Scrap & Build

東広島市の、この夏 閉まった『西条プラザ』。
解体が始まりました。


c0325278_18444520.jpg


Scrap and Build だね。

老朽化して非効率になったものを、
新しく効率的なものに作り替える。

跡地に何ができるのかな?
と、思っていたら『ハローズ』が来るみたい。
福山市を本社とするスーパーマーケット。
他にも、どこかが来てくれるのかな?
楽しみです。

でも、少しさみしい。


c0325278_18451262.jpg



さて、スクラップ&ビルドと言えば、
50代の夫婦。

若い世代の揉め方とは、ひと味もふた味も違うみたいです。

まず、奥さんも旦那さんも 更年期。
(男性にだって、更年期はありますってよ!)

自分の健康問題にプラスして、
子どもの進路や、親の介護、
各種の儀式、正負の遺産問題など、
キツイ問題が大挙して押し寄せてくる。

日々の暮らしに感謝と労りがない。
若さと張り合いがない。

もめないはずがない。

いっそのこと、婚姻関係を Scrap and Build ?
いやいや、そんな短気な…。

子どもが自立したこの時こそ、
親を見送ったこの時こそ、
迫りくる老後を誰と過ごすか、真剣に考えるとき。

実際、考えている女性は多いみたいです。


いっそひとりの方が、孤独じゃない時もありますよね。
本音で話すとケンカになる。
でも、本音で話せない関係なんて保つ意味あるのか?
50代のひとつのテーマです。

子どもが自立して、残されて向き合う夫婦の
距離感が難しくなったのでしょう。
また、きれいな建前だけでは、現実の重さに耐えきれません。

50代って大変。

ところで、私の知人の60代の女性は、
大体は今でも連れ添っています。
しかも、段々仲良くなっている!

えー。
顔も見たくなかったのでは?
50代のあの憎しみは、どこへ消えたの?

どうしたのかしら?
夫が心を入れ換えたのか?
・・・そうとも見えない。

"しみじみ仲良し~"な感じが、羨ましい。







そんななか、とある離婚されたご夫婦。
原因は、女性問題でした。

あー  (;>_<;)


"たった一度の人生"は、女の側にとっても
大切なのよね。
こころ穏やかに、生き生きと暮らしたいの。


…ですよね。

若い美しさは、減価償却し、ランニングコストのかかる財産。
でも、知性に裏打ちされた美は 永遠。
こんな格好いい人と別れるなんて…。


まあ、それぞれの事情もあるでしょう。
外野の立場で、軽々しく言える事じゃないですね。
反省。



by Taseirap | 2016-11-14 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap