情しかない
と、聞いたことがあります。

成長するにつれて、もっと複雑な感情が育ち、大人になります。

感情というと、大きく言えば喜怒哀楽。
喜怒哀楽ももっと細分化できるはずですが、忘れてしまいました。



人間は自分の感じた気持ちを、生きるエネルギーに変えて、日々を生きています。

"喜びを生きる力に変える!" 
これはものすごく実感できますね。
同様に、"楽しさを生きる力に"。
これも、その通り。

悲しさはどうでしょう?
悲しいと、力が抜けちゃうよね。
『さすがに、これはちょっと無理かな~?』と思います。
でも、なかには悲劇のヒロインを嬉々として演じてしまう人もいなくもない。
ということは アリ?

最後は、怒り。
実は、好むと好まざるとにかかわらず、怒りをエネルギー源にしている人、
います! 
あなたのまわりにもいませんか?

これもひとつの体質なのかもしれません。
不正に怒り、人を憎み(?)
良いケース『こんなことで負けるものか!』
いまいちのケース『あいつ不幸にしてやる!』

怒りはすごいエネルギー。
上手く使えば相当な仕事量。


ところで、
私は今でも未熟な人間ですが、
実際にもっと未熟なこどもの頃、
家族や友人とケンカして無性に腹が立ったとき、
決まってお腹が痛くなりました。

おそらく、自律神経かなにかが過度に震えて、腹痛になったのでしょう。

そんな私に、賢い方の祖母が
「人を呪わば穴ふたつ。きれいな心で生きないといけませんよ。」
と、いつも呪文のように言っておりました。

もう少し腸が丈夫なら、俄然立派なファイターになれたはずですが、
腹痛に苦しむうちに
『怒りをエネルギーに変えるのは、私には難しい。』
と、諦めました。残念です。


もしも、自分が今まだ子どもで、学校に行っていたら
上手くやれていただろうか?と、時々思います。

はっきり自己主張するクラスメイトたち。
勉強も運動もできず、顔も可愛くもなく・・・。
負けるものか、とも思えず。
学校カーストの最下位に置かれて、どうやって生きていたかしら?


やっぱり、たとえ少なくても、生活の中の喜びや楽しみを、
生きるエネルギーに変えていたことでしょう。

自分がどのタイプの人間なのか、よく考えて
別人に生まれ変わろうとせず、良いところを伸ばすしか道はないですね。


もしも、貴方がとても負けず嫌いのファイターだったら、
どうぞ元気に突っ走って下さいね。

ただ、時々周囲を見渡して、うっかり誰かを傷つけていないか
気をつけて下さいね。

かく言う私も、愚かで人を傷つけたことはいっぱいあります。
人と付き合うのは怖いことですが、人のそばでないと得られない幸せもあります。

若い人には、なんとか がんばってほしいですよ。


でも、ムリして大事な心を傷つけないでほしいですよ。
たとえば学校とか、職場とか、家庭とかでね。




by Taseirap | 2015-11-29 07:30 | Comments(0)
<< まごころ和食 『華てまり』 広島大学こっそり見学 >>


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさま 主人がよろ..
by Taseirap at 17:03
はじめまして。 温かい..
by Taseirap at 23:54
鰻重! が、なかった?..
by Taseirap at 14:26
万作!私たちも参りました..
by ティラミス at 09:46
そうなのですか! 知ら..
by Taseirap at 22:06
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
夏休みがはじまった
at 2017-07-23 09:11
あまじょっぱい が、いや
at 2017-07-21 07:30
攻める食卓
at 2017-07-20 07:30
我が家の3種の神器
at 2017-07-19 07:30
食卓に something ..
at 2017-07-18 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧