次男の夏休み

夏休みにアルバイトにいった次男坊。

詳しくは語りませんが、
アルバイト先で教えて頂いたことが
随分たくさんあったようです。

親の百言より、他人の一言。
ビシビシお願いします。

どうやら、女性の多い職場だったようで

「優しいおばちゃんと怖いおばちゃんがおる。
怖いおばちゃんは、
『あんたあ、そんな事じゃ全然だめよね!』
と、怒る。」

主人が
「お前のために言ってくれるんだから、
しっかり、怖いおばちゃんの方に食らいついていけ。」

お父さん。
その怖いおばちゃんは、たぶん我々より ずっと年下よ。

「あ~あ。"昭和"に言うんじゃなかった。」
呟く息子ですが、
アルバイトが終わる頃には、
「母ちゃん、○○のパンって知ってる?」

「知らんねー。」
「友達に聞いたんじゃけど、… … …。」
「へー。ところで、友達って誰?」
「バイト先のおばちゃん。おばちゃん友達。」

「"先輩"と言いなさい。」


小さい頃からおばちゃんに囲まれて育ち、
優しい人が多かったから、可愛いがられて
嬉しい記憶ばっかり。


同世代の女の子とは上手く話ができませんが、
「おばちゃんは安心。
上品で優しいじゃん。」

上品で優しいおばちゃんは、思えば、
お若いときからそうだったわよ。
ずっと素敵なまま、日々を暮らしておられるのよ。
良いわね~。
私も見習わなくっちゃ。


男性の先輩にも、たくさん教えていただいたみたい。
「おじさんなのに、てきぱき身体が動く。」
そうだよ。
大人ってスゴいでしょ。
"のんびりポワン"じゃダメだよ。


それにしても、アルバイト経験って大事なのね。
今になって気がつく。
もっと息子たちに 強力に薦めればよかったかな。

ちょっと遅いね。

自分が一番 ポワワワワーン。



c0325278_22083468.jpg









by Taseirap | 2016-09-02 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap