Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
カテゴリ:日々の暮らし( 206 )
薄い財布 『abrAsus(アブラサス)』
次男へ、就職祝いに、お財布を贈りました。

薄い財布『アブラサス』。
前から気になっていたんですよ~。

c0325278_13025467.jpg


学生時代の長財布は、使えないので、
「なんかない?」
と、本人も気にしていました。

「古いヴィトンと、キタムラならあるよ。」
「ほんとに古いなぁ。」
「手入れしたら、良い感じよ。たぶん。」
「…。」
と、話していたところに、ピンポーン。

あ、間に合った!
藤巻百貨店からお届けもの。

c0325278_12520057.jpg

薄いけれど、お札は15枚。
カードは5枚。
小銭は、15枚入ります。
(小銭は、買い物の度に小銭を使えば、
理論上999円を越える事はほとんどない。
だから充分…なはず。)

全部入れても、厚さ13㎜。

さあ、入れてみよう!


c0325278_13003077.jpg

あー、1200円しかありません (T^T)






More
by Taseirap | 2017-04-04 07:30 | 日々の暮らし | Comments(2)
卵を使って
この前、テレビで広島のお好み焼き屋さんが
「うちは、卵に一工夫してるんです。」

溶き卵二個に、青ネギ。
それをジャーと鉄板で焼いて、マヨネーズを
ぐるぐると3周くらい入れて、焼く。
で、麺や野菜の焼いた上に乗せる。

ちょっとやってみよ。
卵のところだけ。


c0325278_10233989.jpg

ニトリのスキレットで。
(グリルの魚焼くところにも入れられる仕様)

あまりのマヨネーズの多さに、お好み焼きのソースは
びびってかけられず、お醤油にしました。
味のつなぎに鰹節。

玉子焼き。
の、少しこってり味。


あ、でも。
カロリー気にせず、やっぱ お好みソースがよかったかな。


by Taseirap | 2017-04-03 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
びっくり
長男の友人が、研修先のタイで
タガメを食べて、猛烈な腹痛にあっている頃、
息子の東京の荷物を広島に送りました。

中2日で届くそうです。

早いよね~。

と、届いた物は ん?
女性のもの。

「あー、これは僕の物ではありません。」
「えー!」

なんと、荷票がつけ間違い。
うちの引っ越し荷物は、いずこ?

「島根に行ったかも知れません。」
「長野かもしれないです。」

どこに行ったかね~。

どうも、長野だったらしい。

次も、中2日か3日で届くみたい。
大手の引っ越し業者さんでも、そんな事もあるのね。


ヤレヤレ。
長男の手伝いにと、母と弟もやって来たのに、
結局一日ムダにした。

弟が、カレンダーをみて、ボソッと
「兄ちゃん、今日は仏滅じゃ。」

タガメ男にも、とどいたのだろうか、
仏滅。

「でも、明日は大安で。
仏滅の次の日は、だいたい大安なんよ。」

c0325278_09302569.jpg



by Taseirap | 2017-04-02 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
神戸 三田プレミアム・アウトレット
雨の平日に立ち寄ってみました。
神戸の三田のプレミアム・アウトレット。

c0325278_12072529.jpg

広い敷地に平屋の店舗。
どこかに似ている。

ロサンゼルスのアウトレットモールだ!

説明には、
"ロサンゼルス市郊外の高級住宅地「パサディナ」を
モデルとした、大人の街並み。
近畿地方はもちろん、西日本最大の店舗面積を誇ります。"

210もお店があるのね。
お天気のせいか、さほど混雑していません。
外国語も聴こえてくるね。

家族は、スーツや衣類をゲット。
パンツの長けも、アウトレット内の
リフォームショップで、一時間でお直し。


私は、こちらを。

c0325278_12105012.jpg
フランフランで、
珪藻土のバスマット(3265円)と、
洗濯ハンガー(1296円)。

ハンガーは、ワンタッチでパッと外せる。
夏場はシャツをよく洗うので、助かるわ。

家族は
「そんなん 要らんじゃろ~。」

しないから分からない、それが家事と勉強。



次はもう少しゆっくり見たいわ。
落ち着いていて、ここはなかなか素晴らしい。
ホームファッション系も充実している。


ロイヤルコペンハーゲンのコーヒーカップの
ソーサーが割れたのだけど、
皿だけ売ってくださいませんか?





☆『神戸三田プレミアム・アウトレット』
http://www.premiumoutlets.co.jp/m/kobesanda/
兵庫県神戸市北区上津台7-3
10:00-20:00


by Taseirap | 2017-03-31 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
なんの木の蕾やら
随分前になりますが、お友だちと行った
『トレッタみよし』で、伐り枝を買いました。

c0325278_21551073.jpg

固いつぼみが付いていて、
「なんの花かしら?」

誰も分からず。

「マンサクじゃない?」

「妙に緑よね。」

「サクラだったりして!」

「違うと思う。」

なぜかサクラはキッパリと否定される。

「レンギョウに違いないわ。」

と、レンギョウ説最有力。

よく行き先の分からない
"シークレット・ツアー"
なんてありますが、シークレット木の枝。


その答えは・・・咲いたっ

c0325278_21410453.jpg

なに?

c0325278_11412876.jpg

白梅かな、山桜かな?


万葉集(3-392)
ぬばたまの その夜の梅をた忘れて
 折らずに来けり おもひしものを

大伴百代(おおとも の ももよ:男性)

古今和歌集
春の夜の 闇はあやなし 梅の花
 色こそ見えね 香やは隠るる

凡河内躬恒 (おおしこうち の みつね)


と、夜の梅は香るイメージがあり、
夜中に目が覚めたら 側まで行きますが、
全然です。
サクラモドキ?
プラムの花?


c0325278_12481156.jpg

よく知った人に尋ね回れば、やはり
さくら だと。

梅とサクラの区別もつかない わたくし。
馬鹿ではなく、桜梅とでも名乗りましょうか。

(理由を知らなければ、すごく驕ったような名前。)


後ろの額装の書は、友人の筆。

長男は3月初旬に生まれたので、
「産院に入院したとき、近くの畠の菜の花に
なごり雪が積もっていたのよ。」
と、話したら
「古い歌集に、菜の花に雪が積もる景色を詠んだのあるよ。」
と、書いてくださいました。


我が家の宝物のひとつです。





by Taseirap | 2017-03-21 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
浮き世風呂
とある温泉の脱衣場で、
ご年配の奥様方がお話しされていた。

「あー、やっぱり温泉は良いですね。」
「ほんとうに。」
「どちらから来られたの?」
「車で一時間くらいかしらねぇ。」

具体的な地名を言わない、上手いかわし。

「そう。私は○○よ。」

個人情報なんて気にしない時代のおおらかさ。


「温泉はよくいらっしゃるの?」
「私はね、日本はあまり知らないの。
ハワイとアフリカばっかり行っていたから。」

アフリカ?
どうしてハワイとアフリカ?

相手の奥さまは何も聞かれない。
私の聞き間違いかな?

「昔から、ハワイとアフリカしか行かなかったの。」

繰り返された!
やっぱりアフリカだ。
アフリカにどうして行ってたの?
アメリカの間違いかな?
気になる。

「それにしても、あなたきれいな髪ね。」

違う第三者に声かけてる。
私のアフリカ問題はどうなる?

「ありがとうございます。
私は昔から若白髪で、中年期から髪が薄くなって、
どうしようと思っていたけれど、
『リアップ』を使いだして 増えたのよ。」

「きれいな白髪よね。」
(繰り返す傾向あり。)

「大正製薬の『リアップ』よ。
「え? ルアップ?」

微妙にフランス語に寄るあたり、やっぱりアフリカだろうか。

そのマダム・リアップに、別の奥さまが話す。

「▲▲さんね、春から家で赤ちゃんの守りするんだって。」
「まあ。どこの赤ちゃんを?」
「孫の子ども。お母ちゃんが働いているから。」
「奥さん、80過ぎでしょう?
それで、ひい孫の子守りするの?」
「そうよ。あそこのお嫁さんも、働いているから。
『私は、孫はみれません。』ですって。」

「まあ、どうしたひどい話ね!誰が悪いんね。」

さあ。
誰じゃろ ┐('~`;)┌


それにしても、女性はいつまでも
子守りをしないといけないのか。

▲▲さん。
よほどの子育て上手なのか、
優しいのか、お元気なのか。

まだ赤ちゃんだから、
『ひいお婆ちゃんと一緒に、ゆっくり寝ておきなさい。』
的な?

可愛いけれど、ハイハイしだしたら、
目が離せないですよ。

でも、逆に 仕事を任されて
ひいお婆ちゃん、若返っちゃうかも。
赤ちゃんは、可愛いし、柔らかいし、最高よね。

泣いても耳が遠ければ、聞こえないわ~。
好都合。


c0325278_22102889.jpg

ひとくち春ういろう

桜餅&草餅
餅文総本店(名古屋)






by Taseirap | 2017-03-16 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
鑑識さんになったつもり
今の若い人が求めるもの
愛? いいえ。
(じゃないかもしれないけれど、いいえ。)
友情? いいえ。
(じゃないかもしれないけれど、いいえ。)

電波と電気です。

息子の引っ越し荷物も、ケーブル、ゲーム機、ゲームカセット。
随分 増殖したのね。
勉強道具はあまり無いわね。

あの長くて、ごちゃごちゃしたものたち。
何に使うんだか、邪魔だわ。
ホコリにまみれた姿が鬱陶しいから、雑巾で拭いて
ジプロックに入れました。
ひとつずつ。

ついでに指紋も拭き取りました。
(鑑識失格)

c0325278_10533341.jpg

必要なものから出して、使っているようです。

次は、主人のわけの分からないケーブル類です。



by Taseirap | 2017-03-15 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
どでかハンバーグ
ふと
『ソーセージみたいなハンバーグは、
おいしいかも?』
と、思い付き、作ってみました。

新玉ねぎは、甘いので炒めないで
そのまま入れる。
にんにくと生姜。
パン粉は使わず、食パンを1枚。
ハーブや胡椒はかなり多目に。

ところが、ビニール袋に入れて、
絞りだそうとしたときに、
切り口を大きくカットしてしまった!
うわっ。
かたまりで出た。

くー。
意味なし!

ソーセージ風の渦巻きの凸凹を作るはずの表面が、
なんの事ない ただの塊。

仕方ない。
フライ返しでペタペタ叩く。

『こりゃ、スペイン語の"パペル"だわ。』
スペラマのお肉屋さんのおじちゃんを思い出す。
お兄さんだったかもしれない。


c0325278_18144528.jpg


自家製ソース というほどでもないけれど…

c0325278_18224374.jpg


ケチャップとおたふくお好み焼きソースが、半々。
それに、少しウスターソース。
パセリ。

家族は特に文句を言わないから、
まぁ良いのでしょう。
慣れって怖い。

味にうるさい息子に、
「ソーセージ風に作りたかったんよ。」
と、話をしたら、
「はぁ。だから、セージがきつめか。」
「渦巻き状に焼きたかったんよ。」
「全然違うの。」

主人は食べ物について何も言わないから、
感想が珍しい。
全く誉められないけれど。




by Taseirap | 2017-03-10 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
2度目の旅
BSのNHKで、『2度目のシンガポール』をしていた。

前に、『2度目の台湾』なんかも放送していて
凄く面白い番組。
"3泊4日、予算は三万円"なんて、制限もある。

さあ、どこへ行く?
なに食べる?
お土産は、スーパーで調達だ。

かなり、外国人の旅に近い。

紹介される国は、ことごとく行きたいけれど、
今 興味があるのは、ここ!

c0325278_11425730.jpg


シンガポール。

お友だちが、新婚旅行で行った。
30年近く前だけど。

「結構遠い。」
と言っていた。
「きれいだった。」
とも。

バリ、ベトナム、ニュージーランド、スペイン
にも行きたいけれど、
シンガポールを勉強しましょ。


すっかり行った気になるまで。


by Taseirap | 2017-03-08 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
安い食パンにハマる
しっかりした主婦友だちと、食パンの話になり
「嫁ぐ時に、実家の母が
『食パンひとつでも、120円のもあれば、
180円のもある。
多少 味は違うかもしれないけれど、
お腹の膨れは一緒。
高価なものにはすぐ慣れるけれど、
暮らしのレベルを落とすのは難しい。
これからは、旦那さまのお給料で暮らすのだから、
"チリも積もれば山となる"で、
分相応の生活をしなさいよ。』
と、言われた。
だから、あんまり高い食パンは買わないの。」

偉い!
凄いなー。
結婚のスタートから、心がけが違ったのね。
子どもさんたちは、ほぼ国公立。
長じて、固い職業につかれた。
素晴らしいなぁ。

うちの親は、
「安物買いの銭うしない。
"安い"を理由に買ったらだめよ。
食べ物をケチって、病気になったら、
笑われますえ。」

それもそうだけど、節約は大事だしなあ。
遅まきながら、うちも少し方針転換。

お店の安い食パンをもとめて、てくてく。

c0325278_12023792.jpg

やった!
食パン、100円切りました。

c0325278_12033502.jpg

バターを乗っけて、焼く。
なかなか 美味しいです。

以来、スーパーの下から2番目のラインを攻める。
不味くって食べられないのは、まだ出会わない。
さすが、日本。

でも、どうしてかな?
最近、家族が食パン食べない…。



ところで、パンといえば、
長男が中1のとき、学校(男子校)で
「おうちで、お母さんがパンを焼かれる人?」
と、尋ねられ
クラスの子がほとんど挙手。

うちも、ちょうど凝っていた時で、
『他所さまもそうなんだ~。』
と、親しみを覚えた。

と、同時に
『あんまり手抜きして育てたら、なんだかいけない雰囲気ね。』
少し気持ちが引き締まった。

『"勉強しなさい"というよりも、
学生生活に元気出して向かえるように、
家庭で応援してやらないと、お兄ちゃんが可哀想かも。
親も生活のお手本にならなくっちゃね。』
な~んて思った。


いまは もう大きくなったから、
子どものお手本にもならなくて良いし、
ほんとうに気楽です。
(お手本にも なれなかったけれどね。)





by Taseirap | 2017-03-06 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさま 主人がよろ..
by Taseirap at 17:03
はじめまして。 温かい..
by Taseirap at 23:54
鰻重! が、なかった?..
by Taseirap at 14:26
万作!私たちも参りました..
by ティラミス at 09:46
そうなのですか! 知ら..
by Taseirap at 22:06
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ミニヨンの『瀬戸内 レモンケ..
at 2017-07-27 07:30
ミルクティ
at 2017-07-26 07:30
海老風味枝豆
at 2017-07-25 07:30
『あみ焼館』ランチ(西条)
at 2017-07-24 07:30
夏休みがはじまった
at 2017-07-23 09:11
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧