Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
<   2017年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
長男の友だち
先日、27歳の息子の友人が、遊びに来てくれました。

もう結婚されていて、赤ちゃんもいるそうです。
家も新築。

人生の駒がキチンと進んでおられて、
まぶしい!

うちの子と どこがどう違うのか?
じっくり拝見
する間もなく、気がつく。

話が上手!
爽やか。賢い。
(ついでに、イケメン。)

思ったことを素直に話せて、説明も的確。
おばちゃん、びっくりよ。

うちの子達は、基本的に口数が少ない。
お礼をいう場面でも
「あ、どもども。」
シャイともいえるけれど、内弁慶。

次男は、
「俺がしゃっきり話そうとしても、相手が
『あ、エエよ。エエよ。』の空気を出すから
遠慮するんじゃ。」

そんなに空気を読めたっけ?

頑張って躾けたつもりだったけれど、
全て大学で消えたよね。
(と、他人のせいにする。)

『まあ、親も親だから遺伝か。悪かったね。』
とも思う。

人は人。
自分は自分。

でも、人は立派だわ~。

どうぞ末永くお幸せに。
うちの子も見捨てないでやってね。


c0325278_18352427.jpg



by Taseirap | 2017-08-17 07:30 | こどもたち | Comments(0)
東広島プラザ
西条プラザの跡地に、スーパーのハローズが出店。
工事もだいぶん進んでいるみたい。

全体のカバー(?)はかかっているものの、
屋上の『ハローズ』の看板はよく見える。
どうやら10月5日にオープンするみたい。

あと、2ヶ月弱。
名前は『東広島プラザ』。
(仮称かな?)

福屋も戻るらしい。
他のお店も戻るのかな?


今年の酒まつりが その週末にあるので、
それまでにはオープンさせようという
意志が伝わる。

残暑厳しいなか、工事の方は大変ですね。
熱中症にならないようにね。


ハローズは、365日24時間営業。
近隣型SCが特徴。

地元民は楽しみにしておりますよ。
良いの作ってくださいね。
座るところ、たくさんお願い。



西条駅前には、ローソンも工事中。
なぜか、みんな 酒まつりを目指しています。

(そんなに儲かるのかなあ~?)




by Taseirap | 2017-08-16 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)
夏の大掃除
昨年末、友人と話していて
「寒くて、大掃除が辛いわ。窓磨きが凍える。
と言ったら、
「大掃除は夏よ。夏にするのよ、最近は。」

そっかー。
そうしようかな。

で、夏になりました。

先ずは、水回り。
お風呂掃除は、冬に比べて格段に楽!
シャワーのお水をかぶっても、
全く寒くない。

50肩もそこそこ治って、うれしく働く。

自宅が最近やっとこ
プロパンガスから都市ガスに替わったので、
レンジ台も新しく、汚れもまだあまりない。

うふふ♪ 気分よし。

以前は、使用洗剤を 場所によって
変えたりしていたけれど、最近は
セスキ炭酸ソーダ(を、自分で作らず生協で買う)と
メラミンスポンジ(激オチくん)と、
古きれ。

洗剤の断捨離を目指しています。

ルンバと一緒に、埃とり。
「ルンちゃんは床をやってね。ママは棚よ。」
逆らわず起動。
息子より使える。

「あー、どうしたの?からまったの?」
メキシコのラグのフリンジが鬼門。
しょっちゅう、ガッガッと吐き出そうとする。

猫みたい。


窓も磨いて、カーテン洗って、
エアコン洗って、ベランダ片付けて、
家族に雑誌と新聞括らせて、
冬物衣類処分して、と。

一見順調そうだけれど、
すぐに電池切れ。
身体が疲れっちゃって動きません。


まだ、ワックスをかけないといけない。
壁紙も埃とりしないと。
照明器具と、下駄箱。
網戸も張り替えたいけど。


暑い!
もう少し涼しくなったら…。

あ、ダメダメ。
また冬になるー。


先生の家庭訪問がなくなって、久しい。
すっかりダレちゃっていけないわ。
あれはある意味、気合いが入って良かったわ。

c0325278_20334412.jpg

スタバで S'more crispy marshmallow を、
ぐいっと。

消費カロリーを取り戻す (ノ_<。)





by Taseirap | 2017-08-14 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
1-0
野球は 1-0 が面白い。
…とは聞くけれど、緊張する。

打線が夏バテ気味のカープ打線。
疲れるときもありますよね。


野球の試合をみていると、変な連想しちゃって。

旦那さまが3点(3万円)儲けてきて、
奥さまが4点(4万円)使っちゃて。

3-4

「あなたー。どうしましょう?」
「えー。しょうがないなあ。はい、2点。」
「助かる~!さすが旦那さまね。」

5-4

「これで今月は最後まで頼むよ。」
「はーい。」

あ、打たれた!
3点。

5-7

「お金が全然足りないわ。」
「お前、遣いすぎだぞ (T_T)」
「2アウトからが勝負よ。必死で応援するから!」

やった~!サヨナラだ。

「次はこんなことないようにね。」
「わかってるってば。」



次の日、初回で5点。

どうせっちゅうんや?

「でも、よそのご家庭もこんなもんよ。」
「そうかなー?」
「ファイトよ q(^-^q)」



思えば、川口さんとか大野さんとか、
糟糠の妻が多かったカープ。

めちゃくちゃ遣り繰り上手なのに、
夫に全くお金をもらえず 見殺し。

これも廻り合わせなのか?




所謂ひとつの主婦目線でしょうか。









by Taseirap | 2017-08-13 11:42 | どうでもよい話 | Comments(0)
『リュラル』のパン
以前は、西条栄町にあった『リュラル』。

西条プラザの閉店とともに、
元の店舗に戻られました。

遠くなっちゃった。

でも、近くにお住まいの方や、
国道375で三次や松江方面に行く時には、
ラッキー。
リュラルのパンは、安くて美味しいですよね。

しっかり食べごたえがあり、種類も豊富。
"お総菜パン"と呼ぶのが惜しいくらい
レベル高。

夏旅の朝御飯にできますね。

c0325278_17255878.jpg

c0325278_17262310.jpg



こういうパンを自宅で食べていると、
『日本はほんとうに豊かだなあ~。』
と思います。

選択肢がある幸せ。

そんな国ばかりではありませんよね。
平和な今と豊かな土地に、毎日感謝しています。



c0325278_17264576.jpg




☆『リュラル・ブーランジェ』
東広島市豊栄町清武385-1
10:00-18:00
(土)(日)(祝)8:00-18:00

(月)(火)はお休み




by Taseirap | 2017-08-11 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)
『豊栄くらす』
『豊栄くらす』に行きましたよ。

古い納屋のリノベーションでしょうか、
素敵な内装です。

c0325278_20542095.jpg
国道375号線沿い


廿日市の『LECT』にも、ありますね。
姉妹店だそうです。
料理の傾向はちがうそうです。

お昼のランチは、2種類。1490円。
前菜とスープは一緒。

c0325278_20554414.jpg
左は、ゴボウ茶 


c0325278_20560298.jpg
玉ねぎをきかせたビシソワーズ


メインは、焼カレーか、ローストビーフ。
(コーヒーとデザートも追加できます。)


私は黒板の"クコの実入り"に惹かれて
里山薬膳カレーをセレクト。

c0325278_20544376.jpg
イラスト上手!




c0325278_20550935.jpg
器ごと直火調理だからグツグツ状態

周囲はトマトカレー、中央はキーマカレー



店内は、可愛い雑貨もあり、食器もあり、
オオサンショウウオの説明もあり。

c0325278_20563598.jpg
桐の野菜ストッカー


c0325278_20565540.jpg
波佐見焼き 可愛い


c0325278_20571257.jpg

箸置きが好きな人って、かなりの確率で
ブローチも好きじゃない?


c0325278_20573408.jpg
出た!

意外と目が小さい。




盛りだくさん。
次は、カフェで来たいなー。




☆『豊栄くらす』
東広島市豊栄町清武352-1
082(432)4500

営業時間 10:30-17:00
ランチ 11:00-14:00
カフェ 14:00-17:00
(火)(水)は、お休み

by Taseirap | 2017-08-10 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)
たまご
「物価の優等生」たまご。
最近は結構高い気もします。

でも、そこまでたくさんは食べないから
たまに奮発したりもする。

隠れ贅沢食材。

c0325278_20033854.jpg

東広島市では、福富町の『はやしの卵』が有名。
そして、豊栄町の『高光養鶏場』。

高光さんは、国道沿いに、たまごの自販機も
出しておられます。
(初めて見たときは、ほんとうにびっくりした。)

今日は、豊栄 味じまん 生たまご
1パック ¥400

息子に「凄いでしょう!」と自慢したら、
「俺は 6個で1000円のを知っている。」

知っているだけだけじゃない。

c0325278_20040882.jpg

このたまごは、解放鶏舎自然卵。
飼料は、牡蠣殻・昆布粉を混合。

高光のたまごは、道の駅にも置いてあります。
これは、『豊栄くらす』でもとめました。


滋味。臭みがない。
卵かけご飯で「いただきま~す。」

(さて、家族は違いに気がつくかな?)



by Taseirap | 2017-08-09 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)
夏休みの昼ごはん
社会人の息子が、平日にお休みをいただきました。

チャンス! とばかり、
どこかにランチに行きたいのですが、
勿論 息子はとても嫌がり…。

結果、暑さをものともせず、
ひたすら寝ています。

風が通れば、気温が少々高くても、
若い人は寝られるみたい。
私も真似して寝ようとしますが、
アイスノンをしてもそうそう寝られません。

『死んだのか?』と思うくらい寝て、
ふらっと起きてきて
「ご飯は?」

わ、懐かしい。
中学生みたいだ。

手抜き 焼き鳥丼を作りました。
豆腐、しめじ、目玉焼き入り。

c0325278_17583385.jpg

わさわさと食べて、また寝ます。

たぶん、夜にふらっと出かけるのでしょう。
南国の暮らしぶり。

宿題のなくなった夏休みだね。


04年、8月の終わりごろ。
夕食後、泣きつかれて中1の次男の
宿題の手伝い。
ポスターを描かねば、という。

テーマについて話し合い、
ネットで近い物を探し、イメージをふくらませ、
大体の構図を決めて、下書き。
絵の具で色をつくる。

時間がないのに、小さくこだわる。
だから、初動が重くなるのかもしれない。


夜もふけて、
「お母さんは、もう眠いから寝ます。」

「母ちゃん。そんなこと言うな。
テレビで野口さんが走るんよ。
金メダルかもよ。
母ちゃんが応援しないと負けるよ。」

(激昂することなく、淡々と説得する。)

「負けても良いー。もう眠い。」

「ぼくたちのゴールは、どうするん?
もう 夏休みが終わるんよ。」
と、習字道具を出してくる息子。

「野口さんのゴールとぼくたちのゴールは、
どっちが早いかね?母ちゃん。(ガサゴソ)」

あなた。
どれだけ宿題残ってるの?
やってもやっても終わらないじゃないの!
(激昂)

この窮地を招いたそもそもの原因には
決して触れさせず、
『We』で問題解決を探る息子。
どこの社長や?
絶妙に「母ちゃん。」をはさみ、起こす。

野口みずき選手はアテネを走る。
次男と私は宿題地獄を走る。
主人は
「大変じゃのー。」
と、さっさと寝た。

「あれ?まだ寝ないの?」
と、高1の長男がお茶を飲みに起きてきた。

思えば、長男はいつも自分ひとりで
宿題片付けていたなぁ。
育て方じゃなくて、もって生まれたものだと思う。

『こいつも何かに使えないか?』
と、目を光らせる次男の殺気を感じてか
「じゃ、おやすみ~。」
と、そそくさと帰っていく。

「兄ちゃん、金メダル見んの~?」
の、すがる声は無視。


結局、ゴールを見て、朝日をあびて、
寝ました。
宿題はまだ終わりません。


完走しても、メダルなし。










by Taseirap | 2017-08-08 07:30 | こどもたち | Comments(0)
ひとつ200円のクロワッサン
八丁堀のデパ地下で買った『三日月』クロワッサン。
冷凍です。
(3週間保存可能)

c0325278_11251764.jpg

焼きましょう!

c0325278_11264431.jpg

c0325278_11270899.jpg


表は パリパリ。
なかも しっとりサクサク。
バターの風味が、パリに誘う。

旨い!

あ、ミルクティ淹れよう。




☆『三日月屋 ㈲a.crescent』
‎www.mikadukiya.com/list/

北九州市若松区北浜1丁目2-24
Http://www.mikadukiya.com
地方発送あり








More
by Taseirap | 2017-08-07 07:30 | おいしいもの | Comments(0)
竹を切る人
テレビを見ていたら、竹を切るシーンがあって
地上1メートルくらいのところを
地面と水平に伐っている。

「ずいぶん上の方を伐るのね。」
「そうだぞ。竹は高く伐るんだ。」

偉そうな主人は、お友だちのお父さんに
教えてもらったらしい。


竹を切る人といえば、竹とりの翁。
かぐや姫の発見者。

イメージとしては、光る竹の
地面あたりを 斜めにバッサリ。

でも、竹を本当にそんな風に切ったら、危険!

今後 更に老齢化したおじいさんは、
藪で爪突(つまづ)いて転んで…。


世界最古の物話ともいわれる『竹取物語』。
でも、昔の子どもの想像は、
今とはかなり違うのかもしれない。

"もと光る竹なむ 一筋ありける"
"あやしがりて よりて見るに"


お爺さんは、竹の根元を「やあっ。」と
明るくバッサリきったわけではなく、
静かに近寄って、恐々と覗きこむ感じ。

静かに、じーっと上から見つめるお爺さん。


c0325278_22292419.jpg
「わ。姫じゃ!どうしよう。どうしよう。」
と、慌てるおじいさん。








山陰の銘菓『どじょう掬いまんじゅう』です。








by Taseirap | 2017-08-04 07:30 | どうでもよい話 | Comments(0)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
長男の友だち
at 2017-08-17 07:30
東広島プラザ
at 2017-08-16 07:30
夏の大掃除
at 2017-08-14 07:30
1-0
at 2017-08-13 11:42
『リュラル』のパン
at 2017-08-11 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧