<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

海外に赴任するとき、いえ国内のお引っ越しでもそうですが
『新しい場所で仲良くしてくれるひと居るかなー?』
って、少し心配ですよね。

特に子どもさん連れの赴任の場合は、ご近所さんが大切です。
学校、スーパーマーケット、病院。
教えてもらいたいこと、たっくさん!
(このいんちきブログより、人さまよ。)

気が利いた会社(あるいは夫)なら、
「あなたがお住まいになる住居には、既に何人くらい日本人が住んでいますよ。」
と、教えてくださるかも?

それを聞いたら、適当な数の『ご挨拶の品』を日本から用意して
引っ越したらできるだけ早く挨拶して歩きましょう。

今時は、手ぶらで気軽に挨拶されることもありますね。
国際的です。

私の母は、京都育ちで、若い頃は
「あの人、挨拶に手ぶらで来はった。気なし(気がきかない人)やな。お里が知れますわ。」
と、とっても差別的なことを言っておりました。
今は「虚礼廃止大賛成。お互いに生きやすく。」(笑)
時代とともに人は変わる。

私は面倒くさがりの小心者。
『知らない人にあいさつか~。なんだか気がのらないなぁ。』

だから、自分への動機付けに品物を利用しています。
「せっかく準備したんだから。これをちゃんと持っていかなくちゃ!大人なんだから。」
(注:アラフィフ)

持参する品はなんだって大丈夫。
だって、無くても良いくらいだもの。
 (あ、ある意味、My センスを披露するチャンスでもあります。
  どうぞ遠慮なく華麗に舞っちゃって。)

人数多いと準備も大変だけどね。
ただでさえ、引っ越しでお金かかるし・・・。

でもね、はじめの挨拶は”安全のための保険”だと割りきって。
される方も、特に期待はしていません。安心してね。


挨拶して回るうちに、自分と合いそうな人、合わなそうな人(笑)、
なんとなく分かると思います。

単身赴任の人は、会社で毎日会えるから、特別な気配りは要らないでしょう。
省略する会社も多いみたいですね。

が、ご家族の人は
『ご近所に日本人いるみたい。でも、話すきっかけがない。』

ひとり(と幼児)で長期間悶々としないためにも、先ずは
『簡単なご挨拶をしに伺うだけ。がんばる!』
と、勇気だしてドアをノックしてみられてください。

その際、自分の電話番号や名前を書いた(名刺みたいなのでも)があれば
もっと良いみたい。

友だちは歩いてこない。だから歩いて行くんだよ♪

歩いて回って、こりゃダメだ。合いそうな人いない。
と、分かったら
それが分かっただけでもめっけもん。

あきらめて、次行こう!


反対に迎える側は、もしもできるなら
「明日、スーパーマーケットに行くけれど、ご一緒します?」
とか、聞いてあげて。

「毎週水曜日にお茶会しておりますの。どうぞ、いらして。」
は、ビビるお誘いのようです。
「ええ。喜んで伺いますわ!」
の人もおられるでしょうが、
できたら、もう少し軽めのスターターでお願いいたします。

また、
「何かお困りでしたら、おっしゃって下さい。」
は、一見親切そうだけど
「よくよくの事でないと声かけてくんなよ。こちとら忙しいんでい。」
と聞こえるのは私の耳だけ?
条件付き許可に感じられて、苦手な日本語です。

では、どう言えば良いのか?
・・・さあね ┐('~`;)┌ さっぱりよ。


引っ越したばかりは体調不良だったり、時差ボケだったり、片付けがあったり、
なにかと忙しいものですが、
せっかくご縁があって近くに暮らすのですから、お互いに
楽しく仲良く、せめて気楽に過ごしたいですよ。



by Taseirap | 2015-04-30 07:30 | 海外赴任の苦労 | Comments(0)
朝ごはんという名の昼ごはん、デサジュノ。

昼の2時くらいまでサービスがあるので便利です。
今日は、私もよく行くお店をご紹介。

と言っても、イラプアトにお住まいの方は
もうよくご存知のところ(笑)

ひとつは、『桃太郎』がある『プラザ・デルタ』の中の

c0325278_11360773.jpg
『コン・サボーラ・カフェ』


c0325278_11372395.jpg
デサジュノ・セット(110ペソ)
チラキレス・カプチーノ・パイナップル・ビスケット・ジュース

チラキレスは揚げたトルティージャに
ソースがかかったもの。

今日のには、緑のソース(サルサ・ベルデ)と、
フリホーレス(豆の煮たもの)、
とろーりチーズもかかっています。

デサジュノセットは、
○メイン料理
(ベーコンエッグでもパンケーキでもオムレツでも)、
○ジュース
(オレンジでもにんじんでも野菜ジュースでも)
○珈琲
(アメリカーノでもエスプレッソでも)
○果物
メロン、パパイヤほか)

いろいろ選べてカスタマイズできます。

充実です。平日は女性客が多いです。


もう一軒は、こちら

c0325278_11472901.jpg
『ラ・プチ』(左側)



『コメルシアル』やホテルのある『プラザ・ハカランダス』、
その広い敷地の中に
『シネ・メックス』という映画館がありますよね。

その道路を挟んだ向こう側。
対面の白い大きい建物。

ハカランダスの敷地の外で、以前ご紹介したドゥルセリアと同じ通りです。

おなじく、110ペソの”パケテ3”は

c0325278_11490928.jpg
フルーツ(チアの実のかかる)

c0325278_11521011.jpg
フーゴ・デ・ベルデ(緑のジュース)


c0325278_11530634.jpg
チキンサラダ


個人的には”イラプアトデサジュノ賞”をあげたい!

チキンサラダは、ドレッシングが下に置いてあって、
野菜がベシャベシャしないから
食べやすかった。

チキンも塩コショウであっさりふんわり焼いてあって。
なんでしょう?
『できるじゃん!』
という感じ。
「できる子いたじゃない!嬉しい。」的な発見。

さらに、これに珈琲と甘いパンが付くのよ。
(今日はなぜか、パン持ってきてくれなかったけれど…。)

私はチキンサラダにしましたが、メニュー色々。
ホットケーキもおいしそうでした。
お肉メニューもありますよ。

充実♡

広い駐車場が建物前にあり、
サレサレ係員さんもいます。
盗難の心配が減るから、サレサレ係員さんは
私は大歓迎です。

チップというよりも"見張り賃"と思って、渡しています。


皆さまもぜひお出ましください。
(平日は、例によって女性客多し。)












by Taseirap | 2015-04-29 07:30 | イラプアト | Comments(0)

クックパッド

女性の皆さまは、おそらくよくご存知だと思います。
単身赴任のお父さん、お兄さんにご紹介です。

家で何か作るとき、レシピとかどうなさっておいでですか?
「そんなもん、私の舌と感覚で勝負。」

はいはい。
素晴らしいですね、巨匠。
そしてワンパターン、ですよね?

そんなときの強い味方『cook pad』。
http://cookpad.com/

203万ものレシピが載っているサイトです。
203万て、一日三食一年365日。1853年分なんですけど !?


ただ、私はめったに利用しません。
(じゃあ言うなよ、って感じですね。)

大体は自分の舌と感覚で・・・。そしてワンパターン。
何をつくるか、方向性すら見失うスランプの日々。

単にやる気が出ないだけなのか、それとも食材に失望してしまったのか。
これが日本なら、お刺身でも買ってお茶を濁すのに。
若ければお肉ドーンでも良いが、中高年だとそうもいかん。
外食しようにも、帰宅が遅いのでお店は閉まっている。
一日苦労して帰った主人に、カップめん出すわけにもいかないし・・・。
デリバリー?
は、ピザだ~ ↘ 深夜にピザ。大学生か!

ー 仕方ない、何か作ろう。


見事なまでのやる気の無さ。
ーを、励ましてくれるのが”お料理のサイト”です。

「ほらほら、おいしいよ~。すぐできるよ。」
と、お料理好きの人が集まった知恵の泉に元気のおこぼれをいただきます。


クックパッドも良いですが、私は『みんなの今日の料理』を利用する時もあります。
味的に、好みに近いので。
http://www.kyounoryouri.jp/index.php?flow=recipe_top


メキシコでも手に入る材料は結構ありますし、食材的には日本より上の物もあります。
え?何かですって?
うーん、玉ねぎとかアボカドとか・・・。
お豆腐も、こちらで売っている豆腐はずっしり重くてなかなか良いです。
ほかは、
玉ねぎとかアボカドとか・・・。

・・・みんな、がんばろう!
オー!




・・・お料理好きの奥様には信じられないような今日の内容でしょうね。
”おっさん”と思っていただいてもよろしくてよ。


by Taseirap | 2015-04-28 07:30 | 海外赴任の苦労 | Comments(2)
"サンミゲルでいち押し"
というレストランに連れて行ってもらいました。
ペルー料理なんですって。

それを聞いて以来、頭の中でこのフレーズが
♪ ら、ラララら、ララ ラララ― ♪
コンドルが何羽も頭の中を飛んでいます。
(実際には、家の軒下にまたツバメが戻ってきて、
早朝から鳴いております。)

女性だけのおでかけ♡ 
久しぶりだな~。

サンミゲルは、女性グループで歩くのが
一番楽しい気がします。

あ、いえ。主人でも良いですよ。
もちろん!
ただ、”うきうき感”が弱くなるのはどうしてでしょう?

ショッピングに興味がないところが、
減点ポイントでしょうか?
あと、新しい食べ物に対して
少し抵抗するところ?
話題の少なさ?
(女性のトークは幅広いです。)

いえいえ、「うちは主人と熱々です。」
という方もおられるでしょう。
どうぞ秘けつを教えてくださいな。

そして、「うちは妻と熱々です。」
とおっしゃる方、
胸に手を当てて考えてみろ。 
君んち 本当にそうか?

・・・あ、失礼。
つい熱くなってしまいました。

ご飯食べましょう。


c0325278_10190603.jpg

魅惑のエントランス


c0325278_10212600.jpg

モヒート(マンゴーの果肉入り)


c0325278_10250518.jpg

タコのカクテルの前菜


c0325278_10243038.jpg

ジャスミンライスの上に
野菜の醤油あんかけ


c0325278_10273324.jpg

チキンサンドイッチ 
ポテトフライ添え



とてもおいしかったです。
後で調べたら、トリップアドバイザーの
お薦めレストラン第3位。

・・・このブログも
行き当たりばったりではなく、
事前に情報を調べて人気の順に
お知らせすればよかった

ような気がしております。

今さらなのですが(笑)

c0325278_10315922.jpg

すてきなバーもありました


場所が少しわかりづらいでしょうか?
セントロからは、少し遠いです。

サンミゲルの丘のふもとに、
『ローズウッドホテル』という
高級ホテルがあります。
その東側に大きな公園があります。
公園を過ぎて、北に向かって
坂道を少し登れば、わりとすぐです。

(もしくは、セントロから
レクレオ通りを、ひたすら道なりに下る。
かなり歩きます。)

c0325278_10385912.jpg

お向かいの家


周囲は普通の民家ばかり。
『本当にレストランがあるの?』
と不安になりますが、
『ラ・パラダ』の隣りはスパだったりします。

また、レストラン前に何台か路駐のスペースも
あるので、うれしい(かな?)

月曜日と火曜日がお休みなので、
お気を付けください。





☆『La Parada』
http://www.laparadasma.com/#_=_

営業時間:(水)-(金)午後12時―10時
Recreo 94,San Miguel de Allende,Mexico
tel;415 152 04 73



by Taseirap | 2015-04-27 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲルの駐車場

サンミゲルでは、みなさんそれぞれ
お気に入りの駐車場があると思います。
私は今回は、
『坂の下のオイル屋さん付近でどこかないか?』
と探してみました。

まず、コペルのところに、地下の駐車場があった
ので入ってみました。
parkingのチケットの機械はなく、
お姉さんがひとり。
「止めれますか?」
と、聞いたら
「コペルにお買い物の人だけ。」
とのこと。

ダメですね~、
と次を探します。

次の角は、コーヒー屋さん。


c0325278_03332693.jpg

ベラクルス産の
オーガニック珈琲店

この前を右折して直進すると、
公営の駐車場がありました。

c0325278_03272452.jpg

右側の黄色い塀の向こうは


c0325278_03283263.jpg

段差のある駐車場


c0325278_03294514.jpg

受付で紙をもらいます

c0325278_03315238.jpg

植物でいっぱいのお家の近くです

c0325278_03352322.jpg

先ほどのコーヒー屋さんで一服して



c0325278_03363692.jpg

道なりに坂を上れば


意外と楽に丘の上までたどり着きます。
途中、お店もいくつかあります。

鐘がよく鳴るので、どうしたのかな~?
と思っていたら

c0325278_03380274.jpg


あら、パレードだ! 
大きい新郎・新婦ね♪


c0325278_03400486.jpg

列席者の長い行列が
延々続きます


どうぞお幸せに♡








by Taseirap | 2015-04-26 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

ある晴れた土曜日に

メキシコに戻ってまいりました。

「カレーが食べたい。」と、主人が言い、
サンミゲルの『バハジ』に行くことにしました。

久しぶりのサンミゲル。
主人は、慎重にカーナビをセット。

ところがっ!
『サンミゲル・デ・アジェンデ グアナファト州』
と、セットせずに
『サンミゲル・アジェンデ ケレタロ州』
とセットしたらしい。
(あれほど美人先生から『冠詞!』と叱られて
いたのに、すっかり忘れたな?)

イラプアトからサンミゲルに行くには、
高速道路に乗って、
途中のセラヤで一般道路に下りて走ります。

(その一般道も、途中から無料高速道路?
というくらいに皆さん飛ばします。)


c0325278_01570185.jpg

豚を運搬中のトラック


c0325278_01580974.jpg

近くを走行していて、
おしっこをかけられた日本人ドライバーあり



紫のハカランダや田園地帯の景色を眺めながら、
呑気に走っていると、
「どうもおかしい。
道を間違えた。
さっきのところで下りないと
いけなかった気がする。」
「え?」

過ぎてから、やっと気がつく中高年。
気がついたことを 誉めあう哀しさ。

道端のお土産店が連なるところへ車を止めて、
ナビを確認する主人。
「ん、じゃあ。私はお土産物を物色してきます。」

思えば、メキシコに来た当初は
道端のお土産物屋に車を止める
なんてできなかった。

『よくてボったくられる。
悪いと、金品を奪われる。
または誘拐。』

それくらい気を遣っていたというか、
恐れていた。
いまではそこまで不安ではないけれど、
その気持ちはたぶん必要だと思う。

以前止まったマンサニージョのお土産物屋では、
私はおじさんからなぜか頭を撫でられた。
そして、ウエストのあたりに手をだしてきて、
こそこそと触られた。

『なんだ、こいつ?』

ちゃっちゃ買って去ろうとしたら、レジで
「メキシコではチップという習慣があるんだよ。」
とか言い出したので、
スペイン語が聞き取れないふりをして
出た。
(実際ふだんは聞き取れないのに、
こんな時だけは分かる耳。)

『お土産物屋でなぜチップが要るのだ?
まけてもくれなかったのに。』

ちょっとプンプン。

わたしがメキシコで出会った唯一の
変てこな人だった。

(きっと目が悪かったのだろう。
年齢を言ってやれば良かった。)

今いるここは、セラヤを過ぎて
ケレタロに近い山の中だけれど
お土産物屋の奥さんは、優しい。

試食をして一番おいしかったものを購入。

(試食をした瓶をそのまま”さあ、どうぞ”
と売ってくれたのが、若干気になる。)

c0325278_02131662.jpg

山羊のミルクのジャム



5本で100ペソだから、一本20ペソ(160円)。
ふつう味、コーヒー味、
ロンポペ味(たまご酒)、バニラ味
Envinada味。

私の辞書にはない単語。
木の実かなぁ?

勇気あるチャレンジャー 求む(笑)






by Taseirap | 2015-04-25 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(2)

Is that too much?

日本に一時帰国して、気になったこと。

① 電車の中が凄く静か。
公共の乗り物の中で騒がないというのは、
マナーではあるものの、
あまりにもメキシコとの落差が大きく驚く。

"一人で乗車する人が多いので、
話し相手がいない"
ということもあるのでしょう。

連れのいる人は、仲良く話しても
良いと思いますが、
何となくはばかられる雰囲気。

お葬式列車みたい。

② 子どもへの躾が極端と極端
小さい子ども、特にものごころつかない頃の
こどもへの躾。
頑張る人はがんばるし、
がんばらない人はまるでしない。
日本のお母さまが、二極分化したみたい。

公共の場でマナー良くすることは、
そのこどもを守る武器でもある。
だから、マナーは教えないとダメ。

ただ、"こどもだから分からない"のは
当たり前。
できない子供を見たときに、
ほとんどの周囲の大人は、
こどもに対しては怒っていない。
けれど、
そのこどもを監督する責任のある大人
に対して、内心は怒りを感じている。

『親がちゃんと教えんかい!』
と、声には出さずとも思っている。

保護者の側に教えようとしている姿勢が、
少しでも見受けられたら、

『あ~。納得。大変ですね~。』

世間なんてそんなもの。

うまい子育てとは、
保護者だけで孤立しないで、
上手く周囲の人に協力してもらって
”子どもを守る空気の壁”を作ること。

そのためには、
自分の子どもだけの利益を求めてはいけないし、
よその子どもも、守ってあげないといけない。

自分の教育観・保育感に固執しないで
柔軟な心を保てるように、
親はフレッシュでいること。

自分では ”凛” としているつもりでも、
人はそれを『意固地』と呼ぶよ。

むかしは、
”子供を育てるときは、道端の草にでも頭を下げろ”
と習いました。
『我が子は草以下。路傍の石か…。』
とも思いましたが、正解でした。

道端の草や虫からたくさんのことを
教えてもらいましたし、
子どもの所業たるや、小石以下でした(泣)

「私はこめつきバッタのように、
子育て中は頭を下げてまわったわ。」
と言われたお母様もおられました。

でも、子どもさんは皆さん
とても立派に育ちました。

そして、私が
「こめつきバッタってどんなのですか?」
と、たずねたら
「知らない。ペコペコするバッタじゃなあい?」
と、意外と適当なアンサーでした。


皆さまの子育ては、(知りませんが)
たぶん正しい(はず)。

どうぞ、ほどほどで、のんびりゆっくり。
中庸を行かれてください。

また、子どもさんのなかには
何かしら持って生まれてくる
子どももいます。
彼らのためには、親は勿論
周囲の早期理解が一番必要です。

そのためには、
保護者の方が、自分の殻に閉じこもらず、
エイッと勇気を出して、堂々と
周りに援助と理解を求めていただきたい
と思います。

ある意味、子どもはみんな周囲とズレて
苦しい想いをしています。

それが多いか少ないかによって、
目立つか目立たないかが 違うだけです。

周囲とのズレが個性でもあり、
個性を失うことなく人と調和するのが、
おそらくはコミュニケーション。
それは大変難しい。

保護者の人は、わが子を理解して、
周りとの通訳になってあげてほしいと思います。

『おさなごを発見せよ』です。

・・・などと、エラそうなことを申しました。

後悔と懺悔を込めて、お若いかたに
申し上げております。

まだ間に合う人は、がんばって!


③ エスカレーターのマナー
エスカレーターの、右か左か空けて、
急ぐ人が通りますよね。
たまに、ぶつかることもあります。

「失礼。」
という人、日本ではすごく少ない。
(人の前や後ろを通るときでも無言。)

いま、キャリーケースを引く人が多いし、
ご年配の方も増えたので、
エスカレーターで横をすり抜けるのは、
とても危ないと思います。
一列になることで、列も倍の長さになります。

二列で乗った方が安全だと思いますが、
少数意見でしょうね。


④ 自分誉めが多い
「日本は安全で美しい国。」
「国民の素養がすばらしい。」

私もそう思います。
よく笑うし、親切です。

ただ、
”オリンピックなど国際行事が近いと
マスコミなどでナショナリズム高揚の作用が働く”
と聞いたことがあります。

どんなときでも、フェアな視線は必要ではないかしら?

自分が生まれて育った国は、
みんな大事に思うもの。
卑屈にならず、尊大にならず、守っていきたい
と思います。

主人は、
「最近は、中高年の女性の右翼化傾向があるそうだ。」
とボソボソと横で言っています。





by Taseirap | 2015-04-24 07:30 | こどもたち | Comments(0)
メキシコで飛行機に乗っていて、はじめに驚いたことは
着陸したらシートベルトサインが消えないうちに
皆さんサッサと立って、荷物を出して列に並ぶこと。
飛行機はまだ滑走路内を移動しています。

アテンダントさんも注意なし。

日本やアメリカのエアラインでは、あまり見たことのない風景。

メキシコ国内便では、飛行中に通路をウロウロする幼児も見かける。
後ろをママがついて歩いている。
特におとがめなし。

ある人は、
「メキシコの国内便乗継で、遅延はあるとは思っていたけれど
まさかの定刻前発車があって、乗り遅れました。」

そんなことあるの?
たいてい、1時間くらい遅れる国内飛行機。
国内乗継は、みんなが遅れてぐだぐたな日もある。

でも、一旦国際便となると、アエロメヒコはものすごく定刻。
時間順守。
乗客乗員のみなさん、着席して静かに待つ。
外国の空港に余分なお金は払いませんよ!という
きびきびしたセコさを感じる。

日本からL.A.の空港についたデルタ便は、追い風に乗って定刻より
1時間早く到着。
ゲートがいっぱいで使用できないのか、ものすごくゆっくり地上を這う。
そこで時間を浪費してゲートが開くのを待つ。

アナウンスで
「皆様ご着席してお待ちください。
機内で立たれますと安全上、さしつかえがあります。
どうぞ、ご協力ください。」
 -的なアナウンスが流れる。
誰も立たない。
話もない。
とても静かな日本 ⇒ L.Aのデルタ機内。

やっと、空港でおりて乗り換え。
搭乗ゲートが二転三転。
『今日も、ロス空港は忙しいみたいね。』

そして、メキシコのレオン空港行きのデルタ航空に搭乗。

お客さん、にこにこ。子どもも多い。
食事の時間。とても静か。
食事終了。ワイワイがやがや。

レオン空港に着くや否や、ガチャガチャとシートベルトを外して、荷物を取り出す。
でも、通路ではレディーファースト。
小さい男の子でも、良い子で待ってくれる。

空港ではお迎えの人と熱い抱擁。

あー。メキシコだ。
微妙にほっとする。

by Taseirap | 2015-04-23 07:30 | 乗り物 | Comments(4)

デルタ航空

今回の一時帰国、主人の希望でデルタ航空にしました。

デルタは、スカイチームの主力メンバーで、
アエロメヒコも入っています。

なんでも、
スカイチーム加盟しているエアラインは20社。

アエロフロート・ロシア航空、アルゼンチン航空、
アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ航空、
エール・フランス、KLMオランダ航空、
アリタリア航空、デルタ航空、大韓航空、
チャイナ・エアライン、中国東方航空、中国南方航空、
チェコ航空、ガルーダ・インドネシア航空、
ケニア航空、ミドル・イースト航空、
サウディア、タロム航空、ベトナム航空、
廈門航空。

毎日16,323便を運航。
世界177か国。
1052の就航都市だそうです。

日本への帰国便は、
メキシコのレオン空港(BJX)から、
L.A.(ロサンジェルス)へ。
乗り継いで、成田へ。

すべてデルタ航空ですが、
L.A.の空港では
自分で
スーツケースの受け取り&預け入れを
しなくてはいけません。

(アエロメヒコは、スーツケースの移動は
向こうがしてくれました。)

メキシコの在留許可(FM3)を持っているので、
レオンの空港では

メキシコ 出入国カードを、
レオン空港の奥の方の事務所(窓口)に提出。
メキシコに帰ってきたときのために、
入国カード(半券)を受け取り
パスポートに挟む。
その際、FM3の提示も必要。


② カウンターにチェックイン。
パスポートを見せ、エアチケットを受け取り、
スーツケースを預ける。

③ (必要なら)ペソ⇒$ドル 換金。
レートは、アメリカの空港よりバヒオの方が良いので。 

などをします。

飛行機の中では、
アメリカに入るときには、
「アメリカ税関申告書」。
日本に入るときには、
「日本税関申告書」。
メキシコに入るときには、
「メキシコ税関申告書」等を、
主人が書いておりました。

1家族で1枚提出なので、私は書いたことがありません。


乗り継ぎでも、アメリカに入国することになるので、
有効期限のあるESTAも必要ですね。

手の指紋と顔写真は毎回撮られます。
厳重です。

デルタのエコノミー席は、

c0325278_05051463.jpg
こんな感じ


L.A.から成田までは、12時間くらいのフライトを、
この椅子で過ごします。
エコノミー席の一番前列だったので、
足元が広々でとても楽でした。

愚かな我々は飛行機の中で見る映画が好きで、
主人は『るろうに剣心』を2本と
『清須会議』ほか。

私は、『トワイライトささらさや』
『ナイトミュージアム』、『るろうに剣心』ほか。

ふたりとも3本以上みてしまい、
もはやオールナイト上映。

12-7=5
(睡眠はよく寝れて5時間。食事の時間もある。)

メキシコへ戻る便は、ビジネスクラスで
フルフラットになるシートにもかかわらず
また映画をみてしまい・・・。
追い風に乗って、フライト時間が1時間短縮。 
9時間。

でも、
9-7=2

2はまずかった。さすがに。

2時間睡眠だとボーっとする。
これが、そのあとの強烈な
時差ぼけ(Jet Lag)につながりました。

「ビジネスならぐっすり寝れて、
起きたらロスでしたしょう?」
と、メキシコで 旅上手な方から
さわやかに聞かれましたが、

「う。・・・(ごにょごにょ)。」

愚か者と呼んでください。

c0325278_15213998.jpg
よく寝られるはずの
ビジネスクラスのシート



そういえば、
デルタ航空のマイルのプラスティックカードを持っていないので、
成田空港でデルタのクレジットカードを宣伝している人に尋ねたら
「もう出さない。プレミアムクラスの人以外は、紙。」
とのこと。

デルタのクレジットカードを作れば、
「それでチェックインしていただいて、
マイルがすぐに分かりますよ。」

デルタのクレジット・・・。うーん。

この前、雑誌で読んだけれど
8枚分のカード情報を1枚で管理するマルチカード
なるものも出ているそうですね。

エアラインもホテルも交通網も、
1枚のカードにまとまっちゃえば良いのに。

そして、そのカードを忘れて出発してしまう。

きゃあ。あるある。







by Taseirap | 2015-04-22 07:30 | 乗り物 | Comments(0)
初めて、LCC(ローコストキャリー)を利用しました。
いえ、メキシコでもボラリス航空やインテルジェット航空を利用したので、
あながち初めてとはいえないかも?

日本で、春秋航空(スプリング・ジャパン)に乗りました。
http://j.springairlines.com/jp

c0325278_02002019.jpg
運航路線は、広島、佐賀、高松 ⇔ 成田

c0325278_02014157.jpg
シートはきつきつ

c0325278_02050361.jpg
水1杯出てこないが、だれも頼まない (お互いに徹底している)



でも、片道5000円台からあります。
私たちは、ふたりで新幹線ひとり分でした。
つまり半額。& 成田空港までの運賃が不要、ということ。
(ただし、LCCは機内委託手荷物料が高い。”身軽で動け”ってことかな?)

成田空港へ着いたら、そこは『成田第3ターミナル』。
LCC専用ターミナルです。


c0325278_02084547.jpg
成田空港から都心までのアクセスもPR
(でも、これ誤解するよね。バスなら1時間半はかかるし、列車は2470円かかる。)

c0325278_02095936.jpg
ターミナルの中は、まだ建築中? 素材剥き出し倉庫風

c0325278_02114854.jpg
広いイートイン

c0325278_02124994.jpg
『ぼてじゅう』や『長崎ちゃんめん』も出店


c0325278_02164247.jpg
LCCの輪が広がる!


成田空港から、札幌、仙台、新潟、小松、名古屋、大阪、広島、高松、松山、福岡、
大分、佐賀、熊本、鹿児島、奄美大島、那覇。


新しいルート、新しい旅。



* 春秋航空は、ネットで予約して支払いをカードやコンビニでできます。
 他の航空会社と同じですね。
 うちはカード決済にしましたが、カード会社に請求が上がるのが意外と遅いみたい。
 会社などで資料を出す必要がある人は、搭乗後90日まで領収書のPDF保存、
 もしくは印刷ができます。
 春秋航空のHP → 予約の確認 から入って、チェックなさってください。
 

















by Taseirap | 2015-04-21 07:30 | 乗り物 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap