カテゴリ:Hiroshima( 120 )

気になったので、しまなみ海道のサイクリングとは
一体どんなものなのか 調べてみました。

『しまなみ海道』とは、
広島県尾道市から愛媛県今治市を結ぶルート。

http://www.go-shimanami.jp/

『西瀬戸自動車道』のことです。

尾道(Onomichi)から尾道大橋・新尾道大橋(Onomichi-bridge)を通って、
 向島(Mukaishima)。

⇒因島大橋(Innosima-oohashi-bridge)を通って、
因島(Innoshima)。

⇒生口橋(Ikuchiーbridge)を通って、
生口島(Ikuchijima)。

⇒多田羅大橋(Tatarao-oohashi-bridge)を通って、
大三島(Ohmishima)。

⇒大三島橋(Ohmishimabashi-bridge)を通って、
伯方島(Hakatajima)。

⇒伯方大島大橋(Hkata/ohshima-oohashi-bridge)を通って、
大島(Ohshima)。

⇒来島海峡大橋(Kurushimakaikyo-oohashi-bridge)を通って、
愛媛県今治市(Imabari-city)。

全長70㎞。
橋は7基。

公共のレンタサイクルの基地は15か所。
電動アシスト自転車は、6時間以内1500円。
タンデム自転車は、1日1200円。
(この2種類は、借りたところへ返しに行きます。)

その他の自転車は1日千円。
+補償金が千円。
借りたところで返却したら、補償金の千円も返却されます。

また、借りたところまで持って行かないで、
よその基地で乗り捨てもできます。
(が、その場合は補償金は返りません。)

私が尾道で見た”4000円”は、公共ではなく
一般の会社がしていたものだったのかもしれません。

「電動自転車は、4時間走るけれど、
坂を上ったら3時間しかもたんよ。」
と、おじちゃんが言っておられました。

(最近、”おじちゃん”と思っても、
へたしたら年下だから 恐いよね。)

広島県側の窓口は、尾道観光協会 
TEL:0848‐37‐9736

愛媛県側は、
サイクリングターミナル『サンライズ糸山』
TEL:0898‐41‐3196

島から島へは車と同じ橋を使いますが、
島内はサイクリングロードを走るそうです。

このルート、体力に自信のある人は、
70㎞を5~6時間で走破できるそうです。

でも、初心者は10時間ぐらいかかるみたい。
子どもさん連れなら、途中で1泊されて走ると良いそうです。
(子どもさん用のレンタサイクルもあります。)

本気ライダーは3時間で走破するそうです。
すごいスピードでしょうね。


「そんな全部走らなくても、少しで良いのですが…。」
の場合。

”しまなみサイクリングモデルコース”
お手軽10㎞(1時間)はいかが?

瀬戸田サンセットビーチ(生口島)
→(30分バイク)→多田羅大橋
→(30分バイク)→多田羅しまなみ公園(大三島)

詳しくは、下記でご参照ください。
http://www.ononavi.jp/fan/modelcourse/


ちなみに、今年度(平成28年3月末まで)は
『しまなみサイクリングフリー』実施中。
本四高速道路の自転車の通行料が無料だそうです。
期間限定ですって。




実は先日、愛媛県側(来島海峡)で短い区間だけ
自転車に乗ってみようかと
お出かけしたのですが、あいにくの土砂降り。

c0325278_12401361.jpg
雨に煙る橋


乗れませんでした~。

仕方がないので、大三島で降りて

c0325278_12413106.jpg
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)


大山祗神社は、弥生時代からの歴史のある神社で、
武運長久を願う武士たちが、
戦の前に武具を奉納しています。

使っていないので、刃こぼれもなく
鎌倉時代の刀でもピカピカです。

現在では、国宝や重要文化財の指定を受けた
甲冑の8割がここに在るそうです。
神社の入場は無料ですが、国宝館の入場料は千円。

古くは白村江の戦いに勝利して得た銅鏡や、
日本唯一の女性用の甲冑(つる姫)、
源義経奉納の劍。
歴史のビッグネームが勢揃い。

なんとも良い”気”の漂う神社で、
木立ちの美しさは心が洗われるようです。

c0325278_13052698.jpg
ご神木の大楠

小千命(乎知命)手植えの楠。樹齢2600年。
神武天皇の東征以前。


そもそも、この神社の御祭神はおおやまづみのかみ。
いざなぎのみこと と、いざなみのみこと の子どもで、
盤長姫命(いわながひめ)と
木花開耶姫命(このはなさくやひめ)の父神さま。

歴史の長さが恐ろしいくらいです。


おまけ情報ですが、
この神社の入り口には、『大漁』という和食屋さんがあります。
海鮮丼が安くてボリューム大。
オコゼの空揚げや、お刺身などメニューもたくさん。
お昼には行列ができていました。


今治まで行けば、
今治焼き鳥やさぬきうどん、タオル工房。

もう少し走れば、アサヒビールの工場など
楽しいところがいっぱい。

こどもが小さい時に、夏休みにお出掛けしましたが、
いつか大人向けのスペシャルツアーを
計画してみたいと思っています。





by Taseirap | 2015-11-24 07:30 | Hiroshima | Comments(2)

尾道 U2

尾道の『U2』。海のそば。

c0325278_11513293.jpg

ここですか?

c0325278_11161725.jpg
”県営2”・・・昔は倉庫だったのかな?

c0325278_11170594.jpg
建物前の広場でひなたぼっこしてる人

c0325278_11174738.jpg
なかはとってもお洒落

c0325278_11184960.jpg
刺繍クッションや食器類、お洋服


c0325278_11210303.jpg
パン屋さんにレストラン


そして、サイクリストのために

c0325278_11194452.jpg
自転車屋さんGIANT(ジャイアント)


自転車に乗られる人ならよく御存じの『ジャイアント』。
台湾のメーカーでしたっけ?
自転車に乗らない私ですが、家には一台あります。
息子が少年のころ乗ったマウンテンバイク。
今でも現役です。

尾道の『U2』には、『ジャイアントストア尾道』が入っていて、
購入もできますし、レンタルもできます。
http://giant-store.jp/onomichi/

昨今は、しまなみ海道を自転車で走るのが大人気。
アジアの他国からもツアーが来られます。

ちなみに、自治体だか観光協会だかがされる自転車レンタルは、
1000~4000円くらいです。
(電気自転車もありました。)

『ジャイアント』は、自転車が良い分少しお高め。
最高級のロードカーボンプレミアムだと、レンタル代は5時間で9千円。
ふつうのロードアルミなら、3500円。
レンタルコースは、5時間、日帰り、1泊2日、など選べます。

また、こちらU2には、
サイクリスト憧れの宿『Hotel Cycle(ホテル サイクル)』があります!

https://www.onomichi-u2.com/hotel_cycle.html

自転車に乗ったままでチェックイン。
自転車と一緒に部屋に入れるそうです。
つまり、ずーっと乗ったまま部屋まで行けるわけね。

自転車に乗らない私には、それにどんな意味があるのか分からないけれど、
おそらく好きな人には
「おおー!!!」 なのでしょう。

一緒に旅した"心の友"の愛車。
駐車場に置かずに 同室に泊まれるのは、安心ですね。
夜はテレビ見ながら磨いたり、メンテナンスもされるのでしょうか?

(想像ですが・・・。)

c0325278_11394967.jpg
この奥がホテル


c0325278_11402819.jpg
このオブジェ=自転車に乗る人
(わかる?)

c0325278_11415199.jpg
建物すぐ外の海には、ドッグの修理待ち(?)の船がいっぱい


尾道は、”桂馬のかまぼこ”と”千光寺からの景観”と”尾道ラーメン”だけではない。
色々な可能性がある街だと気がつかされました。



☆ U2(ユーツー)
広島県尾道市西御所町5-11
営業時間:9:00‐19:00
定休日はおそらく火曜日

JR尾道駅から徒歩6分
駐車場は、建物隣に有料駐車場があります。

* 尾道はそこここに駐車場がありますが、意外とお高めです。









by Taseirap | 2015-11-23 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

尾道で女子会

学生時代の友人と尾道で女子会。
「いったいいつまで女子と言い張る気や?」
という声は無視して・・・。

いえ、わたしも”女子会”は、おかしいと思いますよ。
他の言葉を探しましたが、
”50マダムの会”・・・「濃い。」とほかのメンバーに叱られそう。
”アラ40の会”・・・四射五入でないといけないとだれが決めたの?
10年周期のアラウンドでも良いではありませんか!
なんなら、アラ30でも。
20年周期の大きめアラウンドでも・・・(以下同文)。

ま、とりあえずイメージしやすい”女子会”ということで(笑)

お昼スタートで、まずはランチ。
尾道地元の人の案内なので、心強いですよ。

連れて行ってもらったところは、お初のレストラン。


c0325278_13030653.jpg

『こめどこ食堂』

地産地消にこだわり、お米も作られるレストランだそうです。
尾道のランチでラーメン以外を食べたのは、初めてです。

c0325278_12320390.jpg
主菜はお肉2種類、お魚2種類から選びます


c0325278_12325550.jpg
おばんざいと茶碗蒸しとごはん(ハーフ&ハーフ)

c0325278_12335420.jpg
魚1(たなごの味噌漬け焼き)

c0325278_12344322.jpg
魚2○○(忘却)の煮つけ

c0325278_12353447.jpg
肉1(おろしハンバーク)


どれも安心のおいしさでした。
おろしハンバーグにかけるポン酢は、近くの島のはっさく入り。
香りが良かったです。
1Fで、食材等も売っているので、気に入ったら買えそうです。

c0325278_12362729.jpg
2Fからは、海がきれいに


明るい海の光景に
『尾道に来たな~。』
と、感じながらご飯をパクパク。
コーヒーをゴクゴク。
おしゃべりに花が咲き、帰るのを忘れそうになりました。

「次はU2に行くよ!」
ユーツー?
なにかしら?音楽であったような? 映画で見た?

あれは『Uボート』か・・・。

すぐ近くなのに、車で連れて行ってもらいます。
ドキドキ。




☆『こめどこ食堂』
広島県尾道市東御所町5-2 2F
JR尾道駅から徒歩3分(196m)
℡:0848‐36‐5333
営業時間:11:00~14:00/18:00~23:00
月曜日はお休み

市内にこちらの姉妹店(?)もいくつかあるそうです。











by Taseirap | 2015-11-22 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

トレッタみよし

念願かなって、広島県三次市の『トレッタみよし』に行きました。
http://www.torettamiyoshi.jp/




c0325278_23015023.jpg
おそらく、元 三次市の観光情報センターの跡

c0325278_23045517.jpg
ふりかえると赤い屋根(三次ワイナリー)


みよし運動公園や、奥田元宋美術館も集まる一角。

c0325278_23080464.jpg

green mugi mugi (カフェ)


c0325278_23090001.jpg

こんな感じね

c0325278_23094236.jpg
黒いコンテナ(小)ひとつで¥648


c0325278_23105167.jpg

ダリアの花束(¥183)


c0325278_23121681.jpg

新鮮野菜がお安い


c0325278_23130498.jpg

え? 鹿肉? いのししも!



c0325278_23135135.jpg

赤身ですね


c0325278_23142771.jpg

バラバラですが、高級ぶどうもお値打ち価格で


c0325278_23170923.jpg

コーヒーでいっぷく



「意外と高いのよ。」
と、聞いていたけれど、意外と安い。

公園で遊んで、美術館見て、ワイン飲んで、お土産かって
― を、この辺りで全部できる。
道理で人が多いはずです。

わたしもついついいろいろ求めてしまいました。
肝臓に良いというはぶそう茶。
脂肪肝にも効くでしょうか?
ドキドキ。




    ☆『トレッタみよし』
    住所: 〒728-0023 広島県三次市 東酒屋町 438
    電話:0824-65-631

by Taseirap | 2015-11-17 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

『五サー市』と神楽

秋の吉水園の公開に合わせて、11月7日(土)・8日(日)
加計では『五サー市』がひらかれていました。

『五サー市』とは、加計で毎年暮れの旧25日に開かれていた楽市・楽座。
本通り商店街を中心に物産市・バザーなどのお店がひらかれます。

c0325278_12254943.jpg

ぜんざい!?

c0325278_12265179.jpg
お茶とお漬物も付いています♡


2004年10月1日に、近隣の戸河内町、筒賀村と合併し、
『安芸太田町』になった加計。

合併前の住人は4311人と、とても少なくなっていまいましたが、
古くから広島と県北をむすぶ交通の要所として栄えたところです。

c0325278_12311719.jpg

本通り商店街


『五サー市』の特長は、他では見られない味のあるバザー。
地元で取れた白菜、大根、里芋。棚田の新米。
太田川でとれた鮎の塩焼き。干し柿。自家製のお茶。刃物研ぎ。
c0325278_12422033.jpg
「祭りは2日あるんじゃが、しんどいけん、明日はワシはせんのよ。」



c0325278_13113493.jpg

ヱビスさまによる餅まき




長尾神社では、川北神楽団の「塵輪」。

c0325278_12435598.jpg
第14代の帝の帯中津日子(たらしなかつひこ)と 従者 高麻呂(たかまろ)

c0325278_12384649.jpg
でた~!塵輪(じんりん)
(身体に翼があり、黒雲にのり飛ぶ悪鬼)

c0325278_12472860.jpg

天の鹿児弓(あめかごゆみ)と天の羽々矢(あめはばや)で戦う

c0325278_12494544.jpg

激しい戦い

c0325278_12511648.jpg
討ち取ったり~!



若武者二人は地元の高校生。
20キロはあろうかという衣装を身につけて、軽々と舞うさまは
素敵でした。
鬼もしっかり髪を躍らせて、スリ足の飛行姿も決まっていました。
鬼の方がお面もあるし衣装は重そうです。
みなさん、すごい体力。

(近年、神楽がとても人気らしく、追っかけまでいるそうです。
 神楽団も今日の祭事では『川北神楽団』『高下神楽団』が舞いますが、
 安芸太田町の神楽団は16団体。
 安芸高田市には、22団体。
 北広島町には、保育所の神楽団(?)も含めれば、70近くあります。)

舞いが終わり、高校生は客席に背を向けて
後方に深々と一礼。
『? あ、お社の神さまに礼ですか。』

神楽は 神さまをお迎えし奉納された舞いだった と思い出しました。

そのあと、客席に深々と一礼。
可愛い~♡ 
若い人は良いな~♡

だいぶん大人になって、やっと分かったけれど、
こどもががんばる姿って
無条件に、明日への希望になるのですよね。

舞いを支えるお囃子も、たった4人でずっと演奏。
笛の高校生らしきお嬢さんと大人の男性。

伝統を地域で守る姿が素敵でした。



More
by Taseirap | 2015-11-12 07:30 | Hiroshima | Comments(0)
日ごと秋冷の加わる頃、
お健やかにお過ごしですか?
広島はすっかり秋色に染まり、
日脚が短くなりました。

広島県山県郡(やまがたぐん)安芸太田町加計(かけ)の、
県の名勝『吉水園(よしみずえん)』。
秋の一般公開は、11月7日(土)・8日(日)と、
14日(土)・15日(日)。

秋の紅葉を求めて、行って参りました。

c0325278_14170204.jpg



吉水園は、江戸時代半ばの天明元年(1781年)の春、
加計隅屋16代当主の
佐々木八右衛門正任(ささき はちえもん まさとう)が
山荘として建築したものです。
隅屋は江戸期を通じて、中国地方でも最大の
たたら鉄山師です。

c0325278_14433766.jpg


現在は24代当主の加計正弘氏の所有です。

ご先祖様が、佐々木姓なのに、現在の当主が
加計を名乗られるのにはわけがあり、
明治の平民苗字許可令・平民苗字必称義務令で
農民も苗字を名乗ることになり、
この辺りでは、
『佐々木』姓と『栗栖』姓が大人気。

佐々木さん、栗栖さんがとても多くなったので、
「では、私は”加計”と名乗ろう。」
と、苗字を替えられたそうです。

庭園の拵えは、
もともとあった玉壺池(たまつぼいけ)をいかして、
1781年9月17日から40日をかけて完成。

その翌年には、入母屋造り茅葺の『吉水亭』が落成。

c0325278_14201485.jpg


ですが、さらなる上を目指してか、
1788年から1807年にかけての20年間は、
広島の『縮景園』(旧広島藩の浅野の殿様の泉邸)を担当した
京都の庭園師 清水七郎右衛門(しみず ひちろううえもん)に依頼。

造園の大家、七郎右衛門は、
縮景園の作業を終えて、次は加計。
こちらの庭を3度にわたり、改造修理したそうです。

c0325278_14450113.jpg


吉水亭の中二階(高間)からの眺望は
遠くには太田川も見え、
明るく広がる借景に対して、室内は陰翳礼讃。

黒い柱のフレーム越しに、自然から切り取ったような
見事な秋が広がります。

c0325278_14210939.jpg

園内には、たたら鉄の神様
『金屋子社(かなやごしゃ)』が建立され
『琴平社』『稲荷社』も一宇(ひとつの社のなかに)に
覆われています。
園内のふたご杉の横には、
『松林庵薬師堂』も建立されています。

c0325278_14423190.jpg

回遊式の庭園は、春夏秋冬 楽しめる庭造り。
高低差をいかして、一足ごとに景色が変わる豪華さです。


c0325278_14224546.jpg


この庭園は春と秋に2週末ずつ、
各4日間一般公開されています。

秋の紅葉もですが、
春の『モリアオガエル』の産卵も有名。
県の天然記念物のモリアオガエルが、
ブクブクと白い泡のような卵塊を
緑のモミジの枝に産む様子は、
テレビのニュースでもよく見ます。

秋のいま時分は、カエルは山に入っていて、
園内にはいないそうです。

c0325278_14233236.jpg


藁ぶきを吹き替えるだけで1千万円もかかるそうで、
風雪の多い県北のこと、
15年くらいはもつはずの屋根も、
10年くらいで替えないといけません。

加計家が1/4、県と町が残りを負担するそうです。

入園料は200円。(15歳未満は無料)

それも、見学者で混雑しているので、
ボランティアらしき受付テントの奥様方、
大忙しです。
いらっしゃった方は、どうそ自己申告でお願いします。

園内では、さりげなく歴史や建物の説明を
してくださる町の役場の人や
ボランティア・ガイドさんもおられます。

郷土のひとから愛されてある『吉水園』です。



☆吉水園
広島県安芸太田町加計
http://www.yoshimizuen.com/

車は、川の近くの道の駅『太田川交流館かけはし』にとめて、
加計の商店街をそぞろ歩かれて、
山の方向へ歩かれると良いと思います。


車で10㎞か、そこら。
隣の筒賀(つつが)地区の
『筒賀の大いちょう』も見頃です。

c0325278_14473434.jpg
☆『筒賀の大いちょう』
広島県山県郡安芸太田町筒賀梶原大歳神社
(筒賀中学校のすぐそば)

樹齢1100年。県の天然記念物。
高さ49m、周囲8.2m



by Taseirap | 2015-11-10 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

出雲大社 備後分院

気になっていた、三良坂町の神社にお参りしました。
出雲大社 備後分院。


c0325278_17365426.jpg

銀杏が色づきます

c0325278_17383046.jpg

この奥ですね

c0325278_17391502.jpg

「二礼四拍手一礼」と書いてありましたよ


出雲大社で4拍手するのは、
人や神様の魂は
「和魂」、「荒魂」、「奇魂」、「幸魂」
の4種類があり、それぞれに柏手を打つのが、
その理由だそうです。

俗説では、出雲大社の大国主命は
右耳が不自由だったそうで、
左向きに(西)座っておられます。

だから、よく聞こえるように4回拍手する、とか・・・。

き・い・て・ね でしょうか?


こちらの出雲大社豊後分院は、明治12年に
島根県出雲大社の御分霊を奉じました。
明治26年には、大国主命(オオクニヌシノミコト)を
祭神とする大社教分院に改められ、
境内は約1100坪。
社殿、拝殿、社務所があります。
神木も美しい。

c0325278_17460943.jpg
少したゆたうような窓のガラス


c0325278_17484673.jpg
地衣植物 ウメノキゴケ


「地衣植物は空気が綺麗なところでないと生息しない。」
と、中1の頃の二男が言っていたのを、
夫婦で思い出しました。

担任の先生が生物のご担当でした。

今の二男を思いだし
「あの子、中一の頃が一番賢かったかね~。」

非常にさみしい会話です。


こうなったら神頼みとばかり、長々と祈る主人。
哀れ。

ここは、出雲大社系。
縁結びよ。



c0325278_18295778.jpg
石組ファン(?)の人に捧ぐ






☆出雲大社 備後分院
三次市三良坂町三良坂2674
P(15台)あり

かなり素敵。



by Taseirap | 2015-11-06 07:30 | Hiroshima | Comments(4)
念願かなって、三次市三良坂町の『カフェ まめ茶』へ。

c0325278_16581958.jpg

可愛い外観


ランチをいただきました。

c0325278_16590468.jpg

トマトと大豆のぴりっとカレー(主人)


c0325278_17000941.jpg

ふわふわ豆乳のクリームコロッケ(わたし)




ランチは3種類。
もうひとつ、リゾットのランチ(¥1,080)もおいしそう。
ホットドックのランチセットもありました。

c0325278_17012246.jpg

カフェメニューも充実


c0325278_17131700.jpg


drinkは、ホットのハーフ&ハーフ(豆乳と牛乳)



ランチセットの中の、デザートがおいしかったので
メニューとつきあわせて調べますが、該当なし。

「こちらのデザートはなんですか?」
と、伺うと
「え~。なんでしょうね。
ココアと豆乳のプリンというか、ムースというか(笑)」

全体のレベルが高いです。
『男の人には量が少ないかな?』
と一瞬思いましたが、十分でした。

ベジタリアンの人にもお薦め。
ご近所らしきおじいちゃん、おばあちゃんも
食べに来られていました。
長生きできそうです。

でも、その後で系列の『佐々木豆腐店』にまわったら、
「く~。こっちが良かった!」
主人はがっつり食べたかったみたいです。

でも、
「次は豆腐店にしようね。」
と言ったら
「カフェでも良いよ。」

カレーが気に入ったみたい。

c0325278_17222221.jpg
ローズマリーの花がきれい



☆『カフェ まめ茶』
三次市三良坂町上郷4272
℡:0824‐44‐2623
営業時間:10:30~18:00
定休日:月曜日と、月に1回日曜日

*三次方面からは、
三良坂町の和洋菓子工房『泉屋』さんの前を
右折。
田んぼの道を直進。突き当りを左折。
すると、左手側に可愛いカフェがあります。
すぐに分かります、






by Taseirap | 2015-11-05 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

三良坂フロマージュ

三良坂町のヤギのチーズ屋さん、『三良坂フロマージュ』。

c0325278_15460225.jpg
冷暖房機がたくさんありそう ( ; ゜Д゜)

c0325278_15465511.jpg
色々な種類のチーズ


c0325278_15481756.jpg
買い上げ


シャインマスカット味のチーズ(¥460)もおいしいのですが、
この『三次の贅沢ゆずジュース』(¥850)が、めちゃくちゃおいしい!

『小さなくだもの畑』と県立広島大学との共同研究だそうです。
ゆず果汁25%と、安芸太田町のとち蜂蜜をブレンド。
そのままでも、氷を入れても、お湯で割っても、炭酸で割っても美味。

三次特産の種なしゆず「多田錦」には、ビタミンCのほかにも
4種のフラモノイド(ポリフェノール群)が含まれ、
これらのフラモノイド(ナリルチン,ナリンギン,ヘスペリジン ,ネオヘスぺリジン)には
持続的な抗酸化能力があるそうです。

主人とふたりで氷を浮かべてごくごく飲んで、
翌日にはなくなりました。

まとめ買いしなくちゃだめだわ。
(楽天市場等のインターネットでも買えるそうです。)

c0325278_16001656.jpg
お店の横には子ヤギ




☆ 『三良坂フロマージュ』
 三良坂町仁賀1617‐1
 ℡:0824‐44‐2773
 http://www.m-fromage.com/

by Taseirap | 2015-10-23 07:30 | Hiroshima | Comments(0)
三良坂まで来たら、ここは外せません。

c0325278_15110505.jpg
『佐々木豆腐店』
背後に見える鳥居は、出雲大社の備後分院だそうです


『佐々木豆腐店』は、明治27年創業。
http://www.sasaki102.com/

広島県産の大豆から、毎日豆腐を作っておられます。
地方発送もされていますので、ご存知の方も多いかもしれません。

c0325278_15220993.jpg
豆乳は苦手ですが、こちらの豆乳は飲めます!


お昼のランチは大人気。

"当店お薦めの福福膳(1620円)"には、
冷奴、絹厚揚げ、野菜サンド、揚げ焼き、生麩、天ぷら、
ごま豆腐、湯葉巻き、一口デザート
& ごはん(黒米いり)、味噌汁、小鉢、漬物、豆乳。

大量です。
ほんとうにおなか一杯になります。
でも、試食と申しますか、どんな味かが分かりました。

次回は、軽く『奴定食(温奴、野菜、天ぷら)』(755円)でもいいな。


c0325278_15214209.jpg
充実ランチ


カフェも始められたそうで、『カフェまめ茶』という名前。
和洋菓子『泉屋』さんのご近所のようです。
http://mame-cha.com/

豆乳クリームコロッケランチや
豆乳のカフェラテ・ロイヤルミルクティなどすてきなメニューです。
もちろん大人気。

どちらでお昼をいただくか迷いますね。


この日、買い求めたものは

c0325278_15344192.jpg
こちら


おいしい豆乳、厚揚げ、いただきもののお菓子”黒ゴマとうふ豆”
塩豆腐、絹ごし豆腐。

塩豆腐は、山葵と醤油でいただきました。
少し、湯葉のような風味。
ぜひ一度お試しください。



☆ 『佐々木豆腐店』
 三次市三良坂町2610‐16
 ℡:0824‐44‐2662
 営業時間 10時~18時30分
 食事:11:00~15時(売り切れ時終了)
 定休日:月曜日(月に1日不定の日曜日)


☆ 『カフェ まめ茶』
 三次市三良坂町三良坂上郷4272
 ℡:0824‐44‐2623
 営業時間:10:30~18:00
 定休日:月曜日(月に1日不定の日曜日)




by Taseirap | 2015-10-22 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap