Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
カテゴリ:島根県( 7 )
島根県の旅 プラン
お隣の県、島根県には何度も旅行しました。
日帰りでも行けます。
広島県からは、3時間もあれば
松江に着きます。
広島駅北口からバスも出ています。

ガイドブックによれば、島根県は
『石見(いわみ)』『出雲』『隠岐(おき)』
と、大きく捉えられるそうです。

私たちは、出雲エリアを訪れました。

島根県の"おすすめ夏の出雲2泊3日"
公共機関利用 のコースは、

1st day

『出雲縁結び空港』着
8:35 出雲大社方面へ向かう(by bus )
(1時間21分  ¥1190)
10:00『古代出雲歴史博物館』
11:30 ランチ;出雲そば
13:00『出雲大社』
 (『門前通り』散歩)
15:06『一畑電車』乗車松江方面へ
15:30『雲州平田駅』下車
 (酒蔵、醤油蔵など散策)
16:25 一畑電車乗車 (40分 ¥670)
17:05『松江しんじ湖駅』下車
17:30『島根県立美術館』
美術館の喫茶室から見る夕陽。
外の公園に『宍道湖うさぎ』のモニュメント。
湖から2羽目のウサギが縁結びのうさぎ。
→宿泊地へ

(ご注意)夕日の時間。
夏は19時、冬は16時半。
『どうしても宍道湖の夕陽を!』
となると、美術館のホームページでcheck。


2nd day

9:00『松江城』
10:30『塩見縄手』武家屋敷のならぶ城下町
12:00 『京町商店街』ランチ
(縁結びゲッターとしては、『カラコロ大福』、
『ハートのパワーストーン』、『ハートの石畳』
を探す。)
14:00 『ぐるっと堀川めぐり』
(舟で松江の堀川を巡る。結構楽しい。)
15:00 和菓子でお茶の時間

c0325278_07433724.jpg

『松江駅』→『玉造温泉』
16:30 『玉造湯神社』
17:00 『玉造温泉』宿泊地へ。
(足湯や散策など)


3rd day

10:07 『JR木次駅』
(トロッコ列車『奥出雲おろち号』乗車。
4月から11月の(金)(土)(日)(祝)。夏休みは毎日運行。)
11:06『出雲横田駅』下車。¥560
(ここから、自転車利用)
11:30 『稲田神社』
(ランチは『姫のそば ゆかり庵』)
13:00 『奥出雲たたらと刀剣館』
14:25 『出雲横田駅』(トロッコ電車)
16:15 『JR木次駅』下車
(『おろち湯ったり館』で入浴して帰路へ。)



とても盛りだくさんですね。
さすが夏プラン。

でも、冬はすぐに暗くなります。
トロッコ列車も走りません。
寒い地方なので、温泉でまったりがおすすめです。





More
by Taseirap | 2016-12-29 07:30 | 島根県 | Comments(0)
うに丼の『花房商店』
出雲の日御碕灯台は、ドライブやバイクの
ツーリングに人気。

c0325278_18021431.jpg

山道が適度にくねくねしていて、楽しいです。

駐車場は、上の日御碕灯台の観光案内所に、
65台と175台。
下の日御碕神社にもあります。

遅めの昼御飯は、『花房商店』で。
同行の娘さんは、少し驚いて
「ロコ?」

yes!
ローカルなシーフード料理ですよ。

c0325278_17572134.jpg
灯台の駐車場から少し海よりにおりました


c0325278_18011039.jpg
そうそうたるお品書き


c0325278_18032545.jpg
ウニ丼 キター!


c0325278_18041577.jpg
アワビのバター焼き


c0325278_18083347.jpg
煮魚はノドグロ




大満足。



☆『花房商店』
島根県出雲市 日御碕灯台の近く
TEL:0853-54-5126





by Taseirap | 2016-12-28 07:30 | 島根県 | Comments(0)
縁結びの旅 ③
週末旅行は、1泊2日。

松江は歴史ある城下町。
行きたいところがたくさんあります。
でも、今回は"縁結び"というテーマで巡ります。

二時間半のタクシーコースでは、
松江駅から『玉造湯神社(玉造温泉)』へ
『おしろい地蔵』
『八重垣神社』
宍道湖湖畔、県立美術館近くの
『縁結びうさぎ』
『カラコロ工房』(松江城近く)
『京店通り ハートの石畳』
と、盛りだくさん。

二日目の私のコースは、玉造温泉の
『玉造湯神社』からスタート。
湯氏という武将の城跡にたつ神社だそうです。

c0325278_14305945.jpg

階段の下の社務所(?)で、『叶い石』を頂いて

c0325278_14352313.jpg

作法をよく読んで、
c0325278_14360433.jpg

本殿 右側の泉で、石にパワー注入!
貴方のパワーストーンができました。

c0325278_14424593.jpg


願い事、氏名、住所を複写紙に書いて、
正面のポストに入れます。
まとめて宮司さんが、神様にあなたの願いを
お取り次ぎして下さるそうです。


c0325278_14334287.jpg

お祈りしたら、お守り袋に
お清めした石と願いの紙を入れて、
それは持ち帰ります。

流れる『気』の良い神社でした。
(うまく邪気を払えたでしょうか?)


それから『出雲大社』へ。
(車で1時間)

c0325278_14325580.jpg

c0325278_14331756.jpg
結婚式されてる
おめでとうございます



そして、『日御碕(ひのみさき)』へ。
(大社から15分~20分)

c0325278_14382652.jpg
高いところに、人影が見える



ランチは、日御碕の隠れた名店『花房』で。
(明日詳しく)

『日御碕神社』

c0325278_14411293.jpg

c0325278_14413829.jpg

と、回って帰路につきました。




by Taseirap | 2016-12-27 07:30 | 島根県 | Comments(0)
縁結びの旅 宿の晩御飯
さて、お楽しみの晩御飯。


c0325278_13481319.jpg
先付け

鮪の燻製 好きかも… ( 〃▽〃)


c0325278_13483625.jpg
お造り

さすがのモチモチ感


c0325278_13490042.jpg
炊き合わせ


c0325278_13491740.jpg
松葉がには、かに酢で


c0325278_13502419.jpg
鍋物 鰻と冬野菜

牛蒡が面白い食感。


c0325278_13504980.jpg
これはすごく面白い一品
雑穀麺(トマト風味)

今まで食べたことのない味は、嬉しい



c0325278_13515013.jpg
島根牛


c0325278_13522616.jpg
鯛茶漬け


c0325278_13555654.jpg
デザート 



お腹がいっぱい どころか、3倍。


朝ごはんも、卓上コンロで干しカレイが焼けたり、
品数も多く、素晴らしい。

(飲み物は、ちょっとお値段張りすぎの気がしますが…。)

大満足です。


玉造温泉には、人気の星野リゾート『界 出雲』もあります。

旅館やホテルが多いので、選択によって
様々な表情が楽しめそうです。


by Taseirap | 2016-12-26 07:30 | 島根県 | Comments(0)
縁結びの旅 ②
さて、旅の初日に訪れたのは、

足立美術館(安来市)

c0325278_17331292.jpg


c0325278_13424050.jpg


雪が少し残っていました。
外国の人は、入場料半額。
韓国からの修学旅行、中国の団体旅行も
来られていました。

九州の福岡空港を玄関口とすると、山口、島根は近いです。


それから、松江市に移動して
八重垣神社、松江城。

山陰の旅は、車が便利です。
駐車場は余裕でありますし、運転もさほど
難しくありません。
(雪道になると、また別ですが…。)

電車好きの方は、『一畑電鉄』『山陰本線』。
廃線が決まった『三江線』。
(広島の三次と島根県江津を結ぶ110㎞)
味わい深いです。


c0325278_13432182.jpg
国宝 松江城


c0325278_13464642.jpg
宍道湖が見えます

冬は5時に締まります。
また、こちらも 外国の人は入場料半額。

武者姿のスタッフさんが、声をかけてくださり、
楽しいです。
結婚式の前撮りのカップルさんもおられました。

縁結びの旅、盛り上ります!



ドライブに疲れて、お茶の時間 (at たちばな)

c0325278_13453595.jpg

そして、お宿に。

玉造温泉です。

c0325278_13545500.jpg
川沿いに桜の古木


c0325278_13533821.jpg
曲水の庭 ホテル玉泉


玉造温泉は美肌の湯。

とてもツルツルになりました。
働く男性スタッフさんも、お肌ツルツル。

c0325278_17480489.jpg

川沿いに足湯もあり、お散歩は最高です。


さあ、晩御飯だ。





by Taseirap | 2016-12-25 07:30 | 島根県 | Comments(0)
縁結び 島根たび ① 八重垣神社
それは1枚の写真から始まった。

小さな祠。
出雲(島根県)の八重垣神社。
年若い友人が、ここに行きたい、と言う。

c0325278_12050532.jpg


八重垣というと、思い出すのは、
やくもたつ いずもやえがき つまごみに
やえがきつくる このやえがきを

『古事記』の須佐之男命(スサノオノミコト)の
日本初といわれる和歌(57577調)。

"八雲たつ"は、出雲にかかる枕詞で、
八重(たくさん)の雲が次々とわき起こる様子を
表現しているそうです。

「雲が幾重にも立ち上る」といわれる出雲の地に、
八重垣を巡らすように、雲が立ち上る。
妻を籠らすための宮に、私の作った幾つもの垣。

八重垣神社の言い伝えでは、
八岐大蛇(やまたのおろち)に狙われた
稲田姫命(いなたひめのみこと)を、
大杉で八重垣を作って隠し、
8つの酒桶に強い酒を入れ、酔った大蛇を退治。
二人はめでたく結婚した、というもの。

八重垣神社は、縁結び、夫婦和合、子授け、安産の
ご利益があるそうです。

師走のある日に、妙齢の娘さんと一緒に、
『出雲縁結びご利益getの旅』
に出かけました。

神社にたどり着けば、ひなびた山あいに、
若くお洒落なお嬢さんがいっぱい。

c0325278_12102786.jpg


ハッと気がつく。
御朱印帳忘れました‼ (T^T)
(忘れてばっかりで、全然集まらない。)

素敵な神社で、空気が美味しい。
悲しい気持ちが、さっぱりします。

裏手に『鏡の池』があり、社務所で紙を求めたら、
池で硬貨をのせて浮かべます。
占いの文字が浮かび上がるとともに、早く沈めば
早く願いが叶うそうです。
また、紙が遠くに流れて沈めば、遠くにご縁があり、
近くで沈めば、近くにご縁があるそうです。

c0325278_12132910.jpg


いつまでも沈まない紙が、1枚浮いていました。
浮かべた人の姿もありませんでした。

また、この辺りが姫様が隠れた八重垣跡です。
言われてみたら、はい。
大蛇(おろち)出そうです。

また、境内には、夫婦椿が3本もあります。

c0325278_12195217.jpg

2本の椿が、絡まって1本になっています。

1本で自立して生きる力のあるもの同士でないと、
2本で共生はできない気がしますが、
もぅこんなんなっちゃったら、
お互いが元気でないと、共倒れですわ。

身につまされます。

椿は、資生堂の『玉椿』の発祥にもなっているそうです。


若いお嬢様も男性も、
ご縁というのは、
『あれば良い』
というものではないようです。

悪縁だってある。

無駄に時間つぶしのような恋愛をしないで、
明るい未来がひらけるように。

スサノオノミコトのような
姫を守って八重垣まで作って、
大蛇と戦うような男性と、良縁がありますように。

実際、神様なのに
「やえがき、やえがき。」と繰り返す。
まるでスポーツ選手のお立ち台のようなヒーロー。

「お前、ここに入れ!」
と、鬱蒼とした森の大杉をバサバサ伐って、
閉じ込められる姫。

蜘蛛の巣や、虫もたくさんいたんじゃない?
八重にも囲われたら、息もしにくいよね。

おろちとの戦いは、長時間。
気持ち悪い音や、血生臭い匂いもしてくる。
恐怖と心配はいかほど?

でも、そんななか、
無関係の自分のために
命懸けで戦ってくれる若い男性に、
感謝と共に 別の感情も浮かんでくる。


ここ出雲では、神話は実話。
愛は戦いだった。


ー などと、ざれ言はともかく、

神社というところは、
『神様に祈って、助けていただく』
と、同時に
『自分の希望や意思を明確に意識する場所』
であると思います。
祈りは 同時に目標です。

自分の心の旗を大きく振って、幸せを見抜く目を
しっかり見開いてくださいね。






☆『八重垣神社』
島根県松江市佐草町227
9-17時
JR松江駅からバスが出ています。














More
by Taseirap | 2016-12-24 07:30 | 島根県 | Comments(0)
ここはどこ?
外国人の友人から、
「ここに行きたいです。どこか分かりますか?」

c0325278_16295542.jpg


んー。
どこなの ここは?
雪があるわね。
わ、なんだこれ!
お嬢さん、なに繁々と見ているの。

・・・熱海かしら?

いやいや、よく見たら 神社の名前がある。
ヤエガキ シュライン … 八重垣神社ですか?

島根県松江市の有名な縁結びの神様。
love の power spot ね。

なんだか、どうも変な感じになるのは、
気のせいかしら?

リクエストにより、もしかしたら
松江方面に『縁結びガールズ旅』を、するかも知れません。

冬に向けて、蟹と温泉も付け加えたい。
蕎麦も入れましょうか。

食い気が勝れば、色気は遠ざかる。
それはマズイわね。

外野は
「ガールって言うな!」
と、細かい事にこだわる。

貴方の叔母様から、
「69歳で山ガール デビューです。」
熱いLINEがきましたよ。

先輩女性達と楽しそうな写真。
可愛い笑顔。


「人里離れた山の中。とっぷりと日がくれる。
寒くなってきた。早く帰ろう。
そんな時、ふとどこからともなく現れた女性。

疲れきった小さい声で、『こんばんは。』

お、山ガール♪ と誰が思うか?
腰抜かすほど、恐いで。まるで…。」



叔母様、恩知らずがここにいます。






by Taseirap | 2016-11-07 07:30 | 島根県 | Comments(0)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
そうなのですか! 知ら..
by Taseirap at 22:06
うわおー!! 当選おめ..
by ティラミス at 11:23
良いですね~。 的場は..
by Taseirap at 06:51
あの、五十六さんですよー..
by tmyooon at 23:46
爆笑 ((o(^∇^)o..
by Taseirap at 10:12
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ある晴れた日に
at 2017-06-27 07:30
食べ比べ3種 もち菓子のかし..
at 2017-06-25 07:30
『Cafe mame茶』 a..
at 2017-06-24 07:30
晴れ間の梅雨に
at 2017-06-23 07:30
人生初のコピ・ルアク
at 2017-06-22 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧