Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
2017年 05月 05日 ( 1 )
子どもを守る優しい関係をつくる
4月から新生活が始まって、ひとつき。

新しい環境。
新しい人間関係。

保育園、幼稚園、小学校、学童保育、中学校、…。
大学生でも心配ですよね。
社会人でも心配です。

とはいっても、そろそろと、
肩の力が抜けたはじめたころでしょうか。
緊張、お疲れ様です。

c0325278_17353784.jpg


子どもに関して、気がかりなことも
出てくるころです。
先生や他の保護者に訴えたいことも出てきます。

でも、できれば言い方には気をつけましょうね。

短気を出して、先生ほかに
突っかかっちゃダメですよ。

我が子を守ろうと、周囲を波状攻撃して、
結果、『親子で孤立』なんて寂しいです。


逆に、学校側から、
子どもさんの発達課題や問題行動を
保護者(父母、祖父母、他もあり)に
相談されることも、まま起こりうる。

これを冷静に聞ける保護者は、少ないそうです。
ついとっさに、『批難された!』と
思ってしまいますよね。

「うちの子が悪いって言うんですか?」
「それを解決するのが、そちらの仕事でしょ。」
「学校で起きたことは、学校の責任。」

学校が保護者に対して、その認識の間違いを、
丁寧に訂正してこなかった。
その過去の対応が、今の学校を苦しめているように思えます。

残念ですが、子どもの問題は、
全て保護者の責任なのです。

例え、保護者がその場にいなくても、
成人するまでは、そうみたいです。
親業って、厳しいですね。


現代の学校は、イジメ対策とクレーム処理と
グレーゾーン(親子)の対応に
ひたすら追われています。

保護者さんの我が子を守ろうとする気持ちは、
よく分かります。
集団にポツンと我が子がいる(ように見える)。

心配ですよね。

不安のあまり、
"守るぞ!うちの子"モードになりがちですが、
子どもは子ども。親は親。
祖父母は祖父母。

別人格です。

子どもを助けてやることは もちろん大事ですが、
子どものためには、
"他人とそこそこ うまくやっていける"くらい
のコミュニケーション能力を
早期から発達させた方が、有効です。

だって、子どもの今日の敵を倒しても、
明日の敵がまた現れる。

それよりも、人から愛される人格を育てた方が、
良くないですか?

愛されるまでいかなくても、
好かれる。
嫌われない。
無視しにくい。

何でも良いです。

集団の中にストレス少なく居られる子どもに。


5月から、あいさつと笑顔で、
もう一度スタートしてみませんか?



c0325278_20140662.jpg




More
by Taseirap | 2017-05-05 07:30 | こどもたち | Comments(0)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
爆笑 ((o(^∇^)o..
by Taseirap at 10:12
分かります~~~。 洗..
by ティラミス at 09:37
きっと気になる人がおられ..
by Taseirap at 15:37
シティに豚骨長浜ラーメン..
by Taseirap at 15:26
シティにある豚骨長浜ラー..
by shinaya at 12:45
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
LECT の『山城屋酒店 C..
at 2017-05-29 07:30
ふたりご飯
at 2017-05-26 07:30
「母ちゃん、パンは焼かんのん?」
at 2017-05-25 07:30
目に青葉
at 2017-05-24 07:30
息子と『晩酌セット』(酔心)
at 2017-05-23 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧