買うほどの本か、いなか

先日少し載せておりました『島根自虐伝』(PARCO出版)1200円。
買っちゃいました~。

c0325278_18301337.jpg

初版2015年12月1日
(初版絶版のパターン?)


島根県、人口70万人割りましたね。
ちなみに 練馬区は 71万9234人です。(2月1日現在)
出雲大社や、出雲そば。石見銀山。
「神話も、ここでは実話。」

旅行には本当に素敵なところだし、住むと人生が豊かになりそうです。
イギリスの海沿いの街の風情があるのですが…。
どこだったっけ?

ウェールズ! ・・・違いますか?


そして、これも。


c0325278_18325706.jpg
『図でわかる!妹に教えたい世界のお作法』
(笠倉出版社 890円+税)


バカバカしいかしら?
でも、おもしろいの。

『心付けのお作法』の頁もあり、
アメリカのホテルならベルマンには荷物一つに1~2ドル。
イギリスのポーターには、75ペンス、なんて書いてある。

日本の中居さんには2000円から5000円。
(サービス料が宿泊料に含まれていれば不要、とは書いてある…。)
相撲茶屋の出方さんには、3000円!?
案内で席について、取組み表を渡されたときに ぽち袋を渡す、と。

人生でそんなチャンスあるだろうか?


『丑の刻参りのお作法』
白装束で、ろうそく3本をヘッドに立て、高下駄を穿く。
高下駄がないな~。
布(1反)を後ろにたらし、ご神木までダッシュ。
垂らした布が地面に着いたらダメ。

おお。
それだけ体力があれば、人生何でもできよう。

お作法というジャンルで上手にふざけて、なかなかよ。





Commented by ティラミス at 2016-02-17 08:35 x
わー。読んでみたいな。
島根は主人の田舎ですし、笑えるかも。
古代に発展したまちは今は衰退ですね。でも島根はまだ出雲大社があるので。
それに比べてお隣のとっとりは知名度が・・・・
Commented by Taseirap at 2016-02-17 09:14
鳥取。

昔、アメリカの友人が鳥取に砂丘を見に行った、と。
「どうだった?」
と聞いたら、
「・・・。」
饒舌な一家がなにも喋れず。

鳥取も大好きなんですが、とっさにうまくフォロー出来なかったわ。

温泉、松葉がに。

・・・砂丘。
by Taseirap | 2016-02-17 07:30 | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap