タグ:うちご飯 ( 132 ) タグの人気記事

蒸し器を買いました

煮魚用に使っていたお鍋。
取ってのところが片方焦げて、グラグラ。

危ないので、替えの取手を探しましたが
ありません。
昔は鋳掛け屋さんがおられたので、修理ができたのに。

残念。

買い換える時に、ふと思い立って
蒸し器にしました。
二段重ねの蒸し器。
下のお鍋は、煮魚にちょうど良い。
蓋は共用できますよ。

c0325278_11435338.jpg


蒸し器は久しぶりです。
最近、蒸し料理が気になっていたので、
挑戦。

まずは、シュウマイ。

うーむ。できばえ点が低い。
皮がぐったりしている。
味はまあまあ。

蒸し過ぎたのかな?
余熱が入りすぎたのかな?
いや、中に入れすぎたのかな?


研究課題がいっぱいです。
不器用に生まれてラッキー (T-T)


※ 肉まんを蒸しました。
15分かかります。
でも、つるつる もちもちの肉まん。
コンビニの比じゃない‼
めちゃくちゃ美味しい。

by Taseirap | 2017-02-21 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

FamilyMartのラーメン

この前、おせちを作ったと思ったら、
もう ひとつき過ぎようとしています。

センター試験が終わったら、私学入試。
中学受験も、高校受験も、佳境ですね。

受験の心配って、
楽観的になれば、どこまでも楽観的になれるし、
悲観的になれば、どこまでも悲観的になれる。

ちょうど良いところに、心をキープするのが難しい。
朗報を、首を長くして待つ日々。
身体も寒いけれど、心も寒くなりそう。

あーあ 幸せになりたいな。

きっと もうすぐそこに 幸せはいるはず。
同じような環境のおひと、信じてがんばりましょう。



さて、テレビで、
「コンビニのラーメンが旨い!
特に、フアミリーマート。」

息子に確かめたら
「さぁ、知らん。友達はセブンが旨いって。」
あんまり興味ないみたい。

まぁ、そう言わず、トライ。

醤油ラーメンは、こんな感じ。

c0325278_19560644.jpg

お店のみたい。
税込み520円。
(コンビニでみたら、少し高い気がするわ。)

c0325278_19575441.jpg

味噌ラーメンは、コーン入り。

"野菜の旨味、香り広がる味噌スープ。
北海道産小麦の3層麺" ですって。

500w 5分15秒。

侮りがたし。

コンビニ各社、天才と思うわ。



by Taseirap | 2017-01-31 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

タコの旬

テレビで「今が旬のタコを…。」

え?
タコの旬は、夏じゃ?

調べたら、ミズダコは夏、マダコは冬が旬だそうです。

広島県の有名なタコどころ三原。
タコの旬は、6-8月ごろと11-翌3月ごろ。
9-10月は、産卵期だそうです。

影響されて、晩御飯はタコ飯にしました。

(横着者のタコ飯は、お米2合に出汁パックひとつ。
お刺身のタコ足のぶつ切り。薄口醤油お好み量。
で、ふつうに炊くだけ。)

c0325278_21484128.jpg

三良坂の豆腐屋さんで、サービスで頂いたおから。

c0325278_21501664.jpg

グツグツ炊いてみました。
(年末に買ったフライパン。神。)
具の人参、干し椎茸、ゴボウを別鍋で味を入れて、
最後ごろに合わせました。
この方が、味がしっかりする気がします。


c0325278_21513312.jpg


ビールは、備前焼に注ぎます。
泡が細かくて、滑らかです。

などと、
あたかも料理上手な ていを装ってみました。


残念!
へへへ、きっちり下手なんですよ~ (*^ー^)ノ♪
だから 気軽にしています。
だから 上達しないのか?
(思考がグルグル回る。)


ともあれ、タウリンが含まれていて、
タコは身体に良いそうですね。



by Taseirap | 2017-01-19 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

あらたまりまして

としも あらたまりまして
本年もよろしくお願い申し上げます。

皆さまにとりまして、
幸多い善き年になられますように
心からお祈り申し上げます。

お節は、好きなものを適当に。
『死神』という日本酒。
死神に気がつかれないように、背中向けにして飲むみたい。


c0325278_13501377.jpg


うっかり、お赤飯を炊くのを忘れました。
大晦日に『居酒屋 実家』の女将役をして、
もう疲れました。

c0325278_12524685.jpg

一応、紅白で めでたい。


箸置きも、お正月バージョン。

c0325278_13321354.jpg


c0325278_19403415.jpg




by Taseirap | 2017-01-01 07:30 | 日本からの便り | Comments(2)

あっという間に大晦日

早いもので、今年も暮れました。
ご訪問ありがとうございました。

今年最後に、どうしても言いたいこと!

・・・というわけでもありませんが、
『和牛の霜降り高級肉』って、美味しいですか?

ホントに?


旅館の食事に大抵出てきますが、オイリーで
私は、正直あまり美味しいと思えません。

あれを美味しいと思えるのは、体脂肪の少ない
めちゃめちゃ健康な人だと思います。

外国人の接待で、
"○○牛のステーキ、伊勢海老造り、松茸"
的なもてなしをしても
「オイリー。焼いてくれ。臭い。」
と、全滅な気がします。


霜降り高級肉を造る酪農家の方のご苦労は、
それはそれは大変だと思いますが、
もっと赤身の野趣溢れる牛肉が食べたいです。

(じゃあ、鹿を食べろ!とは言わないでね。)

"草だけ食べさせて、放牧"したような牛肉。

日本ではあまり無いのでしょうか?
固くて食べられなくなるのでしょうか?

来年は美味しい赤身を探したい、と思います。

豚肉は、しばらく『尾道サンポーク』の
瀬戸内六穀豚で。

c0325278_09493588.jpg


では、(しぶしぶ)家事に戻ります!(^o^ゞ


c0325278_07490154.jpg
よいお年を





by Taseirap | 2016-12-31 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)
思いがけず、タイのおみやげをたくさん
頂きました。
以前、リボンが可愛いキルティングバッグ
(NaRaYa)を頂いた事があり、愛用しています。

食いしん坊の我が家に向けて、
食べ物がいーっぱい(^○^)

まずは、リクエストの

c0325278_07074684.jpg

グリーンカレーのレトルトと、
トムヤムクンのスープストック。
…だけでもう充分なのに


c0325278_07094187.jpg

『ジャスミンライス』も。
わーい。香りが良いのよね~。
パッケージも可愛い。
(お陰で 今晩すぐに食べられますわ!)

定番の『プリッツ(ラーブ味)』や、
tong gardenの『ナッツ』、月餅。
月餅は『中秋月餅 moon cake』と表示してありますね。
なるほど。

c0325278_07143456.jpg

気になる『ラーブ味』。
ラーブは、タイの家庭料理。
"肉を使った、スパイスの効いたサラダ"
なんですって。
魚醤や、ライムやミントの風味もしますね。

ビーフンも頂きました。
平たく太い麺。
『パッタイ』というヤツね。
タイには行ったことないから、日本で食べた味を想像します。


c0325278_07351594.jpg


えーっと、450CCのお湯で麺を茹でて、
野菜も一緒に炒めて、
添付のソースで味付けするみたい。
写真では、モヤシとチンゲンサイと
ニラ(?)が入っている。
フムフム。
お肉は入れなくても良いのかな?
イメージとしては、エビとコリアンダーが
入ってそうだけれど。
お好みで、ですね。
本場では、食べる前に ライムを絞って入れたりするみたい。

そして、こちらはスナック。


c0325278_08143307.jpg

バナナのチップスに、タマリンドのジャムが
サンドされています。
『Khun Orr』とメーカー名がありますね。
ひとつ食べたら止まらなくなります。

タイの味に すっかりハマってしまいました。











by Taseirap | 2016-12-21 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

new フライパン

今までに、色々なフライパンを使ってきました。
鉄のフライパン、柳宗理、ティファール。

(この話題は、例年 年末の粗大ごみの日の前後に
よくでます。)

「結局、どんなに丁寧に扱ったとしても、
どんなに高額でも、フライパンは消耗品よね。」
「そうよね。」
「"焦げ付かない"ものも、やがては焦げ付く。」
「あんなにパチッと飛んだ卵焼きも、飛ばなくなる。」
「私のル・クルーゼ、パパが焦げつかした。
力任せに洗われて、剥げて欠けた。」

はげて、かける。

なんて寂しい言葉。
「どのタイミングで、あきらめて捨てるか よね。」
「子育てみたいね。」

五十路超え ふと振り返る ごみの山
価値あるものは かたちなきもの

「また次のを買えるじゃない!」
「お金をつかいたくない。」

主婦。
年期のいった主婦の吝嗇(りんしょく)さ

まま、良いじゃないですか。
鍋やフライパンくらい。
あたしゃ買うわよ!

「焦げるフライパンなんて、捨てるわ!」
「私は、油を引くわ。引き続ける!」

わが道を行く。
話の小ささにめまいが…。


フライパンは、もう決めた。
26㎝と28㎝の2種類だけにする!


家の26㎝は、国産の鉄製。
で、28㎝をソレイユの『212キッチンストア』へ、
探しに行きました。

結果、これ。

c0325278_19171817.jpg


『212キッチンストア』のオリジナル フライパン。
(中味は、広島レモン入りソーセージ。)

深さもあるし、両サイドで水切り可能。

これひとつで、湯がいて、お湯を捨てて、炒める。
とても便利です。
お昼のパスタも、これひとつでok 。

野菜炒めはもちろん、てんぷらも、麻婆豆腐も。
インスタントラーメンだって、作れるんじゃない?

新しく一人暮らしなさる方には、オススメ。

あと、こちらも気になる。

c0325278_19164027.jpg


可愛いよね。
ホットプレート。たこ焼きパーティも簡単。

それから、主人の仕業のこれ。

c0325278_19335774.jpg

菜箸を置く場所に使っていた!
ワインのコルク。
意外と便利。

つい、捨てそうだけど 別に良いよね。
「無い。無い。」
って、探すかなぁ?(*´-`)








by Taseirap | 2016-12-06 07:30 | 日々の暮らし | Comments(4)

クノール Knorr ラブ

世界のクノール。
すぐに味が決まるありがたい存在。

c0325278_22133132.jpg

メキシコ土産にいただきました。
赤トマト(ヒトマテ)のクノール。

前に、タイのお土産で、
『トムヤムクン』のクノール スープ ストックを
いただいたことがあります。

あれもよかったわ。


クノールさん、世界中のスープストックを
日本で売ってほしいな。


by Taseirap | 2016-11-23 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

じゃがいも考

アンデス山脈が原産地といわれるジャガイモ。

メキシコでは、スーパーマーケットに
赤い皮色のジャガイモが普通に売られていて、
『おおー、南米。』
と、思いました。

(正確には、メキシコは中米。)

大雑把な性格で、ジャガイモは
『男爵』と『メークイーン』と
『安芸津の赤じゃが』の
三種類だと思っていました。

たまに赤い皮色のジャガイモを見かけても、
『あ、あれはテレビで見たやつだ。
アンデスでは、凍らせて潰して晒して戻して
食べておられた。
毒素を抜かないと食べられないからね。』
と、こっそり敬遠。

『でも、どうしてスーパーで気軽に売るのかな?』
と、不思議でもありました。

品種改良してあって、特段の手間なく食せるのを
メキシコで知りました。

『なーんだ。
じゃあ、一丁 チレ(唐辛子)にも挑戦するか!』

と、何十種類もあるチレに取り組もうとしたら、
中には手袋をして扱わないといけない
劇物もあると聞き、きゃあ (゜ロ゜;ノ)ノ

小さいものほど危ないそうです。
緑色の大きい物は、さほどのブツではない。

前から思っていましたが、『ピーマンの肉詰め』
あれって、南米の青いチレに
挽き肉を詰めた『チレポブラーノ』を
日本に持ち込んだのではないかしら?

違う?
日本では、誰が考えたのか?
不思議です。

あ、本題から逸れました。
今日はジャガイモ。

ジャガイモは、
(既出ですが)原産地は南米のアンデス。
16世紀にヨーロッパに伝えられました。
初めは観賞用。
やがて、飢餓を救う作物として急速に普及。
日本へはオランダ人によってインドネシアの
作物として伝来。
ジャガタラ(ジャカルタ)の芋→じゃがいも。

馬の首に着けていた鈴(馬鈴)に似ていたことから、
馬鈴薯(ばれいしょ)とも呼ばれました。

明治時代に川田男爵が紹介した『男爵いも』。
大正時代に導入され、昭和30年代に
人気になった『メークイーン』。

家で作る料理にも、流行がありますから
食材である野菜も流行り廃りがあるのでしょう。
野菜農家の人も大変ですね。

先日、お米農家の人から、
「このお米は3回研いだら十分ですから。
それ以上研いだら、旨味が出ますから。」
と、言われました。
消費者も、Up to date が、大変です。


c0325278_19571002.jpg


More
by Taseirap | 2016-11-15 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

DEAN & DELUCA

冬は、(うふふ。勇み足)
ホットレモンですね。



c0325278_14421349.jpg

DEAN & DELUCA の、レモンコンポートを
お湯に溶かして飲んでいます。

"シラップ漬け"と書いてありますが、
かなり酸っぱめのレモネードができます。

効く~。


あとね、横着して こちらも。


c0325278_14471503.jpg


ホットワイン、大好き。
ワイン(1/2本)に、スパイス一袋。
小鍋でことこと、30分弱火。
お好みで、砂糖かはちみつ。

スパイスは、
シナモン、オレンジピール、グローブ、フェンネル。
メキシコでも、お隣さんにいただきました。
(ちゃんと材料から、作っておられましたが…。)

ワインは、コストコの800円くらいのワイン。
(なかなか美味しいですよ。)

メキシコでは、子ども達用に
リンゴジュースをベースにスパイスを入れて、
ホットアップルサイダーにして飲んでいた。

みんなもう大きくなっただろうな。
可愛かったな。



冬には、冬の楽しみを。










by Taseirap | 2016-11-09 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap