Tea's room あっと Japan


メキシコと日本の暮らし
by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:サンミゲル・デ・アジェンデ( 28 )

サンミゲルのペルー料理店『La Parada』

"サンミゲルでいち押し"
というレストランに連れて行ってもらいました。
ペルー料理なんですって。

それを聞いて以来、頭の中でこのフレーズが
♪ ら、ラララら、ララ ラララ― ♪
コンドルが何羽も頭の中を飛んでいます。
(実際には、家の軒下にまたツバメが戻ってきて、
早朝から鳴いております。)

女性だけのおでかけ♡ 
久しぶりだな~。

サンミゲルは、女性グループで歩くのが
一番楽しい気がします。

あ、いえ。主人でも良いですよ。
もちろん!
ただ、”うきうき感”が弱くなるのはどうしてでしょう?

ショッピングに興味がないところが、
減点ポイントでしょうか?
あと、新しい食べ物に対して
少し抵抗するところ?
話題の少なさ?
(女性のトークは幅広いです。)

いえいえ、「うちは主人と熱々です。」
という方もおられるでしょう。
どうぞ秘けつを教えてくださいな。

そして、「うちは妻と熱々です。」
とおっしゃる方、
胸に手を当てて考えてみろ。 
君んち 本当にそうか?

・・・あ、失礼。
つい熱くなってしまいました。

ご飯食べましょう。


c0325278_10190603.jpg

魅惑のエントランス


c0325278_10212600.jpg

モヒート(マンゴーの果肉入り)


c0325278_10250518.jpg

タコのカクテルの前菜


c0325278_10243038.jpg

ジャスミンライスの上に
野菜の醤油あんかけ


c0325278_10273324.jpg

チキンサンドイッチ 
ポテトフライ添え



とてもおいしかったです。
後で調べたら、トリップアドバイザーの
お薦めレストラン第3位。

・・・このブログも
行き当たりばったりではなく、
事前に情報を調べて人気の順に
お知らせすればよかった

ような気がしております。

今さらなのですが(笑)

c0325278_10315922.jpg

すてきなバーもありました


場所が少しわかりづらいでしょうか?
セントロからは、少し遠いです。

サンミゲルの丘のふもとに、
『ローズウッドホテル』という
高級ホテルがあります。
その東側に大きな公園があります。
公園を過ぎて、北に向かって
坂道を少し登れば、わりとすぐです。

(もしくは、セントロから
レクレオ通りを、ひたすら道なりに下る。
かなり歩きます。)

c0325278_10385912.jpg

お向かいの家


周囲は普通の民家ばかり。
『本当にレストランがあるの?』
と不安になりますが、
『ラ・パラダ』の隣りはスパだったりします。

また、レストラン前に何台か路駐のスペースも
あるので、うれしい(かな?)

月曜日と火曜日がお休みなので、
お気を付けください。





☆『La Parada』
http://www.laparadasma.com/#_=_

営業時間:(水)-(金)午後12時―10時
Recreo 94,San Miguel de Allende,Mexico
tel;415 152 04 73



by Taseirap | 2015-04-27 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲルの駐車場

サンミゲルでは、みなさんそれぞれ
お気に入りの駐車場があると思います。
私は今回は、
『坂の下のオイル屋さん付近でどこかないか?』
と探してみました。

まず、コペルのところに、地下の駐車場があった
ので入ってみました。
parkingのチケットの機械はなく、
お姉さんがひとり。
「止めれますか?」
と、聞いたら
「コペルにお買い物の人だけ。」
とのこと。

ダメですね~、
と次を探します。

次の角は、コーヒー屋さん。


c0325278_03332693.jpg

ベラクルス産の
オーガニック珈琲店

この前を右折して直進すると、
公営の駐車場がありました。

c0325278_03272452.jpg

右側の黄色い塀の向こうは


c0325278_03283263.jpg

段差のある駐車場


c0325278_03294514.jpg

受付で紙をもらいます

c0325278_03315238.jpg

植物でいっぱいのお家の近くです

c0325278_03352322.jpg

先ほどのコーヒー屋さんで一服して



c0325278_03363692.jpg

道なりに坂を上れば


意外と楽に丘の上までたどり着きます。
途中、お店もいくつかあります。

鐘がよく鳴るので、どうしたのかな~?
と思っていたら

c0325278_03380274.jpg


あら、パレードだ! 
大きい新郎・新婦ね♪


c0325278_03400486.jpg

列席者の長い行列が
延々続きます


どうぞお幸せに♡








by Taseirap | 2015-04-26 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

ある晴れた土曜日に

メキシコに戻ってまいりました。

「カレーが食べたい。」と、主人が言い、
サンミゲルの『バハジ』に行くことにしました。

久しぶりのサンミゲル。
主人は、慎重にカーナビをセット。

ところがっ!
『サンミゲル・デ・アジェンデ グアナファト州』
と、セットせずに
『サンミゲル・アジェンデ ケレタロ州』
とセットしたらしい。
(あれほど美人先生から『冠詞!』と叱られて
いたのに、すっかり忘れたな?)

イラプアトからサンミゲルに行くには、
高速道路に乗って、
途中のセラヤで一般道路に下りて走ります。

(その一般道も、途中から無料高速道路?
というくらいに皆さん飛ばします。)


c0325278_01570185.jpg

豚を運搬中のトラック


c0325278_01580974.jpg

近くを走行していて、
おしっこをかけられた日本人ドライバーあり



紫のハカランダや田園地帯の景色を眺めながら、
呑気に走っていると、
「どうもおかしい。
道を間違えた。
さっきのところで下りないと
いけなかった気がする。」
「え?」

過ぎてから、やっと気がつく中高年。
気がついたことを 誉めあう哀しさ。

道端のお土産店が連なるところへ車を止めて、
ナビを確認する主人。
「ん、じゃあ。私はお土産物を物色してきます。」

思えば、メキシコに来た当初は
道端のお土産物屋に車を止める
なんてできなかった。

『よくてボったくられる。
悪いと、金品を奪われる。
または誘拐。』

それくらい気を遣っていたというか、
恐れていた。
いまではそこまで不安ではないけれど、
その気持ちはたぶん必要だと思う。

以前止まったマンサニージョのお土産物屋では、
私はおじさんからなぜか頭を撫でられた。
そして、ウエストのあたりに手をだしてきて、
こそこそと触られた。

『なんだ、こいつ?』

ちゃっちゃ買って去ろうとしたら、レジで
「メキシコではチップという習慣があるんだよ。」
とか言い出したので、
スペイン語が聞き取れないふりをして
出た。
(実際ふだんは聞き取れないのに、
こんな時だけは分かる耳。)

『お土産物屋でなぜチップが要るのだ?
まけてもくれなかったのに。』

ちょっとプンプン。

わたしがメキシコで出会った唯一の
変てこな人だった。

(きっと目が悪かったのだろう。
年齢を言ってやれば良かった。)

今いるここは、セラヤを過ぎて
ケレタロに近い山の中だけれど
お土産物屋の奥さんは、優しい。

試食をして一番おいしかったものを購入。

(試食をした瓶をそのまま”さあ、どうぞ”
と売ってくれたのが、若干気になる。)

c0325278_02131662.jpg

山羊のミルクのジャム



5本で100ペソだから、一本20ペソ(160円)。
ふつう味、コーヒー味、
ロンポペ味(たまご酒)、バニラ味
Envinada味。

私の辞書にはない単語。
木の実かなぁ?

勇気あるチャレンジャー 求む(笑)






by Taseirap | 2015-04-25 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(2)

『Olio Fino』は、はずせない

サンミゲルに行ったら、〆はやっぱり『Olio Fino』。

c0325278_22070795.jpg
凄い美人の看板娘がお出迎え


家に帰る道筋でもあります。
ただ、このあたり駐車場がやや難。

バスの通る路駐禁止地帯でもありますので、
どこかにparkingしないといけません。

店内では、バルサミコ酢やオリーブオイルの
試飲をさせていただきました。

購入したオリーブオイルやお酢が無くなったら、
空瓶を持参すれば10ペソ値引きが
あるそうです。

希望の物を選べば、その場で瓶に詰めて
バーナーでアルミのシール封をしてくれます。
たくさん種類があるから、とても迷います。

わたしは今回の目的は、
「良いのがありましたよ。」
と教えていただいた…

こちら!

c0325278_22104103.jpg
なんでしょう?


c0325278_22141053.jpg
香水みたい?


実はこれ、バルサミコ酢と
オリーブオイルのセットです。

すべて味が違います。

サラダドレッシングを作るのなら、
隣り合っているもの2つを
組み合わせるのが、
ベストマッチングだそうです。

順に左から
Durazno& Hierbas de Provence
(桃の風味のバルサミコ&
プロバンスのハーブの風味のオリーブオイル)

Arandano y Pera & Limon Persa
(ブルーベリーと洋梨風味のバルサミコ
&ペルシアのレモン風味のオリーブオイル)

Jarabe de maple & Chipotle
(メープルシロップ風味のバルサミコ
&燻製にした非常に辛い唐辛子)

どうです、この組み合わせ?

最後のチポトレが
一番興味が湧きますね(笑)

発泡スチロールのクッションがあるので、
飛行機でも大丈夫。

お土産にしやすいかもしれません。

ただ、お値段がなかなかよろしくて・・・。

発泡スチロール入りひと箱(6本)は、
320ペソ。
(1本あたり、430円くらい)

重さも結構ありますので、
たくさんは買えそうにありません。

ご自宅用にいかがでしょう。

発泡スチロールケースではなく、
編んだ小さいかご入りなら、
同じく6本入りで、
300ペソ(2400円)です。



無事にオイルも買えたら、一路家に帰りましょう。

サンミゲルは、いつも時間が足りない!
(女性)




☆ 『Olio Fino』
Zacateros 83-A,Col.Centro/415.152.3946


*51号線でサンミゲルのセントロに向かうと、
街の入口はメガ・コメルシアルのある
”カメ仙人”(ピピラ?)のグロリエッタ。

そこを直進して、坂道を上れば
サンミゲルのセントロに着きます。

カメ仙人のこの辺りは、対向車線のある道路。

"いよいよ街中に入るぞ"という
坂の上り口まで来たら、
道路が 登りと下りで一方通行に別れます。
(Vの字のイメージ)

オイル屋さんは、その分岐点(V)のすぐそば。
ですが、残念。
下りの方の一方通行。

向かって左側の坂道
(=セントロ方面から下りてくる道路)
の沿いにあります。
 
坂の下から見ると、\ こっち側 。)
 
なので、坂を少し上って、途中でUターンするか、
どこかに停めて、
歩いて店まで行かれるが良いと思います。












by Taseirap | 2015-03-14 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

Fabrica la Aurora(ファブリカ ラ アウロラ)

サンミゲルに、旧紡績工場をギャラリー施設にした
建物があります。

アーティストの芸術作品やレストラン。
本屋さん、インテリアショップ、
ファブリック(織物)もたくさん。

サンミゲルの街の北東の方向。

サンミゲルのセントロ方向からは、丘を下り、
Hidalgo(イダルゴ)通りをまっすぐ北進。
Calzada de la Aurora を進み、
水のない川の上の橋を渡り、右側へ。
左手側の『デリカみつ(サンミゲル店)』の前を
通り過ぎて、もう少しGO。

すると、右手側に大きな建物がみえます。

駐車場も広く、大きな観光バスが停まって
いることがあります。

c0325278_13262471.jpg
正面玄関


c0325278_13280403.jpg
噴水がお出迎え


c0325278_13322491.jpg
広いです


c0325278_13331769.jpg
ファブリック屋さんは
イタリア製とフランス製


c0325278_13342331.jpg
インテリアショップ


c0325278_13351642.jpg
DFの空港にもある『Pineda Covalin』

(『メキシコのエルメス』と、勝手に呼んでいます。)



メイン施設の外にも工房があります。

c0325278_13380791.jpg
グリーンも楽しい


c0325278_13395223.jpg
サボテン園


c0325278_13410659.jpg

樹木になっているポインセチア

(原産国メキシコでは、ノーチェ・ブエナ”聖夜”と呼ばれる)


c0325278_13541713.jpg
君子蘭もアイリスもカラーも地植えです!


c0325278_13564537.jpg
うーん。可愛い♡


写真をついついたくさん撮ってしまう施設です。

あ、お買い物は・・・?

品物がそれなりに良いので、
お値段もそれなりです。

(お手頃価格が良ければ、民芸品市場の方へ
回ってみられますか?)

こちらには、メキシコの新進芸術家の
絵画やオブジェがたくさん展示してあります。

『なにか記念に本物の絵画がほしいな~。』

と、お考えの人は、何度か足を運んで
じっくり探されても良いかと・・・。

日本では3万円くらいでは
レプリカしか買えませんが、
メキシコなら
きちんと描いたものが買えます。

しかも、将来ググッとお値段が上がる
(かも知れない)作家さんを
見つけられれば、
お得な先物買い(?)ができますよ。

あなたの目利き次第です。

(知識が全くないので、いんちき株の売り子
みたいな説明しかできません。)



☆ Fabrica la Aurora(ファブリカ ラ アウロラ)
calzada de la Aurora
Colonia Aurora
tel:01(415)152 10 12
San Miguel de Allende,Gto
37700,Mexico
http://www.fabricalaaurora.com/












by Taseirap | 2015-03-13 07:15 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲルのチョコレート屋さん

サンミゲルに行ったら、たいてい買ってしまいます。

c0325278_10534404.jpg
JOHFREJ (1920~)のチョコレート


私はこちらのチェリーが入ったのが好きです。
店員さんに好きなのを言って、袋に詰めてもらい、まとめて量り売りされます。
きれいな箱もありますので、プレゼントにも良いですね。

私と息子は行儀が悪いので、ひとつずつ選んで歩きながら食べました。
「おいしい?」
と聞いたら
「まずいチョコレートなんて、ありえんだろう。」
とか ほざいておりました・・・。

(素直においしいって言えば良いのに...。)


c0325278_11042123.jpg
道路から一段上がったところにお店


場所は、Jesús2A。
ヘスス?どこかで聞いたような?

そうです。
イタリアンレストラン『ママ・ミア』の近く。
サンミゲル教区教会からも近いです。
(教会を正面に見て、右側に歩く。『ママ・ミア』を通り過ぎたら
 すぐに角を曲がること。坂を下りて行くと、左手側にあります。)

お店の奥の方に、アイスクリームも売っていて(!)
とてもおいしかったそうです。

いままで全然気がつかなかった。

アイスクリーム好きの人には、独特の嗅覚があるそうです(笑)
さすがと言えましょう。



☆Chocolates JOHFREJ
Jesús2A,Centro Historico,San Miguel de Allende,GTO
tel:(415)152 3191
www.johfrej.com




by Taseirap | 2015-03-12 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲルのガイドブック

昨夜はひさしぶりの雨。
"雨音はショパンの調べ"?
いいえ!
それどころか、昨年の雨漏りを思い出させます。

自然は恵み。だけど、自然は恐いよね。
みんなで助け合おうね。



さて、今年も手に入りました。
こちら。

c0325278_10252044.jpg
サンミゲルのウォーキング&ショッピング ガイド
(2015年1月‐5月版)


広告を載せているお店のレジ付近にあります。
英語版とスペイン語版があり。(無料)
今年は、英語版がもうなかったです。
(半年ごとに出ているのでしょうか?)

街を歩くときはもちろん、
ブログを書くときの参考にさせてもらったり
しています。
『地球の歩き方 メキシコ版』と併用ですね(笑)

前も書いた気がしますが、
この冊子にはサンミゲルを歩くコースが
9つ紹介されています。
わたしは勝手に、
健脚コース、芸術コースなどと分類していますが、
ここは小高い丘の街。
地図で近いと思っても、意外と息が切れます。

石畳なので、スニーカーがGOODです。

世界遺産の街は、看板がほとんどありません。
街の作りはほぼ碁盤の目で、通りに名前があり
京都のようです。

ただ、慣れるまでは分かりにくく かつ迷いやすい。
お店もしょっちゅう入れ替わる。
引っ越す。
扉を閉めてしまえば『跡形もない』というか、
全く気がつかず 通り過ぎてしまいます。

これはグアナファトも同様ですね。

看板というものが、
いかにわかりやすい道案内であるか
あるいは、
いかに美観を損なっているか
考えさせられます。

さて、上のガイド冊子。
去年広告を載せているお店が
今年は載せていなかったりして、
9つのコースに入っていなかったりします。
(小さい記事では載っています。)

有名になってしまえば、広く宣伝しなくても人が来るのかしら?
でも、そこはケチらずに載せ続けてほしいな。

観光地のお客さんは初めての人が多いけれど、
老舗巡り・人気店巡りがしたいもの。

とはいえ、
有名店は、行列があったり便利な場所にあったりするので、
普通に歩いていても分かりやすいかも・・・。

レストランは、”混んでいる”お店は美味しいか
安いかです。

駐車場の場所だけ頭に入れて、
そぞろ歩くのも楽しいサンミゲル。
『最近 歩いてないな~。』
というときに、スポーツクラブ代わりに
いかがですか?









by Taseirap | 2015-03-11 07:23 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲル 『ママ・ミア』

サンミゲルのランチ。
”いつもカレー”では少々芸がないかと、
今日はイタリアンをご紹介。
人気のお店『Mama Mia(ママ・ミア)

c0325278_04071190.jpg
さりげない入口


c0325278_04092783.jpg
奥には中庭
広いオープンなレストラン

c0325278_04103958.jpg
「とりあえず、マルガリータ。」☆☆☆☆

c0325278_04115596.jpg
サラダはカプレーゼ
ピザはパイナップル入り


c0325278_04131312.jpg
「ムイ アルデンテ。」といわれたボロネーゼは・・・


こちらは、味は日本のファミレス並みです。
(メキシコでは褒め言葉ですよね。
冷凍食品を使わない分、上かも?)

おいしくないことはありません。
普通においしいです。

「アルデンテはできますか?」
と聞いたら
「ムイ・アルデンテが、できる!」
と言われて出てきたパスタを食べてみると、
なんだか懐かしい気持ち。
『給食のソフト麺のミートソース スパゲティ』
のお味でした。

だから、何度も繰り返しますが
おいしくないことはないよ。
普通のおいしさです。

けれど、アルデンテではない。
「ムイ アルデンテ。」
では、決してない。

でも、とりわけ皿はサッサと出してくださるし、
残ったピザをすぐに持ち帰りにしてくださるし、
なによりマルガリータは大量だし・・・。

吹き抜けのパティオの空間はかなり気持ち良い。
ついつい長居をしてしまいそうです。
風が吹けば、落ち葉が料理にのりますがそれも一興・・・。

一度いらっしゃってもよろしいかも。

*屋上の席もあり、サンミゲルの街並みが見えます。
(一望できます、とは言えません。
そこそこ見えます。)

ビアガーデンによさそうな感じです。
デサジュノは、99ペソの食べ放題(?)。
メキシコのあれこれにトライしてみたい方は楽しいかも。

4つのバーとナイトクラブがあるそうで、
お酒がしっかり飲めそうな感じです。

調べたら、
夜のディナータイムからの音楽が有名らしい。
特に、金曜日と土曜日の夜のコンサートが
大人気だそうです。

大人な街だなぁ。
残念ながら、海外赴任は安全第一。
夜は、なかなか出歩けないです。


☆『Mama Mia Restaurante & Club』
Umarán 8 Colonia Centro
tel:415 152 29 63

営業時間:(日)-(月)8:00am-3:00am
     (金)-(土)8:00am-5:00am
*あのー、ほとんど休み無しですが 大丈夫ですか?



*サンミゲル教会を正面にみて、
すぐ隣の小道はアジェンデ通り。
でも、そこには入らないで、
ウマラン通りを少し歩きます。

アジェンデ通りの1本右の通り
=Jesús(ヘスス)通りに入ろう、とする
すぐ角っこ。




by Taseirap | 2015-03-10 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲル お買い物ツアー (教会付近)

久しぶりにサンミゲルに出かけました。

サンミゲルまではイラプアトから
1時間半から2時間かかるので、
”よっこらしょ”感もありますが、
それだけの価値はあります。

今日は、サンミゲルセントロ付近のご案内。
お買い物を目的としたツアーを
ご紹介したいと思います。

(狭い範囲ですが、入門編ということでご容赦を。)

まずは、
サンミゲルの中心地ソカロ。
サンミゲル教区教会からスタート。

c0325278_01005722.jpg

平日はさほど混雑していません


教会に向かって右側の道を進みます。⤴

c0325278_01021324.jpg

Cuna(ゆりかご)de Allende通り
(右側の建物は『歴史博物館』)


この教会は北向きに建っています。
なので、教会の後ろは山の南側斜面です。
(地図なら下です。)

この通りには、右側には
『Laika Bouthique』(ライカ・ブティック)、
おいしいアイスクリーム屋さん、
『La Mano spa(スパ)』、
小物雑貨店、レストラン
など、楽しいお店がずらりとあります。

通りの左側には、公衆トイレ(有料)。
それから『Trinitate』(トリニタテ)。
ガーデニング用品と食器類。

c0325278_01123765.jpg

ガーデニング好きにはたまりません


一番角まで下りると、左側の角は
『Casa Rosada Hotel』(カーサ・ロサダ・ホテル)
屋外のカフェで寛ぐ人も多いです。


この短い通りだけで、かなり時間を取られます。

奥様方のうれしい悲鳴と、
旦那さま方の(声なき)悲しい悲鳴。
サンミゲルは、基本 女性の喜ぶ街ですね。

(男性用のお店は、後で紹介します。
しばしお待ちください。)

ホテルの前は Cuadrante(クアドランテ)通り。
この道を、右側下に歩いて行けば、
カレー料理の『Bhaji』へ行けます。☞
Cuadrante 34-A,Centro,
San Miguel de Allende

『お、カレー食いたい。』
ダメダメ、今日 は、 奥様の日です。
がまんがまん。

さあ、左に上っていきましょう。☜
Sollano(ソジャーノ)通りと交差する地点には、
あれ?

c0325278_02064788.jpg
キレが見える
(写真の向こう側から登ってきましたよ)

c0325278_02233091.jpg
メキシコ民芸品(高級版)がたくさん!


こちらは、『Casa Kiri』(カーサ キリ)。
(だったっけ?)←後日判明。違った!
『ミ カーサ・ エス・ ス カーサ』
という名前でした。
"私の家はあなたの家"。
『ようこそ、いらっしゃいませ。』
的な感じで良く言われます。

メキシコの民芸品を扱う店です。
お値段は意外と↑ですが、品物は確かな気がします。

ひとしきり悩んで刺繍品などを求め、
さあ歩こう。

ひとしきり悩んで、買わない奥様もおいででしょう。
『”完全なる時間の無駄”と言ったら叱られる。
黙っておこう。』
(←偉い。知恵ついたね。)

なぜか今まで歩いてきた道が
勝手にHospicio(オスピシオ)通り
という名前に変わっています。
その道を歩くと、Recreo(レクレオ)通り
と交差します。
左折。☜
レクレオ通りを教会方向へ進みます。

このレクレオ通りには、
『Ceramica lopez』(セラミカ・ロペス)(陶器)
以前ご紹介。

そして、男性陣。
やっと酸素がありますよ。

『Casa Verde Teqilas』
(カーサ・ベルデ・テキーラス)
陶器入りのテキーラのお店です。
安くはありませんが、大事な人へのお土産に。
recreo No.8
tel:(415)154 45 38
セラミカ・ロペスの器に、テキーラを入れて
販売しているようです。

会社は『Factry Store』。
以前の店名は『Casa Cofradia』という名前
だった気がします。

続いて、
『Havana Cigar Co』(ハバナ・シガー)
高級パナバ帽と葉巻きの専門店
recreo No.6 
tel:(415) 154 75 88

そして、男性コーナーはあっけなく終了です。

突き当りまで歩いたら、Correo(コルレオ)通り。
左の角に
パン屋さん&レストランの
『Cumpanio Restauranto』
(クンパニオ・レストラン)

そのまま、左に進めば 
『Bagul cafe』(ベーグル・カフェ)
もあります。

『もう、パンでもいいや。』

でも、右側に進みます ☞
『なんでや!(T-T)』

行きましょう!
『Camino Silvestre casa y Néctar & casa de té』。
(カミノ シルベストレ カーサ イ ネクタール
& カーサ デ テ)

c0325278_02123386.jpg

坂の下にある『Camino Silvestre』と同じ

c0325278_02144887.jpg

紅茶の看板が誘う♡


c0325278_02162495.jpg

ゴルキー・ゴンザレス窯の
カラフルではないバージョン

これは買えたら、買ってよし!
ただし、高額!


c0325278_02181149.jpg

ハミングバードのチャイムもすてき


ナチュラル&オーガニックのお店です。
健康に良いお食事もとれますよ。

『なんで、女性はオーガニックに拘るんだろう?』

(それは永遠のなぞですね。
”健康に悪くても良いから肉をくれ!”派とは、
あいまみえませんね。)

お茶で一息入れたら、教会方面へ戻りますか。

「まだ、サンアウグステンのチュロス食べてないわ。」

なかなかゴールにはたどり着けない
サンミゲルのお散歩です。



☆『Camino Silvestre casa y Néctar & casa de té (ネクタール)』
Correo No.43,Centro 
tel:(415) 152 39 18
www.CaminoSilvestre.com

営業時間:(月)-(土)8:30am-5:30pm
     (日)10:00am-3:00pm








by Taseirap | 2015-03-09 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲル おすすめホテル(とされていたもの)

ご近所の年越しパーティ、大音量で大騒ぎ。
…は、良いとして。
12時過ぎて少し静かになったから、
やれやれやっとお開きかと思ったら、
マリアッチが来たー!!!

歌うー。
楽器かき鳴らすー。(結構上手!)
どこかで花火があがりつづける(笑)

朝の4時くらいまで盛り上がっていました。
今朝は無人のように静まっています。


さて、昨日ご紹介した本に載っていたホテル。
気になりませんか? 
(私は気になる。)

調べてみました。

本の中の、サンミゲルのお薦めホテルは10軒!
(トリップアドバイザーのサンミゲルホテル55軒中の順位)

下記は、あくまで写真集を見ただけの印象です
その後の、時間の経過で変わっているかもしれません。

☆『Casa Schuck Boutique Hotel』(4位/55)
http://www.casaschuck.com/
荘園(アシエンダ)のロマンティック&ゴージャス
+メキシカンカラーの壁の色。
サンミゲルの街にはまり過ぎるくらいマッチしている印象。


☆『Casa de Aves』(16位/55)
http://www.casadeaves.com.mx/
メキシコのお金持ちの家に遊びにきたみたい。
ゴージャス&アットホーム。


☆『Villa Rivera』(18位/55)
https://www.facebook.com/villariverawaveresort
教会のすぐそば。
テラスや朝食ルームから見る風景は、
一般の観光客の視点ではありえない。


☆『La Morada』(23位/55)
http://www.hotelessanmigueldeallende.com.mx/
アシエンダ。
パティオの噴水を囲むように部屋があり、
完全に住んだ気分になりそう。


☆『Casa Quetzal』(25位/55)
http://casaquetzalhotel.com/
屋上にジャグジー。
インテリア雑誌みたいなファブリック使いにセンスを感じる。


☆『Dona Urraca Suites & spa』(26位/55)
http://www.donaurraca.com.mx/
都会のモダンなアパートメントのような印象。
プールに面して部屋があるから、
寝起きですぐに飛び込める。
(で、心臓麻痺。てなことにならないように 気をつけよう。)

*ちなみに、ケレタロでお薦めのホテルも、
こちらの系列。(同名)



☆『Casa Rosada』(31位/55)
www.casarosadahotel.com
教会近く。クラシカルなインテリア。
教会の鐘を聴きながら、窓外の美しい景色を。


☆『Casa Linda』(53位/55)
http://hotelcasalinda.mx/
ゴージャス&モダン。
部屋に置かれたオブジェやお皿がユニークなので、
出所を聞いてみたい。


☆『Casa de la Cuesta』
www.casadelacuesta.com
少し高台なので、サンミゲルの風景が一望できる。
部屋の暖炉を燃やして、
暮れなずむ街をいつまでも見ていたい。


☆『Susurro Bed & Breakfast』
http://www.susurrobandb.com/
豪華な石造りの壁。
クラシカルなアシエンダ。



ちなみに、トリップアドバイザーのホテル第1位は、
☆☆☆『Hotel Nena』
http://www.hotelnena.com.mx/


本に掲載されたホテルが、
意外と高順位ではないあたり、
宿泊客の少ない、小さいホテルゆえでしょうか?
予約が取りにくいですよね。

行きたくなってきたけれど、わ~、迷う!

あなたのお好みは?


by Taseirap | 2015-01-02 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(2)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧