2017年 05月 15日 ( 1 )

家族が、無性に麻婆豆腐が食べたくなったらしく
「『藤椒』にいこう。」

行ったらお休み。
う、残念。

前から気になっていたお隣の『安芸ノ屋』。
東広島では珍しく、いその麺を使っているみたいなのよね。

c0325278_21063671.jpg

行ってみましょう。

掃除がきちんとされた清潔な店内。
鉄板もきれい。

にくたまそば、で。
¥650

麺の焼き方を聞かれる。
パリパリもできるそう。

麺の底を少し焦がしてパリパリにすると、
もっちり部分とパリパリ部分で、
お好み焼きの麺が全体でアルデンテになります。

"いその麺"の真骨頂が味わえるわね。


でも、私は普通で。
初回だからオーソドックスに。

こちらの作り方は、
濃いめの溶き粉の小さめの台。
魚粉。
キャベツ、何か粉末。
豚肉、何かスパイス。
もやし、天かす、何か…。

少しずつ振りかける粉が多い。

c0325278_21072373.jpg

期待大!


麺は、茹で上げ器で湯がき、タイマーで自動的に上がる。
茹で時間がきっちり。

広島お好み焼き専用生中華麺の『磯野麺』。

使用するお店は多いけれど、
ここまで丁寧に使っているお店は、
まだ見たことがない。

かくして、出来上がり。

c0325278_21074842.jpg

焦がしてパリパリのお好み焼きも、
とても美味しかったそうだけれど、
私のも、しっとり もっちり。


c0325278_21081177.jpg

ソースまぜの麺の味ではなく、
麺本来の旨さを知る。

お好み焼きのソースは、かなり美味しいから
カレーの隠し味にしたり、
ハンバーグのソースにしたり、万能。

でも、安芸ノ屋では麺の旨さイチオシ!

お好みソースを足さずに、完食。



☆『安芸ノ屋』
東広島市西条町寺家4745
082(421)4290



by Taseirap | 2017-05-15 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap