Tea's room あっと Japan


メキシコと日本の暮らし
by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:おいしいもの( 147 )

豆かん

「おやつですよー。」

c0325278_13492995.jpg

豆かんです。
ところてんも、みつ豆も大好きですが、
最近は 豆かんLOVE。

c0325278_13505623.jpg

家庭画報の豆かん。
少し贅沢な感じ。

赤えんどう豆がしっかりしていて、
黒蜜は滑らか。
寒天は、国産天草100%
素材が生きている。

おいしーい!





by Taseirap | 2017-11-16 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

かんべさん 素晴らしい

インフルエンザが出始めているそうです。
あれは、ほんとに苦しいですよね。
気を付けましょうね~。


さて、かんべさんのこと。
ご存知の方は、多いのかな?
お父さんたちはどうかな。

NHKの『きょうの料理』の
かんべさんの『○○が少し余ったら シリーズ』が、
大変素晴らしい。
ラインのタイムラインで、私は見ています。

(正式名は違います。
『料理助手かんべさんの0.5品』』)

いつも感動。

ほんの少し余った食材を、捨てないで別の物に変身。
しかも、簡単に。
できそうで、できません。

お料理って、想像力が必要ですね。
(あと、やる気も。)

かんべさんがお母さんだったら いいなー。

ん?もしかして、年下?

でも、テレビで 平野レミさんも
「かんべさーん、次はどれだっけー?」
とか頼っていたから、年齢に関係ない実力があるのでしょう。

かんべさんのレシピで、作ったことは
まだないけれど、
いつも やる気がちょっと出る。

私は、人を笑わせる、人をやる気にさせる は、
すごく難しいと思うので、
それができる人は尊敬します。

あと、働いて帰って、晩御飯作る お母さんやお父さんも。
あと、
ってキリがないからやめます。

皆さん、偉いです。
尊敬です。

c0325278_08574395.jpg









by Taseirap | 2017-11-15 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

オギロパン

おはようございます。
朝起きたら、喉がいたい。
季節外れの黄砂が飛んでいるみたいです。

やたらとくしゃみがでる人。
それは風邪じゃないかもです。


ところで、
みなさまは『オギロパン』ってご存知ですか?
私は知りませんでした。

広島県三原市にあるパン屋さんで、
1918年(大正7年)、荻路保太郎(おぎろ やすたろう)と
その息子たちによって、開業されたそうです。

c0325278_16515421.jpg

上から、『ツブ』(税別130円。)
つぶあんです。
しっかり甘い、かつ 塩も効いている。
昔ながらのあんパン。

『しゃりしゃりパン』(税別130円。)
白いクリームに、ザラザラの砂糖が入って、
食べるとしゃりしゃりします。

『しゃりしゃりイチゴ』(税別140円。)
クリームにイチゴジャムがのっている。

c0325278_16573701.jpg

中身を受け止めるパンが、思ったよりも
軽い。
あっさりした、えー、給食のコッペパンみたいな感じです。

ありです!

美味しいわ。

"ブーランジェリー系"意識高いパン
(「boulangerie」フランス語でパン屋さん)
とならんで、これもありです。

(わたくし、広い守備範囲をほこります。)

主人も懐かしがるかしら?

聞いてみたら、

「子どもの頃の思い出のパンは、
アンデルセンの『デンマークロール』。
幼稚園から帰って、おやつによく食べた。」

ふーん。
確かに、昭和40年代の広島は、
アンデルセンのフランチャイズ店が、
急速に増えた時期でしたね。

私のおやつは、果物が多かった気がする。
(最近、リンゴを食べたら喉がいたい。
過去に食べ過ぎちゃったのかな?)


オギロパンは、西条の『ハローズ』に
売っています。








by Taseirap | 2017-11-10 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

コーヒー 実験室

家族は知りませんが、私はこっそり
家で『my best coffee』の開発をしています。

c0325278_13565280.jpg

美味しいと思って、グァテマラを買ったら、
なんかパンチがない。
そこで、キリマンジャロを投入。
うーん?
少しモカもいれました。
しばらく、それを飲んでいます。

家族はなにも言いません。
が、自分としては まだ違う!
次は、何を投入しようか?

酸味・苦味のコーヒーの味覚マップを見ながら、
考えています。

昨日、セールだった『モンカフェ』を買って、
飲んだら

う、うまい! 

完璧。何でやねん (T-T)

研究意欲が著しく削がれるなぁ。



※ 蛇足ですが、『そがれる』。
意欲がそがれるは、削がれる。
でも、
やる気がそがれるは、"殺がれる"
と書いたりする。

気持ちは、削られないで、殺されちゃうんだね。


by Taseirap | 2017-11-07 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

おやつざんまい

最近、食べてはいけないのに、おやつがリッチ。

c0325278_07380312.jpg

マルセイユバターサンド、霜だたみ、三方六。
好きなのばっかり。

c0325278_07191876.jpg

三方六 さんぽうろくは、こわり(小割)で、
食べやすい。

北海道開拓時代の、数少ない楽しみは、
きれいに型の整った薪を上手に仕入れること。
三方を、六寸(18㎝)に割った薪を三方六と呼び、
その買い付けの腕前を自慢し競い合っていたようです。

- 薪を安く買うのを楽しんだ?
どういう意味?

しばし考えて、
恐らく、西日本に住む私たちより、
北は暖房費の家計に占める割合が
遥かに高いはず。
だから、
『三方六を少しでも安く買えたら嬉しくて、
自慢話にした。』

…ということでしょうか?

c0325278_14271532.jpg

色々と想像しながら、パクっ。
うん。
安定の美味しさ。

北海道の開拓は、本当に大変だっただろうなー。

白樺の薪なんて、贅沢の極み!
- のような気もするけれど、
暖房が命を守る盾だったわけで、
贅沢品ではなかったのよね。

モグモグ食べながら、
行ったことない北海道を想います。
広島空港から飛行機出ているから、
すぐなんだけどなぁ。



by Taseirap | 2017-11-06 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

金紅の包装紙

これを見て、ピンと来た人。
鋭い!

左上は、壱という字にも、老という字にも
見えますね。

c0325278_16342360.jpg
では、ひらきますよ。

c0325278_16344432.jpg

鶴でした。


でも、亀なんですよ。

亀屋陸奥の品。

c0325278_16351954.jpg

箱のお熨斗も取りましょう。
熨斗紙には、やはり鶴の浮き彫りが…。
芸が細かい。さすが日本。

いざopen!

c0325278_16360859.jpg
あれ?
c0325278_16370353.jpg

と、ベージュの鶴 again。
軽くマトリョーシカ状態。


これは、『松風』でした。


c0325278_16385855.jpg

いただきまーす。

c0325278_16394146.jpg



松風の説明書には、

元亀元年(西暦1570年)に始まり、11年間続いた
織田信長と石山本願寺(現在の大阪城の地) の合戦のさなか、
当家三代目大塚治右衛門春近が創製した品が
兵糧の代わりとなり、
信長と和睦の後に顕如上人が

わすれては波のおとかとおもうなり
まくらにちかき庭の松風

と、京都六条下間(しもつま)邸にて
詠まれた歌から銘を賜り、
これが「松風」のはじまりだと伝わっています。

以来、石山籠城ゆかりの「松風」は、
門徒さんにとっては本山へ 詣ったという証のようなものでした。


と、ありました。





by Taseirap | 2017-10-12 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

トラピストバター

『健康のため』(T_T)
できるだけ おやつは控え、
海草ときのこと豆腐を食卓に取り入れ、
ビールは何もかも控えたものに。

どうしても飲みたい時の炭酸系は、
難消化性デキストリン やら、
トクホ やら、
かえって依存性が高くなるという噂の
カロリーゼロ達に。

乳製品も、コレステロールやカロリーが
半分をうたうもの。

そんなとき、例によって
"旨いもの命。今を生きる"息子が、
買って帰った…

c0325278_12311569.jpg

まともなバターだ!
久しぶり。

シンプルな味。
「化学で作りました」的な複雑感がない。
おいしさに感動。
パンが進む。

また、こっちがわに 戻っちゃおうかな~。
え? 1200円。


健康には、quality of life の側面もありますからね。
色々なバランスを考えなくっちゃ。


あーあ。
まずは、賢くなりたい。




おめでとう。ありがとう。

c0325278_08111930.jpg

c0325278_17151529.jpg

by Taseirap | 2017-09-19 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

からんころん

JR 西条駅前の和菓子屋『さくらや』。

(火)と(金)の午後だけ販売の
『からんころん』。

c0325278_23135133.jpg

黒糖のかりんとう饅頭。

c0325278_23145641.jpg


揚げてある。

サクサクのちょっとカリカリ寄り。
中に餡が入っている。

皮は
かりんとう かも?

このサイズ感は、食べやすい。
濃い緑茶に合う~。

大きさがぴったりな気がして、
「上用饅頭を揚げたのですか?」
と、聞いたら、
「栗蒸し饅頭の栗を入れないで、揚げました。」

あら。
そうなんだ。

… 栗が入っていても、苦しゅうないぞよ。

弾けちゃうのかな?





More 蝉が
by Taseirap | 2017-09-11 11:59 | おいしいもの | Comments(0)

きぢ醤油

広島県の人なら、よくご存知の『きぢ醤油』。

c0325278_18252309.jpg


戴きものです。
ありがとうございます。
有名ですが、私は初めて使います。

製造は、呉市仁方本町のきぢ醤油(株)。
向かって右の『誂え』は、
木樽仕込み 特選さいしこみ。

なんなんでしょ?
米麹追加仕込み、なんて書いてあります。
2段階で仕込んだのでしょう。
"再仕込み"でしょうね。

("妻子込み"ではなさそう。)

発酵が濃い印象を受けます。

向かって左は、汐込(しおこみ)。
塩分25%カットの低塩醤油。
血圧に良さそうです。


血圧といえば、
この前 病院で聞きましたが、
「血圧が160越えた!」なんていっても、
年齢が80歳(だっけ?)を越えていたら、
別に気にしなくて良いそうです。

尿に糖が出ていても、構わないんだって。

なんなんでしょ?
老いに対する寛大さ。
ナチュラルな老化現象で死に向かう事が、
苦しまずに旅立つ秘訣なのでしょうか?

はたまた老人医療費の膨大さに、
下手な延命治療より、生物学的運命受容へと
と、政界と医学界が方向転換の
舵を切ったのでしょうか?


はてさて。



M8


by Taseirap | 2017-09-08 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

秋だなぁ

テレビで、
「日本のお菓子にあって、海外にない特徴は?」
「A :季節感。」
四季折々の変化をよろこぶ国民性だそうです。

『そうだっけ?』
と、見ていたら和菓子やさんの画面に。

あ、和菓子はそうですね。
お茶席で季節を感じる最大のアイテム。

炉か風炉か、掛け軸に花。
お道具の組合わせ。
そんなものより、お干菓子と主菓子に
季節を感じますわ~。
(はい、権威に逆らう。)

c0325278_07512388.jpg

本日のお菓子は、
『ケーニヒス・クローネ』の
『はちみつ アルテナ』でございます。
手前が抹茶、向こうがチョコレート。
ふたつの美味しさ。

レンジで20秒 温めて、
ほっこり栗とトロリ~ンチョコを、
お召し上がりください。

c0325278_08163844.jpg


これの『壺』(壺に入ったもの)を、
小学生の次男と友人兄弟が、
それぞれスプーンを持って、頭をくっつけて
ハグハグと食べていました。

熊の子の様でした。

「おばちゃん、これすごく美味しい‼」
と、喜んでくれた ぼっちゃんは、
阪大の院に行っています。

子どもって、後でどんなに成長するか
凡人には分からないので、
とにかく大切にするようにしています。
うちの子も、大事にしていただきました。
過ぎれば、感謝しかありません。





M10



by Taseirap | 2017-09-07 07:30 | おいしいもの | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧