Amazonで買った
『レンタルバイクで台湾一周ツーリング』
(田原康太郎 著)
という本がとっても面白い。

男性が、台湾をくるっと一周ツーリングしている。

旅行の話は、電子書籍でたまに読むけれど、
『深夜特急』、『珍夜特急』
といった名作もあるものの、中には
適当に書き散らした防備録のようなものや、
自意識過剰で情報がアンバランスなものも、
結構ある。

その点、この本は著者の性格の素直さがものすごく伝わり
かつ、感性の瑞々しさや表現の意外性もある。

"雨上がりの雲の裂け目から落ちる陽の光に
照らされた緑が目にも鮮やかで、
路肩にはビーズを撒き散らしたように
赤や黄色の小さな花が咲いている。"

読点の少なさが気になるものの、
あざとさがなく、うまい。

この人は『メキシコ・グアテマラ旅行記』も出しておられるみたい。
親近感を感じます。



私も、僭越ながら
『もっと正直に、もっとリアルに書きたいなあ。』
と、思うときもある。

偶然の訪れか、稀少な方にお読み頂く拙ブログ。
さりながら、一部の人には私ごと知られているので、
あまり下品なことは書けない。

恨み、つらみ、怨念も書けない。

くっそマズい店をご紹介しましょう!
も、書けない。

自主規制というやつでしょうか? (*´-`)



でも、ともすれば羽目をはずしがちな性格。
これくらいでちょうど良い気もする。


20年以上前に、台湾の女性と結婚された人が
「新婚旅行は3人でいった。」
と言われ、びっくりしたことがある。

3人目は、カメラマン。

台湾中を3人で旅して、要所要所で映画スターのように
写真を撮るらしい。
たしか、2、3週間かけて廻るんだったっけ?
費用も凄いみたい。

本書の中で、そんな新婚さんを見かけた事も書いてある。

なんだか、とっても懐かしい。


バイクでツーリング。
途中で見かけたお店に入って、食す。
温泉に立ち寄る。
ホテルをその日に飛び込みで取る。

同じような事をしてみたい気もするけれど、
大人になって贅沢も知ってしまった。

若い人と同じものを食べても、そうそう単純に
「あー、おいしい!」
とは、言わないかもよ。


・・・言うかもよ。あはは。




おまけ

c0325278_18411825.jpg

夏バテ防止に、時々甘酒を飲んでおりますよ。



by Taseirap | 2016-07-12 07:30 | 台湾旅行 | Comments(0)

『 Lala Begin 』

何げなく手に取った『Lala Begin』。
おもしろい‼
どこが出してるのかな?
-世界文化社。
『家庭画報』を出してる出版社ね。

c0325278_18025317.jpg

『家庭画報』の半分のサイズ。
A5版って言うのかしら?
重くなくって良いわ。
定価は580円。

「ほしい!」が見つかる good life bible

わ、ホントだ。好きなものがいっぱい。

参考にさせてもらおう。
さっそく『le jun(ル・ジュン)』のTシャツを買いました。
最近、白色ばかり買ってますので、すみ黒を。

c0325278_20495765.jpg



c0325278_18115444.jpg

夏の夕暮れ。




by Taseirap | 2016-07-05 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

三越の焼酎セット

自宅に戻ったら、GW前に三越通販で頼んでいた焼酎セットが
届いていました。

c0325278_09255091.jpg

わ、いっぱい


c0325278_09265421.jpg
1ダース



世の中に焼酎ブームがくる少し前、やはり三越で
焼酎セットの通販がありました。

焼酎はあまり飲んだことがなかったものの
九州出身の人が、
「騙されたと思って、いちど飲んでみて。」
「いつかチャンスがあれば。」


その時は、一升瓶3本で一万円。
『じゃあ、試ししてみようかな。』

そして、届いたのは、初めて見る
『伊佐美』、『森伊蔵』、
あと一本は忘れた。

(『村尾』かなぁ?)


激ウマ‼
すぐに無くなった。

以来、主人は焼酎とすっかりお友だち。
(いも友達?)

でも、お友だちがドンドン出世しちゃって、
なかなか会えなくなりました。
残念。


それにしても、あの時の三越バイヤー 凄い。
入門にしては豪華すぎました。


今となっては幻の3本セット。






by Taseirap | 2016-06-26 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

居酒屋『千成』(巣鴨)

巣鴨駅近くの人気の居酒屋『千成』へ。

c0325278_10084384.jpg

年季の入った佇まい。
昭和の香りが素敵です。

c0325278_21092457.jpg

まずは乾杯。

c0325278_21090330.jpg
ハイボールと生ビール


c0325278_09551854.jpg
モツ煮込み


c0325278_23035140.jpg
シメサバ


c0325278_09555057.jpg
春玉ねぎのサラダ


c0325278_23030702.jpg
モツ焼き


〆は、ウニのスパゲッティ。

c0325278_23033235.jpg

パスタは 1-2人前というわりには、多かった。
でも、おいしかった。
二人で、5000円くらい。

山手線沿いに大きなお屋敷を見ながら、散歩して帰りました。

人生いろいろありますが、
たまにゆっくりお酒が飲めるくらいの
時間とお金と人がいれば、上出来じゃない?

Much じゃなくて、someで充分。

さて、
海外赴任して以来、"自分の家"という感覚が
少し変わり、
今は 家族がいるところが "家" 。


・・・迷惑がられても。





☆『煮込 千成 本店』

TEL:03-3918-9479
東京都豊島区巣鴨2-3-8 ゆたかビル 1F・2F
http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13044980/



by Taseirap | 2016-06-15 07:30 | 東京 | Comments(0)

『肉バル中町 』(池袋)

息子のパソコンに、続々不具合が出ております。
もう古いからね。

妹達の旦那様は、パソコンにとても詳しい。
聞けば教えてくれるでしょうが、お仕事中。

取り敢えず、必用なものだけ購入して
替えることにしました。

池袋のパソコン屋さんが無くなっていて、家電量販店へ。
(なんか寂しい。)

新商品に目を奪われつつも、適当に選ぶ。

(堅実というか、意外とケチな長男。
次男は「ハイスペック買うてー。」型。)

さてと
晩御飯は 肉だ!

c0325278_21492966.jpg


アラチェラだ!
違う。
イタリアンだから、牛ハラミのタリアータだ!


c0325278_21155787.jpg

ワインは、カーニヴォ。
フルボディの濃厚さがお肉にぴったり。


c0325278_21175621.jpg

c0325278_21180846.jpg

忙しいので、ぱぱっと食べて帰りました。




by Taseirap | 2016-05-31 07:30 | 東京 | Comments(0)

日曜日の飲み会

広島市に観光に来られた男性と、
主人が飲み会をすることに。
(私は留守番)

希望は焼き鳥。

美味しいお店はたくさんあるらしい。
(私は行ったことない。)

おじさま方に人気の居酒屋
『景虎』『魚虎』『虎造』『三心』
日曜日はお休みみたいです。

『サケサケ』は?
お休みです。

第一、リクエストは『焼き鳥』。
ホテルに近いところがよいよね。

並木通りの焼き鳥の『いいかげんや』は、
日曜日もやっているそうなので、
「そこに行けばどう?」
と、メールしたら
「『炭焼き 雷 (無休)』にする。

ホテルのフロントで教えてもらったそうです。

広島の焼き鳥は、
『炭焼き雷』『長右兵衛(ちょうべえ)』『炭焼き えん』
の、三店をご推薦。


『長右兵衛』と『炭焼きえん』は、日曜日はお休み。
おじゃました『雷』さんは、とても美味しかったそうです。

本通りから1本南へ
『博多一風堂』までは行かないで、西へ。
場所的には『ひろしま夢プラザの』の真裏辺り。


ところで、全然関係ない話なのですが
お酒を飲むとき
大吟醸から純米酒へ進むべきか?
それとも
純米酒から大吟醸へ進むべきか?


味は大好きでも量が飲めないので、いつも悩んでおります。



☆『炭焼き 雷』

営業時間 
(平日)17:00-24:00
(日) (祝)17:00-22:00
TEL:082(248)0301



by Taseirap | 2016-04-17 07:30 | 日々の暮らし | Comments(2)
珍しいメンバーで晩御飯を食べることになりました。

会食の場所は、『やまひと』。
? 
・・・知らない。
(後で、主人の勘違いで『さんと』と分かる。)

魚がおいしいそうです。
知ってることが少ないと、いつまでも新しい出会いがあって
うれしいです。

現在専業主婦のわたしに、なかなか夜遊びのチャンスがないのは
仕方ないものの、
仕事関係で飲む機会が多い主人は、一向にお店を覚えず
「どうだった~?」
と尋ねても
「おお、旨かった。場所はもうわからん。」
店名も瞬殺で忘却です。
(何かやましいことでもあるのでしょう。)

山人さんは、夜だけの営業。
広島の100メーター道路(平和大通り)に面しています。
徒歩なら、並木通りをずっと南に進み、100メーター道路を渡り、
地蔵通りに入る角のワインバーで左折。
すぐ。


c0325278_22443057.jpg
入口


この日のメンバーは、皆さんよくこちらにいらっしゃるそうです。

c0325278_22461365.jpg
先付もていねいなつくり

c0325278_22465870.jpg
ゴーヤ、ちりめんじゃこ、ごぼうチップのサラダ

c0325278_22483106.jpg
お造り(ひとり分)

c0325278_22491615.jpg
めんぱち(テンジクダイ)の空揚げ

c0325278_22495261.jpg
とうもろこし


c0325278_22502430.jpg
たまごやき


c0325278_22531270.jpg
軟骨いり鶏つくね

c0325278_22512836.jpg
圧巻の焼きさんま



旬のサンマはじっくり焼き。
スタートからすぐに頼んで、ゆっくり待つのが良いそうです。

カウンターの向こうに料理人さんが多く、スタッフさんも食材の説明がきちんとできて
さすがのお店でした。

楽しい話がたくさん聞けて、「大人でよかった。」と思えるような夜。
家族も古い友達も大好きですが、新しいお付き合いも楽しいですね。

変な夫婦(私たち)を仲間に入れてくださってありがとう。
(数々の失言は忘れてね。)




☆ 『山人(さんと)』
  1. 住所: 広島市中区富士見町4−28
    電話:082-249-0366
  2. 営業時間:18時―24時
  3. 日曜日はお休み







by Taseirap | 2015-09-08 07:30 | Hiroshima | Comments(0)
ねえねえ。
これ知ってる?

台湾でお土産に買ってきたお酒なんだけど。


c0325278_18074856.jpg
『金門高梁酒』



台湾では、紹興酒と並ぶお酒(らしい)。
度数は、56度。

原材料はタカハシ?
いや、コウリャンだな。イネ科の植物。
中国の白酒(バイチュウ)というより白乾(バイカン)に近いようです。

一緒に行った友人が
「高いし、やめなさい。こっちの金箔入りの麦焼酎にしたら?」
と、言ってくれたのですが
「いいや、こっちにする。見たことないもの♡」
と、買って帰りました。

家で開けたら、
セメンダインの香りと味がします。

「不良品かなー?」
と、主人と話していたら
物をよく知った人が
「いや。それで正解。キツイでしょ(笑)」と・・・。

「ロックでも水割りでもストレートでもおいしいです。」
と、台湾のお店の人は仰いました。
すてきなグラスも付いています。
ただセメンダインなだけ。

でも、ちびりちびり舐めると、だんだん慣れてきた。
もしかしたら、なんかおいしいかもしれない。
セメンダインのむこうになにかがある、かも?

かの地では、結婚式などでお祝いに注がれるので、一気に飲み干すそうです。
何杯も。

テキーラよりキツイ気がします。
うちでは、テキーラは”爆睡酒”。
『金門高梁酒』は、”消毒”と呼んでいます。

梅干しを入れて飲んでもおいしいそうです。

そういえば、お店の人が
「冷凍庫で3時間冷やせ。」
とも言われていました。

・・・凍らないのね。

主人は
「オレはこれ、いいかな~。」
と逃げています。


セメンダインのむこうにある何かを君は知りたくないのか!
・・・息子の帰省を待つか。





とういうことで、台湾話はこれにて終了。
お付き合いありがとうございました。

連れていってくれたお友だち、本当にありがとう。
私も普段は企画する側です。
調べて予約して、行く前から行った気がする(T-T)

でも、今回は違う。
旅の純粋な楽しさと驚きが新鮮でした。
とても感謝です。












by Taseirap | 2015-07-31 07:30 | 台湾旅行 | Comments(0)

お酒の話

セブンイレブンで”金の○○”シリーズがありますよね。
金の食パンとか、金のハムとか・・・。
ふつうのお値段より少しお高めですが、なかなか美味しい。

今日は、ビール。
サントリーとセブンイレブンのWネームです。



c0325278_11512651.jpg
金のビール ☆☆☆☆


c0325278_11533156.jpg
隣にはおつまみも


そして、少しお値段の安いものも。
サントリーとセブンイレブンのコラボ『The Brew』(2種類あり)。

c0325278_11541269.jpg
70%も色々オフされています


酒のみの息子たちですが、二男は私たちの好きなヱビスは
「少し重い。」
もうちょっと軽めの物が好きみたいです。

友人のアメリカ人のお父さんも
「日本のビールではヱビスが一番おいしい。」
と、言っていましたが
通訳のお姉さんが
「オジサンBEERですね。」
と、言っていました。ショック。

もちろん、ほかの銘柄も好きですよ。

ただ、発泡酒は、まだおいしさが分かりません。
息子がおいしいというので、最近たまに買うけれど、個体差が大きい。

「プリン体オフ!カロリーオフ! ついでに旨さもオフ!!!」

と、怒って叫んだりするので
「何のために買ったんや。」
と、主人が嘆きます。


長男は、日本酒党です。
これも数々美味なるものはありますが、個人的にお薦めは


c0325278_12083579.jpg
賀茂鶴 『双鶴(そうかく)』


金の箱。
ー でお察しいただけると思いますが、安くはありません。
お祝いごとやうれしいことがあった日にあけるお酒。
自分で買うのはかなりの勇気がいります。

祝い事の時には、山口の『獺祭』もよく飲みました。
(最近人気で品薄ですね。)
スパークリングな日本酒で、こちらも面白いですね。

『双鶴』の味は、水の味です。
(お酒として薄いということではありません。)

たくさん呑める方は、喉で味わい、量で味わうところがありますよね。
そんな人には、コストパフォーマンス的に多少難があるかも?

でも、舌先で楽しむだけの我が家では、暑い日に、冷やしてゴクリ。
娑婆の辛さをしのぎます。


実は、賀茂鶴からはもうひとつ、2~3年前に
杜氏さんが勲章をもらった記念に数量限定で出た『△△』(忘れた)
というものが・・・。

一瞬だけ出ました。
あれは凄かったです。



by Taseirap | 2015-06-18 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap