Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
郵便局の不在配達表
残念。
メキシコ2ー1でオランダに負けちゃいました。
2点目はペナルティキック。
テレビでは、足が当たってないみたいに見えたんだけどなぁ。
今晩はお通夜です。

今大会メキシコでは、ゴールキーパーのオチョアという人が
すごい人気でした。
監督も、緑のネクタイ締めて、審判に厳しく
注意されるくらいよく働いていました。

(微妙にうちの弟に似ている気がして、見る度に
なんだか可笑しくて困りました。)



さて、ある日のこと
外出先から帰ってきたら、こんなものが玄関先に落ちてました。

紙 いちまい。

(メキシコの我が家、そしてご近所さんも郵便ポストはありません。)

この前注文した『日本発送の海外向けの日本食』が
そろそろ来る予定なので、おそらくそれだと思います。


c0325278_00110307.jpg
郵便局からの配達表らしい


グーグル翻訳を使って訳したものの
「登録予告」?
「要請する○○2日間」?
なんのこっちゃ。

もしも在宅していたらスムーズに受け取れたのかしら?
(A.はい、受け取れました。)
♪チャンスは一度。逃がしてばっかり~♪

”困ったときのコールセンター”で、郵便局に
2日間」は再配送してくれるのか
郵便局に尋ねてもらう。

答え:「自分で取りに行ってください。」

やっぱり。
2日間の意味は不明のままだが、ある意味解決。

平日は8時から午後4時半。
土曜日は8時半から12時半までに来なさいって書いてある。
(メキシコはよく”半”って、きざむ。”開始は11時半”とかね。)

すっかりおなじみのセントロの郵便局。
タクシーやドライバーさんで行ったことはあるけれど、
初めて、自分で運転して行ってみようか。
不安だけど。

いつも混雑しているイラプアトのセントロ、
大混雑・・・してない!
平日の午前中はかなり車も少なくてなんとかなりそう。

目的地:セントロのパーキングまで行けるでしょうか?
一方通行だらけのこのあたり。
緊張。
でも、カーナビの誘導のおかげで、郵便局そばの
駐車場までなんとかいけた!

次のハードルは、重い荷物2個。
「いちどには運べないので、もう一度取りに来ます。」
のスペイン語を紙に書いて持参したけれど、
郵便局の人が、駐車場まで荷物一つ持ってくださった。

あれよあれよと意外とスムーズにすべてが終わって、
自宅まではまたナビに
連れて帰ってもらう。

あ~、よかった。無事に行って来れた。

これで当分食べ物には困りません。
今夜はインスタント食品祭りだ!

c0325278_03552621.jpg
たくさんの食料品と梱包用プチプチGET





* カーナビの設定は、
「イラプアト セントロ」でも良いですが、
「ホテル イラプアト」にして、駐車場まで行き、
現在地設定すれば簡単で迷わない気がします。
 
(あくまで方向音痴の私の感覚です。あしからず)





by Taseirap | 2014-06-30 02:09 | イラプアト | Comments(0)
スペイン語学習
なんとなくこのままじゃいけない、
とは思いつつ、放っておいたスペイン語。
6か月も経ってしまいました。

生活するのに非常にやりづらい。
「ノ アブロ エスパニョール(スペイン語できません)。」
も、言い飽きた。

どこか良いところはないかと、
ご近所の優しい日本人の方に伺い
教えてもらいました。

まず、人気なのは『トナリ学院』
 http://www.tonaligto.com/ja/
こちらは世界遺産グアナファトの
街中にあります。

環境抜群。
お勉強して、ランチして、
観光して帰れたらうれしいですね。
これぞ、海外赴任の奥様ライフでしょう!

ところが、みなさまとてもまじめで、
浮かれることなくしっかりお勉強されています。

日本人の方が経営されているので、
分かりにくいスペイン語の文法も、
日本語で説明されます。
テキストもしっかりしていて、
教え方に無駄がなく評判が良いです。
学生さんの短期留学なども対応してくださいます。

私も見学させていただきました。
1時間目:文法の授業、
2時間目:ネイティブの方の授業。
ひさしぶりに脳をつかったら、
加熱しました。
わかりやすい授業なので、
一から本気で取り組むにはもってこいです。

でも、勉強して分かった。
2時間スペイン語やったら、
もうランチする元気なんてない。


つぎに、レオンにある『ベルリッツ』
 http://www.berlitz.com.mx/leon/guiseid--2/

こちらも、お薦めだそうです。
会話が練習できるし、いろいろな先生がおられるので、
発音や言い回しの差も勉強できるそうです。
終わったら、レオンでお買いものとランチができる。
かなり魅力です。
先生がおすすめのレストランを教えて
くださったこともあるそうです。
楽しそう♡


そして、わたしの語学学校は
『セディン』に決定。
これもご近所さまが見つけられて、
教えていただきました。

c0325278_10445858.jpg
『CEDIN』校舎(全部)


なにせ、わたしの絶対条件は、”近い”。

だって、平日と土曜日。
週2回行きたい。(間に合わない)

土曜日は主人が運転するけれど、
平日はマイ運転。
レオン?グアナファト?
・・・ムリムリ。


重い腰をよっこらしょとあげ、
今月から始めました。
まだ何回も行っていませんが、
若い女性の先生がめちゃ可愛いのに、
厳しい・・・。

初めての授業で、先生は英語も堪能なので、
つい英語で話したら、
「4~5回目からはスペイン語だけにしましょうね。」
と言われました。

主人は初めての授業を2時間受けた後で
「仕事のこと全く考えないくらい、集中した。」
と、恐怖 充実感を語っていました。

娘はいませんが、まるで娘にしごかれているようです。
でも、おかげで月曜日から日曜日まで
言えるようになりました!
(ね。レベルが同じ人探すの難しいでしょ。)

夕方、企業にお勤めの方が、
たくさん勉強に来られるそうです。
日系企業で出張授業もされているそうです。
校長先生はアイルランドのご出身で、
英語で交渉可能です。

メキシコ人のご近所さんとお話したら、
12歳の息子さんがここで英語を
習われているそう・・・。

英語も行こうかな?


*『CEDIN』 
スペイン語:
個人授業(1対1)1時間330ペソ
/ (2対1)ふたりで400ペソ
70時間で基本クラスは終了(予定)

Genova #667
Col.Residencial Campestre
Tel:01(462)625 0192

cedin@prodigy.net.mx




* 日本から『下敷き』を持ってくれば良かった。
  (文房具は大抵のものはあるけれど、下敷きは見つからない。)

* メキシコの人には、なぜか『消せるボールペン』が大人気。











by Taseirap | 2014-06-29 08:20 | スペイン語 | Comments(6)
虫よけと虫刺され薬
ご近所さん、ホーム・パーティは自宅の駐車場でされます。
車は道路に出して、テーブルやいすを並べて。

自宅前の駐車場で深夜10時、雨期の夜間落雷&豪雨の中、
楽しそうにバーベキューをする豪傑一家を目撃。

もっと人数が多くなったら、団地内のバーベキューコーナーを借りてします。

日本人の感覚だと家の中でしますよね。
半屋外が大好きみたいです。

蚊が出るのに。

蚊よけのランタンを灯しておいでですが、ハエや蚊やブトがいます。
私もたまにご近所の会に呼ばれます。
ほとんど話は通じません ヽ(・∀・)ノ
すごく蚊に刺されます。

そこで、これ。

c0325278_04151951.jpg
虫刺され後のスプレーと虫避けスプレー

天然成分で良いそうです。
イラプアトではスーパースぺラマの薬局でいうとすぐに出してくれました。
ファルマシア(薬局)にもあるでしょうね。

左側のは、虫刺されの跡のスプレーと聞きましたが、なぜか2個入り。
辞書ひいて調べたら、右の大きいのと同じ虫よけスプレー1本と、
白い方は虫刺され後の消毒スプレーだった。

携帯用にいかがでしょう?



by Taseirap | 2014-06-28 04:09 | 海外赴任の苦労 | Comments(0)
白いセルビン焼き(セルビン・ブランカ)
メキシコのマダムを我が家ランチにお招きしたときに、
プレゼントをいただきました。

こちら。

c0325278_00225950.jpg

白いセルビン焼き
(下の大根は和製。お箸置きです)


最近でた”白いセルビン焼き”だそうです。
まあー。

おもては素焼きっぽく、釉薬がかけてありません。

(内側には水漏れしないようにかけてあります。)

c0325278_02174690.jpg
うしろはこんなかんじ


写真だと大きく見えますが、
”小さいお湯のみ”or”大きいぐい飲み”
くらい大きさ。

とても人気があるそうですが、
ぜんぜん知りませんでした。
 
私にとっては、
大好きなマダムからいただいたので、
センチメンタルバリューも加わって
大切なうつわになりました。



*セルビン・ブランカ

お土産希望の人は、早めに言ってくださいね。
品薄らしいので 見かけたら
速攻で買わないといけないから。


by Taseirap | 2014-06-27 02:07 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(2)
写真写りの良いメキシコ
私のブログで紹介する写真はほとんど携帯電話のカメラで撮っています。
ソニーのXPERIA。
(メキシコで買いました。)

撮影の腕は素人で下手なんですが
わたしの実力以上にきれいに取れている気がします。
これは、ソニーさんの実力にくわえて
”メキシコの風景の写真写りの良さ”があると思うんですよね~。

ふつう
『あー、この景色もっときれいだったのになぁ。』
と、がっかりすると思うんですけれど
メキシコでは
『あれー?ここってこんなにきれいなところだったっけ?』
と、思うことが多い。

日光が強いので発色がきれいなのでしょうか?
自分の目で見るより数段きれいに写ります。

ブログを見てくださる方が
「まあ、きれいなところね。」
と、喜んでくださっていたらとてもうれしいのですが
画面に写らないところで
ハエが飛んでいたり、何かが臭ってきたり、『あれはなに人か?』と見られていたり
そんなこともあるんです。

でも、写真写りも実力のうち。
実は、私の目の方が偏見で濁って澱んできているのかも・・・。

虚心で向き合うよう心改めます。

c0325278_00063906.jpg
アシエンダの前の電線には、小鳥がたくさん巣を作っていました
(夕暮れ時、光が少なくなって”リアルな”メキシコの風景と色)





by Taseirap | 2014-06-26 07:48 | 海外赴任の苦労 | Comments(0)
はたらくくるま
サッカーワールドカップ、日本は残念でした。
なかなか良い試合もあったし、辛い感じの試合もありましたね。
でも、真剣な表情はとてもかっこよかったです。

うちの息子も中学時代はサッカー部でしたが、補欠で
仲間の試合を応援もせず、しゃがんでアリの観察をしていました。
その姿を見て、主人と脱力しました。
「もうこの子にはあまり期待せず、生きているだけで良いことにしようかね。」

ダメダメでも可愛いわが子ではあります。
が、日本代表!?
どれだけサッカーエリートなんだろう。
あんなに広いところたった11人で守れなんて、ムリ!
うちひとりはゴールを守る人な訳で、10人でグランド全体?

私なら、5分。いや開始2分で交替させてもらいます。
(その前に出してもらえないか。)


メキシコは、なかなか強うございます。
うれしい反面、会社の仕事は中断が続いております┐(-。-;)┌

予選で終わるくらいが・・・。
あ、ウソです。ウソー!


さて、今回のアシエンダ・ツアーで個人的にすごく楽しかったこと。

c0325278_23354317.jpg
ガソリンスタンドで軽油を給油していたトラクター


c0325278_23371677.jpg
荷台の壁面のカバーが木製のトラック


c0325278_23390207.jpg
狭い一本道で向こうから巨大なトラックが来た~!
(「Oh My Goodness!」と、こちらの人はよく言う)

c0325278_23402579.jpg
ぶつかる手前で脇道に入って行った
(これはなんていう乗り物なの?煙突みたいなのが付いている)



いい年して、いまだにこんなことが すごくおもしろいんだけど
そんなこと ありますか?





by Taseirap | 2014-06-25 07:33 | 乗り物 | Comments(0)
『アシエンダ アトトニルキージョ』
さてさて、最後の訪問地&ディナーのレストラン。
『アシエンダ アトトニルキージョ(Hacienda De Atotonilquillo)』。
ここは18C~19Cに建築されました。
なんと 今でも人が住んでいます。博物館兼個人の邸宅。

いかめしい外観ですが、
c0325278_08443900.jpg
階段を上ると玄関

c0325278_08461539.jpg
なかはご覧のとおり(借景つき)

c0325278_08475498.jpg
白猫つき


すてきです♡アシエンダ。

中庭を囲むように、回廊とお部屋。
こんなお家 いいなぁ♡ みんなの大きい食堂と個人のお部屋(バス・トイレ付ね)。
あっ、病院や入院介護施設でもいいかも。(急に現実的)

c0325278_11224243.jpg
こんな椅子も

古いアシエンダを改装してホテルにしているところも、メキシコにはあります。
行ってみたくないですか?

ところで、ここでいただくはずだったディナー、
何かの手違いで準備されていませんでした。

着くのがあまりに遅かったから?
町に戻って食べようということになりましたが、
我が家は日本との仕事の電話があるので、不参加。
元の駐車場まで送ってもらいました。

スーパーの駐車場まで戻ったら夜8時半。
12時間のロング・ツアーでした。

ツアー料金の支払いは
「今日はこれからみんなで食事だから、代金はまた後日で良いです。」
姪御さんが
「こんなツアー初めて。めちゃくちゃ疲れた。」
と小声で言っていました。
うんうん、そうでしょう。

「わたしは楽しかったよ。」
と、言ったら
旅行会社のお姉さんも
「わたしもなんかすごく疲れたわ。」

えっ?
あなたはデート疲れでしょう(笑)

翌週のツアーにも誘われたけど、どうしましょうねー。











by Taseirap | 2014-06-24 08:40 | イラプアト | Comments(2)
『アシエンダ・カノバス(Hacienda Canovas)』
さてさて、ロングドライブのはてやっと着きました。
『アシエンダ・カノバス(Hacienda Canovas)』。
16C~17Cの建築です。

入場料は20ペソ(160円)。施設の入り口に学生ボランティアっぽい女性。
内部は20分~25分ごとに入れ替えで、案内係の人が居ます。
スペイン語での説明です。

c0325278_08290630.jpg
上品な外観

c0325278_08301595.jpg
バラが咲いていました

c0325278_11121419.jpg
シカの角のシャンデリアの下で、家族でビリヤード


c0325278_11131283.jpg
パティオを眺めて

c0325278_11140933.jpg
女主人の午後の読書室

c0325278_11165849.jpg
バスルームのタイル


c0325278_08315150.jpg

かわいいお台所


c0325278_08331259.jpg
1900年代初めメキシコに3台しかなかった電気冷蔵庫。ここに1台あります。

c0325278_08351909.jpg
隣は教会(おそらく、初めは自分ち用)

c0325278_08363575.jpg
裏庭も綺麗です



見ごたえありのアシエンダ。美しい。












by Taseirap | 2014-06-23 08:14 | イラプアト | Comments(0)
気が散ってばっかりのサッカー観戦
昨夜はすごい雷でしたね。
近所にいっぱい落ちた気がします。
怖かったよね。
雹も降ってきて、お天気 大荒れのメキシコです。

日本は梅雨でしょうか?蒸しますよね。
体調に気をつけてくださいませ。



ところで、サッカーワールドカップ。
ご覧になっていますか?

こちらでは、毎日だいたいお昼2時からサッカータイム。
もちろん大人気。

メキシコの試合の放送時間帯は、道路交通量が減ります。
町が静かになります。


でもって、放送の全てが、 当たり前ですがスペイン語。
「ノソートロス(私たちは)ケレーモス(欲しい)∞∞(わからない)」
解説がわからない。
(ま、日本語でも いま一歩よくわからなかったけれど。)

そのせいか、関係ないところが気になる。


チリのことは、チレと発音するんですね。
アナウンサーの人が
「チチチ、レレレ! チレー!!!!」
と叫んでおられました。

旅行に行った人によると、
チリ > メキシコ > ボリビア の都会度だそうです。
チリは意外や洗練された都市らしい。


スペイン語が話せたら、世界21ヵ国悠々旅行できますよ。
おもに南米ですが、カバー率 めちゃ高いですよ。
(ちなみに、ブラジルはポルトガル語。)


おっと、試合に集中!

ふーん。
「ゴーーーーール。」は、万国共通なんだ。  
でも、長い絶叫。息の続く限りの絶叫。
日本のアナウンサーさんがこれやったら、苦情の嵐ね。


うちの近所でも、おさなごの声で
「ゴーール。」って言うから、何がゴールかと思って
急いでTVつけたら
何のことない、自分がひとりでボール蹴ってた。


ブラジルって意外と寒いのかな?
観客の皆さん、結構厚着してるみたい。



ところで、日本の初戦の相手。

コ、
コがつくから
コスタリカだと思っていました。
南米のエコ・ツーリズムで有名な国。

主人も一緒になって
「コスタリカは強いなあ。さすが南米。」


コートジボワールだったのですね。
勘違い。

(ユニホームはいまいちでしたが、スタイルがとても良いので ほんと
かっこ良かったですね。)



・・・なにみてるんでしょう?


あ、試合が終わった。
ヨーロッパ勢、なんだか苦戦してるな。

イングランドのルーニーまだがんばってるんだ。
なんか好きなのよね。

わたしも、がんばろうっと。








by Taseirap | 2014-06-22 07:16 | スペイン語 | Comments(0)
閑話休題:ルイ・ヴィトンってすごい!
今まで悩みのタネだった旅行バックのパッキング。
ルイ・ヴィトンが、自社のバッグで教えてくれていました。

『ヴィトン流スーツケースの上手な詰め方』
http://www.louisvuitton.com/front/#/eng_US/Collections/Women/Travel/stories/The-Art-of-packing

ああ、そうだったのね。目からコンタクトレンズだわ。
(逆に見えなくなるでしょ!”目からうろこ”ね。)

ヴィトンは重い&たくさん入らないイメージがあって、
生意気にも好きじゃなかったけれど
すっかりファンになってしまった。

もう少し調べて、こんどは本気の上手な旅の準備などご紹介したいと思います。
(というより、この通りに準備すればOkなんじゃない?)

なるほど、靴は一足ずつ袋に詰めて、スーツケースのはしっこに入れるのね。
Tシャツやズボンは丸めてすみっこに。

バッグの中にはポーチ類から入れるのね。
わー、ヴィトンのポーチばかりだ。(あたりまえか)


『地球の歩き方』か何かでは、靴はビニール袋に入れていたけれど、
ヴィトンはおしゃれなネルの袋に入れている。
(あれは買った時に入ってる袋かな。捨ててない?)

ビニール袋は、あれはあれでとても重宝。
ごみは捨てられるし、濡れた靴でも入れられるし。
日本のビニール袋は、品質が素晴らしい。
ペラペラじゃない!
大事に使って!!!
(経験と発想が貧乏。)


どこかで、靴はサンダルとウエッジソールが便利
と書いてあったのも見たな。
で、スニーカー系を履いていく、と。
計3足ね。ふむふむ。


しかし、ヴィトンの靴やポーチがいっぱい詰め込まれた、
お洒落なヴィトンのスーツケース。
ヨーロッパならともかく、南米の空港で
果たして無事にターンテーブルまで
出てくるのか?

ヴィトンのスーツケースのために、
プライベートジェット機でも買いますか?
めちゃくちゃ似合うでしょうね(笑)




片雲の風に誘われて旅をしたく

・・・なりませんか?



by Taseirap | 2014-06-21 09:45 | メキシコに旅行する場合 | Comments(2)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
長男の友だち
at 2017-08-17 07:30
東広島プラザ
at 2017-08-16 07:30
夏の大掃除
at 2017-08-14 07:30
1-0
at 2017-08-13 11:42
『リュラル』のパン
at 2017-08-11 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧