結婚する理由

数少ない、息子の友人が続々と結婚する。
幸せって伝染するのかしら?
おめでたい話に、ほんわかする。

しかし、息子と話をしていると、微妙に捉え方が違う。

「俺の友達は 結婚する事を "仕事へのモチベーション"に転換している節もある。」

そんな気がするらしい。

「『結婚したんだから、しっかりしなくちゃ!』みたいな?」

ふーん。
自分にプレッシャーをかけて、人生のハードルを飛び越えるのね。
男らしい!

そして、その前に。
息子よ…。

『愛』という最大のモチベーションをすっかり忘れてない?
誰も嫌いな人とは結婚しないよ。



まあ、確かに。
ある意味では、息子の言うことも分かる気がする。

息子の友人は、古い(?)タイプの男が多いみたい。

「俺はがんばって働く!あとのことはよろしくね。」
奥さんに丸投げ。
(昔はお母さんに丸投げ。)

親の世代の家庭像と、自分達の時代の家庭像とのズレは
ないのかな?
お嫁さんがしっかりしてるから大丈夫なのかな。



うちの息子はどんな家庭を持ちたいのか?
そこに私の出る幕はあるのかしら?

少しは協力したいけれど、全面的に頼られても困る。

ホドホドが良いのだけど。


でも、全くそんなお話も無く、よそ様の甲斐性のあるぼっちゃんを
眩しく見つめるのみ。


人柄が一番大事よね。
男も女も。
スペックとやらじゃない気がする。

(もちろん、スペックが高いわけではない・・・うえーん。)


by Taseirap | 2016-03-18 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap