メキシコ 水事情

メキシコは面積196万㎢(日本の5倍)。
人口 1億2233万人(2013年)。
人種は、スペイン系(9%)、スペインと先住民の混血(60%)、先住民(30%)、その他(1%)

米墨戦争(1846年~1848年)により、国土の半分がアメリカにいっちゃいましたが
日本人から見たら、広い広いメキシコです。

人口は増加の一途。
インフラ整備は、道路は良いと思う。
ただ、水道関係がいまいちです。

10年前のデータによると
上水道を利用しているのは、全体の89%。
下水道は78% だそうです。
下水道の処理は3割弱しかできていないみたい。

降雨量は全国平均771㎥。
数字的にはまあまあらしいのですが、広い国土。
雨が降るのは東南部(ユカタン半島やチアバス州)。
人口・産業は北部に集中していて、そちらには雨があまり降りません。

私の住む中央高原は、雨季の5・6月から9月に集中して降雨。
その後はほぼぴたりと、雨なし。
常に水不足です。


暮らしの中で、むだに水を使わないようにいろいろ工夫がされています。
デパートのトイレは綺麗ですが、終わってからでないと水が流せないようになっています。
音姫はありません。
また、どこも水圧が低く給水量も少ないです。

水は常にちょろちょろ。

日本から来ていちばんにがっかりするところですが、
国全体が足りないのだから仕方なし。
日常的に断水が無いのだからよし、と思います。

ただ、水は出ても水質が・・・。

水道水にフッ素がが多いとは聞いていましたが、
都市部の水道では、カドミウム、ヒ素、クロム、水銀、鉛が基準値を超えて検出され
ついでに大腸菌もでたそうです。

私の住む地方では、いかがなものか。
よもや、都会より上等な訳もなく・・・。

こちらでは、日本では禁止されている『地下水槽』に、水はプールされています。
小さいモーターで屋上までくみ上げて、それを落下させて上水道として使用。
地下水槽、あけたらボウフラや死んだ虫がいっぱい浮いていたという噂も聞く。
砂や雨水も入りますね。
配管方法や配管資材も問題ありと聞きます。

c0325278_03430502.jpg
パンドラの水槽


家庭の飲み物は、ミネラルウォーターのガラフォン。

c0325278_03521323.jpg
乗せるの大変。重いんです。



でも、皆様安心してください。
メキシコの医療はレベルが一定水準に達しています。
ほとんどアメリカ並みです。
まだお世話になったことはありませんが、薬局には、良い下痢止めもあるそうです。

ただ、旅行でいらした場合は、海外保険を掛けた方が良いかも。
市民病院に下痢・嘔吐による脱水で3日入院して17万くらいだそうです。

・・・あとは、気合い?
















# by Taseirap | 2014-06-09 03:04 | メキシコ基礎知識 | Comments(0)

手作りジンジャーエール

メキシコは日差しが強く、屋外では焦げる感じ。
でも、室内に入ると結構涼しい。
風邪も意外とよくひきます。
(だから、長袖率・重ね着率 いつも高いです。)
イメージとしては、外側焦げて中身は冷え冷えの---ステーキ?

内臓の冷えは万病の元。
生姜は身体を温めると聞くので、なにか良いレシピは無いかと探していたら
グアナファトで和食のお店をしておられる方のブログで見つけました!

『デリカ・ミツ』さんのジンジャーエール。
http://ameblo.jp/delicamitsu/entry-11830704165.html
(詳しくはそちらをご覧ください。)

わたしも真似して作ろうとしたのですが
買った砂糖が・・・。
なんか間違えちゃったみたい?
分量通り入れると、砂糖大袋を全部入れることになるんですけど・・・。
水に入れたらシュワシュワ~と溶けるし・・・。

ということで、プロとは大違いのマイレシピ

①水500㏄とシュワシュワ砂糖70gを小鍋に入れて火にかける。
②中火で5分。
③レモンしぼり汁30㏄。(ライム3個分)
④生姜すりおろし100g。(大量。すりおろすの 辛いっす)
⑤蜂蜜をお鍋に丸く2周くらい入れる。
⑥火を止めて、ひきたて黒こしょう少々。
⑦そのまま冷まして、保存瓶に。(シロップのできあがり)

翌日、このシロップ1に対して、炭酸水2の割合で飲むと
おいしい!けれど口に生姜が残る。

このままでも良いのですが、私は、生姜を濾して”生姜取り除くシロップ”にしました。

あー、・・・なんかうすあじ。
甘さも生姜もうすあじ。

まったくもって素人の味。
でも、体がホカホカしてきた。効き目はある!
かな?
砂糖も少なめで、遠慮なくがぶがぶ飲めそう。


濾した甘い味付きショウガ。
何かに使えるかも・・・。
で、鳥ももにくを醤油とみりんで煮込みました。

こちらでは、鳥は骨付きでくれるので
一旦、水から茹でこぼしてあくをすくって
それから、中央の骨の左右でで3枚にさばいて
醤油大さじ2、みりん大さじ1を足してみた。

煮汁は、生姜が効いて意外とおいしい。
このままうまくいくかな?
いってほしい!

ひとつぶで二度おいしい 生姜です♡





# by Taseirap | 2014-06-08 02:44 | おいしいもの | Comments(8)

遅くおきた朝は

以前、土曜日の朝ごはんに
ホットケーキを作り、
皆さまにたいへんお褒め頂いた夫ですが、
さすがに毎週とはいかず。

用事もあったので、外で
朝ごはん(デサジューノ)を取ることにしました。

メキシコでは、
昼2時ごろまでの食事が
朝食(desayuno)です。

昼食はコミーダ(comida)。
軽めの夕食はセナ(cena)。

イラプアトでいちばんおいしいレストラン
(BIXA)に行ったら、
昼1時からオープン。

「1時は予約でいっぱい。2時からならOK。」

「テンゴ アンブレ(おなかすいた)。」
な私たち、その隣りのカフェへ行きました。


c0325278_10331706.jpg
主人の朝ごはん
(野菜サラダとオムレツ)

健康的

c0325278_10360214.jpg
わたしの朝ごはん
(ワッフル&ベーコン&フルーツ)

美食のみ

c0325278_10394209.jpg
家族連れ、友人連れでにぎわうカフェ


ひとり600円くらいの贅沢。
息子たちと一緒だったら、まず来られない。

「めんどくさい。家で食べる。作って。」
と言われるにちがいない。

夫婦ふたり暮らし、さびしいけれどいい時もある。

このカフェおいしかったです。おすすめ。



Con sabor a cafe
ma del carmen gonzalez calleros
casimiro liceaga 195-1 col.mod
erna irapuato guanajuato
℡:(462)627-98-53














# by Taseirap | 2014-06-07 08:21 | イラプアト | Comments(4)

蚊がでる~

雨季に入り、そこそこよく雨が降ります。
夜、車の運転中に雨が降り出すと危険。
3メートル先が見えないくらいの時もあります。

こちらの人は慣れていて、
日中でも降りだしたら、すぐにライト点灯。
ハザードをつけて、スピードを落としたり、
場合によっては、路肩に止めて
小ぶりになるのを待ちます。

雨に対しては、とても安全運転です。

雨水がふんだんな季節は、
道路に水たまりができ、
蚊が大量発生。

メキシコの蚊は、まず羽音が大きい!
(中南米の特徴らしい)

むだに部屋が広いので、探しても見つかりません。

たまに「見つけた!」と、
手で打とうとすると、
逃げずにこちらに向かって来ます。

ビビってスプレーかけようとしたら、
スプレーの霧の中に突入。

霧を乗り越え、なおも刺そうとします。

戦う蚊です。

(その割に、噛まれてもあまりかゆくない。)

対策として、まず購入したのがこれ。

c0325278_09142548.jpg
スプレー
(人間ばかり具合が悪くなって、蚊は生きている)


次にこれ。

c0325278_09154814.jpg
超音波発生装置

(ネズミ・ゴキブリ・虫が
屋内に入ってこない超音波が出る)

効果不明



で、ついにはこちら!!

c0325278_09181294.jpg
蚊取り線香やー!


いつ以来でしょう?
金鳥ではなく、ジョンソン。

(あの有名な会社とは違うような?
おたく、どこのジョンソンさん?)

紫色と緑色の2種類あり。

(紫色はラベンダーのかおり。
個人的にはこちらが好きかも。)

軽く40年? 
あまりに久しぶりのご対面。
蚊取り線香は二枚一組になって、
がっちり組んであった!!!

そうだった!

外すのに一苦労。

火をつけたら、ほんの3センチ燃えて
灰が落ちるときに一緒に火も消えていた。

そうだった?

よっこらしょ っと、また点ける。




これでもダメなら
蚊帳(かや)ですかね?

また たどるのか、昭和の暮らし。

その前に、破れてる網戸直そうかな。

















# by Taseirap | 2014-06-06 09:04 | 海外赴任の苦労 | Comments(0)

こいぬがうまれたよ

おとなりのミゲルくんちに、こいぬがうまれたよ。

おかあさんいぬのハチは、7ひきも生んだんだって。
みんなげんき。

c0325278_06205229.jpg
いま2か月


『どこかでずっと犬が鳴いてる。
しかられてるのかな?』と思ったら、
七匹のこいぬが順番にないていたんだね。

お母さんのハチは、ミゲルくんのおばあちゃんちへ
5匹のこいぬと行ってるんだって。

5匹はね、女の子3匹と男の子2匹。

おばあちゃんちで4匹、
おじちゃんが1匹飼うんだって。

おばあちゃん、だいじょうぶかな?


だから、ミゲルくんちには、
いま2匹だけいる。

男の子だって。

c0325278_06243968.jpg
こゆき(日本語の意味では)くん

c0325278_06255465.jpg
モモくん(ハチそっくり)


お父さんいぬは誰だかわからないんだって。
でもたぶんこゆきにそっくりじゃないかな?

毛が短いから。


c0325278_06272842.jpg
人間のこどもとあそんで疲れてねちゃった



まだ夜は「クーン クーン。」ってなくから、
ミゲルくんは たいへんなんだって。

ミゲルくん(12歳)がこいぬをつれてきたら、
ちいさいこどもがいっぱい集まってきて
音楽隊みたいにみんなで行進していたよ。

こいぬはさいご、暖かい布にくるまれて、
ミゲルくんちへ帰っていったよ。



※ こゆきくん、
スペイン語の正式な名前は、
”copo de nieve (雪片)”
長いですね。

モモはモモだけ。
         
コポの意味は”雪のひとひら”
なんですって。
         
ミゲルくん、いがいとやるなあ。



# by Taseirap | 2014-06-05 06:36 | 日々の暮らし | Comments(3)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap