Tea's room あっと Japan


メキシコと日本の暮らし
by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧

日本でも外国型犯罪が

昨日の夕方のニュースで、師走の犯罪を報道していました。

1つは、東京駅で。
銀行でお金(○百万円)を引き出した中国人の会社員が、背中に異変を感じ
見ると鳥のふんのようなものがついていた。
近くの女性が無言でタオルを渡したので、ショルダーバッグを下に置いて
汚れを拭いていると、見知らぬ男がバッグを奪って駅構内へ逃げ込んだ。
タオル女も消えた。


またもう1つは、
車で走行中に車をぶつけられ、話すために外に出ると
乗っていた自分の車を盗まれる。
なかには、現金900万円。

似たようなのがもう1件。



そういえば、メキシコで
『高速道路で走行中に、フロントガラスに小石が飛んできて
 ヒビが入っても、決して止まるな。
 止まったら、その茂みから強盗が出てくる。』
という注意がありましたよね。

『たとえ 車をぶつけられても、止まらずに逃げる。』
『果物をぶつけられても、止まらずに逃げる。』
『車は走行中でも、必ずロック。』

『お巡りさんにいちゃもんつけられたら、振り込み用紙で払う。
 現金では払わない。そして、免許証は預けない。』

『銀行では、電話をかけている人に注意。外の仲間に連絡している。』
『車内に買った品物、パソコンや携帯電話は残すな。10分でなくなる。』


日本でも外国型の犯罪が出てきております。
ご注意ください。

メキシコにお住まいの皆さまも、
「耳にタコだよ~。」
と思われても、気をつけてくださいね。


※ この前、JR に携帯電話置き忘れたメキシコ人、次の日に駅に電話したら
「とどいてますよ。」
「ミラクル!!!」
大喜びでした。

ミラクルJAPAN、いつまで?

by Taseirap | 2015-12-09 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧