<   2017年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

すごい雷

昨夜から、ずっと雨と雷。
カーテンを引かない窓から、光が漏れて
部屋が明るくなる。

バチっと大きな音と光。
近くに落ちたみたい。

雨がたくさん降ると、夜でも外が白くなるのね。
警報が出たから、朝になったら学校は休みかな?
JRは通常通りに動くかなぁ。

私は、雷とジェットコースターが苦手。
夜の大きな雨音も苦手。

あー、寝られないよぅ。

皆さまのお住まいのところは 大丈夫ですか?
大事ないことを祈ります。


c0325278_17110343.jpg

雨が上がれば、公園の木々も美しいのですが…。

c0325278_17124894.jpg

増えてる!地衣類。


by Taseirap | 2017-06-30 02:18 | 日々の暮らし | Comments(0)

向島洋らんセンター

お花を買いに、『因島フラワーセンター』に
行くつもりが、間違えて
『向島洋らんセンター』
に行ってしまいました!

http://www.urban.ne.jp/home/orchids/index.html

はじめのナビの設定から、
間違えてましたね。
(しかも、それに気がついたのは翌朝。)


ま、いいか。

どうりで、微妙に こじんまりしていると思った!
でも、なかなか面白いところでした。

まず、やたらと胡蝶蘭ばかりある。
それも白が多い。(斎場?)

c0325278_15593366.jpg

バブルの頃は、1本1万円といわれる胡蝶蘭が、
3本立てで、13000円。
市価より安い。

丁寧に育てられた感じです。

c0325278_15595762.jpg

送料¥2800で、全国にも送ってくれるそうです。
胡蝶蘭2鉢で、三万円くらいね。


私もカトレアを1200円で。
切った蘭も200円で購入。

c0325278_16003230.jpg


建物奥の芝生広場では、子供たちが走ります。
カフェもある。

c0325278_16010461.jpg

池には鯉。

c0325278_16013538.jpg


隠れ家にぴったり。





by Taseirap | 2017-06-29 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

瀬戸田(生口島)でランチ

生口島(いくちじま)は、レモンの島。
広島県尾道市瀬戸田町です。

「タコ飯を『万作』で食べる。」
と、主人が言います。

どこで習ってきたのだろう?

最近は、地元の情報番組をテレビでよく見ているので、
意外と情報通です。

瀬戸田の有名な観光地は、
『耕三寺』や『平山郁夫美術館』。

c0325278_14455176.jpg
耕三寺は「西の日光(東照宮)」ともいわれ、
お母様を想う個人が建てた浄土真宗のお寺


c0325278_14462665.jpg
平山郁夫画伯は瀬戸田に生まれました



そこを訪れようともせず、一路『万作』へ。

あらま!

お隣は、タコ料理で有名な『蛸処 憩』。
テレビ局も来ています。
そのまた隣は、『ちどり』。
ここも人気みたい。

この辺りは、ご飯やさんが集中しています。

万作の1300円のタコ飯定食は、

c0325278_14470281.jpg

c0325278_14472619.jpg

お昼にはちょうど良い感じ。


瀬戸田の町並みを散策して、島の静かな暮らしに
想いをはせます。

c0325278_14475345.jpg

c0325278_14482135.jpg

c0325278_14484340.jpg

c0325278_14490166.jpg

c0325278_14492650.jpg

c0325278_14500798.jpg

c0325278_14504485.jpg

c0325278_14511417.jpg

c0325278_14515285.jpg

山の上、塔が見えますか?
向上寺の三重塔。国宝です。

永亨4年(1432年)の建立。
和様をとりいれた禅宗様の手法を用いた塔。
各重に火燈型を配し,勾蘭柱及び藁座など異色ある形式となっている。

ー だそうです。






by Taseirap | 2017-06-28 07:30 | Hiroshima | Comments(2)

ある晴れた日に

ある晴れた日に、しまなみ海道の大三島に行きました。

大山祇神社(おおやまずみ)に、お礼参りです。

『効く』神社というと、大変罰当たりですが、
我が家のお願い事を叶えてくださる、
いや、聞くだけ聞いてくださる、
ありがたい神様です。

すぐにお礼の報告をしないといけませんが、
なかなか行けませんでした。

例によって、忠海港から船で。

c0325278_12593471.jpg


ラビット・アイランド(大久野島)に行く
たくさんの外国人観光客を見送って、
船は盛港へ。

道の駅に車を止めて、大山祇神社へ。

c0325278_13000930.jpg


大山祇神社は、今からおよそ2600年位前、
『神武天皇東征』(南九州から奈良方面へ東征した)
に先駆けて、
御祭神 大山積大神の子孫の小千命が、
先駆者として、伊予二名国(四国)に渡り、
瀬戸内海の治安を司っていたときに、
芸予海峡の要衡である御島(大三島)を 神地と定め、
鎮祭したことが、そのはじまりだそうです。

c0325278_13012954.jpg


c0325278_13022338.jpg


大山積大神は、天照大神の兄で、
建国の大神だそうです。

c0325278_13030191.jpg


本殿、拝殿、宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、
重要文化財。
隣接する宝物館には、国宝多数。

御神木の楠も美しい、静かな神社です。

c0325278_13033127.jpg


『その節はお世話になりました。』
とだけ言うつもりが、お賽銭を準備するうちに
『あ、5円玉がいっぱいある。
5円。ご縁?
長男、次男に良いご縁がありますように。
お仕事、謙虚に努力しますように。
家内安全。健康で…。』

お礼をすっかり忘れてしまいました。

本当は、神社で願い事はしてはいけないそうですね。
『こんな風に過ごしております。』
という報告をするくらいが、よいらしいです。


神様も、どうした煩悩の者かと、驚かれたことでしょう。
いや、小身のすることと、笑っておいでかもしれません。
私も笑ってしまいました。

c0325278_13040188.jpg


道の駅でお野菜をたくさん買って、しまなみ海道で帰りましょう。

c0325278_13524120.jpg



自宅に帰ったら、『神島まんじゅう』と
ヨックモックのシガールで、お茶します。


c0325278_13334570.jpg


旨い。

誰か来ないかな~。





by Taseirap | 2017-06-27 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
JR広島駅の北口、広島お土産コーナーで販売中の
もち菓子のかしはらの『はっさく大福』

c0325278_16353425.jpg

見ると、レモン大福や甘夏大福もある。

これは、これは、食べ比べですね。

c0325278_16361569.jpg

c0325278_16364532.jpg


うー。
お餅が柔らかくって、きれいに切れないよ~。
ゆで卵みたいだ。

さてと。
果肉のゴロッと感は、どれも差がない感じ。
おもちが、ふにゅふにゅと やわらかい。
白餡が上品。

はっさくは、みんなが好きな味。
子どもからお年寄りまで。
絶対エースですね。

レモンは、香りが高い。
さほど酸っぱくない。

甘夏は、一番酸味がある。
個人的には、ベストワン。

息子が帰宅したので、
「美味しいよ。食べんさい。」
と言ったら、
「俺はおやつはいらん。」
「えー!」
「おやつの準備なんか、せんでくれ。

先月まで
「母ちゃん、今日のおやつは?」
と聞いていたのに、急激な進歩。
さすが社会人(?)。

とどめは
「俺のおやつは、俺が買う!」


微妙。
格好良いのか悪いのか?

激しくビミョー (゜_゜;)







More
by Taseirap | 2017-06-25 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

『Cafe mame茶』 again

ドライブがてら、
三次の『Cafe mame 茶』へランチに。

http://mame-cha.com/

豆腐ハンバーグのロコモコ丼と、豆乳のカフェラテ。

c0325278_23010558.jpg

c0325278_23013066.jpg

佐々木豆腐店でお豆腐を買って、
トレッタ三次でお野菜買って、
帰ります。

安さについ、お花も買いました。

c0325278_08512326.jpg

すでに寄せ植えてあるので
鉢に入れただけ




トレッタ三次で初GETした『鮎寿し』は、
家族には不評でした。

c0325278_23023008.jpg

慣れていないので、我々には
ハードルが高すぎたみたい。

鮎の酢じめとシャリの代わりに おから。

お酒のつまみにぴったり合う、
三次の名産品だそうです。
通で粋な人むけ。


鮎釣りは、8月いっぱいできるそうで、
楽しむまれる人も多いことでしょう。

本格的な夏は、もうすぐです。



by Taseirap | 2017-06-24 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

晴れ間の梅雨に

梅雨なのに、さほど雨が降らず。

と思えば、急に どしゃ降り。
新幹線が止まったりして、大変でしたね。

ひさしぶりの雨を浴びて、
散歩道の紫陽花がきれいでした。

c0325278_10030131.jpg

将棋の14歳の少年の連勝記録更新が
楽しみな今日この頃。
下手の横好きのうちの息子も、
棋譜が気になるようです。

「"20手先に生きる一手"とか、ワケわからん。」
プロとアマの差は、絶大です。

c0325278_10042907.jpg

今から10年位前、息子の学校の先輩に
高校生プロ棋士になられた人がいました。
『学業と両立できるのかな~。』
と、心配していたら、
有名国立大へ現役合格。

『さすが頭のできが違うわ。』
と思って、普通に終わるところですが…。


あの頃、金曜日の新幹線のホームで、
彼を見かけたことがありました。

冬の始まりの寒い夜。

学生服で、キャリーバック引いて。
『模試にでも行くのかな?』
と、思っていましたが、
どうやら週末に大阪で対局があるみたい。

付き添いの人もおられず、
夜にひとり 寒風に立つ高校生。

『天賦の才に恵まれるというのも、どうした困難か。
と思いましたが、
これは持たざる者の僻みですね。

本人さんは、いたって普通の表情で、
制服を着たサラリーマンのようにも見え、
冬の夜空の星のように、
ホームで、キラキラ光っていました。

今も活躍されていて、私はひそかに応援しています。




More
by Taseirap | 2017-06-23 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

人生初のコピ・ルアク

妹が、久しぶりに遊びに来て、
お土産は…!

c0325278_19561077.jpg

「お姉ちゃん、ここ知ってる?ニシナ屋珈琲。」

君は、私のブログを全く読んでいないね。

くれたのは、なんと!

c0325278_19580845.jpg

でかした!

インドネシアのジャコウネコが、
コーヒーの、熟した赤い実を食べて、
糞を出す。
でも、コーヒーの豆の部分は、
未消化状態で排出される。

コーヒー豆は、ジャコウネコの体内で、
消化酵素の働きにより、
いくらか発酵して、風味が増す。

その糞を干して、洗って、薄皮を剥いて、できあがり!

それが、コピ・ルアク(ですってよ)。

昔はジャングルで採取していたそうですが、
今は、プランテーションで猫を飼育して、
コピ・ルアクを生産しているそうです。

(現地では、香りだけつけた紛い物も多いそうです。)


わーい。
生きてるうちに、いつかは飲んで
みたかったのよ~ ( 〃▽〃)

薫りがスゴい!
(臭いという意味ではありません。)


妹は、たまに すごく良いものをくれる。

よしよし、お礼にお姉ちゃん秘蔵のレモネードを
飲ませてあげようね。


(おいおい、淹れてやれよ?
大丈夫。彼女も豆を買ったって。)




後日、飲んでみました!

ほおお。
こんな味だったとは…。





by Taseirap | 2017-06-22 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

夏のレモネード

先日、『ナミノリ食堂』でいただいて
感動の美味しさだったレモネード。

c0325278_18124079.jpg

思わずネットで 箱買いしてしまいました。

この夏は、これをちびりちびり。
― の予定が、息子も1日1本飲み始めた!
ライバル出現。


ドルチェ ポップのレモネード は、
シチリア産レモン果汁を10%使用。
微炭酸。

川崎飲料の商品です。

by Taseirap | 2017-06-20 07:30 | おいしいもの | Comments(0)
おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。

最近、スペイン語やレストランでの注文について
調べてくださる方が多いようです。
とても光栄です。

でも、既にご存知かと思いますが、
私はスペイン語はあまりできません。

ただ、実体験で苦労はしたので、
底辺のスペイン語には、強い気もします。

(いや。底辺という時点で、最弱なのですが。)

渡墨前に、ほとんど学習もせずに
『メキシコだって、レストランなら
英語でいけるっしょ。』

いけませんでした

私と同じ苦労をしている皆さま。
お気持ち分かりますよ。

今日は、取り敢えずの単語を載せますね。

まずは、水。
『アグア。agua

私は『おいしい水(agua de beber)』という
ボサノバが大好きです。
ブラジルだからポルトガル語ですが、
スペイン語と響きが似ています。

ベベールは、スペイン語でも
"飲む"という意味ですね。

おいしいは、「リコ。」
「ケ リコ!(なんて美味しい)」
最上級は「リキシモ。」なんですって。

力士も とっても おいしい!( 〃▽〃)



さてさて、本題に戻りましょう。

レストランでは、水は無料ではありません。
Agua(アグア)、Pofavor(ポルファボール)。」
”お水ください”

そして、炭酸(ガス)入りかどうかを聞かれます。

agua con gas (アグア 混:コン ガス)
炭酸入り水=炭酸水 にするか、
agua sin gas(アグア 慎:シン ガス)
炭酸の入っていない水 にするか。

この con(込み)と sin(除く)を、
逆に覚えてしまった人がおられました。

コリアンダー(パクチー:タイ/シラントロ:メキシコ/
香菜シャンツァイ:中国)が大嫌いで、
「必ず『コン シラントロ 』と言うのに、絶対入ってる‼」。

聞いた時に、『あれ?』
と、思ったけれど、そのときの私は、
シンとコンがあやふやだったから、
何も言えなかった。

努力は我のためならず。
他者のために生きる。
(と、怠け心にむち打ち。)

あのとき、私がもっとしっかりしていれば、
あの方のメヒコライフが
もっと楽しくなったのに。
申し訳ない。

話は戻りますが、
「アグア・シン・ガス?」といわれるよりも、
Agua natural(アグア・ナトゥラル /ガスなし)か 、
Agua mineral(アグア・ミネラル /ガスあり)か、
と聞かれる場合が多いでしょう。

日本で「ミネラルウォーター」というと、
普通に軟水が出るから、
「アグア ミネラル、ポルファボール。」
と言って、
やって来たシュワシュワ泡立つ水に、
やっちまった感が、シュワシュワ心に湧く。

私はこれを散々繰返したので、
今では炭酸水が大好きです。

でも、嫌いな人もおられますよね。
そんな時は、
アグア ナトゥラル、ポルファボール。
ですよ。

リモナーダ(レモネード)を頼んだ時も、
炭酸の有無を聞かれますので、お好みで。

この『リモナーダ』も、
「レモネード。」では通じない。
正しい(カタカナ)発音が大事です。
でも、メキシコはアメリカと違って、
聞き取ろうとしてくれる人が多い。
親切です。

ある友人が、
「少し貧しいくらいの人が、一番幸せそうで、
一番優しい。」
と、言っていました。
うちは貧しいし、メキシコに住んだから、
言わんとすることはよく分かる。

とことん貧しいと、優しくはできないけれど、
周囲をみる余裕と感謝の心があるのは、
"少し貧しい"くらいの人なのかも知れません。

自画自賛。

どんどん話がズレていきます。
すみません。

ある奥さまが、
「メキシコって、同じ名前のお店ばかりあると思ったのよ。
扉に『ABRIR』ばっかり書いてある。
あれって、『open』の意味だったのね。」

他の人「そうですよ~。」
私『えー!』
チェーン店じゃないの。

あと、スーパーで
「エッグ egg」が、通じない。
「Huevo(ウェボ)」です。

タバコは、「シガーロ(cigarro)」
チケットは、「ボレト(boleto)」
レストランは、「レスタウランテ(restaurante)」

男性は、電池(pila/bateria)なども
気になるかもしれませんが、
まとめてコス(ト)コに行かれてください。
だいたいなんでもあります。

見たら分かるので、小売店で探す時のような
言葉の苦労もいりません。

単身赴任なら、何人かで行って
分けられたら良いですよ。
一人だと、ちょっと多いですよね。

あと、勉強家の奥さまが、
その家庭の通訳となられるお家が多いですが、
感謝と労いを忘れずに。
語学を身につけるのは、大変な努力です。

奥さまも、ムカつく事があっても、
言葉で助けてあげられるのなら、
ケチらずに。

仲良ししてくださいね。
健康に気を付けて。

c0325278_00201108.jpg
「アルゴ マス?(他に何かいる?)」
も、よく聞かれたな~。

「エス トド。(それだけです)」
で、良かったのか!

なーんだ(о´∀`о)

「ナダ マス。(no more )」
でも良いよね。






幸いなるかな
by Taseirap | 2017-06-19 07:30 | スペイン語 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap