タグ:うちご飯 ( 128 ) タグの人気記事

マツタケ出ました!

「メキシコはマツタケ安いよ。」
と、聞いてはいたけれど見ないな~と思っていたら
出ました!

c0325278_12552301.jpg
150ペソ(1200円)

いつもお魚を分けてもらう和食のお店のご主人が仕入れておられました。
メキシコシティよりも南側の州で取れるそうです。
ゲレロ州だったかな?山の中でわんさかと。

「取りにいったら絶対ダメですよ。殺されますよ。」
と、言われました。危険地帯ね。
(わたし、取りに行きたそうな顔をしていたのかしら?)

さっそくマツタケご飯。
c0325278_12591628.jpg
マツタケと油揚げ、薄口しょうゆちょぴりで味付


今晩のメニューは、サツマイモのてんぷらと、イワシの塩焼き、お味噌汁、大福もち。
マツタケのホイル焼きは、明日にします。

帰宅した主人は、マツタケご飯を3杯食べて、
「イワシ旨い。」と言い、
大福もちはパスでした。

・・・だよね。
でも、超満腹後の大福もちも これでもかと旨いんだぞ。

太る人、痩せる人の分かれ道。
夫婦なのに別の道を歩んでおります。






*『ビアヘス東洋』さんでも、メキシコ産松茸ギフトの予約が開始されました。
 金額は 送料込みで
 1㎏:USD$146、500g:USD$92、300g:USD$65。
 (北海道、九州はUSD$4増、沖縄・離島はUSD$7増)
 申込期間は、7月14日(月)~8月8日(金)まで

ventas@viajestoyomex.com

Tel. (55)5584-5410/ 5564-3180

担当: 済藤(Srita. Saito) さん      ・・・だそうです。



by Taseirap | 2014-07-06 06:53 | おいしいもの | Comments(2)
先月、ジンジャーエールを作って飲んだら、
すこぶる血流が良くなった感あり。

身体はホカホカするし、
肩こりは減るし・・・。

また、最近肩こりがひどいので、
こんどは適当に作ってみました。

(肩こりはリンパ腺の流れだっけ?
ま、細かいことは置いといて!)

c0325278_04214815.jpg
手作りジンジャーシロップ


今回は生姜はスライスして飲みやすく。
土のものなので、煮沸は長めにしました。 

(というか、途中で電話がかかってきて 
自動的に長く煮てしまった。)

砂糖とアガペーシロップ(リュウゼツランでつくるシロップ)
とレモンを絞って入れて。
甘みはこんなもんでいいかな?

味見をしたらむせかえるくらいの濃さですが、
薄めたらちょうどよくなる(はず)!


日本式のマッサージしてもらったら、
肩こりもすぐ直るのになぁ。
あ、日本から持ってきた湿布があった。
湿布はろう!

・・・いよいよ50代の主婦ブログらしくなってきたね。


by Taseirap | 2014-07-02 04:13 | おいしいもの | Comments(2)

お魚ざんまい

海から遠いバヒオ(中央高原)地区に住みながらも、このところ
やたらとお魚を食べています。

今晩のメニューは、残りごはんでカリカリベーコンとサラダ菜の炒飯。
ご飯の量が少なかったので、ひとくち茶そばも付けて。
辛口チキンの揚げ物と枝豆、レンコンの煮物。
そしてメインはこちら。


c0325278_08554986.jpg
おさしみ(いかとサーモンと白まぐろ)1080円くらい

c0325278_08562215.jpg
うなぎのかば焼きとしめさばと鯵は 冷凍して これからの食卓に


お魚を販売してくださるところが近くに2か所あって、月に4回くらい買えます。
(だいたい2週に1回開催されます。
 平日昼間なので、単身赴任の人は購入するの難しいですよね。ごめんなさい。)

ウォルマートなど、スーパーでも生のさかなは販売されています。
でもまだ買ったことないです。
新鮮そうに見えるんですけれど、自分の目がいまいち信用できないので
冷凍ものを買っています。
だって、あたったら怖いじゃないですか。(魚に対してチキンです。)

このお魚販売会のおかげですごく助かっています。
ついついあれもこれも買って、今日は5000円近く・・・。

そして、結構な頻度で魚を食べています。
日本にいた時よりも食べてないかしら?

だいじなセルビン・ブランカも、『黄桜純米辛口一献』に使っちゃって どうなのよ。

なんだか、初めの予想よりずいぶん違う生活になってしまいました。
結局、どこに住んでも、別人になれるわけはなく・・・。
本人の心がけが一番大切なんですね。(毎回同じ反省。)

現地の人と同じものを食べるのが一番安上がりなんですけどね。
なかなかそうはいきませんね。

目新しいものを作ると、
「お。これはなんだ?」と、すこし警戒して食べる主人が
和食だと何も考えず、ボーっとして食べているので
リラックスのためには和食が良いのかな~、と思って作っています。

ちなみに、主人は日本酒より芋焼酎が好きです。
いまは『黒伊佐錦(くろいさにしき)』を飲んでいます。

・・・ここはどこ?




by Taseirap | 2014-07-01 08:51 | おいしいもの | Comments(10)

手作りジンジャーエール

メキシコは日差しが強く、屋外では焦げる感じ。
でも、室内に入ると結構涼しい。
風邪も意外とよくひきます。
(だから、長袖率・重ね着率 いつも高いです。)
イメージとしては、外側焦げて中身は冷え冷えの---ステーキ?

内臓の冷えは万病の元。
生姜は身体を温めると聞くので、なにか良いレシピは無いかと探していたら
グアナファトで和食のお店をしておられる方のブログで見つけました!

『デリカ・ミツ』さんのジンジャーエール。
http://ameblo.jp/delicamitsu/entry-11830704165.html
(詳しくはそちらをご覧ください。)

わたしも真似して作ろうとしたのですが
買った砂糖が・・・。
なんか間違えちゃったみたい?
分量通り入れると、砂糖大袋を全部入れることになるんですけど・・・。
水に入れたらシュワシュワ~と溶けるし・・・。

ということで、プロとは大違いのマイレシピ

①水500㏄とシュワシュワ砂糖70gを小鍋に入れて火にかける。
②中火で5分。
③レモンしぼり汁30㏄。(ライム3個分)
④生姜すりおろし100g。(大量。すりおろすの 辛いっす)
⑤蜂蜜をお鍋に丸く2周くらい入れる。
⑥火を止めて、ひきたて黒こしょう少々。
⑦そのまま冷まして、保存瓶に。(シロップのできあがり)

翌日、このシロップ1に対して、炭酸水2の割合で飲むと
おいしい!けれど口に生姜が残る。

このままでも良いのですが、私は、生姜を濾して”生姜取り除くシロップ”にしました。

あー、・・・なんかうすあじ。
甘さも生姜もうすあじ。

まったくもって素人の味。
でも、体がホカホカしてきた。効き目はある!
かな?
砂糖も少なめで、遠慮なくがぶがぶ飲めそう。


濾した甘い味付きショウガ。
何かに使えるかも・・・。
で、鳥ももにくを醤油とみりんで煮込みました。

こちらでは、鳥は骨付きでくれるので
一旦、水から茹でこぼしてあくをすくって
それから、中央の骨の左右でで3枚にさばいて
醤油大さじ2、みりん大さじ1を足してみた。

煮汁は、生姜が効いて意外とおいしい。
このままうまくいくかな?
いってほしい!

ひとつぶで二度おいしい 生姜です♡





by Taseirap | 2014-06-08 02:44 | おいしいもの | Comments(8)
先月、日本に送ったアップルマンゴー。
わたしもちょくちょく食べています。

リンゴのように赤いから、アップルと名前がついたみたいです。
インド原産のウルシ科なので、かぶれる人もおられるそうです。
気を付けてくださいね。

光沢(油がにじんだような)が出て、黒い斑点が出たら食べごろです。

日本では、沖縄で6月7月にとれるんですよね。
メキシコでは、5月6月が旬みたいです。

初めて切った時に、えっらい切りにくくて ぐちゃぐちゃ。

悔しいので、ネットで切り方を調べました。
(いつも後手後手)

≪マンゴーの切り方≫
①真ん中に芯があるので、魚の三枚おろしのように芯の部分を避けて切る。
 (そうなんです。白い固い部分が頭からおしりまで薄くあるんです。)
②『花切り』(花が咲いたような切り方)でも、『スライス』でもお好きに。

結局①が一番大事。
わたしがしたみたいに、りんごをむくように
完熟マンゴーの皮を先にむいてしまうと、
切りながら崩すという哀しい結末に・・・。

マンゴーの表面をさわって、固いところに芯があります。
芯の筋の左右で切れば ムイ ビエン!


『花切り』は
たて半分に切ったあと、実の断面に斜めと斜めでさいの目状に切り目を入れて、
皮の方からむにゅっと押す。
果肉が四角い花のような食べやすい形になってくれます。
簡単でおしゃれ~。

熟したマンゴーの皮と果肉は、バターナイフでもすぐはずせます。


とにかく、”三枚おろし”と”皮は最後”!

ん?
もしや皆様ご存じでしたか?(笑)








by Taseirap | 2014-06-01 08:35 | おいしいもの | Comments(0)
SALSA ROJA (Salsa de Chile guajillo y jitomate) の作り方

c0325278_05354538.jpg
サルサ・ロハ


サルサ・ロハ(赤いサルサ)の作り方は、少し大変。
作るのが面倒なのではなく、材料が手に入るかどうかが問題です。

メキシコのスーパーなら大抵どこにでも売っています、これ。

c0325278_05385429.jpg
チレ・Guajillo(辛さを出す)

c0325278_05402012.jpg
チレ・Ancho(味を調える)

干したチレなんですが、中に小さい種があります。
この”種”が空港で引っかかります。没収です。
逆に、日本からはお米が”種”ということで、持ち込み禁止、見つかれば没収です。
(『チンするごはん』系は大丈夫。発芽しなければ良いみたいです。)

もしこのチレを日本に持って帰るとなれば、開封して一つ一つ切って
種を出して取り除き、透明ジプロックに入れるなどしないといけません。
(・・・と言われたけれど真偽は不明。)


サルサ・ロハは、
①乾燥チレを12本用意。(上の2種類を半々くらい)
 切って、種をほとんど取る。(1本に4粒くらいは、辛さのため残す)
②フライパンで軽くあぶる。(洗わない、焼かない、油をひかない)2~3分
③柔らかくするために、水を入れて煮る。沸騰したら火を止めて置いておく。

④赤いトマト(ヒトマーテ)1/2キロを皮付きのまま焼く。皮をむく。
⑤リンゴ酢:3/4カップ
 水:3カップ
 ニンニク(皮をむいて焼いたもの):9片
 オレガノ:小さじ1と1/2
 クミン:小さじ1と1/2
 乾燥したみかんの皮:小さじ1
 たまねぎ(あらみじん切り):1と1/2カップ
 塩:適量

③のチリを水から出して、④のトマトと⑤のすべてを、ガガーっとミキサーに。

c0325278_05595812.jpg
ミキサー大活躍


できあがり!
冷蔵庫で日持ちします。

また、スーパーにはこんなのもあります。
c0325278_06070557.jpg
マセカ(とうもろこしの粉)

MASECAはトウモロコシの粉。トルティージャの元です。
これを1/2キロに水1と1/4カップ、塩を小さじ1/4くらい入れて混ぜ、
生地(マサ)を作って焼けば・・・


c0325278_06114691.jpg
伝統的とうもろこしのトルティーヤのできあがり♡


小麦粉のトルティーヤと色が違います。
焼きたての風味は、こちらの方がおいしい。
冷めると少し香りが出て、好き嫌いが分かれます。

 うちの裏のお家はおそらくご夫婦二人暮らし。
 ときどき子供や赤ちゃんの声がするから、子どもさん一家が来られているみたい。
 休日のお昼2時ごろ、とうもろこしのトルティーヤの焼ける匂いがしました。
 みんなで、これからお昼ご飯かな? 家庭の味なのでしょうね。

粉を練るときに、3つかみくらい小麦粉を足すと、生地が伸びやすく、割れにくくなるそうです。

小麦粉とともろこしと2種類作って食べ比べたら楽しいですね。
ちなみに、トルティーヤひとつでおにぎり1個分のカロリーだそうです。
元気でますね。














by Taseirap | 2014-05-25 05:31 | おいしいもの | Comments(0)

のんびり土曜日

土曜日の朝ごはんを主人が作ってくれました。

c0325278_04460035.jpg
ホットケーキ

大学生になってひとり暮らしを始めるまでは、
「お湯ひとつ沸かしたことのない子。」(義母のことば)
だったのに、学生生活と不出来な嫁という鍛錬の場を経て、
立派な料理人になられました。
(喜んで良いのか、悲しんで良いのか・・・?)

私が作ったら、横着でついつい火力を強くしてしまい
プクプクと膨らみきるまで待てないのですが、
彼は美味しさのためならじっくり待てる人。
なので、出来栄えはお店並みです。

自分でも
「これくらいのパンケーキを出す店が、近くにあればいいのに。」
と、言ってました(笑)

あまり天狗になられても困るので、
「パパ。これって、日本から持ってきた帝国ホテルのホットケーキの元で作ったよね。」
と、材料の違いを指摘しておきました(鬼嫁)。

「そろそろ、プロパンガスが切れるかもしれない。」
と、いうことでガス屋さんにも連絡。
「まず、来ないよね。夕方かな?」
と、のんきにしていたらすぐに来られました!



c0325278_04592326.jpg
NOELのガス配達車


c0325278_05002692.jpg
ホースを出して




c0325278_05011521.jpg
長い梯子を登って、屋上のタンクに入れます


メキシコでは、経済成長率に合わせて、物価も上昇するそうで
昨年は、1リットル6.8ペソ(54円)だったプロパンガスが
今年は、1リットル7.3ペソ(58円)に値上がり。

主人が「お、支払が倍になった。」
と、少し驚いていました。

「わたしがこっちに来たじゃない。人数2倍よ。シャワーも2 倍。」


値上がりとわたしのWパンチ。
修練の道は続く。





by Taseirap | 2014-05-24 04:30 | 日々の暮らし | Comments(5)
メキシコ人の方にメキシコ料理をならう会がありました。
習った料理は、トルティーヤとサルサ・ロハ(赤いソース)と、チョリソ。

日本に帰ってもできるようにと先生がレシピを考えてくださって
料理べたな私でも可能な感じでした。

まずは、基本のきから
・タコスはトルティーヤの一つの種類だそうです。
 (タコス < トルティーヤ の関係。)
・トルティーヤの生地は古くはトウモロコシの粒をすりつぶしたもの。
 やがて、小麦粉でも作られるようになり、いまでは両方あります。

さて、まずは小麦粉のトルティーヤから

《材料と分量》8人前かそれ以上
小麦粉:1/2キロ
オイル:150ml(サラダ油でもオリーブオイルでも)
ROYAL(ベーキングパウダー):小さじ1。
塩:小さじ1。
水:必要量。

c0325278_06272715.jpg
スーパーで多種類の粉が売られています

c0325278_06282730.jpg
ROYAL(ベーキングパウダー)


上のものを混ぜて、生地(マサ)を作ります。
粉に、お水を2~3回に分けて入れて、耳たぶくらいの固さにします。
ピザ生地よりも柔らかいくらい。
(前日に作っておいたほうが柔らかいものができるそうです。)
それを4センチ位のお団子状にして、トルティエロ(Torthillero)といわれる
プレスに入れて 
「んっ。」と押したら

c0325278_08442066.jpg

あら不思議!真ん丸♡
(くっついちゃうので、厚手のビニールを切ってはさむのがコツです)

c0325278_02121721.jpg

油をひかずに鉄板で焼いたら、出来上がり


餃子の皮の巨大版みたいな薄焼きパンができました。
真ん中が膨らむように焼けたら、それは良いでき。
あとで好みの具材を入れて、もう一度焼きますので、
とりあえずふきんに包んでかごに入れます。

(メキシコ人の若いスタッフさん、毎朝5時に起きて家族みんなの
 トルティーヤを焼いてから仕事に来るそうです。
 お家で取れたトウモロコシで作るんですって。えらいなぁ。)



* Tortilla de Harina(小麦粉のトルティーヤ)
スペイン語の”ll”の発音は、スペインでは「リャ」、メキシコでは「ヤ行」が多いそうです。
地域と人により差があり、「ジャ」もよく聞きます。
小麦粉は「アリーナ」。Hは発音しないんでしたね。(すぐ忘れます。)



by Taseirap | 2014-05-17 01:48 | おいしいもの | Comments(4)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap