カテゴリ:秋田県の旅( 5 )

秋田のおいしいもの

買った新幹線の回数券が『東京ー秋田』なので、

「東京に帰る前に、少し足をのばして
秋田市まで行ってみましょうか。」
と、出かけてみました。

秋田駅に着くと、駅のコンコースで
民謡を歌っておられました。
わたしは子どものころから民謡が嫌い。
節回し、歌詞の内容。
『合わない。』と思っていました。

大人(も大人、スゴイ大人)になって聞くと
『あれ?意外と良いかも・・・。』

歌う人の声がきれいで、
歌詞の内容も明るい!
メキシコのマリアッチに慣れた耳には聞きやすい。

♪どんどんパンパンどんパンパン 
どんどんパンパンどんパンパン
どんどんパパどんどんパパ 
どんパンパン
  
うちの爺さん はげあたま
(突然のカミングアウト)
となりの爺さんも はげあたま
(個人情報の漏洩)
はげとはげとがけんかして
(刑事事件) 
どちらもけがねえで よかったね 
(中途半端に丸くおさまる)♪

シュール。


c0325278_22204693.jpg
市民球場 ならぬ『市民市場』

c0325278_22220770.jpg
海の幸、山の幸 宝箱みたいです


この市場の中には、お腹を満たす人気の食堂があり、
そのひとつ、支那そば屋さん。

c0325278_22234081.jpg
残念、まだ開いていない


もう一軒の市場内の食堂、
回転寿司に行きました。

日替わり寿司が、確か600円。

新鮮なお寿司は600円の味ではない。
衝撃的。
このお値段でこのお寿司が食べられるなんて!
秋田の人は幸せです。


いやしい我々はラーメンもあきらめきれず


c0325278_22300697.jpg
『末廣そば』

c0325278_22311534.jpg
こってり系


そして、夜は地元民おすすめのこちら。

c0325278_22324208.jpg
『秋田長屋酒場』


飲んでいると、なまはげも回って来てくれる楽しい居酒屋。
主人は
「仕事してっか?がりっと働けや。」
と、言われていました(笑)

秋田の地酒はもちろん、海の幸、山の幸。
豊かな郷土の味を堪能。

おそらく、秋田にはまだまだたくさん
おいしいお店があることでしょう。
名物稲庭うどんも捨てがたいですよね。

私たちは駆け足の市内ご近所味めぐり。
でも、大満足。

この気持ち、メキシコでお暮しの皆さまも、
うんうんとうなずいて
くださっていると思います。









  • by Taseirap | 2015-04-19 07:30 | 秋田県の旅 | Comments(0)

    乳頭温泉郷

    『元湯 水沢山荘』で、日がな一日ごろごろするという贅沢を味わっていたら、
    日頃は無精者の長男が ついに
    「本当に、どこにも出掛けないの?」

    衝撃!
    あなたの口からポジティブな(?)ことばが・・・?

    じゃあ、バスで山の上の乳頭温泉まで行ってみましょうか。

    c0325278_21242263.png
    遠くに田沢湖が見える。晴れたね。

    c0325278_21253079.png
    雪が2~3m積もっている


    乳頭温泉というと、有名な『鶴の湯』。
    http://www.tsurunoyu.com/
    バス停で『鶴の湯温泉入口』があったので、降りようかと思い
    運転手さんに、
    「バス停からはどれくらい歩きますか?」
    と、尋ねると
    「1時間はかかるよ。」

    ひえ~。聞いてよかった。
    道理で、旅館からの送迎バスが駅まで来るはずだわ。

    そのままバスに乗って、乳頭温線郷をめざします。

    乳頭温泉郷は、7つの宿 7つの湯。
    http://www.nyuto-onsenkyo.com/

    十和田・八幡平国立公園乳頭山麓の点在する7つの湯。
    それぞれが、源泉を持つ豪華さです。
    『鶴の湯』、『妙乃湯』、『黒湯温泉』、『蟹場温泉』、『孫六温泉』、『大釜温泉』、
    『休暇村乳頭温泉郷』。
    これらを回る”湯めぐり号”なるバスがあり、1500円で乗り降り自由だそうです。
    (私たちの泊まったところは、高原温泉にあたります。)

    バスの乗客の人の話によると、
    「わたしは休暇村に泊まっているの。ちょうど真ん中あたりだから。」
    「一日で7つの湯に入るつもりよ。」
    団塊の世代、むちゃくちゃお元気。

    さて、終点の乳頭温泉の周囲には、3軒の湯。
    雪道を歩いて回ります。


    c0325278_21432811.png
    大釜温泉

    c0325278_21424884.png
    緑がかった湯


    c0325278_21444080.png
    露天風呂


    続いて、歩いて3分の『蟹場温泉』。
    大きな露天風呂が有名。


    c0325278_21454341.png
    蟹場温泉


    c0325278_21470172.png
    内湯 (透明。岡山県の奥津温泉を思い出した。)


    いずれも甲乙つけがたし。

    もう一つの宿『妙乃湯』は、女性に大人気らしい。
    もちろん日帰り入浴可です。


    温泉よかった~♡
    また行きたい!













    by Taseirap | 2015-04-18 07:30 | 秋田県の旅 | Comments(0)

    元湯 水沢山荘

    角館から鈍行列車に揺られて
    『田沢湖駅』へ。

    ”駅前からバスが出ている”
    とのことなので、
    フラフラとバス停に向かうと
    夕方6時20分発
    『アルパこまくさ』行きが最終。

    危ないところだった。

    田沢湖駅前バス時刻表:
    http://ugokotsu.co.jp/wp1/wp-content/jikoku/latest/nyuto.pdf

    *『アルパこまくさ』は、温泉施設。
    駒ヶ岳登山の拠点にもできるそうです。

    スキー場で有名な『田沢湖駅』は、
    駅の時刻表を見たらほとんどが新幹線。

    駅前からは、乳頭温泉行きのバスが出ています。


    今夜の宿は『元湯 水沢山荘』。

    c0325278_13140176.png
    内風呂から外に出れば


    c0325278_13125531.png
    雪を見ながらの露天風呂


    白く濁った水色のお湯が
    冷えた身体にしみわたります。

    極楽。
    そして、静か。

    晩御飯は、地元の食材を活かしたお料理。

    c0325278_13164630.png
    この日は、自然薯の鍋

    c0325278_13172049.png
    地ビール


    あきたこまちがモチモチと美味しくて、
    男たちはお替りしていました。

    分葱のぬたや味噌、大根なます、
    こんにゃく。小魚の佃煮。

    『メキシコで食べたら400ペソ?。500ペソ?』
    ー 的な賤しい発想が浮かぶ中、
    久しぶりに息子と食べます。

    息子は、基本ザルのはずですが、
    親と飲むときは量を減らして飲みます。
    このあたりに若干いらだちを感じる母です。

    (日頃の生活がばれるのを恐れているのでしょうか?)

    翌日の朝ごはんは、洋食と和食が選べます。

    c0325278_13200872.png
    「和食で!メルシー。」


    いぶりがっこ、美味しいですね。
    納豆も西日本とは一味違うおいしさです。

    秋田の大ファンになってしまいました。



    ☆ 『元湯 水沢山荘』
     秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73‐10
     ℡:0187‐46‐2341

    * 宿までは、駅からバスで30分くらい。
    水沢温泉郷バス停前、下車。
    目の前。(510円)。

    (駅⇒水沢温泉⇒アルパこまくさ⇒
    乳頭温泉のルートは、約1時間のバスの旅。)


    *田沢湖スキー場まで5分

     
    効能:
    高血圧、動脈硬化、循環器疾患。
    痛風、糖尿病、慢性皮膚病、
    慢性婦人病、きりきず。
    神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、
    打ち身、くじき、痔疾、
    冷え症、疲労回復。














    by Taseirap | 2015-04-17 07:30 | 秋田県の旅 | Comments(2)

    角館早春

    角館、三月の終り。早春というよりも、冬。
    あこがれの武家屋敷にしだれ桜、雪にうずくまる。
    『やっぱりね。』

    角館の桜は、4月下旬から5月上旬がみどころです。

    とりあえず、蕎麦。


    c0325278_21141080.jpg
    凍えた体にちょうど良い(『角館そば』)


    日本で友人から
    「ブログに食べ物がやたらと出てくる。」
    「『あんなに食べたらお腹をこわす。』って、うちの母が心配している。」
    と、言われました。

    え?そうですか?

    他の人のブログをあまり読む時間がないので、自分では気がつきませんでした(笑)
    そうなんだ~、食べ物記事が多いでしょうか?
    食いしん坊がすぐばれますね。

    では、食べ物以外も・・・。

    c0325278_21214137.jpg
    おひなさま

    c0325278_21223475.jpg
    こちらのお雛様は、立体ではなく平面です

    c0325278_21251348.jpg
    角館の武家屋敷を散策

    c0325278_21262091.jpg
    そして買い食い(こらっ)

    c0325278_21274513.jpg
    こちらは、青柳家(だったはず)

    c0325278_21300660.jpg
    立派なかいまき布団

    掻巻(かいまき)とは、袖の付いた着物状の寝具のこと。
    綿が入っているので、保温性に富むらしい。
    これをどのように着て寝るのか、布団のように掛けるのか、
    あるいは普通に着て、お腹の上で着物の前を合わせるのか、家族で会議。
    答えは出ない。(無知な一家)

    後日調べたら、柄が上になるように掛けて寝るらしい。
    でも、寒い地方では帯を巻いて使用することもあったとか・・・。

    青柳家は、とても広く敷地内に川が流れ、寒さに震える桜の木が何本も。
    さぞかし、春には見事なお庭でしょう。
    今は雪が積もっておりますが。

    では、鈍行列車に乗って田沢湖駅まで、参りましょう。

    c0325278_21403988.jpg
    きれいなグリーンのシート

    c0325278_21423527.jpg
    残照に少しずつ茜に染まりはじめる秋田の山並み















    by Taseirap | 2015-04-16 07:30 | 秋田県の旅 | Comments(0)
    卒業式も終わったので、卒業記念の家族旅行へ。
    二男は拒否したので、長男と3人です。

    思えば、高校生のころからか
    「家族と旅行なんてもう嫌だ。」
    と、言い続けていた息子たち。

    長男が大学1年生の時に
    「まあ、いっても、これが最後じゃない。」と言いながら
    アメリカに行きました。
    本当にそう思っていましたが、二男は受験旅行も一緒に行き
    昨年はメキシコまで来てくれ、
    今回久しぶりに長男と秋田に温泉旅行。
    期待しないと、意外とチャンスはあるものですね。

    秋田行きの新幹線”こまち”。
    上野駅から乗車です。


    c0325278_09111503.jpg
    禁断の地下のプラットホームへ降りていくと

    c0325278_09123956.jpg
    新幹線がどんどん来る!!!「はやぶさ」

    c0325278_09331765.jpg
    赤いのも来た!!! 「こまち」


    c0325278_09140746.jpg
    豊かな東北新幹線のラインナップ


    c0325278_09152214.jpg
    「はやて」 ドアが開いてる。乗っちゃいたい♡


    東北新幹線は、全席指定席。
    これはとても楽で良いですね。
    気になるお値段は、あれこれ考えましたが、3人なら
    新幹線回数券(6枚つづり)が一番安かったです。

    私たちが乗った新幹線は、途中の盛岡まで青森新幹線と連結。
    盛岡で切り離して、秋田へ向かいます。
    新幹線がふたつ繋がっているという夢のコラボ。
    連結部分の写真を撮りに行きたかったのですが、時間がなく撮れませんでした。
    残念。


    c0325278_09211099.jpg
    シートは広々

    c0325278_09220610.jpg
    上部の荷物スペースも広々


    c0325278_09230775.jpg
    ドアにはアキタコマチ

    c0325278_09240981.jpg
    スーツケース用の保管場所もありました

    c0325278_09254681.jpg
    車窓からの景色が

    c0325278_09265006.jpg
    雪深くなると

    c0325278_09281298.jpg
    角館駅に着きました

    c0325278_09290389.jpg
    新幹線の着くホームの隣りには一般の車両

    c0325278_09300809.jpg
    駅構内の雪かき道具

    北国で列車運行を支える努力は大変なものでしょうね。

    c0325278_09313474.jpg
    名物のしだれ桜も寒そうです
















    by Taseirap | 2015-04-15 07:30 | 秋田県の旅 | Comments(0)

    メキシコと日本の暮らし


    by Taseirap