カテゴリ:メキシコの陶器・焼き物( 10 )

ふたりご飯

家族に飲み会の予定があり、
ふたりご飯の夜。

ちょっと、やる気がでない。
元々少ない やる気がでない。

レトルトカレーにしましょう。

量が分からないから、ご飯は自分でよそってね。
レトルトカレーは無印良品のもの。

c0325278_15073186.jpg


自分でやってね、ドレッシング。
レモン絞って、塩かけて、オリーブオイルふって。

c0325278_15053561.jpg

自分でやってね、ワイン。
おつまみチーズは、コストコのもの。
切らなくても良い。

c0325278_15085715.jpg

足りなかったら、冷蔵庫にあるもの、
何でも食べてね。


なんなら、自分でやってね、晩御飯。
と、言いたい。

なんなら、お母さんにも作ってね。
と、言いたい。

やる気の無さは、食器でカバー。
メキシコのトリニタテの食器は、上品で好きだわ~。

買ってよかった!

by Taseirap | 2017-05-26 07:30 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)
『レオンにすてきな陶器屋さんがある。』
と、教えてもらって出かけてきました。

c0325278_10365445.jpg
また、新しいタイプきた(うれし泣き)


『トリニタテ』
http://trinitateleon.com/web/
器には、”T”の文字が押してあります。

イラプアト方面から、レオンに向かって行って
市街地に入る前、広大な農園地帯にあります。

c0325278_10544295.jpg
隣に線路が走るガタゴト道

c0325278_10563771.jpg
道の奥にはレンガ造りの工房やお店が

扉が閉まっているので、ブザーを押して。
すぐに人が出て来られます。


c0325278_11025201.jpg

店内はこんな感じ

c0325278_11040191.jpg
すてきなデコレーション

c0325278_11424193.jpg
きもち カジュアルラインも

c0325278_11434596.jpg
モダンな黒も

c0325278_11055855.jpg
ガーデン用品も充実


メインのお店の横に、小さいお店があります。
小さい方は30%オフ!!!
(と書いてあったが、実際は35%引いてくれた)

メインの方は、10%のオフだそうです。
「街中のモールにあるお店では、割引はない。」
(と、お店の人は言われました。)

それがね・・・・。
ちゃんとしているお店ですが、微妙に
メキシコ的不思議さも。

私は、小鉢的なもの6個を購入したのです。
家に戻って気がついたのですが
同じ商品なのに、うち3個はひとつ69ペソ、
残りの3個は65ペソ。
???

そして、10%オフについては
なぜか、一つ一つの商品が、
単価×0.81~0.85になっている。

そして、全体をさらに10%オフ。
(正確には13%オフ)
なぜか、既に35%オフのものまで、
きっちり10%オフ組に仲間入りしています。

それに、16%(くらい)の税金が加算され、
最後に支払い金額が算出。

なんだろう?がんばった感。
でも?
結論=そんなに損はしていない? 
あるいは、とても得したの?
・・・たぶん。

― ていうか、結局何パーセントオフなの!?

(数字の苦手な私には、とっても
ちんぷんかんぷん。)



*お支払いは、各種クレジットカードでも、
バナメックス銀行のデビットカードでも。
もちろん現金でもOK。

*外では、ラベンダーやサボテンなどの
植物も売られています。
お店の奥まった空き地では、ショベルカーが
赤土を掘っていました。

材料を現地調達? 
あるいは店舗拡大?


c0325278_11211106.jpg
ショッピングバックは素焼きのタグ付き


最初の写真の
蓋付きス―プ皿とお皿2枚のディナーセット
Vajilla Meissneer(6客)で
5410.80 ペソ。10%off 済み。
日本円で、4万3千円くらい。

安いの? 高いの?
私には分からない。
だから買いきれず保留。

でも、持ったらすごく重いの。
それだけは分かりました。


工房&ショップ
PROVIDENCIA
Estación F.F.C.C. La Trinidad
Camino a Santa Ana del Conde
Leon, Gto.
℡(477) 710 4020 
営業時間:
(月)~(土)9:00~17:40
(日)10:00~14:40

≪行き方≫
イラプアトからレオン方面に向かって、
レオン市街地に入る手前の、
道路が高架になっているところ!

そこで、右側の側道に出て、高架の下を左折。

高架をくぐると、細い道
サンタ・アナ・デル・コンデ)。
畑の中をしばらく直進し、線路を渡れば、
すぐ左に『細い道』。

レンガ造りの公園、教会、工房、
お店、採掘場(?)へと続く。

(私は、ナビの指示通りに
はじめの高架を潜れず、
次の出口でUターンしようとしたら、
その道は空へと続き、
そのまま高速道路になった。

思いがけず、サンクリストバル方面へ進む。

田園風景の中を空しく15㎞くらい走り、
料金所で55ペソ支払い。
また高速道路で元の道に戻りました。


by Taseirap | 2015-02-23 07:32 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)

ゴルキーさんの作品

ちょうど時間ができたので、グアナファトのゴルキー・ゴンザレスさんの工房へ。

この前もとめたものは、日々使い倒しております。

小皿は、あじみのお皿として、お玉を置くのにちょうどよく、
大きいのはサラダをもったり、お菓子を入れたり・・・。
使い勝手が良いのです。

そしてなにより、テーブルに置いたらその場所からプワ~っと
元気が出てくるような感じ。
ひとつひとつ時間をかけて作陶され、描かれた絵から
明るい楽しさが伝わります。

なんかいいのよね。

というわけで(長い言い訳)
今回はこちら!


c0325278_03533065.jpg
絵をコレクションしている気分になります


c0325278_03544620.jpg
上の写真の中央の器。足つきです。


ゴルキーさんの奥様は日本の女性です。
時間があるときには、お店に出られ、うつわの説明をしてくださいます。

息子さんのおひとりはお名前をゴルキーとつけられたそうで、
お孫さんにもゴルキーさんがおられるそうです。

名前だけではなく、代々つながるものをお持ちなのでしょう。
我が家はサラリーマンですので、少し羨ましい。


この日、見上げたグアナファトの空には飛行機雲。


c0325278_03411452.jpg
アロンディガ博物館 中庭から


青いメキシコの空。
ひとすじの白い軌跡に、美しく歳を重ねられた奥様の面影をみました。








by Taseirap | 2015-02-19 07:28 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)
グアナファトには、セルビン焼きのお店が
2軒あるそうです。
一軒は、皆さまよくご存じのセルビン焼きのお店。

そしてもう一軒は、セルビン・ブランカが
中心のお店だそうです。
(またしても、情報通の若いお友達に
連れていって頂きました。)

c0325278_08462442.jpg

食器に限らずいろいろな物が !


c0325278_08474881.jpg

目、鼻、口 穴あき。
液体をいれたらダダ漏れ。
(キャンドル用)

c0325278_08485482.jpg

ん? なんだこれは?
(ピアス キャッチャー?)


お店の場所は、
(方向音痴の私の表現ですよ。
しっかり聞いてもたぶん分からないと思うけれど
ごめんやっしゃ。)

グアナファト大学を正面に見て、
右手側→に向かって歩く。
道なりに行くと、突き当りに郵便局がある。
そこを、また右に30歩。
(宝探しか?)

細い道をぶつかりそうになりながら
バスが前から来る(一方通行)のをかわすと、
一番危険な角っこに
『コノ6ガレリア』。

コノセイス、知ってる?
コノスコ、ペロ ノ セ。
(以前一度寄ったことあったけれど、
セルビン焼きのお店とは知らなかった。)

全く気がつかず、小さい木箱を買って帰りました。


今日は

c0325278_08575200.jpg
新入荷のこちら

c0325278_08584256.jpg
と、ブランカを



高級なお茶をほんの少し、とか
氷をひとつ入れた芋焼酎とか
いただくのにちょうど良い大きさです。


c0325278_09015772.jpg
贈答用には花瓶などおすすめかも




Cono Seis Galeria
Ayuntamiento#6 Loc.14 Downtown
Guanajuato
(月)~(日)11:00-20:00












by Taseirap | 2014-11-28 07:28 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(6)
グアナファトついでに、こちらもご紹介。

みなさまは グアナファトの陶芸家
ゴルキー・ゴンザレスさんをご存知ですか?

(2014.5月8日の『セルビン焼き』の
記事でも少しふれております。)

グアナファトの街のどこかの山の上に
(アバウト!)、工房&ショップがあるという。

いつか行きたい!と、願うこと5か月。
やっと。
(たまたま偶然ですが・・・。)

若いお友達に連れて行っていただきました。
(やっぱり、行動力が違います。)


c0325278_12062164.jpg
自力でたどりつく自信はありません


c0325278_12074393.jpg
ご子息と日本人の奥様が
丁寧に説明してくださいました


c0325278_12091409.jpg
どれにしようか迷います

90分は必要です


c0325278_12102280.jpg
”目の保養”と言いながら
手を出しそうになります~(-_-;)


c0325278_12131498.jpg
サラダ用のボウル


c0325278_12141780.jpg
小皿


c0325278_12152854.jpg
オーナメントも


c0325278_12164549.jpg
裏書はこのタイプと、もう1種類ありました




あ~、今日は危なかった。
プエブラで、タラベラ焼きのディナーセットを
揃える予定がなければ 
危うく買っちゃうところだった。

(この予定を主人は知らない。
でも、いつになるかは全く不明。)

日本の和食器も好きです。
親戚には陶芸が趣味の叔母がいます。
(最近では趣味の域を超え、販売もしているそうです。)

日本の家の食器棚、満杯です。
もちろん、全ては使いこなせていません。
「じゃあ買うな~!なぜ買う~!」
という怒号(おそらく旦那様連合から)
が聴こえるようです。

が、そういう奥さんは 私だけじゃないはず・・・。
お宅にも ほら。


ふうー、悩ましいことです。




* Gorky Gonzalez Pottery
http://www.gorkypottery.com/
詳しい作品情報も掲載あり。

Ex Huerta de Montenegro S/N
Guanajuato Gto,36090 Mexico
tel:+52(473)731 03 89
(月)-(金)9:00-17:00
(土)9:00-13:00

*お隣は、中学校。
Esucuela Secuandaria 
Presidente Benito Júarez
(『ベニート・ファレス大統領 中学校』)

ナビの設定は、
ゴルキーポッテリ―さんのHPに地図があるので、
そちらを参照なさってください。
住所だけでは、やや難。


《方向音痴による恐怖の道案内》

地図によれば、レオン方面からいく場合、
グアナファトの下(イタイ表現)
プラザ・ポスエロス(メガ コメルシアル)の
グロリエッタを通過、
トンネルに入り、出たら次の二股で右折。
突き当たりの道(パセオ デ フレサ)を左折。

直進すると、
右手に野球場(サン フェロニモ)が在るので、
その小道を登る。
川沿いチックな一方通行の坂を上れば、
中学校の近くに工房あり。
道路そばの空いたスペースに適当に車をとめる。

そこにうまく駐車できなかった場合は
・・・どうするのかな?
(路駐できるところを探す。
か、ドライバーさんは残るか?
でも、それも哀しい。)


工房の扉は閉めてあるので、
ドンドンとノックして開けていただく。

帰り道は、一方通行を道なり下山して、
自力で帰ってください。


by Taseirap | 2014-10-23 07:19 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)
メキシコのマダムを我が家ランチにお招きしたときに、
プレゼントをいただきました。

こちら。

c0325278_00225950.jpg

白いセルビン焼き
(下の大根は和製。お箸置きです)


最近でた”白いセルビン焼き”だそうです。
まあー。

おもては素焼きっぽく、釉薬がかけてありません。

(内側には水漏れしないようにかけてあります。)

c0325278_02174690.jpg
うしろはこんなかんじ


写真だと大きく見えますが、
”小さいお湯のみ”or”大きいぐい飲み”
くらい大きさ。

とても人気があるそうですが、
ぜんぜん知りませんでした。
 
私にとっては、
大好きなマダムからいただいたので、
センチメンタルバリューも加わって
大切なうつわになりました。



*セルビン・ブランカ

お土産希望の人は、早めに言ってくださいね。
品薄らしいので 見かけたら
速攻で買わないといけないから。


by Taseirap | 2014-06-27 02:07 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(2)
雨の朝にメキシコマダムのあり難いお誘い。
レオンのセントロに行って来ました。

11時に家をスタート。
レオンに着いたら、すっかり雨は上がっていて、
結局 持って行った傘は使わずじまい。

c0325278_08484667.jpg
平日の昼間は学生さんがいっぱい


「上着を持って行った方が良いよ。」
と、言われカーディガンを持参したら ほんとだ!
半袖ワンピースだけでは寒かった。
雨が降ったら、上着がいるね。
ニットの人まで見かけたくらい冷えました。

レオンセントロの『Parati』というお店で、見つけてしまいました。
これ!


c0325278_08472363.jpg
手書きの陶器


可愛くもない、原色チックでもない個性派。
グアナファト州のドローレス・イタルゴというところで作られています。

c0325278_08583811.jpg
メキシコっぽい茶色もあります。
置物系が多い。(皿は無い。)


さすが、オーナーはよく知ってる。
セルビン焼きも置いてありますが、セルビンさんの
署名入りのだけ置いています。

この焼き物も裏にきっちりサイン入り。
さすがポイント押さえています。


c0325278_08550821.jpg
手書きのふたつきポットとろうそくを購入


このろうそくは、全体がろう。
燃やしたらすべて溶けます。(360円くらい)

・・・ぜったい、主人に「何のための蝋燭や?」と聞かれるなー。
みなさん、どう答えたら良いでしょうか?

でも、聖書の形のろうそくとか、ユニークな蝋燭がいっぱいありましたよ。
ついつい欲しくなりますよね!

メキシコは、毎年5月10日が『母の日』。
何曜日でも関係なし「この日!」なんですって。
(やっぱり、母が強い。)


このお店が入っている『プラザ・エクスピアトリオ』は、
なんだか感じの良いお店がそろっていて
私はこちらで初めて本まで買いました。

母の日向けのおしゃれな品物を中庭でバザーしていて 全部素敵でした。
("エキスポ 10 de Mayo"ですって。)

さて、メキシコ陶器。
あなたはどんな器がお好みですか?



*Parati『パラティ』

Lupita Munoz
Joyena y Artesama Guanajuatense
Zaragoza 101 Local6.Frente a Plaza Expiatorio
tel:7 13-84-44
facebook:paratimexico.Leon.Gto












by Taseirap | 2014-05-10 08:34 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)

タラベラ風?うつわ

昨夜は夜半から雨。
昨年12月に此方に来て以来、初めてのまとまった雨です。
朝になっても、まだ降り続いています。
久しぶりの雨音は安眠を誘い、目覚めても眠くて眠くて仕方ありません。

水音って良いですね。落ち着きます。

雨季に向けて、バヒオ地区の農場は作物の植え付けが始まり、
茶色の大地が少しずつ緑にかわっています。
広い広い畑に人影がちらほら点在するさまは、さながらミレーの絵のようで
いにしえのアシエンダ(荘園)を思いしのばせる風景です。



さてさて、
うちにもう一つあるメキシコの食器をご紹介。
今までも、メキシコのパンを紹介するときのブログに登場しております。

c0325278_07580979.jpg
おなじみ


近所のお店の店じまい半額セールで購入。
パスタを盛ったり、果物入れたり何かと重宝です。
持つところがあるのが特徴です。
いま計測したら、一辺32㎝でした。

メキシコの有名な焼き物に『タラベラ焼き』というのがあります。
ブエブラというメキシコシティの南東120㎞、人口148万5千人(2005年)の町。
こちらで作られているのが、タラベラ焼きです。

ブエブラには、メキシコバロックの最高傑作といわれる『サントドミンゴ教会』ほか
たくさんの名所・旧跡があり、世界遺産です。
”グルメの街”とも言われ、郷土料理のモレ、ポプラーノなどのレストランもあるそうです。
”タラベラ焼き” ”世界遺産” ”グルメ料理”と、☆3つ!? すごい!


さて、タラベラ焼きですが、とても人気なので模して作る人が多い。
そこで、1998年にタラベラ焼き規定委員会ができ、いまでは政府認定の
9つの業者だけが ”タラベラ焼き”と名乗ることが許されているそうです。

本物には
"PUE.MEX"と”職人サイン”が裏にあるらしい。

うちのは

c0325278_07590916.jpg
MEXは読めるけれど、あとは????


まぁ、気に入っておりますので、何でも良いんです。


by Taseirap | 2014-05-09 07:55 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(2)

セルビン焼き

”うつわ”ついでに、いま我が家にある
セルビン焼きもご紹介します。

日本の友人にも
「あ、これならお土産にもらってあげても良いよ(笑)」
と、好評だったメキシコの陶器。


むこうさまもやっぱり食器好きで、
もうたくさんある。
だから、これ以上増やしたくない。
その気持ちはよく分かります。

でも、
”少しならあっても良いかなセルビン焼き”
ってところです。

さて、前置きが長くなりましたが、

c0325278_03391829.jpg
こんなのです


あれ? 青ばかり。
では、もう1枚。

c0325278_02464320.jpg
メキシコでは珍しい、細かい絵付け 
(8月に:カセル焼きと判明。
詳しくは下記コメント欄を参照)


セルビン焼きは、1981年
ハビエル・セルビン氏がはじめた焼き物。

青や茶色の繊細な色づかいと、
細かい絵付け(おもに女性の手作業)が特徴。

メキシコの陶器には、
有名なブエブラの『タラベラ焼き(認定窯9軒)』、
タラベラ焼きを模したもの(多数)、
『トナラ焼き(庶民の食器。素焼きの鍋が有名)』
などもあります。

余談ですが、個人作家としては、
メキシコの国民栄誉賞受賞のマジョリカ焼き作家、
グアナファト在の陶芸家、
ゴルキー・ゴンザレス氏(1939年~)もおられます。
この方は日本の備前でも修行されたそうです。

グアナファトに工房があるそうなので、
嫌がる(であろう)主人を説き伏せ、
ぜひとも拝見しに行きたいものです。


さてさて『セルビン焼き』。
近年 日本人に大人気。

グアナファトのお店でも
たくさんの日本人の方にお会いします。

お店のマダムがとても優しい。
日本人が大好きだそうで、なんだかすごく可愛がってくださいました。

(シニカルな主人は『日本人は値切らないからだろう。』)

それゆえ、私はグアナファトの
ルビン焼きのショップで買います。

Rincon Artesanal
 Sopena,5.Centro
 +52 473 732 8632

(後日追記)
セルビン焼きのこのお店
『リンコン・アルテサナル』の場所は、グアナファト。
ファレス劇場を正面に見る。
 左手側に向かって通りを歩く。
②その道を100歩以内。右手側にセルビン焼きのお店。
③セルビン焼きのお店の反対側には、
「カラオケ」と書いてある謎のお店あり。(道の左手側)
 サンタンデール銀行のお向かいに、セルビンあり。
④ドンキホーテの像まで行ったら、行き過ぎ。

*11時開店。
*木のドアは閉めてあることが多い。
おじいちゃんが、店の外でI Padか何かを見ながら
お客さんが来るとドアを開けてくださる。
*店内は、優しいおばあちゃんがいる。
*下記のタグの"セルビン焼き"をクリックすれば、道案内の頁も出ます。



◎工房もあります。

工房のあるタランダクアオの町は、
同じ州なのでいつか行きたい。
(道中が少し危険らしいので、もう少し情勢が安定したら。)

Javier Servin Ceramica
Ferrocarril #800,La Purisima,Tarandacuao,Guanajuato
℡:421-474-1246


◎工房は、人里離れた場所なれども、
とても可愛いくて、宿泊施設もあるそうです。
 
◎旅行会社のツアーは、メキシコ観光さんへ。

メキシコシティ発のツアーは、
『セルビン陶芸ツアー(終日)』US 95ドル。
工房とギャラリー訪問。10-11時間。
毎日、三名以上で開催。食事なし。

『陶芸-絵付け体験ツアー』US 150ドル。
第1土曜日限定。11-12時間。食事つき。

 

*行き方を、賢い読者の方に教えていただきました。
(下のコメント欄にあるとおりです。)

「(下道を通らず)モレーリア付近まで有料道路を
つかって遠周りをするのがお勧めです。
ナビがあれば、たぶん大丈夫。
うちはナビなしで行きました。
帰りは、セラヤの龍ラーメンで食べて帰るのが
日帰りツアーとしては、おすすめです。」


* ふたたび、賢い読者の方に教えていただきました。
(下のコメント欄にもあるとおり)

「2番目の写真(メキシコでは珍しい…)、
これはセルビン焼きではないような気がします。
セルビンさん親戚にあたるマルタさん(女性)
の工房で作られてるものかと…
セルビン工房の近くですが。
これはカセル焼きではないでしょうか?
陶器の底をご覧になって下さい、
カセル焼きならCASHERと書いてありますから。」


ほんとうだ。書いてあるある。
みなさん、これはカセル焼きですって。
(初めて知った。)


ご両人、ありがとうございます(*´∇`*)(*´∇`*)(*´∇`*)





by Taseirap | 2014-05-08 02:35 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(12)
「必要なし!!!」叫びながらも 買ううつわ(メキシコ遊人)

私は食器類が大好きです。
でも、メキシコでは可能な限り買うまい と、いちおう心に誓っています。

とはいえ、人が生きれば食いもする。毎回 葉っぱで食べるわけには いくまいて。
(完全に開き直る)

デパートの片隅で半額になっていた こちら

c0325278_06250738.jpg
一辺 29㎝ かなり重い。材質は固い石


”3種のサルサとクラッカー”や”チーズとぶどうとフランスパン”など、前菜用に購入。
・・・したつもりが、初回は”ステーキとくだもの”という雑な使い方をしてしまいました。

手前にドーンと天ぷらおいて、レモン、抹茶塩、ソースを入れても良いかな。


メキシコのレストランでは、パンやトルティーヤのかごと一緒に
”3種類のソース(サルサ)”がよく出てきます。

お店によって多少違いますが
①サルサ・ベルデ(Salsa Verde)・・・ベルデは緑色の意味。緑色のサルサ。
 トマティーヨ(青トマト/オオブドウホオズキ)に青唐辛子を入れたりして 緑色。
 冷たい時が多いが、温かいのを出された時もあった。
 サルサ・ベルデには、青唐辛子の種も入れてあることが多く、すごく辛い。

②サルサ・ロハ(Salsa Roja)・・・赤いサルサ。
 トマトソースに、チレ(唐辛子の総称)、コリアンダー入り。
 年期が入っているのか、他のものが入っているのか、なんだか茶色いときもある。

③サルサ・クルダ(Salsa Curda)・・・生のサルサ。トマトと玉ねぎとチレとコリアンダー入り。

を出すところが多いようです。

イラプアトのステーキ屋さんでは、②の代わりに
バージンオリーブオイルにパセリのみじん切りが入っていたのを出されました。
また、イタリアンのお店では②がローストガーリック入りのビネガードレッシング(だったかな?)。

③のサルサ・クルダの仲間、『サルサ・メヒカーナ(メキシコのソース)』。
 メキシコの国旗が緑と赤と白なので、材料に青いチレとコリアンダー、赤トマト、玉ねぎを入れます。


ちなみに
『サルサ・メヒカーナ』の作り方(2人分)は

 ・赤トマト・・中2個(湯むきして、ざく切りかみじん切り)
 ・玉ねぎ・・1/4個(ざく切りかみじん切り。紫玉ネギがよく使われる)
 ・青唐辛子・・1本(種を取ってみじん切り)
 ・お好みで ピーマン・・1個(ざく切り)
 ・にんにく・・1かけ(みじん切り)
 ・ライム・・果汁大さじ1杯

以上ををワシワシ混ぜて、塩を少々。 
冷蔵庫で2時間以上ねかせる。 だけ。

*クラッカーにのせたり、鶏肉の焼いたのにのせたりして、なんにでも使えます。
 

メキシコでは『ワカモレ』という、アボガドを使ったサルサも有名ですね。
ワカモレのレシピはまたいつか。



















by Taseirap | 2014-05-07 06:11 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap