2017年 05月 17日 ( 1 )

時間差晩御飯

子どもが社会人になると、学生の時とは異なり、
帰宅時間がまちまちに。

晩御飯が要らないときは、前もって教えてもらいます。

でも、
私が食べて、主人が食べて、息子が食べて…。
または、
私が食べて、息子が食べて、主人が食べて…。

"私"という不動の一番バッターは変わりませんが、
夜は3回食事を準備します。

ここで、
『食器洗いを3回するか』
という問題もあるけれど、
それは置いておいて、
悩ましいのは、献立です。

カレーなら良いけれど、他がねー。

煮物、汁物、ご飯は、放置OK 。

でも、酢の物は、長く置くと水分が出る。
ゆえに、パックのメカブやモズクが大活躍。

ニトリのスキレットも、大活躍。

ひとり分の焼き肉、餃子、ハンバーグ。
アスパラなんかも焼きます。
焼いたらそのまま、木の下敷きトレイにのせて
はいどうぞ。


c0325278_22072435.jpg

たまに、コレステロールを気にして、
身体に良いメニューにしたら、
帰宅した息子がため息。

「もうちょっと、なんかないん?」

お刺身こんにゃくじゃだめ?


仕方なく、スキレットで、
追加の豚テキを焼いたりして。

キュウリの酢の物は、ひとくちで止めます。
(キュウリ嫌いの次男。長男はなすの皮が嫌い。)

好きなはずのカニかまも、入れたのになぁ。

c0325278_22080055.jpg

小さい子どもなら叱りますが、
働いて帰った息子。

なんだか言えない感じ。


同じように働いて帰った主人には、
「酢は身体に良いのよ。」
とか、言えるのに。

息子には、どこか遠慮なのかな?


お仕事はがんばっているみたいですが、
寝ている姿は死んだネズミのようです。

手もちょっとお布団から出して。


どこか可哀想な気がするのかな?

やっぱり美味しいもの作ってあげようね。

主人は、自動的に余録にあずかり、喜んでいるみたいです。
でも、少し太ったみたい… (T-T)




c0325278_22083737.jpg
お刺身定食 

(のような日はわりと喜ぶ)






by Taseirap | 2017-05-17 07:30 | 日々の暮らし | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap