2017年 05月 23日 ( 1 )

毎週末、主人は飲み会。
お忙しいことです。


息子とふたりの晩御飯。
所用で出掛けたので、駅で待ち合わせて
軽く食べることにしました。

いまどきの若者の息子は、濃いビールが苦手。
「ふつうの生ビールが良い。魚も。」

広島駅ビル、いまはアッセと言いますね、
6階の食堂街へ。

「お母さんは、高校生のとき、時々友達と
『風車』でパフェ食べて帰ってたんよ~。」

激しくどうでも良い、の顔をされます。
くっそー。

あ、下品で失礼しました。
ま、確かに、激しくどうでも良い話ですわね。


カキの『かなわ』にするか迷いましたが、
ビール付きの晩酌セットにひかれ『酔心』へ。

もちろん釜飯もお願いします。

c0325278_18342851.jpg

ビールと一緒に付きだしがやってくる幸せ。

「結婚したら、これくらいの料理を、
順番に出してくれたら、それで良いけどな~。」

c0325278_18350275.jpg

c0325278_18353280.jpg

c0325278_18360664.jpg

c0325278_18364099.jpg
以上が、「これくらい。」ですって (・_・;


「これくらい。」(←こだわる)
は、2300円/ひとり。

釜飯は、1150円。
最後は、だし茶漬けにしていただきます。

幸せ。

(食費のかかる家で、大変困っております。)










More
by Taseirap | 2017-05-23 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap