Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
サンミゲル 教会
サンミゲルを歩くときに中心となるのが『サンミゲル教区教会』。
街のシンボルかつ中心です。

c0325278_09293833.jpg
もちろんいまも現役の教会です


サンミゲルは、1542年サンフランシスコ会の修道士「サンミゲル」さんによって、
湿地帯を見下ろす丘の上に『サンミゲル・デ・エルグランデ』という町としてスタートしました。

20世紀近くまで町はこの名前でしたが、メキシコ独立戦争(300年にわたるスペインの植民地支配からの独立運動と戦争)の時の英雄「アジェンデ」さんの出身地だったので、その後、町の名前を『サンミゲル・デ・アジェンデ』に変えました。

『サンミゲル教区教会』は、宣教師がヨーロッパから持参した絵葉書を頼りに、
名もない先住民の職人が設計し(!?)、
19世紀にフランシスコ会の教会として完成。(よかったね。)

ゴシック調なれど、メキシコ産のピンクの石材が
すべてをメキシコ色に染めている気がします。
ヨーロッパの教会となんか違いますよね。私は好きですけれど。


この教会のほかにも
サンフェリペ・ネリ教会(1714~)。
こちらは、メキシコの聖母グアダルーペを奉り、
『農民の家(Casa de Capesino)』ともいわれているそうです。

そのほかにも3つ教会があります。

c0325278_10092998.jpg
街並み



丘のてっぺんに『サンミゲル教区教会』が でーん。
その前に、樹木と物売りがいっぱいのソカロ(公園)。
教会を中心に丘の東西南北で位置を考えれば、道に迷いません。
(わたしは、方向音痴で何度も気分が悪くなりました。トホホ)

c0325278_23125489.jpg
道に迷って ふと見上げて 出会った花








# by Taseirap | 2014-02-15 09:26 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(2)
サンミゲル 街歩き 
サンミゲル・デ・アジェンデは我が家から車で1時間半くらいのところにある世界遺産の街。
”メキシコ人が国内旅行したい街のNO.1”に選ばれたり、
リタイアメントしたアメリカ人にも人気の街らしいです。

実際、あちらこちらで英語が話され、たくさんの外国人観光客を見かけます。
美術学校があるせいか、街全体に芸術っぽい雰囲気があります。

c0325278_08590212.jpg
坂の上から



石畳の細い路地にたくさんのギャラリーやレストラン、カフェ、ホテル。

c0325278_09012971.jpg
ホテル『Casa de Sierra Nevada 』中庭のレストラン

ここでは、かなりたくさんのお店の人が、たとえ片言でも英語を話します。
メキシコは公立学校で英語を教えませんから、英語を話す人がそんなにはいません。
だから、チョコレート屋さんで店員さんが英語で対応してくれた時には、少しびっくり。

c0325278_09062506.jpg
細い道を大きなバスが走り回ってます


観光警察官の姿も見かけますが、お年寄りやこども、犬を連れて散歩する人の姿が多いので
なんとなく安心します。

同じような世界遺産の街グアナファトよりも、より田舎にあるので、ここに来るまでのドライブは
田畑や山、馬や牛と青空、壊れた水道橋、高台から見下ろす湖。
メキシコ中央高原の自然が満喫でき、ちょうどよい気分転換になります。

c0325278_09215296.jpg
ピンクの教会は『サンミゲル教区教会』








# by Taseirap | 2014-02-14 05:43 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)
これが貧乏だ!
私の愛するびんぼう。

c0325278_08233437.jpg
これがBIMBOだ!

あれ、可愛いシロクマしか目に入ってなかったけど、
サッカー選手の写真入り。
”サッカー選手も食べています。みんなで元気になろうぜっ!”って感じね。


そしてこれがご近所の奥様お手製の

c0325278_08280176.jpg
手作りアンパンだ!!!!!

中身は『御座候』の餡子だそうです。
旨い!!!!!
すぐに一個ペロリ。すぐに喉を通るわ~。
無抵抗。
こうしてみると、日頃どれだけ おっかなびっくり 物を食していたかが分かります。
無意識レベルですが、いつも安全かどうかを気にしていたようです。
なんだか久しぶりにおいしいパンをいただきました。

そうかー、
世の中の奥様方はこんなおいしいもので旦那様を喜ばしているのか・・・。
海より深く反省。(一瞬)

これにくらべたら、私の至高の味 BIMBOはそこそこかなぁ。
でもいいんだ!

c0325278_08323829.jpg
BIMBOパン用ケース

愛するBIMBOのために専用ケースまで買いました。
意外とこのケースが高かった。びっくり。
買った理由は”乾燥防止”です。すぐに、パサパサのカチコチになるから。



☆メキシコnote:メキシコで不要のもの=乾燥剤
  食べかけのポテトチップス、そのままにしていても湿気ませんよ~。
  (でも習慣でついクリップしてしまう。)


ただねー、このパン
実は、いつもでもかびないのよ。
いつまでも いつまでも・・・。












# by Taseirap | 2014-02-13 08:13 | おいしいもの | Comments(2)
イラプアトの郵便局 おまけ
後日、無事に切手は買えました。

正確には、切手ではなくシール。
かなり大きくペタッと張るもので、あて名が隠れそう・・・。
仕方ないので、ちょっぴり絵葉書の裏側に折り返しました。

「もう2枚ください。」と言ってもダメ。
日付入りシールだからだめなのかもね。

ほんとに、日本までは15ペソでした(!)
だって、メキシコの人、いつもとても親切なんだけど、
ひんぱんに たまに嘘教えてくれるから・・・。

これで、運が良ければ1か月後に弟、妹のところに届くでしょう。

こちらでは、郵便も荷物も
『日本まで行けばあとは何とかなる。』
という認識。
日本の郵貯の信頼感は抜群です。
スピード、正確さ、盗人がいないところ。

そして、システムダウンはあったけど、メキシコの郵便局も感じよし。
とてもフレンドリーでお客さんと雑談したり・・・。

メキシコに来て思うのは、どうしてどうして
なかなか素晴らしい国じゃないの!ってこと。

なのに、ときどき良くない評判を聞くと、
いったい、誰がいけないんだ?と、思う。

どの国も庶民は誠実に毎日がんばっているのです。
うちのパパも毎日ほんとよれよれ バリバリ仕事しています。
へへへ。

c0325278_11455001.jpg
イラプアトのCORREOS(郵便局)









# by Taseirap | 2014-02-12 06:45 | イラプアト | Comments(0)
イラプアトの郵便局
船便がやっと着き『住所録に家族や友人のメールアドレスを書いたはず。』
とみてみたら、はじめの2人くらいしか書いてない。
「なんでー!?」と絶叫。

あ、そうか。『携帯電話で見たら良いや。』と思って
途中で、いやすぐに 書くの止めたんだった。

でも、携帯を解約したらシム(?)を取られて、携帯はホワイトアウト。
がっかりして日本に置いてきてしまった。
持って来ればよかった、と後悔。

とりあえず、連絡できるところにはして、
弟と妹には葉書を書きました。古典的。

次は郵便局探しだ!
・・・よく分からない。

イラプアトのセントロにある、という噂。
地元をよく知るドライバーさんをお願いして、ちょっと行ってみるか。

ドライバーさんに
「イラプアトのセントロの郵便局に連れて行ってください。」
「Si.」

すると、本当にありました!
(無敵のドライバーさんもなぜか人に聞いていたけれど・・・?)

セントロとは、昔の中心地、市街地を指すらしいのですが、だいたい
教会と噴水のあるような広場と公園があって、
その周りをずらりと取り囲むようにメルカド(市場)や
デパート、ホテルがあります。
屋台もたくさん出ています。

その一角に黄緑色とピンクのペイントをした建物。
鳩が手紙を咥えたイラスト。ここが郵便局だ!

c0325278_08230864.jpg
中はこんな感じ

c0325278_08320170.jpg
がらんとして人がいない


前の人の話が長い。やっと順番が来て
「切手をください。」
と、葉書をひらひらさせると
切手はありません。」
「No??? No stamps?? no?」
「No!」

見れば、パソコンの画面がフリーズしている。
(ん?もしやあれはウィンドウズ98?)
”システムダウン”の使い慣れた張り紙が見える。

親切なお兄さんが英語で、
「日本までの切手は15ペソだって。」
と教えてくれた。
・・・ありがとう。

”ホテルのフロントに切手がある”という噂も思い出し、次はホテルに
行ってみました。

フロントの人は笑顔で
「郵便局に行ってみてごらん。」

・・・ですよね!


セントロの屋台で果物を買いました。

c0325278_08460031.jpg
くやしいから郵便局のある方向を隠してやる

c0325278_08482604.jpg
Order ”くだもの全種類入れて レモンとチリかける” で
メキシコの青空に乾杯!
空だけはいつも青いぜ mexico! (泣く)





後述:

『イラプアトの郵便局』
で検索してくださる方が意外とおられるので、
場所について。

郵便局は、イラプアトのセントロの広場に面して”裏口”があります。
バスの発着所と青空駐車場の後方です。
隣は電話の会社だったような・・・。
(”表玄関”は一般道路に面しています。)
   
とりあえず、タクシーに乗って連れて行ってもらうと、早いかも。

「A Centro de Irapuato,porfavor.」
(イラプアトのセントロへお願いします)

運転手さんが知らなかったら、
セントロで道行く人か、お店の店員さんに

「Donde esta la oficinade correos?」
(郵便局はどこですか?)

と尋ねたら、すぐにわかると思います。


わたしは、スペイン語が×なので、道を尋ねるときはもはや無頼者。

「ドンデ エスタ コレオ?」
「ドンデ エスタ ○○?」

男性名詞も女性名詞も関係なし。

でも、向こうも
「げっ、アジア人?」
と若干身構えているので、単語の
「ドンデ(どこに)」「コレオ(郵便)」
の方が分かりやすいようです。


ちなみに、レストラン『サンボーンズ』はなかなか通じず、
やっと通じたら
「さぼうず(茶坊主)」
と発音されました。
 
あ~あ。日暮れて道遠し。
  



















# by Taseirap | 2014-02-11 09:10 | イラプアト | Comments(0)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
鰻重! が、なかった?..
by Taseirap at 14:26
万作!私たちも参りました..
by ティラミス at 09:46
そうなのですか! 知ら..
by Taseirap at 22:06
うわおー!! 当選おめ..
by ティラミス at 11:23
良いですね~。 的場は..
by Taseirap at 06:51
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
向島洋らんセンター
at 2017-06-29 07:30
瀬戸田(生口島)でランチ
at 2017-06-28 07:30
ある晴れた日に
at 2017-06-27 07:30
食べ比べ3種 もち菓子のかし..
at 2017-06-25 07:30
『Cafe mame茶』 a..
at 2017-06-24 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧