のんバス走る


10月から、JR 西条駅を起点に
ピンクの小さいバスが走っています。

c0325278_00262896.jpg

『のんバス』というそうです。

酒まつりのときに、
タヌキの着ぐるみが歩いていたりするのを
見られた事があるかと思いますが、
あれが『のん太』君。

c0325278_16342067.jpg

ゆるキャラが流行る前からいる
東広島市のマスコットです。
1991年(平成3年)、2回目の酒まつりの時に
初登場。

設定は、
年齢不詳(タヌキ年齢のため)。
西条町に伝わる民話
「タヌキが和尚に化けて、お灸で村の人を助け、
そのお礼でお酒を買っていた」
のお酒好きのタヌキがモデル。

『お灸をして代金をもらうのは、労働ではないか?』
とも思うけれど、タヌキだから
だました感も漂う。

私はずっと"呑んだくれ"の、のん からきた
ネーミングだと思っていた。
でも、"飲んべえ"の のんかもね。
(大差ないけれど。)

なんでも、
2013(平成25)年3月に、
東広島市長から直々に
東広島市観光特命大使」に任命され、
ほぼ毎月1回「のん太の街ぶら~酒場編~」にて
居酒屋に出没し、お客さんと一緒にお酒を楽しんでいる。

2015(平成27)年1月1日付で
東広島市公認マスコットキャラクターに任命。
同年1月6日、市役所市長室で辞令交付式が行われ、
のん太は市長から辞令書を受け取った。
記念すべき公認後の初仕事は、
1月10日開催の
東ひろしま新春駅伝競走大会」
開会式への参加となった。

のん太、そこそこ忙しく働かされている模様。


と、肝心のバスの話が進んでいません!

のんバス運行ルートは、
赤ルート(外回り)と、青ルート(内回り)。

赤ルートのバス停名(停車順)
西条駅(4番のりば)、中央公園前、
ゆめタウン東広島前、のぞみ整形外科前、
福祉センター前、円城寺北、
円城寺南、城信、賀茂ボール前、
松賀中学校入口、フジグラン前、
上戸、西条中央三丁目、
西条中央五丁目、西条中央六丁目、
東広島市立中央図書館、三ツ城古墳前、
西条中央七丁目、江熊西、西条小学校前、
石ヶ瀬橋、西条昭和町、中央公園前、西条駅。

青ルートは、西条駅発の逆回り。

1乗車¥200。
1日券¥500。
子ども(小学生)は、半額。

どこで乗り降りしても ¥200だけれど、
西条駅に戻ったら、一度降りて
また¥200で乗らないといけないそうです。
西条駅が起終点だから、だって。

c0325278_19565797.jpg

運行は、西条駅を起終点とし、
8時から19時30分まで。
各ルートが30分間隔で運行。
1周は約40分です。

(『起終点』なんて言葉、初めて聞きました。)

ゆめタウンや賀茂ボール行きのバスが無くなったので、
このバスを利用して、
車内の整理券発券機で『乗車証明書』を取れば、
協賛施設でサービスなどあるみたいです。


他人のことを言える自分ではありませんが、
お年寄りの運転は、なかなか危なかしい。
この際、バスを利用して、楽をされても宜しいかと…。

東京にも たくさん走っていますよね。
ローカルミニバスは大好きです。

私もちょっと乗ってみたいです。









by Taseirap | 2017-10-17 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap