セント・トーマス島

水曜日はセント・トーマス島(米領バージン諸島)。

セント・マーチンからは116.40NM(2155.728㎞)。
一晩で着く距離。
朝8時から夕方4時まで滞在。
船への帰還は、出航30分前の午後3時30分です。

c0325278_02131293.jpg
セント・トーマスは島の高台まで家がある


予約したツアーは
『セントジョンビーチでシュノーケル&カタマラン航行&シャンパン』。

人生初のシュノーケリング(ドキドキ)。

c0325278_02192897.jpg
港からは島バスで移動

c0325278_02175921.jpg
ハーバーについたら

c0325278_02161428.jpg
カタマラン(双胴船)に乗る

(これはよその人の船)

c0325278_02242505.jpg
船のクルーは3人

レゲエのお兄さんはめっちゃ働き者!

c0325278_02264329.jpg
港を離れて

c0325278_02275944.jpg
ビーチにむかう



泳げないうえに閉所恐怖症気味のわたし。
なのに申し込んでしまったシュノーケリング・・・。
結果としては、何とかなった。

”案ずるよりうむがやすし”
私なんかができるのだから、きっとだれでもできる。

救命胴衣とシュノーケリングとフィンを着けて、
希望者は発泡スチロール(?)の浮具を借りて
30メートルくらいの沖に停めたカタマランから
海にそろそろと入る。


心配した呼吸も意外と楽。
水がきれいで、小魚もお魚も見えました。
ビーチまで泳ぎ着けば、砂の上でのんびりお昼寝。

目の前に、大きい鳥が飛んできた。
魚をすくってすぐに飛び立つ。

ペリカンだった。



帰る時間になったら、ボートから合図があり、
またバシャバシャと泳いで沖に向かう。

船上では、シャンパン(少量)とラムパンチ(大量)がお出迎え。



主人は今回の旅行中、一番楽しかったのが
このシュノーケリングだそうです。


カタマラン船は船体が安定していて
波のスピードで走ったり、
帆を上げてスピードをあげたり
自由自在。

涼しい海の風と暖かいカリブの日差し。
とても気持ち良い。

これがヨットとかなら また遥かに
スピードがでることでしょう。




帰りの海で、シャンパンを飲みながらふと思い出した。

わたしの通った高校にはボート部があって
友達が入っていた。

ボートをこぐ練習で、毎日
「背筋が痛い。」
と言っていた。

・・・なんだか全く違う世界。


でも、あれはあれで 
とてもうらやましい世界だったな。
























# by Taseirap | 2014-04-15 02:02 | カリブ海クルーズ | Comments(0)
久しぶりに映画に行きました。

レオンのデパート『リベルプール(アルタシア)』
にある『シネポリス』。

平日の木曜日。
映画館もデパートもコスコもガラガラです。
土日になると どこもすごい混みようなのですが、ウソみたいです。

ジュリア・ロバーツの『8月の家族たち』を見たかった
マダム(年齢)2人組。

朝10:30スタートのが1回だけ上映。
もう2時だしムリムリ。

そこで、時間的にちょうど良く、
音声は英語・スペイン語字幕の
『Divergent(ダイバー ジェント)』

んー。これ なにかねえ?

開けてびっくり。

近未来のシカゴを舞台にしたマックステンションの映画でした。
(自分たちから一番遠いところへ来ちゃったよ。)

内容は、は~怖かった。
というか 緊張した。

主演はシャイリーン・ウッドリーという女優さん。
日本では、角川書店から
『ダイバー・ジェント 異端者』(ベロニカ・ロス著)
が出てるそうです。

日本では7月上映予定だそうです。

よくできた映画でした。

でも、ヒーローの名前”4(Four)”を、
字幕で”クワトロ”にしていた。

…なんか違うんじゃないかな?

どう思います? 
名前を音で取るか、意味で取るか。
字幕は数字で”4(Four )”と出した方が良かった気がする。

同じようにしたら、日本では字幕は
”四(よん)”となるでしょうか?
翻訳者のセンスですね。

くふふ、楽しみ。


などと言いながら、自分が見た映画も
その場では いまいち分からなくて、
後でかさこそとインターネットで調べる哀しさ・・・。

以前見た『アナと雪の女王』も、
こちらの題名は『Frozen』ですから。


ところで、今回の映画料金は50ペソ(400円)。
そして、なぜか こんなのもらいました。

c0325278_07115287.jpg
再入場券?


これを持って行って、少し料金を足したら、
また見られるそうです。

へー、そんなシステムがあるんだ。

(まさか、また50ペソとは言わないでしょうね!
言ったら怒るわよ。)


お若い方はご存じないかもしれませんが、
昔 日本では映画は一回入場したら ずーっと居れたんです。
映画館の中に。

大体2本上映で、メイン映画ととサブ映画。
それが繰り返し上映されるので、好きな人は
朝から晩まで居たのではないでしょうか?

観客の入れ替えなんて、特に無かったように思います。

一度で見きれなかった部分を、
二回目で確認して、納得したら途中で出る、
なんてこともしていました。
(こだわる人はね。)

オールナイト上映もあって、
夜通し映画見るのはかなり疲れて
だいたい夜中3時ごろの映画は見ていません。

ほんとは一番それが見たかったのに、
目が開かず 見逃してしまう残念さ。

初めてオールナイトの映画に行ったときは、
映画より自由の醍醐味の方がうれしくて
大人になった気がしました。

けれど、翌日があまりに疲れるので、
結局2~3回 行ったか行かないかでやめました。


自由より睡眠をとってしまいました。



追伸: 

調子づいて、土曜日に『Rio2』を見に行きました。
ディズニー映画。
すっかり、ブラジルに行った気になりました。
料金は1人70ペソ以上。

土日は高いのかな?

ちなみに、上の写真のチケットは
レオンのシネポリスでのみ使用可とのこと。

再入場の場合の料金を尋ねたら
「79ペソです。」

はあ? 

まさかの初回越え。システム不明。



追追伸:

しかし、なぜだろう。
夫とみるより女友達と見るほうが楽しめる。

中高年はそんなお年頃。










# by Taseirap | 2014-04-13 06:43 | 日々の暮らし | Comments(2)
ビーチにずっといたかったものの、
帰りのバスの時間が決まっていました。

デッキチェアでアロエべらを使って
フットマッサージをしてくれたお姉さんは

「今度はね、
クルーズのオプショナルツアーじゃなくて、
自分で島タクシーを使って
ビーチに来たら良いわよ。
出航まで、好きなだけいれるでしょう?」

と、言っていました。

うん、そうだね~。

c0325278_08381383.jpg

白い砂がきれいなビーチ


バスでダウンタウンまで戻って街歩き。

c0325278_08302341.jpg

海沿いのストリート


そういえば、
『すごくおいしいチョコレート屋さんが
あるって噂を聞いたなぁ~。』
と思い出してふらふらしていると

c0325278_08225943.jpg

それらしきお店


オールドストリートにある
『The Belgian Chocolate Box』。
ベルギーチョコレート?

中に入ってみると、
「うちは島で唯一のチョコレート屋さんだ。」
と言います。

ではさっそく。

c0325278_08272149.jpg

おぉ、ひなにはまれなチョコレート!



そのお向かいにはアロエを使った自然派化粧品のお店。

c0325278_08354049.jpg

カリブの島でつくっているそう


ダメもとで購入してみたら、
あら?意外とよかった。

c0325278_08422268.jpg

メキシコでも買えるそうだけど、どこで?


赤くなった主人の背中に、惜しげもなく
(安いので)
塗ってあげました。
おかげで日焼けあとが、ぜんぜん痛くならなかったそうです。

c0325278_08461469.jpg
ハーバーや

c0325278_08471412.jpg
お花

c0325278_08481747.jpg
砂の上に咲く

c0325278_08505749.jpg

教会も


さっきビーチで気楽にココナッツを
売っていたレゲエのおじいさんが、
なぜか似顔絵を描いている。

よく似た別人? 
でも、服も一緒みたい。


セント・マーチンは、美しく豊かでちょっぴり謎な島でした。

















# by Taseirap | 2014-04-12 05:12 | カリブ海クルーズ | Comments(0)
港からは、フォードのトラックの後ろに座席車をくっつけた
島のバスに乗って移動。

c0325278_05510881.jpg
フランス領の風景



c0325278_01161361.jpg
道ばたの美味しそうな果物屋


フランス領の港からオランダ領のビーチまで、30分くらいで到着。


c0325278_05304979.jpg
空ではパラセーリング


c0325278_05543753.jpg
真冬のカナダ、アラスカ、アメリカのミズーリ州から来た人も


c0325278_05341767.jpg

休んでいるとレゲエ風の髪のおじいさんが
「♪ココナ~ッツ。」
と歌いながら
手押し車にココナッツを山盛りのせてやってくる



ビキニの上を着ていない若い女性も優雅に歩いていた!
(no photography )


c0325278_05282840.jpg

今日も快晴


お腹がすいたら、ビーチハウスでランチ。

c0325278_09022972.jpg
ヤシの木陰のテーブル


マヒマヒ、チキンからあげ、スペアリブ、ステーキの4種類
からセレクトします。

c0325278_05250283.jpg
これがマヒマヒ(白身魚のソースかけ)

c0325278_05412465.jpg
冷えたワイン



お腹いっぱい食べたら また海で遊んで。


帰りたくなくなる。


# by Taseirap | 2014-04-11 02:40 | カリブ海クルーズ | Comments(0)

セント・マーチン島の港

火曜日。

いよいよ初の寄港地フィリップスバーグ、
セント・マーチン(Philipsburg St.Maarten) に
上陸です。

c0325278_11384094.jpg
島影がだんだん近づいてくる

c0325278_11062990.jpg
朝日を浴びるセント・マーチン島

(『黄金山 IN 広島市』みたい)



c0325278_11110210.jpg
『ディズニー シップ』と『ゲッタウェイ』

c0325278_11154215.jpg
その向こうにももう2隻


波止場は巨大クルーズシップの展示場みたいです。
シップに興味のある方、雑な撮影ですみません。

ここの港は、船の前方に立って船全体を入れて撮影するのに良いポイントかもしれません。
4隻は必ず停泊します。

思わぬところからデッキが出てきて、清掃風景も撮影できます。

c0325278_11204615.jpg
船の後方部分には ミッキーマウスがぶらさがっていた♡



この島は、北側がフランス領、
南側はオランダ領に分割されています。

島に着いたらすぐに貴金属(ダイヤモンド)の免税店がずらーり。
良い品が安く買えるそうです。

予算と欲しいもの
(ブレスレット、指輪、ペンダント、ピアスなど)
を決めて、店員さんに言うと
サクサク応対してくれます。

わたしも300万ほどのピアスを買いました。

ウソです(笑) 

貴金属にはほとんど興味がありません。

でも、もう少し年を取ったら、
どうなるか分かりません。

お若い方は新婚旅行で来られて、
結婚指輪とか購入されたら
国内で買うよりリーズナブルかも。

セント・マーチンは、店舗数も品数も
ほかの島より多い印象です。

クルーズ船では業者の説明会があって、
指定店へのVIP紹介状もくれます。

船内の免税店でもたくさん売っています。

私たちは
Orient Beach Rendezvous (オリエント・ビーチのランデブー)』
のツアーを
クルーズのネットで事前予約していたので、
少しダイヤモンドを見て目の保養をしたら、バスに乗って出発です。







# by Taseirap | 2014-04-10 05:33 | カリブ海クルーズ | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap