以前、お伝えしていた西条プラザ跡地にできる『ハローズ』。
明日オープンだそうです。

10/5は、福屋が移転オープンの日でした。

c0325278_08461878.jpg

勝手なイメージで、『全店一気に開店』だと思っていました。
最近は違うのですね。
失礼しました。

友人は「オープンに行く❗」
と、言っていましたが、
「JR寺家駅ができて、住宅団地ができてからは
渋滞がひどいから、間に合わないかも。」

今晩、近くを歩いてみようかしら。
工事の音がまだしていたら、応援に中島みゆきの
『地上の星』を、ハミングするね。

… 聞こえないか。



# by Taseirap | 2017-09-29 12:00 | Higashi hiroshima | Comments(0)
長崎ぶらぶらは続く。

c0325278_14260367.jpg

次は商店街を歩きましょう。
アーケードになっていて、雨でも良いからね。

あ、『ツル茶ん』だ。
長崎ご当地グルメのひとつ『トルコライス』!

c0325278_14264999.jpg

c0325278_14274388.jpg

でも、お腹いっぱい。
どうしよう。

ミルクセーキがあるじゃない!

c0325278_14280656.jpg

そうそう、これ。
少しシャリシャリして、甘い。


c0325278_14284258.jpg

元気出たわ。

c0325278_14312510.jpg

☆『ツル茶ん』
長崎市油屋町2-47
095-824-2679
9:00-22:00
無休

創業1925(大正14)年。
九州最古の喫茶店。  


# by Taseirap | 2017-09-29 07:30 | 長崎県 | Comments(0)
長崎新地中華街から、ぶらぶら。
広島でいう流川っぽいところに差し掛かる。
昼間なので、お店は閉まっている。
この界隈は、むかし花街があったらしい。

行こうか、行くまいか
どうしようと迷って、思案するから
『思案橋』。
なーんだ。
京都の『哲学の道』みたいな由来かと
思っていました。

丸山公園のそばに、交番。

c0325278_13411536.jpg


そして、『福砂屋(ふくさや)本店』。

c0325278_13444220.jpg

建物は、昔のままの造り。
福砂屋は、寛永元年(1624)創業。
ポルトガル人直伝の製法を守る。
店内は、えらい美人の店員さんばかり。
昔の商家のような、格子窓の勘定場がある。

昔ながらの箱形のカステラ。
それを少し細目にしたカステラ。
そして、キューブ型のカステラ。

c0325278_13481768.jpg

開けますよ。

c0325278_13520336.jpg

お、これは。

c0325278_13523726.jpg

組み立て式のフォークまでついて、
すぐに食べられますね。

味は昔のまま。
形が進化しているカステラでした。

支店はあちらこちらにありますが、
古式ゆかしい本店が興味深い。
思案橋電停から徒歩3分。



☆『福砂屋 本店』
長崎市船大工町3-1
TEL:095-821-2938
8:30-20:00
無休

広島では、そごう広島店、天満屋福山店で
買えます。


# by Taseirap | 2017-09-28 07:30 | 長崎県 | Comments(0)

長崎チャンポン

お昼御飯は、長崎で念願のチャンポンだ!

ホテルは、
夜景を取るか、便利を取るかで悩み、
便利を取りました。
中華街の近くにしたら、電停もすぐ。
移動が楽でした。
でも、タクシーがたくさん走っていたので、
山手でも問題ないでしょうね。

ホテルに荷物を預けて、
歩いて中華街に。

長崎の中華街は、そこまで広くない感じ。
だから 歩きやすい。
『中国菜館 江山楼』に、皆さんが向かっています。
さあ、うちも行きましょう。

と、主人が なぜか嫌がります。
今日の気分ではないみたい。

主人は初 長崎。

私は、中学の修学旅行で1度だけ。
その時のランチは、なんと『四海樓』!
(階段を覚えていた。)
中華のコースが、めちゃめちゃ美味しかったです。

結局、主人の勘で『西湖(せいこ)』へ。

c0325278_22203144.jpg

あとで知りましたが、ここのスープは
豚骨と鶏ガラが4:6。
さっぱりして優しい味。

「まさに期待通りのチャンポン!
とは 私は言い切れない。
けれど、じわじわと美味しい。

ビールと皿うどんもお願いして、
なんとなく人心地がついた。

c0325278_22205584.jpg

パリパリと楽しい食感。
子連れで 気楽に来られそう。

お腹もふくれたし、市内をお散歩しましょうか。

でも、どっちに向かって行ったら良いの?



# by Taseirap | 2017-09-27 07:30 | 長崎県 | Comments(0)
白い器が特徴の『一真窯』さんへ。
白磁手彫が特徴です。

カンナを使って、器にさまざまな表情をつける。
私は、飛びカンナや手彫りなど、
カンナ仕事が好きです。

(あと、大工さんの墨打ち?
木板に糸でピシッと墨の直線を打つやつ。)

工房の道路を隔てた向かい側の
ギャラリー『とっとっと』にお邪魔。
(10:00-16:00)

c0325278_14571967.jpg

とても素敵です~。

c0325278_14580915.jpg

c0325278_14590021.jpg

c0325278_14592081.jpg

c0325278_14583497.jpg

飛び鉋(カンナ)に、染色を施した
『染色カンナ』が気になります。
新色の緑があったので、梨を食べる皿に購入。

c0325278_15000173.jpg

薄いので、食洗機は不可。

また、やはり買わずには立ち去れない
こちら。

ろうそくの光が、ぼんやり透けて見えます。

c0325278_15004243.jpg

次男のお茶碗には、青海波(せいがいは)。

c0325278_15023062.jpg

日本の伝統的吉祥文様ですが、ペルシャ由来なんですって。

私はずっと『青波(せいは)』と、思い込んでいました。
正しくは『青海波(せいがいは)』でした。

自宅でさっそく。

c0325278_15065350.jpg
頂き物の鳥取東郷町の二十世紀梨

激ウマ!


c0325278_15072450.jpg
長崎カステラ
福砂屋(ふくさや)のキューブ



よしよし。
邪魔にならず、うつくし。

工房の四割引も いとうれし。



☆『一真陶苑』
長崎県東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)
波佐見町中尾郷670
TEL:0956-85-5305
9:00-17:00
www.issingama.com


# by Taseirap | 2017-09-26 08:19 | 長崎県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap