会話の難しさ

ここ何年か専業主婦をしているせいか、
時代との天性のずれのせいか、
なんだか会話がへたくそになった気がするの。

みなさまは、そんなことないですか?


お仕事関係の会話は、広く浅くで
なんとかいけた。
挨拶を元気にしておけば、あとは業務連絡なので。

古い友人や、気心の知れた間柄なら、めっちゃ気楽にOK。
迷走発言もゆるしあえる。


でも、中途な距離の人とが 難しい。

知人と友だちの間。
好きでも嫌いでもない人。

ーなどと、人をジャッジするのも、されるのも嫌いだけど、
実際には、気が合う人と合わない人との間なのかな?

野球なら、苦手なストライクゾーン?
なんとかできないものか・・・。

"上手に受け答え。愛され奥様"系のレクチャーで、
「女性は、とにかく賛成してほしい。」
「"私は○○"とか、自己主張はいらない。」
「上手な相づちと、肯定的受容を希望。」
などと聞くと

「ロボットと話せや。」
なんて思っちゃう。


でもって、
相手が "今だけの親しさ" がほしい場合も、ムズい。
いわゆるママ友。ご近所。遠い親戚。
あと、美容院。

"そのときだけの一見親しげな会話"
が、できない。

今は出会ったばかりでも、
もしも気が合ったら、お付き合いがはじまる
(かもしれない)。
では、初めから正直に話そう。

すると、ずれる。

あれ?
どうも、相手は私に何も望んでいないようだ。
ひたすらまずいと思いつつも、方向性がわからない。

意味のない明るい会話術が必要な場面だ!
が、苦手だ。

くるしまぎれに、話の流れをぶったぎって、
思い付いたことを話す。
オチもない。

残念すぎる。反省します。

c0325278_17065254.jpg

そもそも、人間同士は、ある程度の距離を保って、
じんわりほんわか交流するのが良いと思っている。
親しき仲にも礼儀あり。

「出会った人を好き嫌いするのは、下品なこと。
気持ちを顔に出さないように。」
と、真面目な方の祖母は言っていた。

でも、若いときは隠しきれなくて出てた。
今は?
老練なお年頃。
かなりうまく誤魔化せるかと思えば、
いえいえ。
かえって難しい。

だって、年上の友人がやはり50代に入った頃に、

「今までみたいにみんなで話していても、
なんだか、やたらと揉めるのよ。
愚痴なのかと思ったら、自慢だし…。
自慢かと思えば、愚痴よ。
でもって、お互いに嫌み言ったり、揶揄したり…。
中学生か?って、感じ。
話しても、すっきりしない。
後味が悪いの。
その点、年下の人は良いわ。
爽やか。

なんて言ってらした。


更年期のひとつの症状なのかも。
コミュニケーション障害。
ホルモンと同時に優しさが減るのかしら?

逆に、年齢を重ねて、すっかり賢くなっちゃって、
女性の細かいイライラを、いちいち聞くのが
面倒に感じられるようになったのか?

それもやっぱり、おじさん化。





織姫と彦星みたいに、年に1回会うだけで
お互いに幻滅もせず、
「またお会いしましょうね。」


う、うつくしい。



Commented by ティラミス at 2016-07-07 17:05 x
はっっ!
いつも愚痴ばかりお聞かせして、すいやせーん!!
(反省しとらんぞ)

楽しい会話ですよ。なんといっても笑いがとれる。

さきほど、買い物途中で知り合いの方に会い、延々と2時間
お話を聞いて差し上げました。
(こちらが話そうとするとさえぎられるんですもの。)
よほど、溜まっていたのでしょうね。

さて、こちらは溜まった家事をこなしましょう(笑)
Commented by Taseirap at 2016-07-07 18:22
2時間もお話なさった御方は、きっと今晩はよく寝られるでしょうね。
人助け、人助け。

愚痴と家事はよく溜まるのに、お金は貯まらない。
なぜでしょう? (*´-`)

夏休みの宿題もたまったまま、最後慌てますね。
ウフフ。
by Taseirap | 2016-07-07 07:30 | 日々の暮らし | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap