カテゴリ:日本からの便り( 53 )

間違いだらけの英語

『英語をちゃんと習いたいな~。』
と、思いながらなかなか通えずにいます。

でも、先日、外国の人と酒蔵巡りをして
ふと気づいたこと。

外国の人に日本の宗教や宗教観を説明するむずかしさ。
例えば、神社は「シュライン(Shrine)」、
寺社は「テンプル(Temple)」。
ここまでは良し。

ところが、彼らその二つの違いを尋ねてきます。
templeのブッダは有名ですが、神社の説明が難しい。
そもそも神社には ご神体なるものがあるはずですが、
『ご神体』って一体なんなの?

伊勢神宮のご神体は、天照大御神を象徴する
八咫の鏡(ヤタノカガミ)」。
大きな円形の鏡で、裏の文様が太陽が八方に
光を放つ文様だそうです。
・・・鏡か。

熱田神宮のご神体は、
「草なぎの劍」。
・・・剣か。

ある神社は、岩(?)。
またあるところは、山(?)。

そもそもご神体というものは、
神霊が宿っているもの(御霊代:みたましろ)。
「神さまはそこにいるけれど、その実体はない。」
らしい。

いままでは、
「日本にはたくさんの神様がいるのよ。」
と、誤魔化してきました。

物凄い間違いでしたね。

そもそも、ゴッド(God)は唯一神なので、
「これも神様、あれも神様。トイレの神様、野球の神様。」
的な説明を、
外国の人が理解できるわけがありません。

ところで、広島の西条には『松尾神社』という
『酒の神様』がおられるわけです。

(『酒の神様』バッカス。いかにもありそう。
と、罰当たりな感想。)

そもそも、酒の三大神様は、
◎大神神社(おおみわじんじゃ)
:奈良県桜井市三輪 古い

◎松尾神社(まつおじんじゃ)
:京都市西京区嵐山宮町3 701年~

◎梅宮神社(うめみやじんじゃ)
:京都市右京区梅津フケノ川町30 836年~

西条の松尾神社は、1926年にお招きしたそうです。

先日ご紹介した英文パンフレットには
なんて書いてあるのか?
カンニング。

Matsuo Shrine:
The guardian spirit of sake in Saijo,the City of Sake.
(酒のまち西条の酒の神霊の保護者)


Spirit(スピリト)!

不可算名詞
(肉体・物質に対して人間の霊的な)心。
(人体と離れた)霊魂、幽霊、亡霊。
(神の)霊、神霊。
神、聖霊。
(天使・悪魔などの)超自然的存在。

ゴッド(God)ではなくスピリト(spirit)。

ためしに、そのまま遣ってみたら、外国の人たち即納得。
やった、次からこれで行こう。

ところで、スピリト単発ではなく、
「ガーディアン・スピリット」とつなげて言った方が
良いのでしょうか?
”ガーディアン”って、”保護者”よね。
冠詞は、ザ(the)か…。

(英語のできない子はこの辺もモヤモヤするの。)

ま、いいか。
”The guardian spirit of ○○。”
で、これからは乗り切ろう。






〔おまけ〕
今日は冬至。
柚子はいっぱいあるから、お風呂にいれちゃおう(*´∀`)♪
かぼちゃは無いけれど、昨日圧力鍋で作って
お肉までとけたカレー。
大量。
どうしたろうかしゃん。
かぼちゃも足してみようかしゃん。


by Taseirap | 2015-12-22 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

日本でも外国型犯罪が

昨日の夕方のニュースで、師走の犯罪を報道していました。

1つは、東京駅で。
銀行でお金(○百万円)を引き出した中国人の会社員が、背中に異変を感じ
見ると鳥のふんのようなものがついていた。
近くの女性が無言でタオルを渡したので、ショルダーバッグを下に置いて
汚れを拭いていると、見知らぬ男がバッグを奪って駅構内へ逃げ込んだ。
タオル女も消えた。


またもう1つは、
車で走行中に車をぶつけられ、話すために外に出ると
乗っていた自分の車を盗まれる。
なかには、現金900万円。

似たようなのがもう1件。



そういえば、メキシコで
『高速道路で走行中に、フロントガラスに小石が飛んできて
 ヒビが入っても、決して止まるな。
 止まったら、その茂みから強盗が出てくる。』
という注意がありましたよね。

『たとえ 車をぶつけられても、止まらずに逃げる。』
『果物をぶつけられても、止まらずに逃げる。』
『車は走行中でも、必ずロック。』

『お巡りさんにいちゃもんつけられたら、振り込み用紙で払う。
 現金では払わない。そして、免許証は預けない。』

『銀行では、電話をかけている人に注意。外の仲間に連絡している。』
『車内に買った品物、パソコンや携帯電話は残すな。10分でなくなる。』


日本でも外国型の犯罪が出てきております。
ご注意ください。

メキシコにお住まいの皆さまも、
「耳にタコだよ~。」
と思われても、気をつけてくださいね。


※ この前、JR に携帯電話置き忘れたメキシコ人、次の日に駅に電話したら
「とどいてますよ。」
「ミラクル!!!」
大喜びでした。

ミラクルJAPAN、いつまで?

by Taseirap | 2015-12-09 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

新聞おもしろいな~

昨日の夕方、お散歩していて、新聞屋さんの前を通りかかり
『たまには買ってみましょうかね~。』


c0325278_19150904.jpg
右:中国新聞、左:日経新聞

中国新聞は、『ノーベル賞』がさき、『TPP大筋合意』がネクスト。
日経は、逆なれど同じ2トップ。

医学生理学賞を受賞された大村智・北里大特別栄誉教授(80)。
アフリカなどで寄生虫が引き起こす熱帯感染症の
特効薬を開発されたそうです。

息子が高校生の時に目黒の『寄生虫館』に来ているのですが、
アフリカの風土病の説明コーナーでこの病気のことを見ました。
長い棒の前を子供が持ち、大人たちが後ろを持って歩く絵がありました。

初めは、なにか遊んでいるのかと思っていましたが、
『水が汚染されているので、大人になったらほとんどの人が失明する』
という解説だったと思います。
オンコセルカ症(河川盲目症)でした。
また、足がゾウのように膨れた写真もありました。
(リンパ系フィラリア症:象皮症)

衝撃でした。

でもいまではこの特効薬のおかげで、劇的に失明が減ったそうです。

明治のころは、日本でも風土病(象皮症)があったと書いてありました。
西南戦争の時の西郷隆盛の軍も、泥水の中を行軍し、この風土病に苦しめられたとか・・・。

ダニが原因の疥癬(かいせん)症、沖縄に多い糞線虫症にも
この薬剤(イベルメクチン)は効果的だそうです。
万能薬とも言えそうですね。

この薬は、現在1年間に3億人に投与されており、
年に1回飲めば、効くそうです。

良かったです~。

”TPP大筋合意”の方は、話すと長くなりそうです。
日本の農家の方はご心配でしょうが、
低農薬の安心・安全な日本の農産物は、ほんとうに素晴らしいです。

世界で和食は人気ですが、アメリカのお米で作るお寿司はとても固いです。
だから、日本のお米で日本式に作ったら、すごく驚かれると思います。

”農薬の使用量も多い”と聞きますので、日本のお米はやはり安心です。
そして、今の私の心配は、おいしくて安全な日本のお米が、海外に輸出され過ぎて、
私たちの口に入らなくなることです。

農家のみなさん、自信を持って!
ひたすら応援しています。


さて、応援といえばもう一つ。


c0325278_19451183.jpg
スポーツ新聞


スポーツ新聞は、ノーベル賞もTPPも関係なしなのね?
今日の中日戦、カープの先発はマエケンです。
中4日の登板。
入場券は5日午前に全席完売。当日券もない札止め。

黒田さんもベンチ入りするそうです。
(「監督やコーチに投げろと言われたら、投げる。」)

まるで優勝が決定するかのような、みんなの力の入りよう。
(3位になりたいだけなんですけれどね。)

大瀬良投手びいきの若い友達(一般主婦)は
「マエケンで負けたら仕方ない。
 大瀬良はメンタルが心配。正念場だ。前見ていけ。
 フロント、来年はもっと使える外国人助っ人取ってこい。
 総動員でいけ。」

普段はこんな人じゃないのですが・・・。

中日は、山本昌投手が先発。
打者ひとりに投げるそうです。


それにしても、こんなに1勝に苦しむなら、
9月12日の対阪神20回戦の
田中の幻のホームランによる1勝が、・・・。














by Taseirap | 2015-10-07 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

秋分の日

今日は秋分の日。
秋のお彼岸です。

暑さ寒さも彼岸まで、とは言いますが
9月になってすっかり涼しい。
雨や台風、水害のニュースが多かったです。

地震や火山の噴火など、日本人の一番の業は
自然災害ですね。

”ここは絶対大丈夫!”というところは、日本中どこにもなく
「よくそんな”自然災害の多いところ”に平気で住めること。」
と、海外の人からは言われます。

私からしたら、
”いつ強盗に襲われるかもしれないところ”
と、ある意味同じだとも思われます。

こんなうっかりな性格で日々何事もなく暮らせるのは、
ご先祖様や身近の神様が、
エラい苦労しながら守ってくださっているのだろうと、
こっそり感謝するしだいです。

亡くなった明るい性格の祖母は、
「なにも無理してお墓まで参らんでもよろし。
 心の中で
『まんまんさん、あん。』
 で、よろし。」
と、申しまして、動けなくなってからはそうしていました。

明るいというより、恐ろしく合理的なのかもしれません。

「お墓参りしないで、ご先祖様にバチをあてられたらどうするん?」
と、聞いたら
「子どもや孫にバチあてるようなご先祖はんは、いてへんで。
 せやし、そないやったら、よけい参らへんでもかめへんわ~。」

かめへんやろか?

他の祖母達は少し違って、
「お数珠を持たずに墓参りに行くのは、墓石を素手で揺らすのと同じ。」
「お墓の前ではお願い事はだめよ。努力している事の報告だけしなさい。」
などなど言われました。


うちの子どもたちには、なにを伝えるべき?

そういえば、親がしなくても、
「お焼香の時に、足を広げて仁王立ちになってるよ。二人とも!」
しっかりものの従姉妹に注意されてたなー。

17歳の女子高生に注意される25歳と22歳男。
主人は大笑いしていたけれど、ここ反省するところよね。




ふるさとを遠く離れて、お墓参りに行きたくても行けない人も
おられることでしょう。

大丈夫。

お墓のある方向に向かって、心で拝んだらよろし。







by Taseirap | 2015-09-23 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

シルバー・ウィーク

日本に帰国してから、時々耳にするのが
「シルバー・ウィークに・・・。」
なんですか?それ?

5月のゴールデン・ウィークのように、9月にも連休ができる(年もある)そうです。
暦の関係なので、毎年あるわけではないみたい。

日本に帰って、主人がよく言うのが
「日本は休みが多くて良いな~。」

メキシコの方が、勤務時間がずっと長い(気がする)ようです。
留守を預かる身としては、そんなに差はない気がします。
日本も相変わらず忙しいです。
家を出る時間も帰宅時間も変わらないし、むしろ遅いくらいだけど?

働く人の実感は、家族とは違うみたいです。


さて、本題のシルバー・ウィーク。
昔は9月15日に固定されていた敬老の日。
happy Mondayのため、9月の第三月曜日に変更になったそうです。

今年は、9月21日(月曜日)が敬老の日。
22日(火曜日)は、国民の祝日。
23日(水曜日)は秋分の日。

ということで、土日&祝がお休みの会社なら
本日!!! 9月19日(土)から
9月23日(水)まで、五連休。

+2日の有給を使えば、9連休!

夢のよう~♡

暦の関係で、次回は11年後の2026年にやってくるそうです。
(退職してる)

ちなみに、主人の会社は独自のカレンダー。
”シルバー・ウィーク”の”シ”の字もありません。


メキシコは、9月に革命記念日のお休みがあるので、負けました。



by Taseirap | 2015-09-19 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)
平成27年度の国勢調査がはじまりました。
国勢調査は5年に一度だそうです。

持って来られた用紙がとても薄いので、
『内容が簡単になったのかな?』
と思っていたら、
”できたらインターネットでしてね”ということでした。
スマートフォンでもできるそうです。

c0325278_15153739.jpg
IDとパスワードがありました


9月20日までにインターネットで出せる人は出して、
出さなかった人は、以前と同じ手書きで書類を書いて出す、という・・・。

さっそく、主人にがんばってもらいました。
所要時間は手書きと同じくらいですが、国勢調査員の人に再訪問して
もらわずに提出できるのが、気楽です。
皆さんお仕事で、なかなかお家におられないので、
調査委員さんは何度も何度も足を運んで、書類を回収されると聞きます。

息子たちは出したかな?
聞いてみようっと。


日本は急速に電子化が進んでおります。
わたしの年上の友人は
「みんながみんな、パソコン使えると思うなよ!」
と、息巻いております。

メールのスタンプは自由自在なんですけれど・・・?

また、先々消費税が10%になった時には、
マイナンバーカードを使って、食料品にかかった税金の一部を
返還する、という政府案。

「毎回、買い物するときにカードを出すなんて面倒。」
「年金情報もダダ漏れの国に、個人の消費情報を差し出す気にはなれない。」
「”ここの家、冷凍食品ばっかり買ってる”ってばれるじゃない。」
「”お財布のなかにカードが一枚増えるだけだ”って、軽く言うけれど
 そりゃあお偉いさんはプラチナカードいっぱいあるんでしょうよ。」

と、やっかみとも ごまめの歯ぎしりとも いえるような政治批判。

「カードなんて、面倒よ。私、持ってないもの。」

ちょっとまって!
そのパンパンにふくれたお財布はなに?
お買い物に行く店々で、マジックのように取り出すポイントカード。

・・・軽く使えるんじゃない?マイナンバーカードくらい。

「あのね。カードを持つこと自体が面倒なんじゃないの。
 新しい心配と仕事が増えるのが嫌なの。」

あ、なるほど。






by Taseirap | 2015-09-18 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

自然災害が

昨日の栃木県の鬼怒川の堤防が決壊して、
市街地に水が溢れたニュース。

とても驚いて心配しております。

行方不明の人がどこかでご無事でいらっしゃいますように。

五十年に1度の大雨。
何年に1度であろうと、充分な備えが必要なのでしょう。
でも、まさかそんなことになろうとは、
普通に暮らしていたら、誰も思いませんよね。

今までは、自然堤を美しく思い、護岸工事は嫌いでした。
でも、昨今の自然の猛威の前では、命を守る方を優先しないと
いけないのかもしれません。

広島でも、昨年大雨による土砂災害で
たくさんの人が亡くなられました。
メキシコでニュースを聞いて驚き、とても悲しかったです。

被害に遭われたかた、あまり力を落とされず
助かったお身体を大切になさってくださいね。

ほんとうに大変ですね。





by Taseirap | 2015-09-11 09:16 | 日本からの便り | Comments(0)

How to use this blog

おそらく、みなさま私よりもブログを読みなれておいでだとは
思いますが、老婆心で今日は一つ
このブログの読み方(?)を、ひとくさり。

(とはいえ、私もいま一歩、よく分からないけれど。)

え~。
まず、メキシコについての情報が必要な場合は、
2015年4月までの記事をご覧ください。
2015年5月からは、帰国しておりますので、日本の記事がメインです。

なぜか、よく読んでいただいております
『メキシコのチップについて』
あれは、今までで最長の記事です。
他は、あれよりは短いはず・・・。
うんざりしないで、良かったら他のものもご覧になってください。

ちなみに、わたしが一番好きな思い出は ”シアン・カーン” なのですが、
自分でもどこにあるかわかりません。
そんな時は、ブログの右側の検索のところに”シアンカーン”と入れて
調べて・・・出てきません!
あれ?おかしいな~。
どうしてかな?

あ、わかった!!!
シアンカーン、と  を間に入れてなかったからだ!
(なんと、めんどくさい。)

・・・・・・・・・・。


あと、
一番下に”タグ”というのがあります。
このタグをクリックすると、そのテーマに沿った記事がドドッと出ます。

これから、日曜日は「お好み焼き」をテーマに書こうかと思っています。
え?いらない?(笑)

ひとたび「お好み焼き」のタグをクリックすれば、ズラーっと
お好み焼きの写真が出てきたら、とっても楽しくないですか?

でも、残念ながらまだ2軒くらいしか行ってないから、ズラーっとはいかないの。


あ、そうそう。
タグより大きい分類「カテゴリ」のことを述べてなかったですね。

例えば、メキシコについての一般的知識は、カテゴリのところの
”メキシコ基礎知識”をクリックすれば、出てくる(はず)です。

カンクン方面の旅行については、カテゴリの”カンクン”で。

とはいえ、大まかな分類で漏れもあるかも知れません。
おいおい直していく予定です。

また、情報の宿命 = 古くなります。
実情が変わったところも多々あるでしょう。
その辺は、
『このころはこうだったのか…。』
と、生ぬるい視点でお許しいただけたら幸いです。

特に、メキシコは物価上昇があります。
「このころはこれくらいだったのか~。」も、意味があると思いますので
間違っても
「あの!お値段が高いんですけどっ!」
と、殴り込みに行かないでください。


自分が力を込めて書いたところ以外の記事に需要があると、
うれしくもあり哀しくもあり。

台湾の『エバーリッチ免税店』なんて、なぜか多数読んでいただいているので
『あ~。お店の写真を撮っておくべきだった。』
と、反省したりして・・・。

そんな話をすると、主人は呆れます。
おこがましい、と。

・・・確かに。

めったに人の訪れない山の茶屋にロマネ・コンティはありません。


一隅を照らす、という目標から外れないように、
ひたすらマイナー路線で参ります(笑)








by Taseirap | 2015-09-09 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

戸惑ったこと

メキシコから帰って、はや五カ月。
すっかり 生き返った 普通に暮らしているものの、
わずかな不在の間に、見慣れぬものがいつの間にか
市民権を得ていた。

ひとつは、おにぎらず

おにぎりは手で熱々のご飯をむすぶけれど、
”おにぎらズ”だから握らないのね。
なんでも『クッキングパパ』と言う漫画に登場したらしい。

四角い大きい海苔の真ん中にご飯をのせて、
サンドイッチの具のようにおかずを入れて
四隅を中央に寄せる。そして、カット。
ご飯のサンドイッチの様でもあり、巨大海苔巻きの様でもある。

c0325278_11444617.jpg
海苔にはお塩もついています

c0325278_11455399.jpg
とりいそぎ、ツナマヨにおかかでも


不器用ものは、最後カットするのが難しかった。
ご飯の分量とか、片寄らないようにとか
技能の習熟が必要ね。


こどもが小さい頃は、普通の海苔1枚使って、
真ん丸 巨大なおにぎりを作っていました。
”爆弾おにぎり” と呼んで喜んで食べていました。

あのころのあどけない子は、いまはどこにもいない。
子どもなんて、毎朝生まれかわっているようなもの。
一日一日が大切だった、と今ごろ気づく。


あと、映画館の「夫婦50歳割引」にも驚いた。
どちらかが50歳以上のカップルなら、通常料金から500円くらい安くなる。

日本の映画館1,800円とかしますからね。
(ちょっと高過ぎませんか?)

窓口で年齢確認されることもあるらしいけれど、
「お連れの方は本当に奥様ですか?」
とは、聞かれないらしい。

50歳以上の夫婦、ふたりで映画?
・・・『おくりびと』 いやいや~。

実際問題、いまではなかなか趣味が合わないです。
私は、夏休みはポケモンばかり見てきたよ。
主人はユーチューブで、あれこれ意外とよく見ている。
(いつのまに?)

歩み寄りに一苦労。
先月は、トム・クルーズの『ミッション・インポッシブル』があったけれど
今月は何にしよう?





by Taseirap | 2015-09-04 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

シリアを想う

皆さまは、シリアに知人はおられますか?
私は一人います。

国立大に留学生で来ておられた男性です。
仕事関係で交流がありました。

さわやかで優しいお兄さんでした。

「シリアってどんな国ですか?」
と聞いたら (以下、全て日本語の会話)

「治安の良い国です。
 綺麗で史跡もたくさんあります。
 中東の方は独裁政権が多いけれど、シリアはわりと賢い人が
 政権を握っているから、安定しています。
 旅行に来てください。案内します。」

「どうして日本語科に入ったの?」

「シリアでトップの○○大学の工学部に願書出して、試験を受けたけれど、
 合格通知は文学部の日本語科できました。」

「えー、提出先を間違えちゃった?」

「絶対ない。
 たぶん、政権の子弟が入りたかったから、ぼくを動かした。」

「そんなことしたらダメじゃない!」

「うーん、でもそれはたまにある。
 ぼくのお父さんは新聞記者で前に普通の記事を書いたのに、
 政権批判だと言われた。
 それ以来たぶんずっとチェックされている。」

平穏時でそれですか?

日本で地震がおきたときには、すぐにボランティアで東北に
かけつけていました。
(本当は大学の許可がいるのに内緒で…。ちょっぴりおおらか)

シリアの騒動の初めは、よく覚えていませんが、彼が言うには

「小さい子どもが事故で亡くなって、捜査が曖昧だったから
 抗議のデモが起きた。
 それに対して、警察が乱暴で怪我人が出た。
 またそれに対してデモが起きたみたい。」

その次に会った時には、少しずつ火が大きくなる頃

「だんだん大変になってきた。
 ぼくの友だちもデモに参加して撃たれて死んだって。
 お母さんが昨日電話で言った。
 落ち着くまでしばらく帰ってくるな、って。
 兄が隣の国で医者をしている。
 だから、そこまで帰ろうかな。」

「お金はあるの?」
聞けば、翻訳のアルバイトで私たちよりはるかにリッチ。

「ずっと日本にいれば?」
「でも、家族や友人が気になる。」



今ごろ、どこでどうしておられるのでしょう?

イスラム教の国々にはイスラム教の教えとやり方がある。
でも、お話すると普通の日本のお兄さんと変わりません。
日本語は2年で覚えた秀才です。

ひとつのことをきっかけに、あれよあれよという間に豊かな国が崩壊してゆく。
どんなにおそろしいことか。

ニュースを聞くたびに、心配しています。


by Taseirap | 2015-06-26 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap