カテゴリ:こどもたち( 72 )

八朔を剥いて待つ

結婚したてのころ、社宅に住んでいました。

社宅というと、窮屈な印象があるかも知れませんが、
私は楽でした。

車の運転が下手で、入居してすぐに
サイドミラーを壁にぶつけてしまいました。
グラグラになったので、
ガムテープでグルグル巻いて固定しました。

その一部始終を、ベランダから目撃され、
御近所の奥さまに すぐに本性がバレました。
以来、可愛がってもらいました。

「もっとしっかりした人かと思った。」
と、よく言われました。

ところで、
歳上の奥さま方には、
幼稚園や小学校の子どもさんがいます。

午後のお茶会をしていると、
皆さん、突然八朔を剥き出す。


c0325278_17010693.jpg


???
つられて、剥く。

すると、子ども達が
「ただいまー。」
と、帰ってくる。

よその子も、
『うちの母ちゃん、今日はここだろう。』
と、勘で帰ってくる。
(笑い声が聞こえたらしい。)

手を洗って、お母さんやおばちゃん達の
剥いた八朔を食べる。

「今日、宿題多い~。」
「マラソンの練習した。疲れた~。」

子ども達は思い思いの事を話し、
お母さんは
「へー。」とか「まあ。」とか、適当な相づち。

若いお姉さんだった(はずの)私だけが、
真剣に聞いてあげた。

でも、子どもたちの食べるスピードが速くて、
剥く方も忙しい。

また別の日は、ドーナッツを揚げたり、
たこ焼き焼いたり。
もちろん、買ったおやつの日もあったけれど、
帰ってきたら、まずはご褒美。

笑顔に戻してから、宿題だった。

『これは良いシステムかもしれない。』

子どもが生まれて大きくなったわが家も
『ただいま→ご褒美』システム。

でも、その弊害も。

うちの息子は、八朔やデコポンなど
柑橘類を自分で剥いて食べたことがありません。

小学校の給食で出たときに、何回か剥いただけ。

この前、蜜柑も「剥いて。」と
平然と言い放ちました。

叱りました。

小さいときは、
「手がみかんになる~。」
と、泣いて
("手に匂いがついてとれない"の意。)
可愛いかったから、つい大目にみましたが、
さすがにマズイでしょ。

先日、バッタリあった先輩奥さまに尋ねてみたら、
30歳、3人の子持ちのハーちゃん(男性)も、
まだ自分では剥かないそうです。

三つ子の魂、百まで。

ハーちゃんにとって、八朔はお母さんが剥くもの。
今でも、大好物なんですって。

…まあ、もういいか。
ほかの部分で、しっかりがんばってね。


by Taseirap | 2017-03-28 07:30 | こどもたち | Comments(0)

卒業式

先日、息子の卒業式がありました。
おそらく、これが最後の卒業式。

学長先生のご祝辞は

今までは本学の学生であった君たち。
これからは仕事をする いち社会人。
そして、それぞれの国の国民。
と共に、国際社会を生きる国際人である。

Beyond the border
限界を超えていこう

そのボーダーは誰が決めたものか、
考えてみよう。

Beyond the border

健康第一で、あなたの努力を続けて下さい。


とても簡略化すると、こんな感じでした。
(違ったりして)

確かに、自分を守ろうとして、
境界線や限界を細かく決めても
圧倒的なパワーにぶち当たれば、
結界なんて脆く崩れてしまうもの。

傷つくことを恐れて小さくなるより、
ありのままの力を出し惜しみしないで
やったほうが早い。

ダメならダメで、その時にまた考えよう。

少々失敗したって、挫けないで。
努力していれば、実力は増え続ける。

…あまりに楽観的な意見かしら。

今の若い人が少し考えすぎな気がして、
「なんとか なるなるー!」
と、応援したい。

誰でも、生きていれば、がっかりすることは絶対ある。
仕事って理不尽なことばかり。
でも、たまに嬉しいこともある。

子育てもそうだった。

結婚もそう。

病気もそう。

小さい事を喜び、大きい事でもなんのその で、
Beyond  乗り越える。超越する。
自分もそうありたい。


c0325278_19363728.jpg


頂いた学位記もありがたかったけれど、
アホ息子を祝福に来てくださった彼の友人が
何より嬉しかったです。
居てくださってありがとう。


c0325278_19544479.jpg
学費の 努力の結晶




by Taseirap | 2017-03-25 07:30 | こどもたち | Comments(0)

春から独り立ち

以前、
滋賀県の息子の家で、おしゃれ着洗いがなくて、
スーパーに買いに行きました。

アクロンとかエマールを探しましたが、
ありません。
『ウタマロ』というアミノ酸系の洗剤があり、
『頑固よごれとおしゃれ着洗いに使える』と、
表記してありました。

『ウタマロ』http://www.e-utamaro.com/

滋賀県は、昭和55年に
『琵琶湖富栄養化防止条例』が出され、
合成洗剤の使用が禁止されました。

が、洗剤の中のリンが問題であったので、
その後の開発で ほとんどの洗剤の無リン化が進み、
下水道の処理技術が上がり、
普通になんでも使用できるようになったようです。

でも、私の行ったスーパーには、セーター洗うのは
ウタマロしかなかった。
(たまたまかな?)

こんにちは、ウタマロ。
小さいのに、けっこうするのね。

かなりきれいになりました。


息子は、セーターも何も…

c0325278_13043887.jpg

「ポイっとひとつ投げたら良いから、
便利なんだよね。
あれ?最近、このシャツ小さくなったなぁ。」

うん。それ、ネルだからね。


春から独り立ちされた子どもさんを
お持ちの保護者さま。
以下、聞いた話ですが…

娘の家で、冷蔵庫でヨーグルト作っているから、
「あなた偉いわね~。
手作りヨーグルトは美味しい?」
「それ、ただ牛乳が腐っただけよ。」
「えー。食べるところだった。
どんな暮らしをしてるの。
缶チューハイも、飲みすぎじゃない?」
「早く帰って!」

また、
「息子がね。
キャッシュカードがうれしいんだか なんなんだか
知らないけど、日に何回も下ろすんよ。
2000円。3000円。
次の日も、3000円。
その次の日、1000円!
その度に手数料取られて。
バカじゃないかしら。」

「息子のアパートに久しぶりに行ったら、
流しに汚れた食器がいっぱいで、部屋にも。
点々と、お風呂場にまで食器が…。
彼女もいるのに、最近の女子は洗ってくれないのかしら?」
「絶対しないんじゃない?
むしろ、してくれる女子さんは。ん。危険かも?」

心配が尽きないですね。
大きいこと、小さいこと、色々ありますよね。

うちの愚息たちも、泥棒が居ないといわれる日本で、
自転車 計3台盗まれ、
京都のカフェのトイレで置き忘れた財布が、
何故か 奈良で見つかり、
中には一万円だけ残っていました。
家賃が払えませんでした。

皆さま(&我が家)のご多幸をお祈りします。





by Taseirap | 2017-03-02 07:30 | こどもたち | Comments(0)

ご卒業おめでとう

3月1日は、高校の卒業式。
ご卒業おめでとうございます。

この日を迎えるには、雨の日も風の日も
台風の日もあったことでしょう。

国公立の大学は、合格発表がまだなので
少し不安な気持ちで卒業なさる人もいることでしょう。


既に進路の決まった人も、
本当にそれでよかったのか、
知らない環境で上手くやっていけるのか?
不安がない人はいないでしょう。

社会人になる人も、
早く仕事したい人もいれば、
まだ学生でいたい人もいるかもしれません。

たくさんの子ども達が、様々な心で
学舎を巣だつこの日。

ご家族の皆さまは、お疲れ様でした。
子ども達もよく頑張りましたが、
保護者の皆さまも
それはそれは大変でしたよね。


毎日普通に会っていた人と、全く会わなくなる不思議。
卒業は、別れです。

高校生の我が子の姿も、今日が最後。
しっかり心のカメラのシャッターを
押してあげてくださいね。


c0325278_11212152.jpg




by Taseirap | 2017-03-01 07:30 | こどもたち | Comments(2)

清のような

夏目漱石の『坊ちゃん』に、清(きよ)という乳母が
出てくる。
初めて読んだときは、まだ若かったから
『盲信的で情緒型の女性だなぁ。』
としか思わなかった。

年齢を重ねて、自分が母親になり、
実際に子育てしてみると、
子どもをありのままに愛することが、
簡単なようでいて、
実はとても難しい事に気がつく。

子育ての トラブルなり、課題なりに
ぶつかったときに、
子どもの将来を考えて、
最善のサポート、叱責、応援を
したつもりだったけれど、
果たして本当にそれが良かったのか?

もっと違う 親としての在り方が
あったのではなかろうか?

もっと違う在り方は、私にとっては、
清。

"他人を信じて疑わない"
というのは、究極のギャンブル。
自分自身でさえ、明日はどうなるか未定なのに、
他人の可能性を信じる。
つまり、愛する。

遠藤周作の『沈黙』が、映画になったけれど、
愛することは信じることで、
信仰にも似ている。
ギブバックを求めず、ひたすら他者の幸せを祈る。

年齢を重ねるにつれ、清への尊敬が深まっていく。

誰かに盲信的に愛される経験が、
長い人生を生きる力、子どもの自信を作る。
やがて成長して、
自分で自分にOKを出せるようになるまでは、
それが支えになる。

また、清の凄みは、
「いまの坊っちゃんで良い。」
と言いながらも、
「やがては、すごい人になる。」
と、明るい未来を提示していること。

達成目標掲示とも、肉親的プレッシャーとも言える。

性格的には合格。
「良いご気性。」と誉めながらも、
社会的には、
"坊っちゃん、これからだっせ" 的
発破をかけることも忘れない。

(でも、坊っちゃんは、薄情にも忘れて暮らしたりもする。)


親にとって、子育ては責任の重い仕事。

子どもの心と身体と頭脳を守り育てながら、
自分達が所属する社会の常識やルールを
教えないといけない。
甘い顔ばかりしていては、育て損なうタイプの子どももいる。

子育てには、押したり 引いたり、
一本調子ではなく、高度な
コミュニケーション能力が必要。
発達段階に合わせた、優しさと厳しさがいる。

けれども、
そんな高度なアレコレを吹っ飛ばして、
黙って世話をやき、ひたすらに信じて待つ
清のような存在。

愛の光で、迷った子どもを
後ろから照らすようなパワフルな人。

子どもの学校生活が、
ややこしく、複雑化した時に
燦然と光る

ような気がする。








More
by Taseirap | 2017-02-09 07:30 | こどもたち | Comments(0)

息子の靴

息子はスニーカーを5足持っている。

ひとつは、いつも履いているadidas。
洗濯する隙がない。

革製が2足。
1足はプリングル、夏用のレザー。
ー は、良いとして。

メキシコで買ったバックスキンは、
裏底に穴が空いていた。

あらら。
メキシコ靴は 格好いいけれど、底が弱いのよ。
もうサヨウナラだね。


残る布製スニーカーを洗ってみたら、
1足は中敷きがぶよぶよ。

もう1足は、結構きれい。

『良かった。これは無事ね。』

すすいだら、右足の左横から
お湯がピューと出た。

by Taseirap | 2017-01-27 07:30 | こどもたち | Comments(0)

『結婚できない男』

テレビの再放送で、夕方4時くらいから
しています。
阿部寛主演。

当時中学生の次男が、
「ぼくの憧れ~。こんなことしたい。」
大好きな生活だったようです。
セリフも同感することばかりだったみたい。

(2006年のドラマだから、もう10年前!わわ。)


不健康な生活で痔になったのに、
『ひとり焼き肉』したり、
ビデオレンタルし放題。
男子の夢(?)が、いっぱい詰まっていました。

彼のモテない現状は、この幼少の憧れと
どこかでシンクロしているのだろうか?

麗しのメキシコ シカンカーンで、
猛烈な雨にあい、
「母ちゃん、寒い。」
と、弱音を吐いた大学生。

一番なりたくない姿は、『イケメンもどき』。
「不細工がオシャレしても、ホンモノには勝てん。」

青春の熱意と努力を全否定。
確かに格好はつけないものの、モテる要素も自動的に激減。

来春、社会人になる(予定)ですが、どうか
これ以上迷走しませんように。

ちなみに、長男もぶっちぎり独走中。
もはや、誰もついていけません。
でも、類は友を呼び、ひとりぼっちにもなりきらず
平和に飄々と生きている。

ー ように見える。
でも、実態は分からない。


もういまさら 何も心配したくないのですが、
そうも言えず…。

昔は
『子育てのゴールは、たぶん就職だろう。』
と思っていた。
でも、本当は結婚かもしれない。

(あるいは、もうとっくにゴールしているのに、
気がつかず、何周もトラックを回っているのかも?)

それでも、
学生時代の延長で、不摂生な生活をするのを
横目で見続けるのは、心配です。

かといって、自分が安心したいがために
嫌がるものを無理に押し付けるのも、
親のエゴ。

結局は、幼い頃と同様に
ひたすら幸せを祈り、見守るだけです。

c0325278_20562808.jpg


by Taseirap | 2016-11-22 07:30 | こどもたち | Comments(0)
山陽本線JR向洋駅の近くに、行きました。
何年ぶり?

古い駅の周りには、同じように古い官舎風の
昭和の木造の平屋があった。

今は、すっかりない。
明るく拓けてしまっている。

私が高校生の時に、毎朝車窓からみた
向洋駅の周囲の飲み屋さん。
少なくなってるみたい。
昔は朝から電車の中で、夜勤明けのおじさまが
楽しそうにワンカップ飲んでおられたのに。

あの頃は、電車は広電のこと。
JRは、汽車 と言っていた。
汽車には、ワンカップを置くための(?)
小さいテーブルも、窓際にあった。

昭和の薫りが薄くなるのは、地方の方が早いかも。
東京の方が、ある意味、広島より古い。



てくてくお散歩していたら、カフェ発見。
『ランテテ スマッジ』

スマッジは、泥はね でしたっけ?
ランテテは、"ランランてくてく" の意味らしい(?)

c0325278_15150741.jpg


隣が美容院の雑貨カフェ。
美容院のあとで、お茶飲みたいときありますよね。
便利。
ヘッドスパや、まつ毛エクステ。
近くの系列店で、爪もできるみたいです。



c0325278_15172020.jpg

c0325278_15173962.jpg


パンケーキはふわふわ。
とろけます。

レモングラスとレモンピールのハーブティ。
はちみつを入れて、甘味を。

ランチ(11:00-14:00)には、
カレー、ロコモコ、パスタ、ドリアのランチ。
各950円。


何よりの特長は、キッズroomがあること。
ママ友とのランチ会、お茶会ができます。
楽しそうな笑い声が聞こえます。







More
by Taseirap | 2016-11-10 07:30 | こどもたち | Comments(0)

LINEのレシピが面白い

カープのCS戦、2連勝して王手。
「カープの試合のある日は、楽しいですね。」
と、広島ファンから熱いLINE

滅多にもらえない飴玉を、大事になめるように
今を楽しむ広島人。
浮かれっぷりが、腹立たしいか いじらしいかは、
評価が別れるところね。

個人的には、ラミちゃんも好き。
監督って辛い立場よね。
少し親業と似ているよ。


さて、ラインと言えば
みなさまは、たぶんよくご存知で、
私はまだ あやふやなのですが… 。

スマホのアプリで、LINEをしています。
んで、LINEの"タイムライン"とやらに、
時々『LINEレシピ』がUPされるよね。
(ここまで合ってますよね?)

いつの間にか、upされるようになっていたので
どうやってこうなったのかは 不明。

そこでは、美味しそうなお料理が、
凄い高速で(!)できあがるの。
もう、まるで手品みたい。

いつも楽しみに見ております。


少し前には、
炊飯器で楽チン!丸ごとかぼちゃのハロウィンシチュー(halloween)
https://lin.ee/cjfY4k?utm_source=LINE&utm_medium=post&utm_campaign=none&utm_content=share

なんてあって、炊飯器で60分
まるごとカボチャを炊いていた。

できていた。

美味しそうだった。

実は わたし
自分の子育てで『失敗したなぁ。』と思うことがあるの。
それは、家事をするときに笑顔でしなかったこと。
無表情、もしくはめんどくさそうに
お料理したり、掃除機かけたりしていた気がします。

それを子どもに見せてしまったから、
家事=じゃまくさい
の、刷り込みをしてしまったのではなかろうか?

大人になった息子のダルそうな様子を見て、
『ウッ。』と気がつく手遅れぶり。

あー、情けない。

"これは大事よ!"
と、伝えたいことは 楽しそうにやって見せれば良かった。

家事に、読書に、スポーツに、お勉強。
礼儀作法に、ことば遣い。
あ、経済のことも。安全を守ることも。

思えば 課題はたくさんありましたね。
不甲斐ない親で、ゆるせ、子どもたち。

自分でLINEのレシピでも見て、学んでください。








by Taseirap | 2016-10-14 07:30 | こどもたち | Comments(0)

コンロひとつで

ときどき、息子のところに寄るのですが。

どちらも、お台所が小さく、IH調理器がひとつ。
鍋を置くスペースもありません。
実家のやり方はできません。

でも、優しいお友達がくれたりして、
息子の部屋には
それなりの工夫がありました。


一人暮らしの男性には、やかんは不要。
ティファールのケトル型の湯沸し器が便利です。

やかんは、たったひとつの熱源を奪う(笑)
贅沢品です。

そして、携帯ガスコンロも便利。
お友達が来たら、鍋物料理をしてみたり、
二つ目の熱源にしてみたり…。

「一人ぶん作るより、外食が安い。調味料が高い。」
確かに、安い外食はありますが、栄養面は…。

とはいえ、自炊をすれば生ゴミも出る
ゴミはこまめに捨てないと、
あっという間にゴミ屋敷。

今回は、
「あら、結構きれいにしてるね。」
息子無言。
ベランダに出たら、ゴミ袋が8つ。
しかも、缶も瓶もペットボトルも一緒に一袋。

物体が移動しただけね。
(後の分別が大変でした。コバエとの戦い。)

育て方が悪かった事を反省しつつ、
『あの気質がナチュラルに育てば、こんなもんよね。』
と、納得する部分もある。
(今は女子さんもご同様らしい。性差が無くなった時代。)


さて、となれば
これからは、ひたすら
"時短・簡単・低価格・ゴミ出ない"系の
お料理&家事を開発しましょうか。

伝統的和食の料理法は、伝説になっちゃうかも。
すべては狭いお台所のせいよ。

なーんて (・。・;

工夫して頑張ってる若人もいますよね。
うちにはいないだけ。


結局は、親の世代の思う"当たり前。幸福。常識。"
が、子どもの世代と違うだけなのね。

"人生の真理"のようなことは、うまく共有できるでしょうか?
ゴミを前に、悩むわ~。


c0325278_16255907.jpg





by Taseirap | 2016-10-04 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap