Tea's room あっと Japan


メキシコと日本の暮らし
by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧

衝撃の第1位(笑)

一日平均10人くらい見てくださるこのブログ。
(うち2人は我が家)

ありがとうございます。ほぼ想像通りです。
もはや出席が取れます。
「あれ?今日はお休みですか?ご病気ですか?
 誰か知ってる?あ、パパでしたか・・・。
 え?悪口書かれるのがいや?はいはい。」みたいな・・・(笑)


たまに20人以上の時もありびっくりしています。
迷いこんだ人、行かないでー。一緒に遊ぼうよ(((^_^;)

もちろん、どなたが見てくださっているのかは、こちらでは全く分かりませんけれど。

ひたすら目立たぬように、気に障らぬようにと思いながらも
生来の不遜な気質は隠せず、なんとなく
みなさまの鼻につく日もあるかと反省しております。
ごめんよ。(「ごめんなさい。」でしょ!)

そんなある日、こんなことがっ!

c0325278_08374058.jpg
総合ブログアクセス 第1位 /前日15997位 



わたしの個人のブログのページで、「設定」のところに
一日で何人の人が見てくださったか
貴女ののブログはジャンルで第何位なのか
毎日わかるところがあるのです。(余計なことを)

特にかわった内容でもないのに1位になってる!
なわけないでしょう!?
ゾゾー。怖い。
ブログ炎上ってやつ???
まさか。


で、考えました。
おそらく、毎日 日本時間の何時かでカウンターがリセットされるんでしょうね。
で、時差の関係で、たまたまメキシコで私がチェックしたり、
メキシコ在住の人がチェックしたりしていて、
それで、2人~3人で取ってしまいました。
名誉のブログ第1位(笑)

あ~びっくりした。
日本が朝の7時くらいになって、いつもの定位置(低位置)に戻って一安心。

安心して地味な日常が綴れます。
あ~、よかった。









# by Taseirap | 2014-04-19 05:29 | 日々の暮らし | Comments(2)

マイアミ エバーグレーズ国立公園

ゲッタウェイの下船は、時間指定で順番に下りるようになっています。

帰りの飛行機の時間が12時以降で、午前中のマイアミ観光を
希望する人のためにツアーがあります。

そのツアーを申し込んだ人は、ブラックのタグが
前夜に部屋に置いてあります。

c0325278_08381354.jpg
スーツケース用タグ

c0325278_08401997.jpg
タグの色で下船時間が決定


私たちは、もう一晩マイアミに泊まるのですが、
エバーグレーズに行ってみたかったので、
ノルウェイジャンのツアーに申し込みました。

(ツアーの間、荷物を預かってくれて、マイアミ空港まで送ってくれます)

メキシコからの飛行機が、マイアミ空港に近づくと
眼下に広がっていた緑の不思議な湿地帯。

あれも、Everglades National Park(エバーグレーズ国立公園)
の一部なんですね。

面積2357平方マイル(6105㎢)。
川が元になってできているそうです。

フラミンゴなど水鳥も有名ですが、私たちはワニの方へ向かいます。

c0325278_09014236.jpg
ツアーバスは 水辺を走り

c0325278_08595589.jpg
ワニの待つ湿地帯へ

c0325278_08505485.jpg
耳栓を配られて 風力ボートでさあ出発!

c0325278_09061724.jpg
「みんなで無事に帰ろうね。」
とガイドさんが嫌なことを言う静かな沼地

c0325278_09085053.jpg
子ワニがいっぱい

c0325278_09101309.jpg
湿地の美しい植物


ワニが住んでいるところを抜けたら、風力ボートは大疾走。
右に左にドリフト走行。

乗り物として、すごく楽しい。

このまま、海に出ちゃいたいくらい。
(すぐに 波で転覆か・・・。)

陸に戻れば、園内見学。ワニまたワニ・・・。

c0325278_09230731.jpg
ワニのショー
 「口の中に当たらなければ大丈夫。ほら、この通り。
でも、少しでも触ったらパタンと閉じるから気をつけろ。」


楽しい冗談の中に、きちんと情報を伝えるガイドさんたち。
自然保護にかけるアメリカの情熱を感じました。




これにて、カリブ海クルーズは終了。
最後までお付き合いくださってありがとうございました。

クルーズ旅行は重たい荷物を運ぶ必要もなく、
レストランを探す必要もなく、
怖い人を避ける必要もなく、
とても楽でした。


「これなら80歳でも90歳でも行けそうだな。」

『その前に冥土とやらに行ってなければね。』


せっかく神様に与えていただいた人生。


少しでも健康で楽しく、
少しでも人のお役にたって
暮らしたいものです。





















# by Taseirap | 2014-04-18 08:35 | カリブ海クルーズ | Comments(2)

バハマの休日

金曜日。

いよいよ最後の寄港地Bahamas(バハマ)Nassau(ナッソー)に到着。

c0325278_03585903.jpg
向こうに見える茶色いビル群が『アトランティス』


セント・トーマスからバハマまでは、847.7nm(1569.94㎞)。
ちなみに、バハマからマイアミまでは、193.5nm(358.36㎞)。

年末から3月4月くらいが、クルーズのベストシーズンらしく、
海も穏やかで天候が良かったです。

ナッソーは、昼の12時から、夜7時までの滞在。

なんでも、アトランティスなる巨大なホテルが売り物らしい。
クルーズのツアーも、ドルフィンタッチ、巨大プールで遊ぶ、
水族館、カジノなど、盛りだくさん。

私たちは、ここでは、ツアーは申し込まず
自分たちの自由時間にするつもりでした。

港の周りを少し見て、後は船で
ゴロゴロするつもりだったのですが、
午前中訪れたスパのお姉さまが
「アトランティスに行かないなんてもったいない。」
と強力に言われるので
「じゃあ行ってみようか・・・。」
「アトランティスまでの水上バスがあるよ。」
と、お姉さんはとても親切。


c0325278_04024060.jpg
水上バスは片道4ドル

c0325278_04044777.jpg
停泊中の船を横目になかなか快適な乗り心地


マイケル・ジャクソンも愛したというホテル『アトランティス』。
船着き場から、見えるのに遠い。
歩けども歩けどもなかなか入口にたどり着かない。

さすが、幻の大陸アトランティス。

c0325278_04154930.jpg
ホテルの中は通路もゴージャス


ここは綺麗なだけあって、強気の料金設定。
パブリックのビーチもあるというので、そちらに行くことにします。

c0325278_04074563.jpg
波が高い!

c0325278_04212066.jpg
波止場で買った飲み物
意外や かなり旨い


これまでのビーチは、クルーズ船の専用ビーチなので、
清潔で安心安全。

それはそれで有難いのですが、
”旅行したー。遠くに来たー。”
感が薄くなる。

知らない土地で、ふらふらマゴマゴもしてみたい(少しだけ)。

パブリックビーチで遊んで、なんだか納得した。

c0325278_05080574.jpg
防風林は松
看板には「ライフガードはいない」と明記


帰り道は

c0325278_04294305.jpg
おいしいアイスクリームも食べて♡

c0325278_04343590.jpg
自家用ヨットに乗ったヘリコプターを見て
(中では黒服さんがパーティの準備中)

c0325278_04475886.jpg
また水上バスに乗って(こんどは屋上)


c0325278_04421269.jpg
船に戻ったら夕焼け
もうすぐ出航



クルーズ最後の夜は、オールナイトでパーティです。
主人は・・・あ、もう寝そう。
海って疲れるよね。

でも、今夜中にスーツケース詰めて通路に出しておかないと。
明日は、マイアミのエバーグレーズのワニに会いに行きますよ。
もつかな体力?


バルコニーに干した水着を取りに出れば、
空には満月。

クルーズに出航した夜は、下弦の月だった。

白い月が、夜空に浮かんで暗い海を照らしている。

自然と3年前の津波のことが思い出だされて、
亡くなられた人とご家族の心が
どこか安らかなところへ導かれるように
祈っていた。


























# by Taseirap | 2014-04-17 03:37 | カリブ海クルーズ | Comments(2)

贅沢Day at the Sea

木曜日は一日海の上。
この日は贅沢デーにしようと決めました。

まず、朝食は部屋までアニバーサリーの朝ごはんをお願い。

c0325278_05063742.jpg
お願いしすぎ

c0325278_05335033.jpg
バルコニーで、朝の海を見ながらいただきました


さすがに食べ過ぎだろう、とジムで少し運動。

その後、予約したエステの『マンダラ・スパ』へ。
ふたりでスエーデン式のマッサージを受けました。

こちらは、ホットストーンも使った本格派。
ついうっかり、私の肩こりと主人の腰痛に効くオイルまで買っちゃいました。

(その上、次の日もふたりで また行きました。今度は顔のエステ付き。)


c0325278_11201211.jpg
いまではすっかり愛用中


スパでリラックスして、
そのままお昼寝へ移行の主人を部屋に残して、
わたしは、お化粧品コーナーでメイクアップのサービス。

2時から『ワインのテイスティング講座』へ出席。
8種類の厳選ワインを飲み比べます。
が、私たちには「旨い。さほどでもない」しか・・・。

しかも、なぜか若い方(おそらく安い)が美味しく感じられる。
そしてすぐに酔う。

夜9時。
少しおめかししてレストランで、アニバーサリー ディナー。
(朝からお腹いっぱいであまり入らず・・。)

c0325278_05392233.jpg
デザートにケーキまでいただきました


その後はミュージカル
Legally Blonde(和題:キューティ・ブロンド)』
を見る。
舞台は、夜の10時過ぎにスタート。


朝型の私たち、大人の時間と過ごし方に
すっかりへとへとです。

特に主人は私に振り回されて難行苦行でしょうか?
何も言いませんが・・・。

がんばってカジノにも挑戦しようかとしましたが、
なんせ眠くって・・・。

それでも、普段はなかなかできない贅沢な一日でした。








# by Taseirap | 2014-04-16 05:02 | カリブ海クルーズ | Comments(0)

セント・トーマス島

水曜日はセント・トーマス島(米領バージン諸島)。

セント・マーチンからは116.40NM(2155.728㎞)。
一晩で着く距離。
朝8時から夕方4時まで滞在。
船への帰還は、出航30分前の午後3時30分です。

c0325278_02131293.jpg
セント・トーマスは島の高台まで家がある


予約したツアーは
『セントジョンビーチでシュノーケル&カタマラン航行&シャンパン』。

人生初のシュノーケリング(ドキドキ)。

c0325278_02192897.jpg
港からは島バスで移動

c0325278_02175921.jpg
ハーバーについたら

c0325278_02161428.jpg
カタマラン(双胴船)に乗る

(これはよその人の船)

c0325278_02242505.jpg
船のクルーは3人

レゲエのお兄さんはめっちゃ働き者!

c0325278_02264329.jpg
港を離れて

c0325278_02275944.jpg
ビーチにむかう



泳げないうえに閉所恐怖症気味のわたし。
なのに申し込んでしまったシュノーケリング・・・。
結果としては、何とかなった。

”案ずるよりうむがやすし”
私なんかができるのだから、きっとだれでもできる。

救命胴衣とシュノーケリングとフィンを着けて、
希望者は発泡スチロール(?)の浮具を借りて
30メートルくらいの沖に停めたカタマランから
海にそろそろと入る。


心配した呼吸も意外と楽。
水がきれいで、小魚もお魚も見えました。
ビーチまで泳ぎ着けば、砂の上でのんびりお昼寝。

目の前に、大きい鳥が飛んできた。
魚をすくってすぐに飛び立つ。

ペリカンだった。



帰る時間になったら、ボートから合図があり、
またバシャバシャと泳いで沖に向かう。

船上では、シャンパン(少量)とラムパンチ(大量)がお出迎え。



主人は今回の旅行中、一番楽しかったのが
このシュノーケリングだそうです。


カタマラン船は船体が安定していて
波のスピードで走ったり、
帆を上げてスピードをあげたり
自由自在。

涼しい海の風と暖かいカリブの日差し。
とても気持ち良い。

これがヨットとかなら また遥かに
スピードがでることでしょう。




帰りの海で、シャンパンを飲みながらふと思い出した。

わたしの通った高校にはボート部があって
友達が入っていた。

ボートをこぐ練習で、毎日
「背筋が痛い。」
と言っていた。

・・・なんだか全く違う世界。


でも、あれはあれで 
とてもうらやましい世界だったな。
























# by Taseirap | 2014-04-15 02:02 | カリブ海クルーズ | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧